Twitter
Facebook
LINE

DIYで活躍間違いなし!100均のクランプおすすめ10選!種類別の使い方も解説!

ゆー

DIYで活躍間違いなし!100均のクランプおすすめ10選!種類別の使い方も解説!

ゆー

DIYで木工工作をする際に使う道具といえばクランプですが、このクランプが100均で売っているのをご存じでしょうか。クランプにもC型、F型など種類があり、その種類違いも100均では販売されています。今回は100均クランプについてご紹介していきます。



100均のクランプ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

木工工作で、材料同士をボンドで固定したときにしっかり接着させるために使う道具。それがクランプというアイテムです。100均にはDIYの道具も販売されていますが、このクランプもDIYコーナーで販売されています。

今回はダイソー、セリア、キャンドゥと三店舗で販売されているクランプの種類をご紹介していきます。また、クランプの種類別の使い方もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。(2021年2月4日現在の情報です)

クランプの種類と使い方とは

クランプには種類があるのをご存じでしょうか。まず、同じ種類でも固定するものの大きさの違いで使うクランプのサイズも変わってきますし、ネジで絞めて固定するものと、バネで簡単に固定するもの、コーナー部分を直角に固定するものなんかもあります。ここでは100均で販売されているクランプの種類をお伝えしていきます。

C型クランプ

こちら、よく見かけることがあるタイプのものではないでしょうか。Cの形をしているのでC型クランプと呼ばれています。写真を見ると分かるように、ネジがついているのでそれを回して締め付けていきます。このC型クランプにはサイズ違いで種類があるので、接着したい幅に合わせたC型クランプを購入するようにしてください。

F型(L型)クランプ



こちらはF型クランプと呼ばれる種類です。Fのような形をしているためそう呼ばれているのですが、他にもL型クランプと呼ばれることもあります。F型クランプの使い方ですが、手持ちのハンドルがあるので、それをくるくると回して締め付けていきます。

F型(L型)クランプはC型よりは力がかかりにくいため、強力に固定したい場合はC型クランプを利用するといいでしょう。ただ、F型は片側の抑えをスライドすることができるので、作業が楽にできる利点があります。

バネクランプ(スプリングクランプ)

写真のものはスプリングクランプ、バネクランプとも呼ばれる種類です。洗濯ばさみのような形をしており、簡単に固定したい場合に使えます。ただ、見た目でも分かるようにC型やF形よりも固定する力は弱いです。ちょっとした工作などに利用する場合や、小さな木工工作をする場合には向いているので、ミニチュアの工作をする方にはおすすめのアイテムです。



クイックバークランプ

こちらはクイックバークランプと呼ばれるものです。クイックバークランプもF型クランプのように片側の抑えをスライドさせて使えるので作業がらくにできます。また、F型と違うところはネジ締めではなく、ハンドルを握ることで締め付けられるところ。こちらも100均で販売されているものなので、それぞれ用途に合ったものを購入してください。

コーナークランプ

こちらはコーナークランプ。直角にものを固定したいときに使えるアイテムです。角に固定し、ボックスなど直角に固定して使います。100均で販売されているものはここまでがっちりしたものではなく手軽に使えるようなものが販売されています。

大きいものを固定したい場合などには向かないものですので、しっかりしたコーナークランプが必要な方はホームセンターで購入するといいでしょう。

100均ダイソーのクランプ6選

まず初めにご紹介するのはダイソーのクランプです。ダイソーが一番店舗数も商品数も多く取り揃えているので、近くにダイソーがある方はこちらで探した方が種類もたくさんあっておすすめです。

先ほどクランプの種類と使い方をご紹介してきましたが、そのすべてがダイソーにはそろっています。もちろん店舗の大きさによっては取り扱っていないところもあるので、気になる方は事前にお店に聞いてみるといいでしょう。

①C型クランプ

厚さ75mmタイプ

ダイソーのC型には数種類あり、こちらが一番大きいサイズのクランプになっています。最大75mmの厚さまで対応できるので、大き目の木工に挑戦する方はこちらの75mmサイズのクランプを利用するといいでしょう。

C型クランプはきつく締められるというのがメリットですが、そのせいで木材にクランプの跡がついてしまうことがあります。それが気になる方は間に当て木やゴムパットをつけるなどで対応するといいでしょう。

厚さ50mmタイプ

こちらは少し小さいサイズで、50mmタイプです。5cm程度のものを固定する場合に使えます。ただ、もし大きいサイズも固定することがあるのであれば、大きい75mmサイズのものを用意しておけばいいのではないでしょうか。

クランプが販売されている売り場は、工作関係のものが販売されているところです。ただ、ドライバーなどの工具とは別のところに販売されていることもあるので、分からない場合は店員さんに聞いてみるといいでしょう。

厚さ25mmタイプ

こちらはダイソーの中で一番小さいサイズの商品です。25mmの厚さに対応するクランプなのですが、二つ入っています。クランプは一か所だけでなく数か所を固定して使うこともあるので、二つ入りはありがたいですね。

一番小さい25mmサイズですが、これでも大きいと感じる方もいるかもしれません。ミニチュアの工作などに使ったり、アクセサリーの固定などに使う場合は、この後ご紹介するスプリングクランプがおすすめです。

②F型クランプ

200円F型クランプ

こちらはダイソーのF型クランプです。写真を見ても分かるように、片側をスライドさせ、さらにネジ締めをして使えるようになっています。価格は200円なのですが、ホームセンターなどで購入するよりは断然安い価格で購入できます。

サイズは50×200mmです。最大が200mmなので大きいサイズのものの固定にも向いています。F型クランプはダイソーにはこの種類のみが販売されています。

しっかり固定したい場合は二個以上必要

F型クランプだけではありませんが、しっかりと均等に固定したい場合はクランプは二つ以上あったほうがいいでしょう。こちらの写真も、両側から押さえられるよう、ダイソーのクランプを二つ使って固定しています。

DIYでは使う工具がたくさんありますが、ダイソーに行けばほぼそろってしまうのではないでしょうか。工具もそうですが、材料も豊富にそろっています。初めてDIYに挑戦する人は、まずはダイソーで人そろえするのがおすすめです。

③クイックバークランプ

クイックバークランプはホビー用

こちらはクイックバークランプ。最大使用サイズが100mmとありますので、大きいものを固定したい場合には使えません。必要な厚みまでハンドル部分をスライドさせ、固定したいところでハンドルを握りしめることで固定されます。

またこちらのクイックバークランプは、ダイソーではこの種類のみ販売されています。大きいものが必要な方はホームセンターで購入するか、大きいサイズのC型、もしくはF型クランプを購入してください。

小さいものを固定するのに便利

10cm程度のものを固定するのに使えるので、写真のようなミニチュアの工作や、アクセサリー工作なんかにも向いています。もちろん、もっと小さい工作を行う方もいるでしょう。そういう方におすすめするのが次にご紹介するスプリングクランプ。締め付ける必要なく使えるので、小さいものを工作することが多い方はこのタイプを使ってみてください。

④スプリングクランプ

200円スプリングクランプ

こちら、ダイソーで販売されている200円のスプリングクランプです。最大の幅が70mmと厚みがあるので、大きいサイズのものを固定したいときに便利に使えます。ただ、やはりスプリングクランプは便利に使えるのに対し、C型クランプよりは力が弱いので、ぎっちりと固定したい場合はC型クランプを利用するのがおすすめです。

最大2cmタイプのスプリングクランプ

こちらは最大厚みが2cmタイプのスプリングクランプ。二つ入って100円で販売されています。ミニチュアの工作や、アクセサリーを作られている方におすすめのタイプ。小さいものを固定する場合は、強く締められるものを使ってしまうと逆に材料が破壊されてしまうこともあるので、その危険が考えられる方はこのスプリングクランプを使用した方がいいでしょう。

⑤木工ガイド

コーナーに使う木工ガイド

こちらはコーナークランプと呼べるほどがっちり固定できるものではないのですが、コーナー部分の固定に利用できるものとしてダイソーでは木工ガイドが販売されています。

しかもこの木工ガイド、板の厚さが6、9、12、15、18mmと幅広く使えるものなので便利に使えるのではないでしょうか。もちろんこの商品は締め付けて使うものではないので、きっちり直角に固定したいときに使ってください。

木工ガイドには二種類入っている

この木工ガイドの使い方ですが、赤いパーツと黒のパーツを同時に使用していきます。黒いパーツには6,9mmと5つのサイズで溝がついているので、それを赤いパーツにはめ込んでしっかりと固定してくれます。直角に固定したいものがあるときに使えるパーツ。二つ入っているので、四角い形を作る場合は二つ購入してください。

⑥万力

ミニ万力を机に固定して

こちら、クランプと呼ばれるものではありませんが同じ用途として使えるものとしてご紹介します。こちら、ダイソーで販売されている万力です。この万力は机に固定することで使うタイプで、右にあるレバーをくるくる回して締め付けていきます。

机に固定されているので材料が動いてしまう心配がなく、便利に使っていただけるのではないでしょうか。開口部は30mmサイズと小さいタイプなので、大きいものが必要な方はホームセンターで購入してください。

100円のミニ万力は机に吸盤で固定

こちらも万力なのですが、商品名としてはミニバイスという名前で販売されています。こちらは先ほどの万力とは違い、ネジで机に固定するものではありません。ミニバイスの下には吸盤がついているので、レバーを回すことで机に固定できるようになっています。

このミニバイスですが、最大開口が2.7cm程度ですので、こちらも小さいものを固定する場合に便利に使えます。イエローの他にも、レッドタイプもあるようです。

100均セリアのクランプ3選

次はセリアで販売されている種類をご紹介していきます。ダイソーほど種類はありませんが、それでも数種類のクランプが販売されています。近くにセリアがあるという方は、セリアで探してみてください。セリアにはおしゃれなDIYグッズもたくさん販売されていますので、材料も合わせて購入すると楽しく工作ができそうです。

①C型クランプ

セリアのC型クランプ

セリアには一番大きいサイズのC型クランプに50mmタイプのものがありました。カラーはこのシルバーのほかに、レッドタイプもあるようです。木工で使う場合、一つでは足りず、二つ、三つと必要になることも多いです。

100均で購入すれば個数×100円なので、ホームセンターで購入よりも断然安く手に入りますね。もちろん50mmより大きいサイズが欲しい場合はダイソーの75mmサイズか、もしくはホームセンターで購入してください。

25mmタイプクランプ

こちら、さらに小さい25mmタイプのクランプです。ダイソーでは25mmタイプが二つ入っていましたが、セリアでは25mmが一つ入りで100円です。もしお得に買い物をしたい場合は、ダイソーで購入した方がいいでしょう。クランプは数個利用して均等に接着できるので、一つだけではなく数個購入して利用してください。

②F型クランプ

セリアのF型クランプ

セリアのF型クランプは、最大値が48mmと小さいサイズの固定に使えるタイプとなっています。ちょっとした木工工作などに利用する場合は、100均の工具でも十分対応できますね。

もちろん本格的な工作や、大きなものの工作の場合には100均のものだと小さすぎるので、その場合はホームセンターで購入してください。初めて工作に挑戦する方などは、試しに使ってみるということで100均の工具をおすすめします。

ミニチュアの工作に便利

100均の工具には小さいタイプのものが多いので、ミニチュアの工作やアクセサリーの工作をする場合に便利に使えます。接着にクランプを使っていなかった方もいるかもしれませんが、便利に使えるのでぜひこの機会に購入してみてください。

今まである程度接着するまで手で押さえていたとか、物を重しにしていたとか、そういう方もいるでしょう。クランプを使えば楽に強力に接着できるようになりますよ。

③スプリングクランプ

セリアのスプリングクランプ

こちらはセリアのスプリングクランプです。最大開口幅が32mmタイプで二つ入って100円です。ダイソーの小さいほうのスプリングタイプは、最大幅が2cmでしたので、もう少し大きいものが欲しい方はセリアのスプリングクランプがおすすめです。

スプリングクランプは、洗濯ばさみのように持ち手を開いて挟むだけで使えるのでとても手軽に使えます。アクセサリーや材料の弱いものを固定する場合に、安心して使えるクランプです。

模型の接着に

模型工作が好きな方もいるでしょう。模型で使うパーツは小さいものが多いので、それを固定する場合にはスプリングクランプくらいの大きさがちょうどいいのかもしれません。手軽に使える上二つ入っているので、持っていない方は一つだけでも購入しておくと便利に使えるのではないでしょうか。もちろん、アクセサリーを作る方にもおすすめです。

100均キャンドゥのクランプ1選

最後にご紹介するのは、キャンドゥのクランプです。キャンドゥにもクランプは売っているのですが、中には販売されていない店舗もあるようです。もし家の近くにキャンドゥがあって、クランプを探したいと考えている方は電話で問い合わせしてから買いに行った方が安心かもしれません。また、いろんなクランプを見て選びたい方はダイソーに行くのがおすすめです。

①C型クランプ

キャンドゥのC型クランプは

キャンドゥで販売されている種類はこちら。最大開口幅が50mmタイプのものが見つかりました。セリアと同じ種類の商品が販売されています。くるくると上部の持ち手を回して固定していきます。

やはり100均で販売されているものは、小さいものが多いので、もし大きいサイズが欲しい方はホームセンターか、もしくは通販サイトで購入するのがいいでしょう。また、75mmサイズまででしたらダイソーで販売されているものを利用してください。

ホビークランプ

キャンドゥにはこちらの小さいサイズのホビークランプが販売されています。最大開口幅が40mmタイプで、これが二つ入っています。他のクランプよりも簡易な作りになっていますが、しっかり持ち手を回して締め付けることができます。

50mmタイプ、40mmタイプと二つありますが、二つ入りなのはこのホビークランプなので、そこまで大きいものを固定しない場合はホビークランプの方がお得に購入できます。

まとめ

今回は100均のクランプについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。工作で使うクランプが、C型、F型などいろんな種類のクランプが100均でも購入できる便利な世の中になりました。

それぞれ、固定するものによっても使いやすいもの、強力に固定できるものと種類によって異なってくるので、自分の工作に合った種類のものを購入してください。クランプを使って、今まで以上に楽に工作ができるようになるはずです。

100均グッズが気になる方はこちらもチェック!

100均グッズについては、他にもさまざまな特集が組まれています。ダイソー、セリアで買えるおすすめの工具やキャンプで使える100均グッズなど、気になることがあるかたは、こちらも合わせて読んでみてください。また、気になる記事がある方は検索機能も使えますので、気になるワードを入力して検索してください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

実は中身がコピー用紙!ハロウィンのリースを安く簡単に作る方法・手順を紹介🎃✨

今回はかわいいハロウィンリースを作る過程をご紹介しました! 100均ダイソーで購入した「ハロウィン柄のリボンテープ」やオレンジ色の毛糸を使って、コピー用紙で作った棒にくっつけていくだけ! 用意するも...

釣りのラジオ釣りラじ「第51回俺カラー登場!!」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ▼釣りラジをSpo...

このやり方で可愛くボリュームが出ます✨ハロウィンリボンカチューシャのおすすめの作り方解説🎀

今回は100均ダイソーで購入した「ハロウィン柄のリボンテープ」を使って、かわいいリボンカチューシャを作る過程をご紹介しました! 用意するものは下記です。 【材料】 リボン(約1m10cm使用・ワイ...

根がかりしても、それでもメタルジグを投げるワケ

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

手作りハロウィンプレゼントにおすすめ!こうもりガラスドームキーホルダー🦇

今回は100均セリアで購入した「蝙蝠の羽根のガラスドーム」を使って、かわいいキーホルダーを作る過程をご紹介しました。 ちなみにセリアには他にもカボチャ等、いろいろなタイプのものがありました! 用意す...