Twitter
Facebook
LINE

アウトドアにおすすめのマグカップ10選!素材の選び方を押さえて快適なキャンプを!

揚げ餅

アウトドアにおすすめのマグカップ10選!素材の選び方を押さえて快適なキャンプを!

揚げ餅

アウトドア(キャンプ)にマグカップあると便利

保温保冷ができる

Photo byStockSnap

キャンプなどのアウトドアでコーヒーなどを飲むときに使う道具にマグカップがあります。家で使うマグカップと比べると落としたり、ぶつけたりしても割れにくい金属製が多いです。またアウトドア向けのマグカップは高機能なものも多く、内側が二重構造になっていていたり、水筒のように内側が真空なっていて保温、保冷に対応したものもあります。飲み物を入れるという意味ではタンブラーと似ていますが、取っ手がついて持ちやすいです。

タンブラー・シェラカップとの違い

Photo by akikoyanagawa

タンブラーは冷たいものを入れる取っ手のついていない蓋付きのコップのようなものですが、ステンレス製で温かいものも入れられるタンブラーも登場し、使い方はよく似ています。しかしタンブラーには取っ手が付いていません。キャンプだとシェラカップを使う方も多いでしょう。シェラカップはステンレス製で温かいもの、冷たいものも入れられますが、直火にかけて使うためマグカップのように二重構造になっているものはありません。

アウトドア向けマグカップの選び方1:材質の違い

素材に注目



Photo by white-daffodil

家庭で使うカップだと陶器でできた物が多いですが、屋外で使うものは前述したように落としても割れない金属製が人気です。金属と言ってもステンレス製の丈夫なもの、チタン製の軽量で持ち運びしやすいものなど素材によって特徴が大きく異なりますよ。また安価で落としても割れにくいプラスチックなどの樹脂製もあります。家庭用の陶器製でも大丈夫ですが、キャンプで使う場合は割れにくい金属かプラスチックなどの樹脂がおすすめです。

素材の特徴1:ステンレス製

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ObIWvYt4L._AC_SL1500_.jpg

キャンプでよく見かける素材です。クッカーやシェラカップでも使われていてアルミよりも丈夫で直火でも使えます。価格も安いため買い求めやすく保温、保冷にも優れていて金属らしい輝きがブランドロゴを引き立てておしゃれという声もあります。ステンレス製マグカップの選び方としては家でもキャンプでも使いたい方、直火でも使いたい方、金属特有の光沢が好きな方に向きます。



素材の特徴2:チタン製

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71v%2BfxPZPWL._AC_SL1500_.jpg

チタンは同じ金属同士のステンレスとは大きく特徴が違うため選び方に注意しましょう。チタンは高価ですが、軽くて強度もあり錆びに強いです。さらに熱を伝えにくいため熱いものをいれても取っ手やマグ本体が熱くなりにくく触っても大丈夫です。特有の黄色みのかかった金属色になります。ステンレス製と同様に直火で使えるタイプもありますよ。選び方としては軽さを優先したい場合はステンレス製よりおすすめです。

素材の特徴3:樹脂

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81wFYV7GLFL._AC_SL1500_.jpg

一番安く比較的軽いですが、少しチープな感じになるものが多いです。金属と比べると着色が簡単にできおしゃれな柄入のマグなどもあります。保温、保冷はあまりできませんが、非常に安く陶器と比べると落としても割れにくいですよ。選び方としては数を揃えたいときにおすすめとなります。

アウトドア向けマグカップの選び方2:機能性

保冷・保温に対する効果

Photo byFree-Photos

前述したようにただのコップのようになっているものや、水筒のように内側が2重構造、真空構造になっているものもあります。保温、保冷効果はただのコップのような一重のものより二重構造のもののほうが高くなり、真空構造になっているものは極めて保温、保冷効果が高くなります。またプラスチックなどの樹脂よりも金属のほうが保温・保冷に対する効果は高いので温度をキープしておきたいという方は構造も選び方の参考にしてくださいね。

シングルウォールだと直火可能

二重構造になっていないステンレス、チタン製だと直火可能な物が多いです。逆に二重構造は直火は絶対にNGです。破裂や膨張の原因になり危ないです。

蓋があるとさらに効果的

Photo by yto

保温、保冷効果を高めるアイテムがマグの蓋です。付属するものやオプションとして別売されている場合がありますよ。素材だけではなくオプションの有無も選び方で大切なポイントとなります。また蓋があると飲み物をタンブラーのように携帯しやすくなり、ほこりや異物の侵入防止にも役立ちアウトドアで使いやすくなります。

アウトドア向けマグカップの選び方3:携帯性

携帯性について

Photo byAnnaliseArt

素材や構造の他にも選び方はあります。それは携帯性です。荷物が多くなるアウドドアでは携帯性も大切です。例えば軽量なマグカップでもいくつも鞄にいれるとかさばりますよね。クッカーのように重ねて収納できる形状だと一気に携帯性が増します。軽量なだけではなく登山などの持ち運びやすさを重視するアウトドアでは、重ねて収納できたり、折りたたんでコンパクトになるかという点も注意しておきたいポイントです。

取っ手があるマグカップは吊るせる

シリコン樹脂製の折りたたんで携帯できるものは取っ手がなくタンブラーのような形状をしていて、吊るして持ち運べませんが、取っ手があるマグカップだとカラビナをつけて鞄などに吊るして運搬できるため荷物が多い場合でも簡単に持ち運べますよ。折りたたみ式は吊るせませんがコンパクトになるので携帯性はいいです。

アウトドアにおすすめマグカップ1:初心者向け

Knots Coffee Mug

サーモス 真空断熱マグカップ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらのマグカップは蓋つきなので、中身がこぼれることはありません。また、真空となっているので、通常の蓋つきのマグカップよりも優秀です。

家でも使える

シンプルなデザインなので、アウトドアだけでなく、自宅でも利用できます。老若男女問わず使用できるデザインのため、家族間で貸し借りしてもよいのではないでしょうか。

アウトドアにおすすめマグカップ2:味が変化しない

放浪ソロリマグ

放浪ソロリマグはDOD公式通販サイトでしか手にい入らないホーロー製(琺瑯製)の人気マグカップです。キャンプ用に作られているためアウトドアでも使いやすい特徴があります。ホーローのため衝撃には弱いですが、直火調理ができ、オーブンでも調理可能でき、取っ手が着脱式なっていて携帯するときは取っ手を外してクッカーのようにスタッキングできますよ。蓋も付属し、保温保冷もでき異物の侵入も防いでくれて便利です。

素材の特徴を生かした製品

ホーローは金属の表面に釉薬を塗って作るため金属特有の嫌な臭い、風味もせず飲み物の味を変えず、腐食に強いためステンレス製だと気になる塩分や酸味の強い飲み物でも気にせず使用できます。またホーローは雑菌などが発生しにくい特性があり衛生的です。車なら持ち運びやすいことからアウトドア用のマグカップとして合っている素材です。他の素材と比べ酢などに化学反応せず風味を変えないところがおすすめできます。

アウトドアにおすすめマグカップ3:人気マグカップ

ステンレス真空マグ 450

スノーピーク ステンレス真空マグ 450 (snow peak)

人気ブランド「スノーピーク」のマグカップは高品質なステンレスが使われていてロゴがおしゃれです。クッカーのように折りたたみ式の取っ手になっていて鞄の中に入れても携帯しやすいですよ。二重構造(ダブルウォール)になっていて中は真空状態です。マグカップの内側、外側の温度が伝わりにくいため熱いものを入れても本体が熱くならず、冷たいものを入れても結露が発生せずテーブルを濡らさないですよ。保温保冷効果が高いです。

軽量で高品質

出典: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/naturum-outdoor/cabinet/goods/09934/710_2.jpg

小さいペットボトルに迫る450mlの容量があり、重さは135gと非常に軽量です。チタンと比べると極めて軽量というわけではありませんが、登山でも携帯しやすいですよ。オプションには保温保冷効果を高める蓋もありアウトドアで非常に使いやすいです。金属製のマグカップは制度が悪いと口当たりが悪くなりますが、同製品は口コミでも口当たりが評価されています。レビューを参考にして選ぶというのも選び方の一つとしておすすめです。

アウトドアにおすすめマグカップ4:人気のチタン製

チタンシングルマグ450

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 450 450ml MG-143

ステンレス製よりも軽量なチタンマグです。容量は先程紹介したステンレス製と同じ450mlですが、重さは70gしかありません。基本的な作りはステンレスタイプと同じで取っ手は折り畳めるようになっていてスタッキングしやすく携帯性もいいですよ。チタンは熱をあまり伝えない性質があるため熱い飲み物でも縁が熱くなりにくく、飲みやすいという特性があり二重構造になっていないシングルウォールでも使いやすいです。

シングルウォールだと使い方が豊富

出典: https://shop.r10s.jp/naturum/cabinet/goods/02980/459_2.jpg

真空構造や二重構造になっていると保温保冷効果が大きいですが、加熱ができません。シングルウォールだと自己責任ですが、小さなクッカーのように直接マグカップを火にかけて使用できます。例えば火力があまり強くないアルコールストーブなどでケトルのように使う、登山で極力荷物を減らしてクッカーも兼ねて使うなどアウトドアの楽しみ方に合わせた使い方ができ便利です。高品質でおしゃれなため家の中でも使用できますよ。

アウトドアにおすすめマグカップ5:コスパがいい

ダブルステンレスマグカップ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) マグカップ コップ ダブルステンレス 真空断熱 保温・保冷 350ml シルバー モンテ UE-3428

コスパに優れているキャプテンスタッグの二重構造になっているステンレス製のマグカップです。保温保冷効果が高く、ハンドル付きで持ちやすいですよ。またステッカーが付属し、ノートパソコンや手帳などをおしゃれにできます。安いですがしっかり温度をキープできますよ。蓋はオプションとして別売ですが、蓋も安くキャンプなどのアウトドア用のマグカップでできるだけやすいものを探している方におすすめです。

おしゃれなカラーバリエーション

出典: https://shop.r10s.jp/encho/cabinet/item_img_00_43/4560464259704.jpg

本製品の最大の特徴は黒や赤、黄などのおしゃれなカラーバリエーションがある点です。他社のステンレスマグカップは塗装がなく素材の色となるシルバー一色ですが、アクリル樹脂塗装により無着色のシルバーを含め全8種類のカラーバリエーションがありますよ。家の中でもアウトドアでも使いやすく好みの色が選べて安いコスパのいい製品となっています。ダブルウォールなので直火はできませんが、広口でスープなどが飲みやすいです。

アウトドアにおすすめマグカップ6:重ねられる

チタン製 スタッキングマグカップ

CAPTAIN STAG M-9084 キャプテンスタッグ チタン製 スタッキングマグカップ230mL

ステンレスと比べると軽量ですが、高価になりやすいチタン製のマグカップもコスパのいいキャプテンスタッグから発売されています。やはり安いです。注意点としては他社のマグカップと比較すると容量は230mlということで少し小さいです。マグカップの容量は溢れそうになる満水まで入れたら230mlということが多く、こぼれないように飲みやすい量を入れたら180ml程度が目安となります。

そのままスタッキングできる

一つ28gと軽量で取っ手は折りたためませんが、そのまま重ねて収納できるようになっているため大量に持ち運ぶときに便利ですよ。前述したように軽さとステンレスよりも強度、耐腐食性を備えているため釣りなどの潮風、塩水を浴びやすいアウトドアでも使いやすいです。

アウトドアにおすすめマグカップ7:木製

ククサ

【無料ギフト包装】ククサ KUKSA 北欧フィンランドの木製カップ Lサイズ 180ml マグカップ 1つ穴、2つ穴 2タイプ 記念日 誕生日プレゼント送料無料

アウトドアでおしゃれといえば木製ギアなどのナチュラルテイストの道具という方も多いのではないでしょうか。マグカップにもヒノキなどの木でできたものがありますよ。北欧の木製マグカップのことを「ククサ」といい、厚みのある木は保温保冷に優れています。ククサを自作できるキットもあるので自分だけの世界に一つだけのマグカップも作れます。インスタ映えするおしゃれなマグカップがほしいという方におすすめです。

人気の理由

出典: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/harebare-shop/cabinet/shouhin/ok21p4.jpg

おしゃれな見た目以外でも人気の理由はたくさんあります。例えばスタッキングできないことを考えると携帯性は少し悪いですが、鞄に吊るせたり、クッカーなどど一緒に収納したりと少量なら徒歩でも持ち運びやすく、ステンレスの二重構造のマグカップと同じぐらいの重さで意外と軽量です。ダッチオーブンやスキレットのように手入れしながら使う必要がありますが、ダッチオーブンと同じように育ってくるところが人気ですよ。

アウトドアにおすすめマグカップ8:おしゃれな樹脂

キャンパーマグカップ

【クーポンで最大5000円OFF】チャムス Chums キャンパーマグカップ (ch62-1244/ch62-0149) キッチン用品 食器 コップ スープカップ フェス キャンプ メンズ レディース アウトドア 生活雑貨 楽天 おしゃれ アーベン 普段使い 実用的

アウトドア向けのアパレル、おしゃれなテントなどが大人気のチャムスから樹脂を使ったおしゃれなマグカップが発売されています。デザインだけではなく取っ手とは別にロープなどを通す穴があり吊るすときに便利です。容量は250mlですが、ぎりぎりまで入れると280mlほどになると言われています。ポップなカラーバリエーションが全部で6種類あり子ども用のマグとしてもおすすめですよ。樹脂なので落としても割れにくく軽量です。

熱いものでも使える

出典: https://image.rakuten.co.jp/urbene/cabinet/chums/chums-ch62-1244_60.jpg

材質はポリプロピレン(PP)。ポリプロピレンは耐熱性が高く、酸性、アルカリ性にも耐性が高くタッパーなどでも使われている材質です。本製品は耐冷温度が-10度、耐熱温度が110度までとなり冷たいものから熱いものまできちんと使えますよ。ロゴはプリントになっているため洗うときに強い力を加えると剥がれてるので注意してくださいね。完全にスタッキングできませんがある程度は重ねて収納できて携帯性もいいです。

アウトドアにおすすめマグカップ9:ダブルチタン

シングルチタンマグ カバーセット

EPIgas EPIガス ダブルウォール チタンマグ T-8104 軽量 チタン マグカップ コーヒーカップ キャンプ アウトドア フィッシング 登山 トレッキング あす楽対応

アウドドア用のガスバーナーで人気のブランドからもマグカップが発売されています。もともとチタンは熱伝導が低いですが、ダブルウォールの二重構造になっているためさらに熱伝導が低く温度をキープしてくれて、二重構造になっていないシングルウォールと比べると雲泥の差と言われています。またダブルウォールでもチタンなので非常に軽量です。容量は300ml、重さは98gしかありません。メッシュ状の収納袋が付属します。

ガラスよりもしっかり温度をキープ

おしゃれなキャンプやグランピングなどではガラス製のコップを使うこともありますが、ダブルウォールのチタンマグカップはガラスと比べ6倍もの保温保冷性があると言われていますよ。冷たい外で温かいものを飲むとき、暑い外で冷たいものを飲むときに重宝します。取っ手は便利な折りたたみ式になっていて携帯性も高いですよ。また機能がいいだけではなく、ロゴの部分はレーザーによる加工のためかすれていくことがなくきれいなままです。

アウトドアにおすすめマグカップ10:小さい

エアロマグ 120ml

アウトドア キャンプ 食器 ソト SOTO エアロマグ 120ml ST-AM12 |送料無料

なかなかありそうでない120mlの容量が小さい小型のマグカップです。素材はチタン製で構造は二重になっていて中は真空ではなく中空となります。容量が少なくコンパクトということで非常に軽量で48gしかありません。マグカップのサイズは直径6×高さ5.5cmと携帯性がいいですよ。ただのキャンプやバーベキューだけではなく、とにかく荷物を少なくして極限まで軽くしたい高山への登山などにおすすめです。

日本製

出典: https://shop.r10s.jp/auc-odyamakei/cabinet/000063/9999991973046_2.jpg

どの製品でも言えますが小型化というものは意外と難しいです。中空構造で小さくするのは高い技術が必要になりますよ。またチタン自体もステンレスやアルミと比べると加工が難しいと言われていますが、エアロマグは信頼できる日本製です。日本の中でも金属加工で有名な新潟県燕三条で作られていて仕上がりも綺麗ですよ。前述したように金属製のマグカップは精度によっては口当たりが悪くなるためブランドや生産国も大切になります。

アウドドア向けマグカップのまとめ

人気のマグカップから合うものを選ぶ

Photo by sota-k

マグカップは国内外のさまざまなブランドから発売されています。おおまかに分けると直火で使うならシングルウォール、軽さを重視するならチタン製、安いのは樹脂、保温もできて使いやすいステンレスのように分けられますが、ダブルウォールなどの構造によって保温、保冷の効果は変わります。自分のスタイルに合ったマグカップを選ぶようにするといいでしょう。シングルウォールでも蓋があると保冷、保冷効果がアップしますよ。

キャンプ道具が気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはアウドドアやキャンプで使う道具に関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

2021年撃投ジグに新色登場!秋のオーナーばり新製品特集!

【製品紹介】ファイアツイン https://www.youtube.com/watch?v=3WM1rbflOeM&t=1s 【製品紹介】ファイアフック https://www.youtube.com...

Tピンの基本の使い方を解説✨パールピアスを作りながら!【100均ハンドメイド】

00:00 用意するもの 00:24 作り方 03:33 完成品 今回はTピンの基本の使い方を解説をご紹介しました! 材料 パールビーズ×4 Tピン×4 ピアス金具 ペンチ 丸ヤットコ Tピン...

19セルテートの耐久性は?1年過酷使用したセルテートはこうなります。

★軽くなりすぎ・・・シマノ21ツインパワーXDを買わないワケ。★ https://youtu.be/leptCkAwX8I ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube....

【100均ハンドメイド】セリアの試験管で✨ハーバリウム試験管ネックレスの作り方!

00:00 用意するもの 00:38 作り方 02:54 完成品 今回は「セリアの試験管で作るハーバリウム試験管ネックレスの作り方」をご紹介しました! 材料 試験管ガラスドーム(セリア) チョー...

釣りのラジオ釣りラじ「ねぇ、知ってた?第49回」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ▼釣りラジをSpotifyで聴く!! https://open.spotify.c...