Twitter
Facebook
LINE

綺麗・お得・楽しい!宮古島の人気ダイビングスポット8選!評判抜群の場所はココ!

MINK

綺麗・お得・楽しい!宮古島の人気ダイビングスポット8選!評判抜群の場所はココ!

MINK

沖縄の宮古島はダイビングが盛んで、綺麗な水中世界が満喫できます。難易度の異なるスポットが点在していて、体験ダイビングから初心者、上級者までダイナミックな地形が楽しめると評判です。そんな宮古島のおすすめダイビングスポットを紹介します。



宮古島は沖縄の人気ダイビングスポット

宮古島は沖縄南部にある離島で、沖縄の中でも海が綺麗な場所として人気があります。ダイビングやシュノーケリングを目的に旅行に訪れる人が多く、美しい水中世界が楽しめると評判です。

宮古島とその周辺には100以上ものダイビングスポットがあり、初心者からベテランまで、それぞれ異なった難易度のスポットで楽しめます。宮古島には安い料金で楽しめるショップや、少数制のショップなど、さまざまなショップが揃っています。

宮古島のダイビング情報

宮古島のダイビングの特徴

フリー写真素材ぱくたそ

宮古島には周辺のダイビングスポットを含めると、100以上ものスポットがあります。中でも伊良部島・下地島周辺には評判の高いスポットが多く集まっていて、アーチやホール、洞窟などダイナミックな地形が楽しめると評判です。

宮古島では年間を通してダイビングが楽しめますが、季節によって潜れる場所が異なります。一般的に春から秋は伊良部島、秋から冬は下地島を中心に潜ります。

宮古島のダイビングシーズン

Photo by12019


宮古島では年間を通してダイビングが楽しめます。初心者におすすめのシーズンは海が安定する6月から10月ですが、台風シーズンでもあるので気を付けてください。オフシーズンは透明度が増し、ツアー料金が安いので、訪れるダイバーもたくさんいます。

体験ダイビングのスタイル

フリー写真素材ぱくたそ

宮古島では多くのショップがビーチダイブとボートダイブの2種類の体験ダイビングを行っています。ビーチダイブは、料金が安いのと所要時間が短いのがメリット。一方、ボートダイブは島から離れた、綺麗なスポットでダイビングが楽しめます。

体験ダイビングの料金には、必要な器材のレンタル料が含まれているので、手ぶらで気軽に体験ダイビングができるでしょう。体験ダイビングの後は、ライセンス取得を目指すのもおすすめです。

宮古島の初心者向けダイビングスポット5選



宮古島のダイビングスポット①中の島チャネル

下地島の西側にある中の島チャネルは、湾内にあるため穏やかで、初心者におすすめです。チャネルとは壁と壁の間にある水路のことで、中の島チャネルでは水路が迷路のように入り組んでいます。

地形が楽しめる人気スポットで、チャネルの間を縫うように泳いだり、アーチやクレパスなどの変化に富んだ景観を楽しんだりと、ダイビングの醍醐味が味わええます。最大深度は20メートルで、難易度の高い場所ではありません。

中の島チャネルのおすすめポイント

中の島チャネルの魅力は、水面から水中に差し込む光の美しさです。水中のリーフに光が降り注ぎ、条件がよければ光のカーテンが出現します。同じ場所に戻って来ることはないので、見逃さないようにしてください。

中の島チャネルは透明度がよく、真っ白な海底との青い海との綺麗なコントラストが楽しめます。中性浮力が上手に取れると、まるで青い水の中に浮かんでいるような感覚を味わうことができるでしょう。

宮古島のダイビングスポット②マリンレイク

マリンレイクは下地島の西、中の島チャネルの南側に位置する人気スポットです。洞窟に入り、トンネルの中を泳いで行くと島側の池に出ます。洞窟内は暗く、神秘的な雰囲気が楽しめる人気スポットです。

洞窟の入口は深度12メートル、洞窟内の最大深度は15メートルなので、初心者もチャレンジできるでしょう。洞窟内のフィンで砂を巻き上げないよう、注意が必要です。洞窟内を進むので、水中ライトは必須です。

マリンレイクのおすすめポイント

マリンレイクでは水中に光が垂直に差し込み、青白く光る滝のように見えます。時間によって見える場所が異なり、天気がよければ午後にはダイバーを照らすスポットライトのような現象が見られるでしょう。

水中は流れがなく、難易度の高い場所ではないので、初心者でも洞窟の中を泳ぐ体験ができます。洞窟の中は小さな生物がたくさん住んでいるので、探しながら泳ぐと楽しいでしょう。

宮古島のダイビングスポット③Wアーチ

Wアーチは伊良部島の北部にあり、穴の開いたアーチのような地形が2つあります。アーチは2つとも綺麗なハート型で、フォトジェニックなスポットとして人気です。

ダイビング雑誌にもよく取り上げられるスポットで、カメラ派ダイバーにも人気があります。最大水深は18メートルなので、初心者ものんびりとダイビングが楽しめるでしょう。流れがなく穏やかで難易度も低く、体験ダイビングにもよく利用されています。

Wアーチのおすすめポイント

Wアーチの魅力はユニークな地形です。ハート型のアーチが2つ見える場所は珍しく、天気のいい日には青い海をバックに、ハート型がくっきりと浮かんで見えます。フォトスポットとしてもおすすめです。

2つのアーチの間には小さな洞窟があり、ウミウシやカノコイセエビ、幼魚など小さな生き物がたくさん住んでいます。大きな魚はあまりいませんが、小さな生き物を探しながら、穏やかなダイビングが楽しめます。

宮古島のダイビングスポット④青の洞窟

青の洞窟は沖縄本島にあるスポットが有名ですが、宮古島にも青の洞窟があり人気を集めています。伊良部島東側に位置する、ツインホールとも呼ばれるスポットです。

ツインホール自体はカヌーやシュノーケルでも楽しめるスポットですが、青の洞窟は水中にある入口から入るため、ダイビングでなければ訪れることができません。最大深度は20メートルと難易度の低いスポットで、初心者や体験ダイビングでも楽しめます。

青の洞窟のおすすめポイント

青の洞窟では、ダイビングの醍醐味ともいえる幻想的な世界が楽しめるでしょう。入口は水深3~5メートルのところにあります。2つの大きな穴から入って進んで行くと、エアドームと呼ばれる広い空間に出ます。

エアドームに浮上して顔を出すと、中は真っ暗。体を反転させ後ろを振り返ると、洞窟の入口が青白く光っているのが見えます。洞窟の中からは青と黒の綺麗なコントラストが見られ、心に残る美しい景色が楽しめるでしょう。

宮古島のダイビングスポット⑤ミニ通り池

ミニ通り池は下地島の西、通り池に隣接しています。通り池と同様、洞窟内を抜けて池に出る形です。中~上級者向けの通り池より難易度の低いスポットで、初心者もチャレンジできます。

水深10メートルほどの入口から中に入ると、洞窟の中はいくつかのトンネルに分かれています。どのトンネルを通っても池に出られる不思議なスポットです。ショップによっては体験ダイビングにも使われます。

ミニ通り池のおすすめポイント

ミニ通り池の大きさは、通り池の10分の1ほどで、直径8メートルしかありません。淡水があまり入らないので、通り池より水が綺麗で、透き通るような美しさが楽しめます。洞窟の中の景色も綺麗で、アーチや柱が絡み合う複雑な景観が人気です。

洞窟の入口付近には「ホワイトロード」と呼ばれる場所があります。リーフの間にまっすぐに伸びる1メートルほどの白砂の道で、綺麗な白と青のコントラストが楽しめる人気スポットです。

宮古島の人気ダイビングスポット3選

宮古島のダイビングスポット①魔王の宮殿

魔王の宮殿は下地島空港のリーフに隣接する洞窟で、宮古島を代表するダイビングスポットです。洞窟はエントランスからメインホール、寝室へと3つのホールがあり、それぞれが通路でつながっているユニークな構造になっています。

それぞれの部屋には光が差し込み、魔王が存在しているかのような厳かな雰囲気。最大深度は25メートルで、ほとんどの時間を洞窟の中で過ごすので、中~上級者向けの難易度の高いスポットとなります。

魔王の宮殿のおすすめポイント

魔王の宮殿は、宮古島の中でも特に評判の高いスポットで、洞窟の中の美しい景観が楽しめます。真っ暗な通路を通って現れる洞窟には、青白い光のシャワーが降り注ぎ、まるで別世界のようです。

3つの部屋はそれぞれ異なった表情を持ち、メインホールでは滝のように光が流れ落ちる神々しい現象が見えることもあります。難易度の高い場所で、海の状況によっては訪れることができません。

宮古島のダイビングスポット②アントニオガウディ

アントニオガウディは下地島の西側にあり、芸術家ガウディに由来する評判の高いスポットです。サクラダファミリアを彷彿させる入り組んだ地形で、アーチがいくつにも重なり合っています。

最大深度は30~35メートルと深く、滞在時間が限られているので、エアの管理がきちんとできることが必須です。初心者には難易度の高い、中~上級者向けのスポットとなります。エンリッチドエアを使用するのもおすすめです。

アントニオガウディのおすすめポイント

アントニオガウディは水中の造形美が楽しめる人気スポットです。まるで芸術家が作ったようにアーチが複雑に絡み合い、岩と岩の隙間からは青白い光がいくつも差し込み、不思議な景観を作っています。

アーチは見る角度によって形が異なり、中にはハート型に見える場所もあります。何度訪れても新しい発見があり、飽きることがありません。ユカタハタやスミレヤッコなどが彩を添えてくれるので、カメラ派ダイバーにもおすすめです。

宮古島のダイビングスポット③八重干瀬(やびじ)

八重干瀬(やびじ)は日本で最大級のサンゴ礁が広がるエリアで、「日本のグレートバリアリーフ」と呼ばれています。周囲約25キロの中に大小の干礁が100以上も連なり、沖縄随一の透明度を誇るスポットです。

八重干瀬は宮古島の北部、5~15キロ離れたところに位置しています。ダイビングはもちろん、シュノーケリングの人気スポットで、波がなく穏やかなので初心者にもおすすめです。

八重干瀬のおすすめポイント

八重干瀬には難易度の異なる数々のスポットがあります。世界でも珍しい、ころんとした形の巨大なサンゴ見られるスポットや、キャベツのような大きなサンゴが大群生しているエリアもおすすめです。

沈船ダイブや潮の流れが早く大物が現れるスポットなどもあり、初心者だけではなく上級者も楽しめるでしょう。ベストシーズンは6月~8月で、冬は風が強いので訪れるのが難しくなります。

宮古島のダイビングショップ4選

ダイビングショップ①アクアティックアドベンチャー

Photo byjoakant

宮古島にあるアクアティックアドベンチャーは、体験ダイビングからベテランまでさまざまなプログラムを開催している評判の高いショップです。NAUIのラインセンス取得コースも開催しています。

ファンダイブは1人からボートを出してもらえるので、1人でも安い料金で参加できます。午前中に到着すれば、その日のうちにダイビングができるので、たくさん潜りたい人にもいいでしょう。オフシーズンは安い料金で利用できます。

アクアティックアドベンチャー

  • 住所
    〒906-0013
    沖縄県宮古島市平良下里543-1-101
  • 電話番号
    0980-79-5009
  • 公式サイトURL
    https://www.miyako-aquaticadventure.com/index.html

ダイビングショップ②アクアドロップ

Photo byjoakant

アクアドロップは体験ダイビングから初心者、カメラ派までさまざまなリクエストに応えてくれる評判の高いショップです。体験ダイビングはほぼマンツーマンで教えてくれるので、人数を考えると安いといえるでしょう。

ショップではビーチでのシュノーケリングやダイビングにも力を入れており、あまり時間の余裕がない人にもおすすめです。体験ダイビングには料金にレンタル器材が含まれ、安い料金で楽しめます。

アクアドロップ

  • 住所
    〒906-0007
    沖縄県宮古島市平良字東仲宗根337
  • 電話番号
    0980-79-0711
  • 公式サイトURL
    https://www.aquadrop.okinawa/

ダイビングショップ③ガイド屋さん

Photo byggungpa0

ガイド屋さんは初心者を対象にしたショップで、少人数で丁寧なガイドをしてもらえる評判の高いショップです。グループや家族での貸切ダイブ、カップルでのアニバーサリーダイブ、ナイトシュノーケリングなどのリクエストにも応えてもらえます。

ショップでは綺麗な自社ボートを使っているので、船酔いが少なく初心者も安心して楽しめます。体験ダイビングのレンタル器材は無料で、安い料金で楽しめると評判です。

ガイド屋さん

  • 住所
    〒906-0012
    沖縄県宮古島市平良字西里356 2F
  • 電話番号
    098075-5880
  • 公式サイトURL
    https://guide-ya-san.com/

ダイビングショップ④海宝館シーブルーム

Photo byarhnue

海宝館シーブルームは、ダイビングの他にもさまざまなマリンスポーツやアクティビティが安い料金で楽しめる評判の高いショップです。体験ダイビングやファンダイビング、シュノーケルツアーなど多彩なプログラムがあります。

ショップではウミガメツアーや熱帯魚体験ダイビングツアーなどもあり、少しでも安い料金で体験ダイビングをしたい人におすすめです。SUPやシーカヤック、グラスボートなども安い料金で利用できます。

海宝館シーブルーム

  • 住所
    〒906-0101
    沖縄県宮古島市城辺保良591-1
  • 電話番号
    0980-77-2266
  • 公式サイトURL
    https://www.sea-bloom.com/

宮古島でダイビングを楽しもう

フリー写真素材ぱくたそ

宮古島は、宮古ブルーと呼ばれる透明度の高い綺麗な海が評判です。初心者から上級者まで難易度の異なるスポットで楽しめます。安い料金で体験ダイビングができるショップも多いので、宮古島を訪れたら、水中世界を楽しんでください。

沖縄のダイビング情報が気になる方はこちらもチェック!

沖縄には魅力的なダイビングスポットがたくさんあります。下記のリンクで、沖縄のおすすめダイビングスポットやダイビングツアーをご紹介ます。宮古島のダイビング情報と合わせてご覧ください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【バリバス新作PEライン】初心者にもおすすめのスタンダードラインも登場!

★VARIVAS アバニ SMP ヒラマサチューンの動画はコチラ★ 「サンライズ田代誠一郎が語るヒラマサチューンへの拘りと性能」 https://www.youtube.com/watch?v=2dX...

【価格破壊】ダイワ2022新製品22カルディアSWがエグいっ!

★DAIWA 22カルディアSW 公式HPはコチラ★ https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/special/product/caldiasw/ ※画像出典元 ★...

シマノから2022新製品22ステラ登場!ついにアノ機構が・・・!

本情報はシマノから一時的に公開された情報を元にしております。綺麗事ではありますが、「釣りフェスティバル」という年に1度のイベントであること等を考慮し、動画内の画像には全てモザイクをかけております。また...