Twitter
Facebook
LINE

ニジマスのつかみ取りにワクワク!大阪市から60分の一里松キャンプ場をご紹介!

はぐれ猫

ニジマスのつかみ取りにワクワク!大阪市から60分の一里松キャンプ場をご紹介!

はぐれ猫

大阪の山間部にある一里松キャンプ場は、清流のそばに日帰り・宿泊できる様々なキャンプの種類を用意。アクティビティも周辺施設も期待できる人気のキャンプ場です。清流のせせらぎと共に、休日を過ごしたい方におすすめの一里松キャンプ場の魅力をご紹介します。



一里松キャンプ場とは

大阪の能勢町にあるキャンプの名所

秘境的な自然に満ちた能勢町は、都市部からアクセスしやすく大阪北部で人気の観光地。北摂山系の高原の周辺施設にはテントやコテージで過ごせる場所も目立ちますが、中でもキャンプにおすすめなのが一里松キャンプ場です。

山辺川のほとりの一里松キャンプ場は標高316m地点にあって、日帰りでも涼しく過ごせる避暑地となります。大阪の都市部からも1時間圏内という近さで、自然を求める関西のソロ派からも、レビューで支持されている名所です。

一里松キャンプ場は遊び要素もあって温泉も近い

設備が揃った一里松キャンプ場なら、ソロでも大勢でも理想の過ごし方ができます。例えばフィールドでは宿泊や日帰りを選べますし、コテージ派に泊まりたい人にもおすすめ。清らかな山辺川のほとりで、BBQをすることも自在です。

しかもこの山辺川、夏の暑い季節に川遊びをするにも絶好の場所。川釣りもできるし、魚のつかみ取りまでも体験できます。関西で周辺施設を探せば温泉や観光名所もあるので、利用者のレビューの高評価は紛れもない事実です。

一里松キャンプ場の基本情報



一里松キャンプ場

  • 住所
    〒563-0372
    大阪府豊能郡能勢町山辺409-6
  • 電話番号
    072-734-2049
  • 公式サイトURL
    http://www.ichirimatsu.com/

一里松キャンプ場のアクセス

最寄り駅からバスでアクセス

車がなくても、一里松キャンプ場なら電車とバスにてアクセスできます。大阪からは阪急電鉄宝塚線、兵庫からは福知山線で、最初に目指すは川西池田駅です。そこから能勢電鉄に乗り換え、最寄り駅の山下駅にアクセスします。

阪急バスが最寄り駅の山下駅前から出ているので、乗り込んで能勢方面へ北上します。アクセス先は砂原橋バス停で、一里松キャンプ場までは徒歩15分。現地はレンタルグッズも揃うので、最寄り駅からは身軽な移動もおすすめです。



車でアクセス

最寄り駅からと違って、車の場合は3方向からアクセスできるのが一里松キャンプ場です。大阪方面からは、阪神高速の池田木部IC経由で国道173号を北上します。京都方面からは、京都縦貫道の亀岡ICから国道372号などを経由します。

西側では舞鶴若狭道の丹南篠山口ICが最寄りで、国道372号で移動できます。一里松キャンプ場は駐車台数100台となっているので、アクセスが平日なら支障ありません。ただ連休中にアクセスすると、かなりの混雑が予想されます。

一里松キャンプ場の滞在

①キャンプサイト

もし能勢町の山林でオートサイト的な暮らしを希望するなら、キャンプサイトを選んでください。こちらは一里松キャンプ場で、昼過ぎから翌日の昼まで使える宿泊エリア。入場料+テント料金の支払いが発生し、若干お高い印象です。

一里松キャンプ場のテントサイトは、森の中で平坦な広場になった場所、山辺川沿いなどの種類があって、車が離れたエリアも含みます。ソロや家族など利用の人数や過ごし方に合わせ、好きなサイトを選びやすいのは大きな利点です。

過ごしやすさが口コミでも好評

ずいっと整備が行き届いた一里松キャンプ場のテントサイトは、口コミではソロだと料金が高いと言われつつ、過ごしやすいと好評です。電源は無いながら貸し出しが充実するから、宿泊でも食材以外は省略して訪れて支障ありません。

夏に宿泊しながら川遊びができることや、焚き火やBBQがしやすく、星空がきれいなこともレビューで讃えられています。ただ真夏でも宿泊の夜間には冷え込むというレビューの情報もあるので、寒くない装備が不可欠です。

②デイキャンプサイト

ソロで日帰り利用を希望したら、一里松キャンプ場のデイキャンプのエリア。こちらは川辺川沿いを中心として森林の中に広がっていて、朝から夕方まで利用できます。大人でも格安なため、春からのキャンプにはぴったりです。

デイキャンプサイトは、夏なら水辺アクティビティと組み合わせやすいことが、最大の魅力となっています。春や秋でも自然に寄り添う過ごし方ができるし、環境の良い日帰りのBBQ場を求める場合も、アクセスに相応しい場所です。

夏の川遊びに最適だと口コミで人気

デイキャンプの口コミ情報を拝見すれば、一里松キャンプ場の宿泊テントサイトよりも、料金は格安で利用しやすいと言われています。そのため日帰りBBQの場所とする利用者の姿も目立っていて、いつも好評を得ている印象です。

デイキャンプが平日なら、ソロでも喧騒感はなく静かに過ごせるのも魅力的。目の前に清流が流れていることがレビューでも好評な理由であり、川遊びやニジマスを目的にする人も、デイキャンプを選んで実現しています。

③屋根付きサイト

いつもと違ったキャンプを楽しむなら、一里松キャンプ場の屋根付きサイトもおすすめします。簡易な東屋の設備があり、10名まで利用できる広さ。デイキャンプでも宿泊でも利用できるのが、他サイトとの大きな違いです。

屋根付き設備はキャンプ場内に合計で4ヶ所あって、それぞれ川のそばで雨を気にしないで過ごしやすいのも特徴的。しっかりとしたテーブルと椅子の設備もあるので、日帰りでテーブル料理を広げるにも断然おすすめできます。

秘密基地的な宿泊になるとの口コミ

丁度よいテーブルと椅子が使えるので、一里松キャンプ場の過ごしやすさが一段上がっているようです。朝から夕方のデイキャンプのスタイルか、夕方から翌朝までの宿泊スタイルのどちらか選べるのも、利用者から好評なところです。

この屋根付きサイトについても、目の前に清流が接することがレビューで評判になっている要素でした。デイキャンプはソロには不向きですが、雰囲気の違う秘密基地的な日帰りキャンプを求めたら、屋根付きの出番になりそうです。

④ロッジ

おしゃれな感じのロッジは、一里松キャンプ場で使える人気設備です。渓谷には全5棟があり、普通のコテージと違い高床式で合掌造り的な屋根が魅力。日帰り利用は不可能で、お昼過ぎから宿泊し、翌日の昼まで利用ができます。

設備の内部には季節ごとに過ごしやすくする家電製品や道具が揃うし、キャンプ場内では唯一電源が使えるという良さもあります。ロッジに宿泊すると1泊の料金は1万円を超えてきますが、人数が多くなるほどお得な印象です。

きれいなロッジは口コミでコスパが高いと評価

家族の利用にも推奨されている一里松キャンプ場のロッジは、設備が綺麗で電源が使えるので口コミでも評判です。車を乗り付けオートサイト同様に使えるし、バルコニーもある上、庭でBBQも自在にできる魅力も語られます。

涼しい夏をさらに涼しくする扇風機や、寒い秋には暖かくできるコタツも使えるなど、一里松キャンプ場のロッジならではの設備も。周辺施設に比較して料金が高いとのレビューも見られますが、コスパは良いとも言われています。

一里松キャンプ場の貸し出しと販売品

貸し出しのアイテム

各種の貸し出しアイテムも揃うのが、一里松キャンプ場の管理棟です。デイキャンプのBBQが目的なら、網や木炭など一式が揃っているバーベキュー台セットがおすすめ。1日だけなら、付け足しても気にならない料金設定です。

ソロにも重宝する調理器具もあるので、荷物を少量にするバイク移動でも貸し出しは欠かせません。一里松キャンプ場なら暖かい毛布や、夜間に必須なランタンもあり、キャンプの周辺施設に比較しても貸し出しは充実しています。

販売しているアイテム

貸し出し品だけでなく、一里松キャンプ場では販売品も揃います。薪については持ち込みが禁止されている場所なので、受付で求めるのが基本です。木炭や竹串、クレンザーや焼肉のタレなど各種があるので、チェックは怠れません。

さらにキャンプ場の受付では、周辺施設ではなかなか無いニジマス販売もしています。このキャンプ場ならではの名物で、炭火焼きをすればお肉とは違った充実感に満たされます。大勢ならキャンプファイヤーセットもおすすめです。

一里松キャンプ場のアクティビティ

①川遊び

平野部が猛烈な暑さに見舞われる大阪の6月以降、一里松キャンプ場にアクセスすると釣りより川遊びが盛況です。週末や休日ともなれば、家族連れがこぞってデイキャンプにやってきて、川遊びに興じる風景が風物詩となります。

周辺施設に比べても、一里松キャンプ場の川辺川は整備が行き届いた印象で、遊びやすい環境です。川は変化に富んで小滝があったりもするし、川辺川の水温は真夏でも20度台を維持し、冷たいので夏の満足感を高めてくれます。

口コミで語られる川遊びの楽しみ

川辺川での水遊びのレビューを見ると、ほぼ全てが好意的な意見で埋まっています。一里松キャンプ場の川はとにかく透明度が高くて綺麗で、大阪が真夏日でも涼しく過ごせることが、口コミで支持されている大きな理由です。

さらに周辺施設に比べても色んな生物と出会えることも、レビューで評価を高める要素でした。トンボ、イモリ、川魚などが、川底や岩場などに潜んでいます。それらを捕まえて鑑賞できる楽しみは、都会では体験できないものです。

②ニジマスのつかみ取り

春からの日帰りでも一里松キャンプ場が好まれるのは、営業時間中はニジマスのつかみ取りができることも理由です。ニジマスは日本に古来から生息する川魚で、独特な模様が浮き出る特徴があり、体長は40cm以上に成長します。

ニジマスは周辺施設で養殖されて、川辺川の中に放たれたもの。親子や友人同士で参加が普通ですが、別にソロで体験しても構いません。つかみ取りは川遊びの1種とできる他、デイキャンプや宿泊での川魚料理にも活用できます。

魚が穫れる魅力が大きいと口コミで語られる

ニジマスのつかみ取りについても、一里松キャンプ場の口コミ意見も評判上々でした。かなり大きなニジマスが捕まえられることも、都会では考えられない魅力です。捕まえるだけでなく、食べられる楽しさも人気の要素です。

受付のほうで販売しているニジマスではなく、自分で捕まえた新鮮な魚を塩焼きにできるのは、他では得難い体験。1匹あたりの料金も安くなっているので、1人あたり2匹くらいは捕まえて美味しいBBQにしてみたいものです。

一里松キャンプ場の利用

利用できる期間と営業時間と定休日

毎年能勢町の一里松キャンプ場がオープンしているのは、まだ寒さが残る春の3月1日です。営業期間は毎年、秋の紅葉が綺麗な11月末まで続きます。定休日は存在しませんが、冬季は休業する他、悪天候で使えないことがあります。

営業時間は春から秋まで一貫して、朝の9時から夕方までとなります。もし宿泊のキャンプを希望する場合には、いずれの時期でも営業時間内の16時までにキャンプ場内に到着している必要があるので、時計チェックが必要です。

一里松キャンプ場の予約方法

予約は営業時間内に電話で受け付けているのが一里松キャンプ場で、公式サイトからは予約できません。団体利用の場合、オープン6ヶ月前から前日まで予約が可能になっていて、ソロや少人数の場合は12月から受け付けています。

またロッジやテント2張以上、2泊以上の場合、予約金を支払う必要が出てきます。一里松キャンプ場のほうからハガキが届くので、必要事項を記入して送り返した上、お金を振り込むことによって設備の利用ができる仕組みです。

一里松キャンプ場のキャンセル料について

知っておきたいのが、一里松キャンプ場のキャンセル料の発生です。利用が無理な場合は営業時間内にキャンセルの電話かFAXをしないと、全額支払いとなります。回避するには、予約日の10日前までに電話で取り消すのが決まりです。

一里松キャンプ場では、10日前までなら全額返還、9日前~前日までなら半額返還されます。当日キャンセルは返還不可能なのでご注意です。キャンセル料は日帰り利用をする場合も適用なので、頭の片隅に入れておく必要があります。

一里松キャンプ場に近い温泉

①能勢温泉

関西で名の知れる能勢温泉は、一里松キャンプ場の周辺施設では一番利用しやすい温泉です。ホテルやキャンプ場としても使える名所は、日帰りで温泉に入浴したり、ソロでも会席料理と一緒のプランが選べる魅力があります。

そんな能勢温泉のお風呂と言ったら、大浴場です。ここには広い内湯と能勢町の山林を眺める露天風呂の設備があります。泉質はカルシウムたっぷりな天然ラジウム泉ということで、キャンプの後に健康的になれそうな温泉です。

基本情報

能勢温泉

  • 住所
    〒563-0372
    大阪府豊能郡能勢町山辺409-81
  • 電話番号
    072-734-0041
  • 公式サイトURL
    http://noseonsen.jp/

②京都るり渓温泉 for REST RESORT

いま関西で人気上昇中なのが、京都の南丹にあるるり渓温泉。一里松キャンプ場の周辺施設の中でもおすすめの温泉リゾートは、コテージを含むキャンプ施設も併設な上、レストランや高原BBQまでも味わえる京都の別天地です。

注目の温泉はラジウム泉なので健康の効果が高く、露天風呂、ジャグジー、打たせ湯など様々なお風呂が揃っているためレビューでも高評価。るり渓温泉なら温泉プールもあるし、サウナや家族風呂の設備まであって充実そのものです。

基本情報

京都るり渓温泉 for REST RESORT

  • 住所
    〒622-0065
    京都府南丹市園部町大河内広谷
  • 電話番号
    0771-65-5001
  • アクセス
    JR「園部」駅からるり渓温泉直行バスで約30分
  • 公式サイトURL
    https://rurikei.jp/

一里松キャンプ場で過ごしてみよう

口コミの高評価を実際に確かめたい

関西の秘境にたたずむ一里松キャンプ場は、最寄り駅からバス移動もでき、テントからロッジまで利用してみたい設備が整った場所でした。貸し出しグッズも揃うので、春からのシーズンにはソロでも手ぶら利用してみたいところです。

しかも夏には透明度が高くて冷たい川で遊べることや、魚のつかみ取りや釣りまで楽しめるなど、レビュー評価を上げる要素は満載。温泉もある能勢町の一里松キャンプ場は、周辺施設も含めて仕事の定休日にぜひ訪れたいですね。

大阪のコテージが気になる方はこちらもチェック!

当サイトでは一里松キャンプ場だけでなく、レビューで高い評価の付く大阪のアウトドア情報をまとめています。大阪府内のコテージ付きキャンプ場が気になる方も、チェックしてみてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【最高】22イグジストがシマノリールだった件・・・

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

22カルディアSW触ってきたけど・・・コレってSW?

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【バリバス新作PEライン】初心者にもおすすめのスタンダードラインも登場!

★VARIVAS アバニ SMP ヒラマサチューンの動画はコチラ★ 「サンライズ田代誠一郎が語るヒラマサチューンへの拘りと性能」 https://www.youtube.com/watch?v=2dX...