ジャッカル「蟹クライマーチヌ」!思いっきりカニな遊動式ズル引きルアーが登場!のイメージ

ジャッカル「蟹クライマーチヌ」!思いっきりカニな遊動式ズル引きルアーが登場!

「蟹クライマーチヌ」は、ジャッカルの2020年新作チニングルアーです。ボトムを引いても根掛かりしにくいヘッド形状で、快適なチニングをサポート。スカート、ネクタイ付きでワーム無しでも遊べます。「蟹クライマーチヌ」を試してみましょう!

2020年05月31日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「蟹クライマーチヌ」でチニング!
  2. 「蟹クライマーチヌ」とは
  3. 「蟹クライマーチヌ」は遊動式!
  4. 「蟹クライマーチヌ」はヘッドがポイント!
  5. 「蟹クライマーチヌ」はTプラスラバー採用!
  6. 「蟹クライマーチヌ」のウェイトラインナップ
  7. 「蟹クライマーチヌ」の価格と発売日
  8. 「蟹クライマーチヌ」の使い方!
  9. 「蟹クライマーチヌ」!のパーツ交換について
  10. 「蟹クライマーチヌ」でクロダイをゲット!

「蟹クライマーチヌ」でチニング!

ジャッカルの新作チニングルアー!

思いっきりカニなジャッカルの新作!ボトム系チニングルアー「蟹クライマーチヌ」をご紹介します。根掛かりしにくい構造、味と匂いで誘えるラバーパーツが魅力!根魚も狙えて、バスロッド、ライトゲームロッドでも使えるルアーです!

「蟹クライマーチヌ」とは

ジャッカルの2020年新作チニングルアー

出典: https://www.flickr.com

「蟹クライマーチヌ」は、ジャッカルの2020年新作チニングルアーです。リアルシェイプなカニヘッドにスカート、ネクタイ付きフックパーツを組み合わせたタイラバライクな構造が特徴。ショアのチニングに合わせたウェイトと、横方向に引いて根掛かりしにくい、工夫の詰まったヘッドが持ち味です。ズル引きタイプのチニングルアーをお探しの方は要チェック!バスロッドでも遊べるので、ジャッカルファンの方はぜひチェックしてみてください!

暮らし~の動画で概要をチェック!

暮らし~のYoutubeチャンネルから、「蟹クライマーチヌ」の紹介動画をお届け!どんな形状なのか、特徴やウェイト展開といった概要をまとめてチェックできます。最大の特徴であるヘッドパーツは、足、爪をとったカニにそっくり。スローに見せて、視覚的なアピールが期待できそうです。また、前方がかなり大きく作られている点も特徴で、一番幅のある部分が通らない隙間には入らない、抜けやすいコースを通ってくるような工夫が施されています。チニングはもちろん、ロックフィッシュにも効果がありそう!セットされているラバーパーツは、匂いと味付きの「Tプラスラバー」です!

「蟹クライマーチヌ」は遊動式!

リーダーがヘッドを貫通する遊動式構造

「蟹クライマーチヌ」はヘッドとフックパーツが分離している、中通しの遊動式構造を採用。タイラバではおなじみのセッティングで、じゃれているうちに掛かる、何度もかみつくようなバイトをする鯛系の魚に効果が高い構造です。本アタリが出るまでは巻き続けてOK!スカートとネクタイを噛ませて、自然にフックが口の中に入る構造を持っています!

セッティングは簡単!

ショア向けではチニング以外のジャンルであまり採用されていない構造なので、セッティングの方法を簡単にご紹介。まずはヘッドの前後ろを確認して、前方側からリーダーを通します。貫通したリーダーはフックパーツ、フックから伸びているアシストラインに接続すればOK。極端に結び目が大きなものでなければ、結び方はどの結びを使ってもOKで、チチワ結びなどループ同士を組み合わせられる結びを使うと取り外しが簡単です。あとはキャップがボディに収まる位置までヘッドを下げて完成!釣り具に慣れている方であれば、パーツを並べるだけで直感的にセットできます!

「蟹クライマーチヌ」はヘッドがポイント!

ヘッドの特徴を3つご紹介!

「蟹クライマーチヌ」でひときわ目を引く、リアルなヘッドパーツの詳細を詳しくご紹介。タイラバと言えば丸形ですが、こちらは陸っぱりでのボトムトレース向け、根掛かりしにくい幅広形状です。大きな岩が多いエリアで活躍間違いナシ!障害物を乗り越える、独自ヘッドの根掛かり回避性能に期待しましょう!

①リアルな見た目で魚を刺激!

「蟹クライマーチヌ」ヘッドは超リアルシェイプ。プリントでまとめたカラーデザインはまさにカニで、表面の凹凸具合、溝など、形状も非常にリアルです。足や爪はラバーパーツの揺らめきで表現!警戒心の強いクロダイに対して、リアルな形状でアプローチするコンセプトを持っています。ルアーの強みであるアピール系のカラーも用意されているので、水色やシチュエーションに合わせて使い分けていきましょう。ヘッドのみを交換、ラバーパーツのみを交換といったカラーローテーションも楽しめます!

②幅のある全面で根掛かりを回避!

ロックエリア攻略では定番の幅広デザインをヘッドに採用。抜けられない隙間には侵入しない、上って超えていくようなヘッド形状を持っています。フックがあるので完全にゼロに、というのは難しいですが、ヘッドが挟まってしまう根掛かりは大幅に低減。岩を上っている途中でシェイク、ステイといったカニらしいアクションもサポートしてくれます!

③低重心で姿勢を制御!

ヘッドは樹脂パーツ内部にシンカーを入れた構造で、シンカーは丁度カニのふんどし部分に収まっています。重い側が下、という姿勢を取りやすいので、ズル引きで転がってもすぐに正位置に戻るセッティングです。幅広部分はできるだけ進行方向、前を向くような構造!ヘッド形状の根掛かり回避性能を高めるとともに、自然な姿勢でアクションしている時間を長くしてくれる構造です。

「蟹クライマーチヌ」はTプラスラバー採用!

スカートとネクタイはフレーバー入り!

「蟹クライマーチヌ」にセットされているネクタイとスカートは、ジャッカルオリジナル素材「Tプラスラバー」を使った匂いと味付き。Tプラスはテイストプラス、の略で、海老パウダーと海老オイルが配合されています。同じ甲殻類系の「蟹クライマーチヌ」とはもちろん相性抜群!ファーストアタックでフッキングしなくても、より深く、2度目のバイトを期待できるラバーパーツを装備しています。

ビンビン玉で実績抜群!

もともと「Tプラスラバー」はジャッカルのタイラバ「ビンビン玉」シリーズに採用されている実績抜群のマテリアル。2019年に登場した比較的新しい素材で、登場以降、「ビンビン玉」シリーズは全てこの素材を使ったパッケージにリニューアルされました。匂いと味は真鯛にももちろん有効、鯛系に対しては高い実績を持っているので、ターゲットがクロダイになっても期待感は抜群です!

「蟹クライマーチヌ」のウェイトラインナップ

ウェイト展開は3モデル

「蟹クライマーチヌ」のウェイト展開は3モデル。3.5g、5g、7gとチニング定番のウェイトを揃えて展開されます。基本的には軽いほうが根掛かりは減るので、着底確認の精度やポイントまでの距離を考慮しながらウェイトを選んでみましょう。流れや水深が気になるエリアに対しては、重めが有効です!

汽水は軽め、磯場には重め!

水深の浅い河口、汽水域では軽めをセレクト、流れが当たる堤防外向き、ロックエリアには重めを選ぶというのが基本的な使い分け。まずは「蟹クライマー チヌ」でチニングをお試し、という場合は、タックルに合わせて操作しやすいものを選ぶのがおすすめです。ライトゲームタックルやバスタックルで遊ぶなら3.5g、シーバスタックルの流用なら5g以上を選びましょう!

「蟹クライマーチヌ」の価格と発売日

発売日は2020年6月予定

「蟹クライマー チヌ」の発売日は2020年の6月を予定。トップゲームも人気なチニングですが、カニは通年通用するクロダイ釣りのエサ、暑い時期にももちろん有効です。ロックフィッシュ、汽水のマゴチ狙いにも使えそう!夏のクロダイ釣りに、ぜひ検討してみてください!

価格は全ウェイト定価820円

価格は3モデル共通で定価820円。ボトム系チニングルアーとしては標準的な価格設定です。トレーラー無しd使用できるタイプなので、高い根掛かり回避能力と合わせればコスパは十分。複数のカラーを揃えればヘッド、フックパーツの使いまわしでパターンを増やしながらカラーローテーションできる点もグッドです!

「蟹クライマーチヌ」の使い方!

使い方を3つに分けてご紹介!

「蟹クライマーチヌ」の使い方についてです。前面に配置された幅広ヘッド、遊動式と個性のある構成ですが、基本的な使い方は他のボトム系チニングルアーと同じでOK。底まで沈めてズル引きだけで、バッチリチニングが楽しめます。バイトがあってもゆっくり巻き続ける、引き込むあたりにアワセるスタイルが得意!根魚は一回目からフックが口の中に入るケースがほとんどですが、クロダイは何度もアタックしてくる傾向があります!

①底が取れるウェイトを選ぼう!

ボトムの地形をしっかりトレースしたいルアーなので、底が取れるウェイトを選ぶのが非常に重要。浮いている状態で動く時間が少なくなるように、ズルズル引きずっている感覚を感じ取れるウェイトを選びましょう。釣り場の水深、流れの速度だけでなく、タックルの状況によっても違いが出るポイントなので、2ウェイト用意してローテーションできるとバッチリです!

②ズル引きしながらときどきアクション!

「蟹クライマーチヌ」の基本アクションはズル引き!底を這うカニをイメージして、ルアーを底に接触させながら巻きましょう。引っかかった感覚があったら、強く引かずにラインを揺らして外すのもポイント。この動きも、魚を誘うアクションになります。スカートとネクタイは薄く、小さな動きでもしっかりアクション!止まってしまっても余韻や水の動きでラバーパーツは動くので、焦らずゆっくり動かすのがポイントです!

③本アタリを待とう!

鯛はエサに興味を持つと、噛みつきながら追いかけるような動きを見せます。クロダイもバイトにこの傾向があり、ボトム系で攻めるときは小さなバイトを無視して巻き続けるのが使い方のポイントです。スカートやネクタイをかじっているケースがあるので、引き込みを感じるまでは我慢して巻き続けましょう。完全にアクションを止めると見切られる可能性があり、早アワセするとフッキングしない可能性がある、この見極めが使い方のポイントになります!

「蟹クライマーチヌ」!のパーツ交換について

専用セットの展開はナシ

噛みつかれるスカートやネクタイ、硬い口を捉えるフックと、「蟹クライマーチヌ」は消耗するパーツが多いルアーです。特にラバーパーツはフグにかじられるケースがあり、短くなった場合は交換する必要があります。現段階では専用の交換セット展開が発表されていないので、使い込む方は後述する「ビンビン玉」カスタムパーツをチェックしてみてください!

「ビンビン玉」のカスタムパーツが使えそう!

ジャッカル(JACKALL) ビンビン玉 T+スカート 【ネコポス配送可】

参考価格: 346円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

ジャッカルのタイラバ「ビンビン玉」はカスタムパーツの展開が豊富。フック、Tプラスラバーのスカートにネクタイ、キャップと、必要なパーツは全て個別で展開があります。長さなど「蟹クライマーチヌ」向けに調整が必要な部分もありそうですが、多くのパーツは流用できそう!発売後のインプレは、この部分も含めてチェックしみててください!

「蟹クライマーチヌ」でクロダイをゲット!

ズル引きアクションでチニングを始めよう!

さまざまなスタイルで狙えるチヌは、近年注目度上昇中のターゲット。引き味がよく、狙える期間が長い、チャンスのあるエリアが広い、といった点が人気のポイントです。「蟹クライマーチヌ」のズル引きは簡単で入門におすすめ!バスフィッシング、ライトゲームファンの方も、ぜひこのルアーでチニングに挑戦してみてください!

ジャッカルが気になる方はこちらもチェック!

ジャッカルが気になる方は、下記のリンクをチェック!2020年の新作グッズまとめ、新しくなったソルトゲームロッドシリーズ「20 BRS」をご紹介します。「20 BRS」にはチニングロッドもラインナップ!「蟹クライマーチヌ」にジャストなモデルが用意されているので、ロッドも合わせて検討したい方は要チェックです!

Thumb【2020】ジャッカルの新作グッズをまとめてチェック!おしゃれなグッズで釣りを楽しもう! | 暮らし~の[クラシーノ]
ジャッカルの2020年新作グッズまとめ!ケースにプライヤー、アパレルといった釣りで活躍する便...
Thumbジャッカル「20 BRS」!人気のソルトウォーターロッドがフルモデルチェンジ! | 暮らし~の[クラシーノ]
BRSは、ジャッカルのソルトルアーゲームロッドシリーズです。2020年モデルチェンジが行われ...

あなたへのおすすめ