【ジャクソン】初心者向け軽装備でお手軽アジング!

【ジャクソン】初心者向け軽装備でお手軽アジング!

アジは味が良いからアジと呼ばれるくらい美味しくて、1番身近で親しみのある魚の一つとしても知られています。今回はそんなアジを餌釣りではなく、ルアー(ワーム)を使ってお手軽にアジを釣る「アジング」スタイルを紹介していきたいと思います。

記事の目次

  1. 1.さあ、アジングを始めよう!
  2. 2.おすすめアジングロッド
  3. 3.おすすめルアー(ワーム)
  4. 4.実際のアジング釣法
  5. 5.ジグ単でのアジング方法(誘い方)
  6. 6.まとめ

さあ、アジングを始めよう!

アジングと聞くと敷居が高いと感じられる方も多いのではないのでしょうか?
そんな方に特に知っていただきたい…。
アジングはお手軽にスタートできることを今回はご紹介させていただきたいと思います。

スタートキット10選

アジングをスタートするにあたっては、それ程たくさんの道具を買いそろえなくてもスタートできます。
まずアジングを始めるにあたり、下記の画像の道具をそろえていただければOKです!
 

①ロッド:ジャクソン オーシャンゲート jog-604ul-k st AJ(※おすすめ紹介あり)
②リール:1000番~2000番台の使用をおすすめします。
③スナップ:ジグヘッドを簡単に変更できるように使用
④ジグヘッド:0.6g~1.5gぐらい(初めは1.0gが操作しやすいのでお勧めします)
⑤ハサミ
⑥ワーム:ジャクソン ピピリング1.6インチ(※おすすめ紹介あり)
⑦リーダー:フロロカーボン2~4ポンドぐらい
⑧メインライン:エステルライン0.25~0.4号(PEラインでも可)
※本線とリーダーの結束は、クインテッドノットが簡単で早いです!
⑨ライト:夜釣りの際の必需品
⑩ライフジャケット:安全のために必ず着用しましょう

※慣れてくれば、ガーグリップや小型のタモがあると便利です。
 あと、お持ち帰りする際は、ポッケにジップロックを忍ばせておきましょう!

この道具数であれば、ワームやジグヘッド、スナップ等はポケットに入れて、片手にロッドといった感じで、かなり軽装でアジングを楽しむことができます。

おすすめアジングロッド

オーシャンゲートJOG-604UL-K ST AJ

オーシャンゲートJOG-604UL-K ST AJ
スタンダードモデルなので、スタートロッドとしてお勧めです。
繊細さ、操作性、飛距離という点において、最もバランスの
取れたスタンダードモデルで、港内から防波堤でのジグヘッド
単体での仕様をメインに、マイクロプラグのクイックな
アクションにまで幅広く対応します。

おすすめルアー(ワーム)

ピピリング1.6インチワーム
アジ、メバル用のワーム。持ちもよいのでおすすめです。
リブ構造は、ドリフト時の潮噛みを良くし、針もちを向上させます。
ピピリングは、ベイトの完全イミテーションではなく、季節を問わず使えるワームです。

実際のアジング釣法

では、釣り方の説明をしていきます。
釣り方は、いたって簡単です。
・メインラインにリーダーを結束して、先にスナップを結びます。
・スナップにワームを付けたジグヘッドを装着します。
これでリグは完成なので、後はポイントでキャストを行い、アジに誘いをかけて釣り上げるだけです。
 

ジグ単でのアジング方法(誘い方)

リグの操作方法①スローリトリーブ

基本的な操作方法の一つ目は、上のレンジからゆっくり巻いて、次は着水からのカウントを増やして、少しずつ下の層へと下げていきます。魚の反応がどの層であるか、見極めてください。

リグの操作方法②リフト&フォール

操作方法①と同じで、こちらも表層から少しずつレンジを下げていきます。特にアジはフォールを好む魚なので、ワームが落ちている時のアタリを意識してください。

慣れるまでの釣り場は、波止や漁港内などの足場の良いポイントから行ってみてください。(立入禁止場所などもあるので気を付けましょう)
漁港内は、夜は常夜灯があるので安全なのと、その常夜灯にプランクトンが集まるので、そのプランクトンをアジが捕食するのに集まってくるので、比較的釣果につながるケースが多いです。

餌で釣るアジとはまた違い、試行錯誤しながら釣れた時の1匹は、また格別です。
そんな喜びに出会えるのもアジングの魅力です。
 

まとめ

基本的な道具が揃えば、ロッドアクションなどはシンプル。初心者の方でも簡単に釣れますし、ベテランの方もやればやるほど奥深さを感じられる釣りそれがアジングです。
 

アウトドア熱が高まっている今、空いた時間を利用して手軽なスタイルで気軽にフィールドに繰り出して、価値ある1匹を狙ってみてはいかがでしょうか…。思いがけない釣果が出る時も…。
 

浜田 誠之
ライター

浜田 誠之

jackson field staffの浜田です。大阪は泉南地区をホームグランドに、ライトゲームをメインに「釣りで、人を幸せにする」をモットーに活動しています!


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking