サーフチヌをリスクベイトとRAポップで攻略!チヌトップが面白すぎる

サーフチヌをリスクベイトとRAポップで攻略!チヌトップが面白すぎる

夏に面白い釣りといえばクロダイをトップウォータールアーで釣るチヌトップ。サーフでたまたま発見したクロダイが釣れるポイントでリスクベイトとRAポップを使って攻略してみました。リスクベイトとRAポップの特徴を解説しつつ、それぞれの使い分けを紹介します。

記事の目次

  1. 1.サーフちぬトップが面白い
  2. 2.リスクベイトとRAポップの特徴とは
  3. 3.リスクベイトの特徴
  4. 4.RAポップの特徴
  5. 5.リスクベイトとRAポップの使い分け
  6. 6.動画はこちら
  7. 7.バイトシーンが丸見えで大興奮

サーフちぬトップが面白い

夏に面白い釣りといえば河川や汽水湖で楽しめるクロダイのトップウォーターゲームがありますよね。
水面で踊るペンシルベイトやポッパーにド派手にバイトする様子は、一度味わったら病みつきになること間違いなし!
今回、そんな激アツのちぬトップゲームがサーフでも楽しめることを発見。
専用ルアーを使ってサーフちぬトップゲームを攻略することにしました!

リスクベイトにヒット

釣り開始早々、リスクベイトを使っていたハヤマ氏にクロダイがヒット!
強烈なファイトの末に上がってきたのはなかなかの良型でした。
リスクベイトを素早いドックウォークさせながら水面を逃げるような早めのアクションにヒットしたとのこと。

RAポップにもドカン

ハヤマ氏のリスクベイトクロダイをヒントに、RAポップを細かいポッピングしながら早めのアクションで誘ってみたところ、手前の波打ち際でドカンとバイト!
RAポップを後ろからずっと追尾してきたところで、少しスピードを落としたらガッツリと食ってきました。
追ってくるところから丸見えなので、バイトするまでドッキドキです。

RAポップでさらに追加

早い動きに反応が悪くなってきたため、RAポップのスプラッシュとポップ音を活かしたポッピングに変えたとことろヒット!
RAポップのアピール力の高さと移動距離の少なさがバッチリはまった一枚でした。
サーフちぬトップゲーム面白すぎる!!!

リスクベイトとRAポップの特徴とは

今回使用したリスクベイトとRAポップ。
ペンシルベイトとポッパーという違いの他に、それぞれのルアーに特徴があると感じました。
ここではぼくが感じたリスクベイトとRAポップの特徴をご紹介します。

リスクベイトの特徴

ハヤマ氏が1尾目をヒットさせたのがリスクベイト。
ペンシルベイトと呼ばれるジャンルのルアーで、ロッドアクションとリーリングでドッグウォークやテーブルターンといったアクションで魚を誘います。

良く飛ぶ

まず初めに感じた特徴はリスクベイトの飛距離。
小粒で軽量なルアーですが、驚くほど良く飛ぶルアーです。
飛行中に暴れることなく、まるで弾丸のようにキレイに飛んでいきます。

キレッキレのドッグウォーク

ペンシルベイトのメインとなるアクションのドッグウォーク。
リスクベイトのドックウォークは、水を纏いながら水面を切るようなキレッキレのドッグウォークです。
アクションもさせやすく、初心者の方でも扱いやすいルアーだと感じました。
 

RAポップの特徴

今回2尾のクロダイを仕留めてくれたRAポップ。
元々好きなルアーであるRAポップですが、今回の釣行で改めてその性能の高さを感じました。

良く飛ぶ

リスクベイト同様にRAポップもかなり高い遠投性能を持っています。
遠投性能が高いことで、向かい風や横風でも快適に釣りをすることが可能です。
ポイントにルアーが届かなければ、釣れる魚も釣れませんからね!

派手なスプラッシュ

ぼくがかなり気に入っているのがド派手なスプラッシュを上げることができるところ。
風が吹いて水面が波立ち、魚がトップウォータールアーに気付きにくい状況でも、しっかりとアピールすることができます。
また、水深があるポイントでも底にいる魚に気づかせることができるはずです。

移動距離が少ない

リスクベイトと違い前面にカップがあるため、ロッドアクションを加えた時の移動距離が少ないのも特徴のひとつ。
短い移動距離で何度もアクションさせることができるので、早い動きに反応できない魚も食わせやすいです。
スローにネチネチ誘いつつしっかりアピールできるルアーですね!

リスクベイトとRAポップの使い分け

リスクベイトとRAポップは、どちらも優れた特徴のあるルアーです。
では、どのように使い分けることでそれぞれの特徴を活かすことができるのでしょうか。
ここではぼくが考える使い分けをご紹介します。

ルアーを見つけやすい時はリスクベイト

トップウォータールアーは魚から見て、ルアーの見つけやすさがとても大切。
水面が静かな時や水が澄んでいる状況であれば、クロダイはルアーを見つけやすいはずです。
そう言った状況であれば迷わずリスクベイトを選択します。

見つけにくい状況はRAポップ

風で水面が波立っている状況や、濁りで水中の見通しが悪い状況はRAポップの出番。
ポップ音やスプラッシュで魚にルアーの存在をしっかりアピールすることができます。
またRAポップは移動距離を抑えて誘えるので、魚がルアーを見失いにくいというメリットもあります。

動きのスピードで使い分ける

今回の釣行のように、状況によって早い動きや遅い動きに反応が偏ることがあります。
初めは水面の状況や水の濁り具合でルアーを選択し、反応の有無でルアーローテーションすることが大切です。
トップウォータールアーは釣り人次第でどんな動きもできるので、状況に応じて最適なルアーとアクションを探してみてください。

動画はこちら

実際にサーフチヌをリスクベイトとRAポップを使って釣っている動画がこちら。
ルアーのアクションなど、文章では伝わりきらない雰囲気を感じてください。

バイトシーンが丸見えで大興奮

トップウォータールアーをクロダイが追尾したり、派手に水面でバイトする瞬間はドッキドキの大興奮!
この面白さはトップウォータールアーならではです。
皆さんもこの面白さを体感してみてください。
一度味わったらきっとちぬトップゲームの虜になるはずですよ!

六畳一間の狼SUU
ライター

六畳一間の狼SUU

YouTubeで釣り動画の配信をしている六畳一間の狼のSUUと申します!多くの方に釣りの楽しみを伝えるべく日々活動しています。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking