【20-21】冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場おすすめ11選!穴場スポットも!

【20-21】冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場おすすめ11選!穴場スポットも!

冬キャンプをするのにおすすめな関東のキャンプ場を紹介しています。冬場の寒い時期にも開かれている通年営業のキャンプ場を紹介していたり、冬キャンプができる関東のおすすめキャンプ場の近隣にある穴場施設についても紹介していますので参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.関東で冬キャンプを楽しめるスポットを紹介!
  2. 2.おすすめ①:氷川キャンプ場
  3. 3.おすすめ②:山のふるさと村キャンプ場
  4. 4.おすすめ③:九十九里オートキャンプ場 太陽と海
  5. 5.おすすめ④:イレブンオートキャンプパーク
  6. 6.おすすめ⑤:ウォーターパーク長瀞
  7. 7.おすすめ⑥:ケニーズファミリービレッジ
  8. 8.おすすめ⑦:キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原
  9. 9.おすすめ⑧:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
  10. 10.おすすめ⑨:大洗キャンプ場
  11. 11.おすすめ⑩:北軽井沢スウィートグラス
  12. 12.おすすめ⑪:ACN赤城山オートキャンプ場
  13. 13.まとめ

関東で冬キャンプを楽しめるスポットを紹介!

関東地方には、東京都心からもアクセス良い場所に冬キャンプを楽しむことができる通年営業しているキャンプ場が色々とあります。夜になると満天の星空を眺めることができる自然が美しい場所にあるキャンプ場も豊富にありますので、今回ご紹介してきた冬キャンプにオススメなキャンプ場の中で気になる施設がありましたら利用してみてくださいね。(記載されている内容は2020年10月24日現在の情報を元に作成しています。)

おすすめ①:氷川キャンプ場

キャンプ場の特徴について①

東京都西多摩郡奥多摩町にある「氷川キャンプ場」は、通年営業しているので冬場のキャンプもできる人気施設です。宿泊だけでなく、日帰りやデイキャンプを楽しめるので、初心者キャンパーにもおすすめです。サイト使用料は1名様700円で、小学生未満の子供であれば無料での利用が可能です。駐車料は宿泊であれば1400円で、日帰りであれば700円かかります。電源付きのバンガローは一棟一泊で5000円〜となっており、電源付きロッジは一棟一泊で35000円〜となっています。

キャンプ場の特徴について②

広々とした河川がサイトとなっているために、冬場以外のキャンプでは水遊びや釣りなどを楽しむことができるとしても人気です。都心から約2時間程度で到着する場所にあり、日帰りでのソロキャンプやバーベキューを楽しむ方も多くいます。バーベキュー用品や調理用品、暖かい毛布や暖かい暖房器具などの貸し出しも安いお値段で行っています。夜になると星も綺麗な場所で、自然の中でゆっくりと過ごすことができます。近隣には奥多摩温泉もえぎの湯という穴場な温泉施設もあるので、キャンプをした後にゆっくりと体を癒すのもおすすめです。

冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場詳細

氷川キャンプ場

詳細を見る
住所〒198-0212
東京都西多摩郡奥多摩町氷川702
アクセス奥多摩駅から徒歩で5分

おすすめ②:山のふるさと村キャンプ場

キャンプ場の特徴について①

東京都心から約一時間半から2時間程度の場所にある奥多摩町の「山のふるさと村キャンプ場」は、奥多摩湖の湖畔にあるキャンプ場で、定休日も特になく、通年営業しているので冬場のキャンプを楽しむこともできます。サイト使用料は大人が200円で小中学生が100円という安い料金です。利用者用駐車場がありますが、フリーサイトや電源サイト内への乗り入れはNGとなっており、荷物を積み下ろしする際などにだけ入場が可能となっているルールがあります。

キャンプ場の特徴について②

キャンプ用品をまだ多く揃えていない初心者キャンパーにも安心な道具類のレンタルサービスなども行なっていて、暖かい寝具類も安いお値段で借りられます。キャビンがある電源サイトは1万円〜2万円の間の料金で利用が可能です。自然豊かな場所にあるキャンプ場なので、夜になるととても静かで、星が綺麗に見えます。周辺には鶴の湯温泉・馬馬館という穴場温泉施設もありますので、キャンプを満喫した後に立ち寄って、疲れた体を癒すのもおすすめです。  

冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場詳細

山のふるさと村キャンプ場

詳細を見る
住所〒198-0225
東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
アクセス圏央道・青梅ICより42km、車で約70分。

おすすめ③:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

キャンプ場の特徴について①

千葉県旭市内にある「九十九里オートキャンプ場太陽と海」は、目の前に太平洋が広がっている自然豊かなオートキャンプ場で、通年営業となっていますので冬場のキャンプも楽しむことができます。電源サイトのオートサイトやバンガロー、コテージやコンテナバンガロー、センターハウスなど、様々な宿泊施設が用意されています。宿泊だけでなく日帰りでのソロキャンプもできるので初心者キャンパーにも気軽に利用できます。

キャンプ場の特徴について②

暖かい毛布や暖かいシュラフ、テントやタープなどの豊富なキャンプ道具を安いお値段にてレンタルしているので、キャンプを始めたばかりの初心者の方にも安心感のあるキャンプ場です。広大な敷地には海水浴場や釣り場、サーフィン・ボディボード・サイクリングロードなどのアウトドアレジャーを楽しめる設備もあります。周辺には天然温泉旭の湯という穴場温泉施設もある海の近くにある綺麗なキャンプ場です。

冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場詳細

九十九里オートキャンプ場 太陽と海

詳細を見る
住所〒289-2512
千葉県旭市東足洗2746-10番地
アクセス車 / 千葉東金道路 東金IC下車 約65分

おすすめ④:イレブンオートキャンプパーク

キャンプ場の特徴について①

東京駅から車で約1時間程度の場所にあるイレブンオートキャンプパークは、夜間になると星もきれいに見える自然豊かな木々に囲まれた穴場キャンプ場です。電源なしのオートサイトや、電源サイトのオートサイト、ログキャビンやカナディアンコテージなどの宿泊施設がある他にも、一人でソロキャンプを楽しめるデイキャンプサイトもある穴場キャンプ場です。ソロキャンプをするためのデイキャンプサイトは、大人1名で1100円で利用できます。。電源なしのオートサイトは3300〜4400円の値段で利用できます。電源サイトのオートサイトは4400〜5500円の料金で利用できます。

キャンプ場の特徴について②

通年営業している穴場キャンプ場で、冬場のキャンプも出来ますが、気温が高くて暖かい時期にもおすすめなキャンプ場です。キャンプ初心者が忘れがちな道具類のレンタルも安い値段で行っていますので安心感もあります。近くには釣りを楽しむことができるおびつ川が流れていますので、暖かい季節のキャンプでは、子どもと共に川遊びを楽しむことができます。周辺には大江戸温泉物語・君津の森という穴場温泉施設もありますので、キャンプを終えたあとに立ち寄ってみるのもおすすめです。

冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場詳細

イレブンオートキャンプパーク

詳細を見る
住所〒292-0435
千葉県君津市栗坪300
アクセス圏央道木更津東ICから車で15分

おすすめ⑤:ウォーターパーク長瀞

キャンプ場の特徴について①

埼玉県秩父にある「ウォーターパーク長瀞」は、長瀞玉淀自然公園に位置していて、周辺が秩父の森の緑や荒川に囲まれている自然豊かなオートキャンプ場で、天気の良い日であれば夜になると星が綺麗に眺めることもできます。営業は通年営業ではなく、3月中旬から冬の12月下旬頃までとなっているキャンプ場です。オートキャンプサイトは基本サイトが3500〜6500円の間で利用でき、電源サイトは4800円〜7800円の間で利用できます。日帰りでのデイキャンプもできるキャンプ場になりますので、ソロキャンプが初心者の方にもおすすめです。

キャンプ場の特徴について②

ソロキャンプをするためのデイキャンプサイトは、使用料600円、駐車料500円という安い料金での使用が可能です。まだ初心者ソロキャンパーが忘れがちなキャンプに必要な道具類を貸し出しているレンタルサービスも安い値段で行なっている人気キャンプ場です。暖かい寝袋や調理に必要となる道具類など豊富に用意しているので、キャンプ場初心者の方も安心してキャンプをしに出かけられます。近隣には秩父温泉・満願の湯という穴場な温泉施設もあるので、キャンプ帰りに利用するのにもおすすめです。

冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場詳細

ウォーターパーク長瀞

詳細を見る
住所〒369-1621
埼玉県秩父郡皆野町大字金崎1918-1
アクセス秩父鉄道上長瀞駅から徒歩で15分

おすすめ⑥:ケニーズファミリービレッジ

キャンプ場の特徴について①

東京都心から約1時間程度で到着する埼玉県飯能市内にあるオートキャンプ場「ケニーズファミリービレッジ」は、2年営業となっているオートキャンプ場なので、冬キャンプを楽しむ事もできます。日帰りでのソロキャンプを楽しめるデイキャンプサイトもありますので、初心者キャンパーの方が利用するのにもおすすめのキャンプ場です。冬キャンプを楽しめるキャンプ場ですが、暖かい春や夏の季節には、近くにある川でます釣りや川遊びを楽しむことができます。夏の期間中は名栗川を利用している天然の大型プールが人気です。

キャンプ場の特徴について②

自然たっぷりなオートキャンプ場で、夜になると星の輝きを眺めることもできます。宿泊の電源サイト料金は4400円〜で、河原サイトは3740円〜利用できます。日帰りでソロキャンプをするための電源サイトは、1日料金は2860円〜となっていて、河原サイトは1日2640円〜となっています。家族キャンプやソロキャンプに必要な道具類を借りられるレンタルサービスも安い料金で行っているオートキャンプ場なので、初心者キャンパーの方も安心してお出かけできます。

冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場詳細

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ/オートキャンプ場

詳細を見る
住所埼玉県飯能市上名栗3196
アクセス圏央道「狭山日高IC」または「青梅IC」より車で約40分
電話番号042-979-0300

おすすめ⑦:キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

キャンプ場の特徴について①

栃木県の那須町にある「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」は、那須インターチェンジからは約7分程度で到着する場所にあるキャンプ場で、北関東の那須高原を満喫することのできる絶好のロケーションにあります。自然豊かでのびのびと開放的に過ごせるオートキャンプ場です。通年営業をしているキャンプ場で、冬場のキャンプも楽しめます。日帰りでのオートキャンプやソロキャンプも楽しめる事から人気です。AC電源サイトのオートサイトは約3000円〜という安いお値段で利用できます。

キャンプ場の特徴について②

犬と一緒にキャンプを楽しめる電源サイトは4900円〜利用できます。バンガローやロッジやコテージやキャビンなどの電源付き宿泊施設もあるので、キャンプ初心者の女性の方にも安心して寝泊りすることができます。キャンプ道具類のレンタルも行っていますので、キャンプ場初心者の方や、初心者ソロキャンパーの方も安心して利用できます。近隣にはザ・ヴィンテージビューという穴場な温泉施設もあります。夜になりますと星も綺麗なキャンプ施設なので是非利用してみてくださいね。

冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場詳細

キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

詳細を見る
住所〒325-0304
栃木県那須郡那須町高久甲5861-2
アクセス東北自動車道那須ICから県道17号で那須湯本へ。田代小学校前の交差点を右折し、クラシックカー博物館の先に案内板あり。右折して現地へ。那須ICから5km

おすすめ⑧:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

キャンプ場の特徴について①

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラは、茨城県の観光名所としても知られている袋田の滝で有名な茨城県久慈郡大子町の広大な公園の一角に整備されている通年営業のオートキャンプ場で、冬場の寒い季節もキャンプを楽しめます。オートキャンプ場のフリーサイトは暖かい季節の通常期が3600円ですが、12月初旬から3月末日までにかけての冬季は2600円という安いお値段での利用が可能です。

キャンプ場の特徴について②

キャンプ道具をまだあまり揃えていない初心者の方にも安心なレンタルサービスも行っているキャンプ場です。夜になると星が綺麗で、ロマンチックな気分にも浸れる人気のキャンプ場です。オートサイト以外にも別荘のような雰囲気のあるキャビンや、フル装備のトラベルトレーラーの宿泊施設などもあります。また多目的温泉プールや多目的運動公園やテニスコートなども公園敷地内あります。周辺には大子温泉保養センター・森林の温泉という安いお値段で利用可能な穴場温泉施設もありますので、キャンプの後に疲れを癒すのもオススメです。

冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場詳細

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

詳細を見る
住所〒319-3552
茨城県久慈郡大子町矢田15-1
アクセス常磐自動車道那珂ICから車で60分

おすすめ⑨:大洗キャンプ場

キャンプ場の特徴について①

栃木県の那須町にある「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」は、那須インターチェンジからは約7分程度で到着する場所にあるキャンプ場で、北関東の那須高原を満喫することのできる絶好のロケーションにあります。自然豊かでのびのびと開放的に過ごせるオートキャンプ場です。通年営業をしているキャンプ場で、冬場のキャンプも楽しめます。日帰りでのオートキャンプやソロキャンプも楽しめる事から人気です。

キャンプ場の特徴について②

AC電源サイトのオートサイトは約3000円〜という安いお値段で利用できます。犬と一緒にキャンプを楽しめる電源サイトは4900円〜利用できます。バンガローやロッジやコテージやキャビンなどの電源付き宿泊施設もあるので、キャンプ初心者の女性の方にも安心して寝泊りすることができます。キャンプ道具類のレンタルも行っていますので、キャンプ場初心者の方や、初心者ソロキャンパーの方も安心して利用できます。近隣にはザ・ヴィンテージビューという穴場な温泉施設もあります。

冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場詳細

大洗キャンプ場

詳細を見る
住所〒311-1300
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8231-4
アクセス北関東自動車道・東水戸道路 水戸大洗ICより約10分

おすすめ⑩:北軽井沢スウィートグラス

キャンプ場の特徴について①

北軽井沢スウィートグラスは、「家族で冬キャンプ」のキャンプ場ランキングで東日本1位を獲得するほどの人気キャンプ場です。冬だけでなく、森林浴に最適な森や小川、滝があり、自然豊かな環境で1年中快適なキャンプを楽しむことが出来ます。

キャンプ場の特徴について②

北軽井沢スウィートグラスは、キャンプ道具を揃えていない初心者の方にとっても、100種類以上のアイテムがレンタル出来るキャンプ場です。多種多様なキャンプサイトやシーンに合わせて選べる食材セットもあります。夏は小川や滝で水遊びが気持ちよく、秋は紅葉がとても綺麗で、冬になると薪ボイラー式の貸切風呂「薪焚の湯」(まきたきのゆ)で心も体も温まります!

冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場詳細

北軽井沢スウィートグラス

詳細を見る
住所〒377-1412
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990
電話番号0279-84-2512
公式サイトURLhttps://sweetgrass.jp/

おすすめ⑪:ACN赤城山オートキャンプ場

キャンプ場の特徴について①

群馬県の前橋市内にある「ACN赤城山オートキャンプ場」は、通常営業しているキャンプ場で、冬場のキャンプを楽しめるおすすめな施設です。広々としている敷地内にはテントサイトがあって、バーベキューを楽しめる設備やシャワーなどの設備も整っています。テント泊に抵抗がある初心者キャンパーの方も安心なバンガローやキャビンなどの宿泊施設も用意しているキャンプ場です。自然が多い開放的な場所で、夜は星の鑑賞も楽しめます。

キャンプ場の特徴について②

家族でのキャンプで、子供と一緒に遊べる遊び場が充実している特徴もあるキャンプです。ターザンロープや木製遊具などのアスレチックなど、子供がのびのびと過ごせる環境です。暖かい季節には水遊びを楽しめるじゃぶじゃぶ池もあります。ペットを連れて行って一緒に冬キャンプを楽しめる施設でもあるのでぜひ利用してみてくださいね。

冬キャンプで行きたい関東のキャンプ場詳細

ACN赤城山オートキャンプ場

詳細を見る
住所〒371-0247
群馬県前橋市三夜沢町425-1
アクセス赤城ICより県道70号を北へ進み、交差点「溝呂木」を直進、交差点「三夜沢町」を右折して約0.4km

まとめ

いかがでしたでしょうか?関東地方には冬キャンプを満喫できる通年営業のキャンプ場が様々あります。日帰りでのソロキャンプもできるキャンプ場も色々とありますので、利用してみたいキャンプ場がありましたら、家族やお友達とお出かけしてみてくださいね。

キャンプ場について気になる方はこちらもチェック!

以下は、夜になると最高の星空を眺められ、澄んだ空気が綺麗なキャンプ場を紹介している記事、満天の星空を満喫できる雷鳥沢キャンプ場の魅力や予約・混雑状況についてご紹介している記事になります。

【連載】澄んだ空気がきれいなキャンプ場!夜には最高の星空も!のイメージ
【連載】澄んだ空気がきれいなキャンプ場!夜には最高の星空も!
これからの新緑の季節におすすめの、絶景が見られるキャンプ場をご紹介します。澄んだ空気がきれいな高原のキャンプ場や、きれいな清流のキャンプ場、満天の星空が見られるキャンプ場等、一度は訪れたい気持ちがいい絶景のロケーションを集めています。
満点の星空を満喫!雷鳥沢キャンプ場の魅力と予約・混雑情報まとめ!のイメージ
満点の星空を満喫!雷鳥沢キャンプ場の魅力と予約・混雑情報まとめ!
富山県にある雷鳥沢キャンプ場は日本のグランドキャニオンとの呼び声も高い美しい絶景が見られるキャンプ場として登山客を中心に人気があります。そんな雷鳥沢キャンプ場についてその魅力や予約方法、混雑する季節の情報、アクセスなどを詳しくご紹介いたします。
hanashin
ライター

hanashin

初めましてhanashinと申します。これからキャンプ・登山などのアウトドアを本格的に始める方にも分かりやすい記事を執筆していきます。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking