伊豆の絶景が楽しめるハイキングコース7選!一生忘れられない観光の思い出を作ろう!のイメージ

伊豆の絶景が楽しめるハイキングコース7選!一生忘れられない観光の思い出を作ろう!

伊豆は自然豊かな土地を活かして、ハイキングコースが多くあります。その上絶景スポットが多く、難易度も高くないハイキングコースがいくつも整備されています。気軽なハイキングから本格登山まで、魅力たっぷりの伊豆ハイキングコースを7つ紹介します。

2020年05月12日更新

tabikome
tabikome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. 伊豆のハイキングコースの特徴
  3. 初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース1
  4. 初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース2
  5. 初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース3
  6. 初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース4
  7. 初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース5
  8. 初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース6
  9. 初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース7
  10. まとめ

はじめに

伊豆は日本全都道府県の中でも有数の人気観光スポット

各地から多くの人が伊豆に訪れます。自然が豊富な伊豆はアウトドアが好きな人も多く集まり、天城山をはじめ登山好きが山登りを楽しみます。しかし、そこまで本格的な装備がなくてもハイキングを楽しみたい、というファミリー層は多くいます。子連れで登山ができるか、絶景スポットや観光スポットはあるのか、コース概要をまとめました。【この記事は2020年5月10日現在の情報をもとに作成しています。】

伊豆のハイキングコースの特徴

それでは伊豆のハイキングコースを詳しく紹介する前に、どのようなハイキングコースがあるのか、特徴を紹介します。

コースの種類が豊富

ひとつめは【コースの種類が豊富】なことです。発端丈山ハイキングコース、伊豆山稜線ハイキングコース、長九郎山ハイキングコースなど、遊歩道も合わせればかなりの数があります。ハイキングを目的にしなくても、本格的な登山がしたい人や、ただ絶景を見ながらウォーキングをしたい人などにも対応できます。

観光スポットと併せてハイキングコースを選べる

一例をあげると、大室山のすぐ近くには伊豆シャボテン公園があります。さらに範囲を広げると伊豆クラフトハウスや、城ヶ崎海岸まで行くこともできます。ハイキングを楽しんだ後に、少し移動すれば観光スポットを楽しむことができることは、子連れファミリーには利点です。特に子どもがハイキングにあまり興味を示さない場合は、観光スポットに行く約束をしておけば、後の楽しみになります。

温泉が多い

ハイキングや登山は体力を消耗します。夏の登山はもちろん、冬の登山でも結構汗をかくものです。体を動かした後は温泉に入ると疲れが取れ、気持ちよく行動ができます。伊豆エリアでは立ち寄り温泉 伊豆高原の湯や、七滝温泉ホテル、熱川プリンスホテルなどで日帰り温泉を楽しむことができます。ハイキングとともに近くに温泉があるか、調べておくのもいいでしょう。

初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース1

修善寺歩道

スタートは修善寺駅でまずはバスに乗ります。戸田行きのバスでおよそ30分後でだるま山高原レストハウスに到着するので、そこで下車します。ここからは富士山が良く見える絶景スポットなので、歩き始める前に眺めていってください。キャンプ場を通り、しばらく歩くと三等三角点に着きます。伊豆国際カントリーまでは県道を歩くので車の往来には注意してください。その先にはもみじ林前のバス停があり、修善寺駅まで戻ります。だるま山高原レストハウスはキャンプ場やロッジがあり、そこで宿泊するのもおすすめです。富士山の眺めは見るだけでも心が洗われます。

山登り難易度

だるま山高原レストハウスを過ぎた後から稜線を歩きます。その後の急な斜面を登るところまでが登山のハイライトです。山登りとしての難易度は初級です。子連れ登山は可能ですが、国道を歩く際は注意が必要です。

観光スポット紹介

修善寺公園では秋になると多くの観光客で賑わいます。もみじ林が紅葉に染まる様子はまさに絶景です。修善寺もみじ祭りではライトアップも行われ、昼でも夜でも違った様子を見せてくれます。時間に余裕があれば、昼と夜、両方の紅葉を眺めることをおすすめします。修善寺公園の近くには静岡県きのこ総合センターがあります。山をハイキング中に見つけたキノコの鑑定をしてくれます。イベントの開催も行っており、きのこについて知ることができます。ハイキング後は伊豆で古くから愛されている修善寺温泉で汗を流すこともおすすめです。

ハイキングコース概要

【コース】修善寺駅~だるま山高原レストハウス~三等三角点~伊豆国際カントリー~もみじ林前バス停~修善寺駅
【所要時間】約2時間半
【難易度】初級者~中級者

初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース2

タライ岬遊歩道

伊豆地位で南部に位置するタライ岬は、ハイキングをしながら太平洋の絶景を眺めることができるコースです。ハイキングコース自体はらくらくコースと健脚コースが用意されており、子連れでも歩きやすいことがおすすめの理由です。ファミリー向けはらくらくコースがいいです。遠回りにはなりますが、小さい子どもでも歩きやすく、親の負担が減ります。山登り中の階段の段差もさほどきつくはないので、ハイキング初心者でも歩きやすいです。タライ岬からは天気が良ければ伊豆諸島を眺めることができます。

山登り難易度

歩くコースによって異なります。歩きやすい道を選ぶなららくらくコース。時間短縮にはなりますがその分きついのが健脚コースです。山登りとしての難易度は初級です。子連れ登山は十分可能です。平坦な道が多いので、歩きなれていないファミリーや、小さな子どもでもハイキングを楽しむことができます。

観光スポット紹介

弓ヶ浜は伊豆でもトップクラスのきれいなビーチです。夏場はマリンスポーツを楽しむことができます。きれいな砂浜を存続させるというモットーがあるため、子連れでも安心して遊ぶことができます。逢ヶ浜はゴツゴツとした岩が多いビーチです。こちらは磯遊びが楽します。また、変わった形の岩が点在しているので、探してみるのも面白いです。休暇村南伊豆では日帰り温泉を楽しむことができます。疲労回復に効能があるので、ハイキング後に浸かりに行って、疲れをとることをおすすめします。

ハイキングコース概要

【コース】休暇村~吹折板~健脚コースからくらくコースを選択~タライ岬~休暇村
【所要時間】約1時間半
【難易度】初級者

初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース3

大室山

大室山はきれいな斜面が印象に残る山です。この山は歩いての登山が禁止されているという珍しい山です。そのため、山頂まではリフトで向かいます。山頂でのお鉢巡りは30分もあれば一周することができます。平坦な山なので、登山を楽しむというよりは、山頂からの絶景を楽しみながら散歩をするといった表現が的確です。

山登り難易度

山登りの要素がないといっていいほどです。普段着でも訪れる人は大勢いますが、風が強い日の山頂は風の影響をモロに受けます。子連れファミリーはお子さんの様子は気にかけてあげてください。山登りとしての難易度は初級です。

観光スポット紹介

伊豆シャボテン公園はカピバラが気持ちよさそうに温泉に入っているところが有名です。かわいくてとても癒されます。伊豆クラフトハウスは吹きガラスやトンボ玉の体験をすることができます。

ハイキングコース概要

【コース】リフト山麓駅~リフトにて山頂へ~お鉢巡り~リフトにて戻る~リフト山麓駅
【所要時間】約1時間半【リフトの移動時間を含む】
【難易度】初級者

初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース4

河津七滝ハイキングコース

河津町にある河津七滝【かわづななだる】は、河津川に沿って7つの滝を巡るハイキングコースがあります。その名の通り、大滝をはじめとする滝があるのですが、全てを見る時間がなくても大丈夫です。一番初めに見られる大滝は、駐車場から徒歩10分あれば到着できます。入口から大滝へ続く階段は下りていくのですが、整備されており、子連れファミリーでも歩きやすいです。往復30分もあれば十分です。七滝を巡るコースは往復で1時間半かかります。それぞれの滝に特徴があるので、時間がある人はこちらのコースをおすすめします。コース上にはお土産屋や飲食店があり、観光も兼ねて満足できます。

山登り難易度

山登りの要素はほとんどありません。ハイキングコースは歩きやすい場所が多く、吊り橋が揺れること以外は特に気にかけることはありません。山登りとしての難易度は初級です。

観光スポット紹介

河津七滝自体が観光スポットなので、それぞれ趣の異なった滝を見てください。特に絶景なのは大滝です。7つの滝の中でも最も大きく、激しい水量に目を奪われます。マイナスイオンが豊富なので、リラックス効果もあります。また、河津桜が有名なので、桜並木を散歩することもおすすめします。足湯スポットが何か所かあるので、気軽に足の疲れを取りたい人は入ってみてはいかがでしょうか。

ハイキングコース概要

【コース】大滝~出合滝~かに滝~初景滝~蛇滝~えび滝~釜滝
【所要時間】約1時間半【七滝全てを巡る場合の往復時間です】
【難易度】初級者

初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース5

高通山

低山からでも絶景が見られる山を紹介します。高通山は標高が519mですが、富士山や海を眺めることができる絶景スポットです。山中はきつい場所があるので、登山用の装備をしてください。大きな岩と休憩所がある猿岩で休憩した後は山頂を目指します。山頂からは富士山や伊豆諸島が見えます。ベンチがあるのでここで昼食をとってもいいです。山頂には桜やつつじが多く見られます。4月から5月は絶好の花の鑑賞シーズンになります。しかし低山なので、夏の暑さは厳しいものがあります。しっかりと対策をしてください。

山登り難易度

山中は階段があり、比較的歩きやすく分岐もわかりやすいので、登山初心者でも上りやすいです。山登りとしての難易度は初級です。

観光スポット紹介

ハイキング後の温泉なら雲見温泉があります。無料の混浴露天風呂もあり、抵抗がなければおすすめです。千貫門は巨岩の中心がくりぬかれたように穴が開いています。波で削られた自然の彫刻は絶景スポットです。

ハイキングコース概要

【コース】駐車場~猿岩~高通山~来た道を戻る
【所要時間】約2時間
【難易度】初級者

初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース6

香貫山

沼津市にある香貫山は標高が193mと低山ですが、眺めがいいことからハイカーや市民に愛されています。ハイキングルートは登山ルートや周遊ルートなどが用意されており、家族構成や時間などで選択できるとことが便利です。周遊ルートは山頂まで約2キロあります。道中は子どもが喜ぶ優遇があるので、子連れファミリーにおすすめです。登山ルートは展望台まで約2キロです。絶景スポットでもある展望台は市街地が一望できる、絶好の写真撮影スポットです。沼津アルプスへ向かうはじめの山でもあるので、訪れる人は多いです。

山登り難易度

道の狭い場所がありますが、気を付けて歩けば特に問題はありません。一部険しい坂があるので、休憩を挟みながら登ってください。技術的には難しくないので、山登りとしての難易度は初級です。

観光スポット紹介

沼津港にある沼津港大型展望水門はかなりの大きさにビックリします。展望台からは富士山や南アルプスの絶景が見えます。らららサンビーチは人口の海水浴場です。特に水質がきれいといわれているので、子連れファミリーにおすすめです。海水浴場なのに磯遊びもできるので、いろいろな楽しみ方をしたい人には最高の遊び場です。

ハイキングコース概要

【コース】黒瀬登り口か香貫山登り口を選択~登山ルートか周遊ルートを選択
【所要時間】約2時間
【難易度】初級者

初心者やファミリーにもおすすめな伊豆ハイキングコース7

鉢窪山

鉢窪山はなだらかな形が特徴的な火山です。噴火の際に吹き上げられたマグマのしぶきが、火口付近に積もって作られたスコリア丘と呼ばれるものです。コースは作業道コースとはちくぼ遊歩道コースがあります。子連れファミリーはゆるやかな道の作業道コースがおすすめです。時間がないけど体力に自信がある人は、はちくぼ遊歩道コースを選んでください。どちらのコースも山頂の展望デッキに着くことができます。往復で2時間程度かかります。

山登り難易度

作業道コースなら道が広く歩きやすいので、登山初心者でも問題ありません。子連れファミリーで歩く姿も見られるため、小さいお子さんにもチャレンジしやすいです。山登りとしての難易度は初級です。

観光スポット紹介

道の駅「天城越え」ではご当地グルメをはじめ、季節の花を見ることができます。特に春の桜と秋の紅葉は特に人気があり、駐車場は週末になると満車になるほどの人気ぶりです。天城グリーンガーデンでは整備された遊歩道があり、富士山を眺める絶景スポットとして人気です。

ハイキングコース概要

【コース】登山口~鉢窪山山頂
【所要時間】約2時間
【難易度】初級者

まとめ

初心者や子連れファミリーでも絶景を見られるようなハイキングコースが伊豆には多い

伊豆の絶景が楽しめるハイキングコースを紹介しました。本格的な登山をしたい人には天城山ハイキングコースなどがあるので、同行者やキャリアなどの条件に合わせてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

登山について気になる方はこちらもチェック!

伊豆のハイキングコース以外にも、全国にはたくさんの魅力的なコースがあります。以下記事は三重県名張市のハイキングコースについて紹介しています。ハイキングが好きな人はチェックしてみてください。

Thumb赤目四十八滝のハイキングコースをご紹介!基本情報や見所を押さえて自然を満喫!
赤目四十八滝は渓流と滝が織りなす自然豊かな場所です。赤目四十八滝は四季折々で違った風景を見せ...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ