検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

簡単で分かりやすいから続く!ゴルフ初心者におすすめな、練習や上達法を徹底解説!

ゴルフは友達と一緒にプレーするのが楽しいですが、スコアがよくなればもっと楽しくなります。それには練習が必要ですね。初心者ゴルファーはどんな練習をすれば上達するのか分からないかもしれません。今回は初心者がスコアアップする上達法を紹介していきます。
2021年7月31日
iwama

目次

ゴルフ初心者の練習方法とは

ゴルフ初心者のための正しい練習方法で重要なのは、正しいスイングを身につけることです。基礎のスイングは感覚に頼らずレッスンや練習場、解説書などを利用して覚えることが早い上達法になります。

基本のスイングは、日常は使わない体の動きなのでなかなか覚えられません。そのためにもスイング理論をきちんと理解して正しいスイングを身につけることが必要です。ここではゴルフ初心者におすすめの練習や上達法を詳しく解説します。

1.ゴルフ初心者の基本の練習方法


ゴルフ初心者のための正しい練習方法で重要なのは、間違ったスイングを覚えないことです。一度覚えるとその感覚が抜けず修正するのは簡単ではありません。ゴルフは体と腕が違う動きをするので、感覚だけで覚えると間違ったスイングになる場合が多いので注意が必要になります。

基本のスイングはレッスンに通えば身につけることは比較的簡単です。ご自身で覚える場合には、解説書や動画なども参考にしながら練習場やコースで身につけることができます。

2.ゴルフ初心者のための正しいスイングの注意点

ゴルフのスイングは体は横の回転で腕は縦の回転になります。多くの初心者は腕が体と一緒に横の回転になりその結果に出るのがスライスボールです。また、回転の途中で体が踏ん張り切れず頭がボールの飛ぶ方向に動くことをスエーといいます。

スエーはスイングに力が入らずヘッドスピードが遅くなるのでボールが飛びません。この二つが起こる原因は楽な体制でスイングする体の動きです。この二つが身についたフォームになると修正するのは簡単ではありません。

3.ゴルフ初心者の練習する際の注意


初心者の陥りやすいフォームの注意点は解説しましたが、練習でも注意するポイントがあります。初心者はドライバーの練習に多くの時間を費やして、アプローチ練習などがおろそかになりがちです。ゴルフはグリーンに近づくほど繊細なショットが求められます

その重要性を知っている上級者ゴルファーは多くの時間を費やすのがアプローチ練習です。ドライバーの練習のように爽快感がなく退屈な練習ですが、ゴルフ初心者のための正しい練習方法といえます。

初心者のゴルフ練習場でおすすめの上達法

ゴルフ初心者の方ゴルフ練習場で練習方法は、練習する場所や道具を使えば効果的な練習が可能です。練習場には鏡やマット、ティーペグが完備されています。また2階建ての練習場もあるので上手に使いましょう。

これらを上手に使うことでクラブの正しい軌道や方向性の感覚を練習することができます。また、鏡の前で素振りをすることでフォームの確認が可能です。ここではゴルフ初心者が練習場でできるおすすめの練習方法を解説します。


POINT

  • マットを利用して方向性の練習をしよう
  • ティーペグを使えばレベルスイングの練習ができる
  • 2階席ならすくい打ち矯正の練習ができる

1.ゴルフ初心者のマットを利用したおすすめの練習

ゴルフ練習場には打席ごとにマットが敷かれています。マットは手を傷めないためのクッションの役目です。マットの多くは長方形で、後方から見るとボールを打ち出す方向が分ります。慣れないうちはマットと同じ方向に打って方向の感覚をつかみましょう

マットの向きと同じ方向に打てるようになったら目標の方向を決めて打つ方向を変えます。目標の確認ができない場合はスタンス通りにクラブを置けば確認が可能です。このようにマットを利用した練習は方向感覚が養えます。

2.ゴルフ初心者のティーペグを利用したおすすめの練習

ゴルフ練習場にはティーペグがセットされていますので、このティーペグを利用して初心者におすすめの練習ができます。ティーペグは、ドライバーでティーショットを打つ時にボールを乗せる台です。この台を利用して初心者のスイングの練習ができます。

練習方法はドライバー用のティーペグを利用して、フェアウェイウッドやアイアンで打つ練習です。簡単そうに思えますがきちんと当たらないとボールは飛びません。初心者がクラブを正しい軌道で打つおすすめの練習です。

3.ゴルフ初心者の鏡を利用した練習

ゴルフ練習場の練習はボールを打つだけではありません。練習場にはスイングチェックをする鏡が備えられています。初心者ゴルファーはこの鏡を使ってスイングチェックをしましょう。チェックするのは正面だけでなく前方や後方からもチェックします。

チェックポイントは後方は体の姿勢と肩の向きです。前方からはスイング後にフィニッシュした時の体の起き上がり具合と頭の位置になります。正面からはアドレスの時の体重バランスと左右の肩の位置などのチェックが重要です。

4.ゴルフ初心者の2階席を利用したおすすめの練習

ゴルフ初心者は練習場の2階席などから打ち下ろす練習が効果的です。初心者のスイングはすくい打ちになりやすいので、1階席の場合は顔が上を向いてすくいうちをしがちになります。2階席の場合は目標が打席より下なので、顔が下を向きすくい打ちを直すには効果的です。

また、打ち出したボールのキャリーの落下点が見えるので、距離感の感覚も簡単に掴めます。アプローチなどの距離の練習は1階席で、ドライバーやアイアンのフルショットの練習は2階席がおすすめです。

5.初心者の練習場での注意

上級者の練習場で練習の配分は多くの場合アプローチ練習が7割で、その他のショットが3割くらいです。この配分はゴルフ初心者のための正しい練習とは若干異なります。上級者のゴルファーは、基本のスイングができているのでフルショットに多くの時間を費やす必要はありません。

一方初心者は基本のスイングができていないので、フルショットの練習も必要です。フルショットはドライバーだけでなく、アイアンの練習多くして苦手なクラブを作らないようにしましょう。

ゴルフ初心者の自宅練習の上達法

ゴルフ初心者の練習は練習場だけでなくご自宅でもできます。練習場のように家の中でクラブを振ることはできませんが、普段使っているタオルや部屋の壁などを利用すれば正しいフォームを作る練習が可能です。

練習場の練習ばかりだと力が入りすぎて、フォームを崩す方もいらっしゃいます。この時にはご自宅でクラブを持たない練習は力が入らず基礎のフォームを作るには重要です。ここでは初心者のゴルファーにおすすめのご自宅でできる練習を解説します。

POINT

  • タオルを使って脇があかない練習をしよう
  • 目標に向かったアドレスの入り方を練習しよう
  • ゴルフクラブを使って体の回転の練習

1.ゴルフ初心者が自宅でできるスイング上達法

ゴルフのスイングで飛距離を求めると上体に力が入り、バランスが取れていないスイングになりがちです。このように力の入ったスイングは、ヘッドスピードを遅くして飛距離がでずクラブヘッドの向きも安定しません。

ゴルフの基本のスイングは脇を開けないことです。脇を開けなければヘッドスピードが増してクラブヘッドの向きが安定します。このスイングをマスターするには、両脇にタオルを挟んでスイング中に落ちないようにすれば脇が締まったスイングになります。

2.ゴルフ初心者のスイングバランスの上達法

初心者のゴルファーに見られるのはボールをミートする時に起き上がり頭の位置がずれるフォームです。原因はクラブの長さが邪魔なことと、最後まで頭を同じ位置に維持する腹筋の力が影響します。

ゴルフのスイングは頭の位置を一定に保つことが正確なショットをするために重要です。このフォームを習得するには部屋の壁に頭をつけたままスイングをして、壁から頭が離れないようにスイングします。ご自宅でできる簡単な練習なのでこの方法でスイングの基礎を作りましょう。

3.ゴルフ初心者のアドレスの上達法

ゴルフ初心者はアドレスを取る場合には目標より右側を向く方が多く見られます。理由はボールを後方から見ると目標が右方向に見えることが原因です。基本のアドレスは目標に向かいスクエアに構えますが、初心者にはなかなか難しいことではないでしょうか。

修正方法は、右打ちの場合右足からアドレスに入り、方向を確認して目標に向かって左足のスタンスを取ります。足の方向を決めてから、ゴルフクラブを両肩に添えて目標にスクエアになるよう構えましょう。

4.ゴルフクラブを使う基本姿勢の練習

ゴルフの構え方は姿勢が重要といわれます。理想の姿勢は背中がお尻から頭まで一直線になることです。きれいな姿勢の作り方は、背中の真ん中にお尻と頭がゴルフクラブにつくようにセットします。

そのまま体を回転させてゴルフクラブが離れないようにする練習です。この時の注意点は、ゴルフクラブの位置が左右に動いてないかも確認します。動いている場合は体の軸がずれているので正しいスイングではありません。この2点ができればきれいなフォームの完成です。

ゴルフ初心者のゴルフコースでの上達法

初心者ゴルファーの練習は練習場だけでなくコースでも可能です。ゴルフコースは傾斜やラフ、さまざまなハザードが待ち受けています。それらをどのようにクリアしていくのがコースの実践練習です。

コースでプレーする時には練習場で培った感覚とコースの違いが実感できます。練習場では上手にできてもコースではできないことがあるので、それらを克服するのがゴルフの上達です。ここでは初心者が上達するための、コースでできる練習を解説します。

POINT

  • コースで正しい目標に向かったアドレスの練習
  • ラフの距離感を体験しよう
  • 傾斜できちんと打てる感覚を

1.ゴルフ初心者の方向性の上達方法

初心者ゴルファーのアドレスは、右打ちの方は右を向きやすいことと方向の確認方法は解説しました。目標になる方向の確認は練習場はマットの後方から確認が可能です。コースにはマットがないので目標ポイントに向けてアドレスを取る方もいらっしゃいます。

この場合の注意点としては、方向の確認は距離が遠くなるほど誤差が生じるのでなるべく近くに目印を見つけましょう。ボールの先30センチくらいの所に目標を探してアドレスすることがおすすめです。

2.ゴルフ初心者の距離感の上達方法

初心者ゴルファーは練習場では上手に打てても、コースにはラフや傾斜があるのでなかなか同じようには打ません。ラフに入ると難しいのが距離を出すことです。初心者でもヘッドスピードがあれば飛距離を出すのは難しくはありません。

ラフに入るとボールを打つ時にラフの影響でヘッドスピードが減速してボールが飛ばなくなります。このようなことに注意をしてラウンドをすると距離感の感覚の練習になります。ラフのショットは初心者が距離感の感覚を覚える絶好の練習です。

3.ゴルフ初心者の傾斜のショットの上達方法

初心者ゴルファーに限らす簡単ではないのが傾斜からのショットです。練習場には傾斜がないので傾斜の練習は難しいですが、コースでは傾斜の練習ができます。傾斜があるときは傾斜に沿ったアドレスが基本です。初心者はすくい打ちになりがちなので左足下がりは注意しなければなりません。

アドレスの時の体の重心は左足下がりは左足体重で、左足上がりは右足体重になります。前足上がりはかかと体重で、前足下がりは腰を落として腰の高さを変えないでスイングしましょう。

4.ゴルフ初心者のパターの上達法

ゴルフのパターは初心者が苦手にしているクラブの一つといえます。練習機会が少なく距離感や方向感覚が簡単ではないからです。コースでのパターの上達法はラウンド前に練習グリーンで速さの確認をしましょう。

コースのグリーンは練習グリーンの感覚を思い出して打ちますが、この時に重要なのが方向性です。方向を確認する時の注意は、カップを見ないでボールの30センチほど前のスポットを目標にします。目標が近いほど方向が狂わないのでおすすめの方法です。

ゴルフ初心者の解説書や動画を利用した練習

初心者ゴルファーの練習は練習場やコースの実践練習だけではありません。クラブを使わずスイングのイメージを作るのも重要です。初心者のイメージの練習は簡単ではありませんが、解説書や動画を利用すればイメージ練習ができます。

このような練習が重要なのは、練習場でたくさんボールを打つだけが上達法ではありません。ゴルフスイングの基礎を学んで正しいスイングをすることが重要です。

POINT

  • ゴルフ解説書でスイングの基本を学ぼう
  • 動画でスイングの流れを確認する
  • ゴルフコースを想定したイメージ練習をしよう

1.ゴルフ初心者におすすめの解説書で学ぶ基本練習

初心者ゴルフファーが解説書を活用して練習方法は、スイングの基礎知識を理解したうえで基本のポイントを重点的に練習します。基本のポイントとはグリップの握り方やアドレスの取り方、スイング中の体重移動と腕の振りです。

これらは初心者ゴルファーにとり最も重要なことで、基礎の段階に間違って覚えると修正するのは簡単ではありません。注意点は最初から全部覚えようとするとフォームがばらばらになるので、段階を踏まえて覚えましょう。

2.ゴルフ初心者の動画を使ったイメージ練習

初心者ゴルファーが解説書を活用してゴルフの基礎のスイングを覚えるには動画も併用すると効果的です。解説書はポイントごとの説明はありますが、どのような動きになるのか確認ができません。

このような時は動画なら一連の動きを確認することができます。解説書で説明されていることを動画で確認することで、簡単に基本のスイングが理解できるのではないでしょうか。このように動画を活用する時には、解説書でスイングの基礎を理解してから確認しましょう。

3.ゴルフコースを想定したイメージ練習

解説書や動画を参考にスイングのイメージが理解できたら、今度はゴルフコースをイメージした練習をしましょう。異なるホールをどのようなイメージで攻略するのかということです。これがコースマネジメントになります。

イメージの方法はティーショットからグリーンに乗るまで、ご自身のレベルでどのようなゴルフができるかということです。このようにイメージすることで初めてラウンドするゴルフ場でもコースの攻略方法を覚えることができます。

まとめ

初心者に押す助の練習方法と上達方法を解説しましたがいかがでしたでしょうか。ゴルフは簡単そうに見えるスポーツですが、なかなか思うようには上達しません。そのため目標を設定した練習が必要になります。その中で最も効果的なのはウィークポイントを修正することです。

そのためには練習場やコース、解説書などを活用して効果的な練習をすれば上達も早まります。ここでご紹介した練習方法を参考にして上達すればもっとゴルフが楽しくなります。

他のゴルフの記事をあわせて読みたい方はこちらをチェック

ゴルフの上達には練習が欠かせません。練習場といってもたくさんあるのでどの練習場がよいのか悩むのではないでしょうか。そんな方のためにゴルフ練習場を紹介する記事がありますので、練習場探しの参考にしてください。