検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

飛距離が伸びる、ゴルフクラブのシャフト選び講座!ヘッドスピードを見るのが鍵!

ゴルフのシャフトは腕の回転をクラブヘッドで伝えて、たわみとねじれで飛距離を生み出す特性があります。シャフトには材質や硬さ、重量などいろいろなタイプがあるので最適なシャフトの選び方をすれば飛躍的に飛距離が伸びます。それほどシャフトはゴルフには重要です。
2021年7月27日
iwama

目次

ゴルフのシャフトとは

とはゴルファーの腕とクラブヘッドを繋いでボールを打つ役割があるシャフト。シャフトはただの棒ではなくそれぞれ硬さが違うのでヘッドスピードにより硬さを選ぶことが重要です。

ヘッドスピードが速い人が柔らかいシャフトでスイングするとヘッドが戻り切らずに右に飛び出します。また、逆の場合はボールが飛びません。このようにヘッドスピードとシャフトの硬さが一致した時にはじめて最大飛距離が実現できる役割をするのがゴルフのシャフトです。

ゴルフのシャフトの選び方


ゴルフのシャフトはクラブには重要です。シャフトは硬さと材質を気にする方がいらっしゃいますが、特性はそれだけではありません。キックポイントの違いで同じヘッドスピードでもスイングにより飛距離が異なります。

シャフトとは飛距離を出す道具だけでなく正確な距離と方向へ打つにも重要です。アイアンなどは方向性が重要なので、シャフトを選ぶ時には飛距離を求めるシャフトと正確性を求めるゴルフシャフトの違いを理解することが必要といえます。

ゴルフのシャフトの重要性

ゴルフクラブは進化して打ちやすいクラブが続々誕生しています。ゴルフクラブが打ちやすく飛距離が出るのはクラブヘッドの進化だけではありません。クラブとともに進化して重要な役割を担っているのがシャフトです。

飛距離や方向性はクラブのヘッドスピードとクラブフェースがターゲットを向いた時に安定します。そこに大きく影響するのがはシャフトのたわみとねじれです。これらはスイングスピードとシャフトのバランスが一致した時に実現します。

ゴルフのシャフトの特徴


ゴルフのシャフトは硬さが同じでもしなる場所が異なります。大きく分けるとシャフトは手元がしなりやすいものとクラブヘッド側がしなりやすいものの2つです。しなる場所の違うとヘッドスピードが同じでもスイングの特徴により飛距離や方向性に大きく影響ます。

また、ゴルフシャフトでスイング中に左右に回転する歪みが生じるのがたわみです。たわみとはクラブヘッドがより加速して飛距離アップに繫がる効果がありますが、が多すぎると方向性が安定しません。

ゴルフのシャフトの種類と特性

ゴルフのシャフトは大きく分類されるのがカーボンシャフトとスチールシャフトです。さらにスチールシャフトには軽量シャフトがあります。シャフトの中でカーボンを装着するのは主にドライバーやフェアウェイウッドなどです。

スチールはアイアンやパターなどに装着しますが、カーボンシャフトや軽量スチールシャフトを装着する場合もあります。ここではゴルフのシャフトの種類や特徴についてご紹介しますのでゴルフシャフトを選ぶときのご参考にしてください。


POINT

  • ゴルフのシャフトにはカーボンとスチールがある
  • ヘッドスピードに合うゴルフのシャフトを選ぼう
  • ゴルフのシャフトの機能を理解しよう

1.カーボンシャフトの特性

カーボンシャフトの特性とは軽量でねじれやたわみが大きいので飛距離を求めるゴルファーや腕力の弱いゴルファーに適したゴルフシャフトです。正確性よりも飛距離を求めるドライバーやフェアウェイウッドにはほとんどカーボンシャフトが装着されます。

アイアンにもカーボンシャフトが装着されているものもあり、軽く打ちやすいことからカーボンシャフトが人気です。価格はスチールシャフトと比較すると若干高めになります。

2.カーボンシャフトにおすすめのゴルファー

カーボンシャフトの特性とはシャフトの軽さです。軽い重量でヘッドスピードがなくてもよく飛ぶので腕力に自信のない男性ゴルファーや女性ゴルファーには最適なシャフトといえます。

難点はカーボンシャフトはねじれが大きいので方向性と距離感が一定しないことです。上級者にはアイアンは方向性がよくないので敬遠される方もいらっしゃいます。初心者の方は方向性よりも打ちやすさと飛距離を優先したカーボンシャフトを選んだ方が得策といえます。

 

3.スチールシャフトの特性

スチールシャフトの特性は重量感がありたわみとねじれがカーボンシャフトより少ないことです。この特性から安定した飛距離と方向性が生れます。シャフトが重くなる分ヘッドスピードが遅くなりカーボンシャフトより若干飛距離は落ちるのが特徴です。

ミドルアイアンやウエッジは飛距離よりも方向性や正確な距離が重要なクラブなので、スチールシャフトは上級者に好まれます。また、砂に打ち込むバンカーショットはシャフトの重さで砂にはじかれる防止策に効果的です。

4.スチールシャフトにおすすめのゴルファー

多くのゴルファーに人気のアイアンのシャフトはカーボンです。軽い重量で飛距離が稼げるのが理由ですが、上級者は正確なショットが打てるスチールシャフトを好む方が多くいらっしゃいます。

アイアンは飛距離を出すクラブではなくターゲットの距離に合わせて番手を変えて打つクラブです。スチールシャフトの特性は安定した飛距離と方向性なので正確なアイアンショットを目指す方向きのシャフトといえます。飛距離も稼ぎたい方は軽量スチールシャフトがおすすめです。

ゴルフのシャフトの硬さ

ゴルフのシャフトとヘッドスピードが合わない場合はきちんとミートしても思った通りにボールが飛ばないことはご説明しました。ヘッドスピードとシャフトが一致しない場合に起こる問題は飛距離や方向性だけではありません。

無理なスイングはフォームを乱す原因になります。一度乱したフォームを元に戻すのは容易なことではないので、ヘッドスピードに合うシャフトを選ぶことは重要です。ここではヘッドスピードに合うシャフトの硬さをご紹介します。

POINT

  • 女性ゴルファーは柔らかくて軽いゴルフシャフトを選ぼう
  • クラブごとにシャフトの硬さを変えよう
  • 硬すぎるゴルフシャフトはボールが上がらない

1.シャフトとスイングスピードの関連性

ゴルフのシャフトは同じ材質でも同じ硬さではありません。この硬さのことをフレックスと呼びます。フレックスは柔らかいゴルフシャフトから順番にL,A,R,S,Xと表示されて、ヘッドスピードが速くなるほど硬いゴルフシャフトが適正です。

シャフトの硬さはアルファベットの記号とともに数字もシャフトに表示されています。この数字が小さいほどRのスペックでも柔らかいシャフトです。同じRのスペックの中でも硬さの比較できるのでシャフトを選ぶ目安になります。

2.LとAのシャフト向きのゴルファー

ゴルフのシャフトで最も柔らかいのがL(レディス)とA(アベレージ)です。Lはヘッドスピードが30m/sから35m/sくらいの標準的な女性ゴルファー向きになります。力のある女性や力の弱い男性ゴルファーにはAのスペックがおすすめです。

初心者のシャフトの選び方としてはコースは傾斜などがあり練習場と同じヘッドスピードで打つのは難しくなります。そのようなLやAの中でも少し柔らかめのシャフトなら楽にボールを打つことが可能です。

3.RとSのシャフト向きのゴルファー

一般の男性ゴルファーで使用率が高いシャフトがR(レギュラー)とS(ステッィフ)です。Rはヘッドスピードが35m/sから40m/s、Sは40m/sから45m/sくらいが適正といえます。

RとSはヘッドスピードの許容範囲が広くシャフトの種類が多いので選びやすいのがメリットです。RとSの中間にはSRもあります。ドライバーはSでフェアウェイウッドはSRのシャフトを装着するなどクラブごとに硬さを変えてみるのもおすすめです。

4.Xのシャフト向きのゴルファー

ゴルフのシャフトで最も硬いのがX(エクストラ)です。XシャフトにはXXやXXXなどさらに硬いスペックがあります。Xのシャフトはヘッドスピードが50m/sくらいのゴルファーに適合する硬さです。

Xのシャフトを使用するゴルファーはドライバーにはXのシャフトを装着してアイアンにはSのシャフトを装着してみてはいかがでしょうか。このようなシャフトの選び方をすればヘッドスピードが遅くなるアイアンでは無理のないスイングができます。

ゴルフのシャフトの特性

ゴルフのシャフトの特徴は硬さや重量だけでなくねじれやたわみ、キックポイントがシャフトごとに異なります。シャフトの特性を知ることでご自身ヘッドスピードやスイングタイプに合うシャフトを見つけることが可能です。

シャフトの特性は複雑なので暗記してもなかなか覚えられません。ご自身でいろいろなクラブで試打してみれば違いが実感できます。ここではゴルフのシャフトの特性についてご紹介しますので、ゴルフクラブをご購入の時の参考にしてください。

POINT

  • ゴルフのシャフトで重要なのはねじれとたわみ
  • スイングに合うキックポイントのシャフトを選ぼう
  • アイアンはやや重めのシャフトを選ぼう

1.ゴルフのシャフトのねじれとたわみとは

ゴルフのシャフトのたわみはクラブをスイングする時に起こる現象です。シャフトがクラブヘッドの重さで曲がりヒットした後にはクラブヘッドを追い越します。ヘッドスピードが速いとクラブヘッドが追い付かずその結果は右に飛んで行くボールです。

クラブがボールに当たる瞬間にはクラブヘッドが右から左にねじれますが、この時起こる現象がねじれです。ねじれはヘッドスピードとシャフトの硬さが適正ならねじれ効果でボールをはじく力を加速させて飛距離がアップします。
 

2.ゴルフのシャフトのキックポイントとは

ゴルフのシャフトのキックポイントとはどの部分が一番曲がるかということです。それぞれのシャフトごとに特徴があります。グリップに近い部分は手元調子、中央が中調子、クラブヘッドに近い部分が先調子です。

同じヘッドスピードの方でもスイングテンポによりシャフトとの相性は異なる大きな要素がキックポイントになります。スイングテンポの速いゴルファーは先調子との相性がよく、ゆっくりとしたスイングテンポのゴルファーには中調子や手元調子がおすすめです。

3.ゴルフのシャフトの重量

ゴルフのシャフトはドライバーからパターまで重量が異なります。一般的には距離をよりも正確性を重視するクラブほど装着するのが重いシャフトです。ドライバーのシャフトの重量は50g台のものが多く少し重めでも60g台になります。

アイアンのシャフトはカットする前で90gから130gが標準の重さです。カーボンシャフトはスチールシャフトより重量が軽く、スチールシャフトの中では軽量シャフトがあります。このシャフトは正確性を求めるゴルファーに人気です。

4.ゴルフのシャフトおすすめのセッティング方法

ゴルフのシャフトのセッティング方法としてはドライバーやフェアウェイウッドなど距離を出すクラブには軽いカーボンシャフトを装着します。ゴルファーのプレースタイルにより装着するシャフトが変わるのがアイアンです。

アイアンは飛距離は距離や方向性を求めるゴルファーにはスチールシャフトや軽量スチールシャフトが最適といえます。初心者やあまり腕の力がないゴルファーには簡単にボールを打ち上げられるカーボンシャフトがおすすめです。

最適なゴルフのシャフトの選び方

ゴルフのシャフトは全てのクラブに同じものを装着するのではなく、クラブにより異なることをご紹介しました。クラブごとには適正なシャフトがあります。きちんとしクラブと適合したシャフトを装着すればプレーが楽になるでしょう。

ウッドはクラブごとに装着するシャフトを変えればボールを打ちやすく飛距離が出せます。一方アイアンは距離や打ちやすさではカーボンシャフト、正確性ならスチールシャフトです。でここではクラブに応じたゴルフシャフトの選び方をご紹介します。

POINT

  • ウッドは軽くてしなりのあるシャフトがベスト
  • アイアンは飛距離ならカーボンシャフト正確性ならスチールシャフト
  • ウエッジは重いシャフトが安定する

1.ドライバーのシャフトの選び方

ドライバーは最も軽量タイプのカーボンシャフトが選ばれます。ドライバーのシャフトの選び方としては重量のみでなくキックポイントも重視しなければなりません。

ドライバーはクラブの中で最もシャフト長くヘッドスピードが求められるクラブです。このためシャフトのキックポイントがクラブヘッドに近い先調子がスイングスピードに合うので飛距離や方向性が安定します。クラブの重量は試打の時にスイングのしやすさを比較しながら選択しましょう。

2.フェアウェイウッドのシャフトの選び方

フェアウェイウッドはドライバーと違いティアップして打つクラブではないので目一杯スイングする必要はありません。飛距離を求めながらもターゲットを狙う方向性や距離感もフェアウェイウッドは重要です。

フェアウェイウッドにおすすめのシャフトの選び方は、ヘッドスピード速い方は先調子でその他の方は中調子が打ちやすいシャフトになります。ドライバーより若干重めのゴルフシャフトならフェアウェイやラフでも芝生の抵抗に負けないショットが可能です。

3.アイアンのシャフトの選び方

アイアンのシャフトの選び方はカーボンとスチールと異なるタイプから選択できます。どちらのタイプがよいのか分からない場合はゴルフショップの試打などで違いを確認しましょう。

操作性やスイングを重視する場合はカーボンシャフト、方向性や距離感重視ならスチールシャフトです。さらにアイアンは番手ごとにヘッドスピードが違いますので、フルショットが多いミドルアイアンは中調でアプローチショットが多いショートアイアンは手元調子のシャフトをおすすめします。

4.ウエッジのシャフトの選び方

アイアンのなかでもウエッジとはアプローチショットを主体にするクラブなので、他のアイアンと違うゴルフシャフトを装着するとショットが安定します。アイアンの中で最も制度の高いショットが要求されるのがウエッジです。

他のアイアンはカーボンシャフトを装着してもウエッジにはねじれの少ないスチールシャフトにすれば細かいショットの精度が上がります。このようにフルスイングが少ないウエッジにはスチールシャフトが最適です。

まとめ

おすすめのゴルフのシャフトの選び方について解説致しましたがいかがでしたでしょうか。ゴルフのシャフトとはクラブヘッドに最大限の力を伝える重要な役割です。

ご自身のヘッドスピードやスイングタイプに合わないシャフトを装着するとボールが思うような方向に飛ばないばかりか、フォームまで崩す原因になります。ゴルフクラブを購入する場合には試打をしながらシャフトの違いを比較して最適なシャフトを選ぶのがおすすめです。

ゴルフで他の記事をあわせて読みたい方はこちらをチェック

ゴルフでスコアアップを目指す方には練習場での練習は重要です。練習場といっても距離の長い所や短い所、バンカーやパター練習ができる施設が整った練習場などいろいろな練習場があります。ここでは練習場をご紹介する記事がありますので、練習場探しのご参考にしてください。