これでばっちり!バーベキュー初心者の準備リスト!必需品から便利グッズまで!

これでばっちり!バーベキュー初心者の準備リスト!必需品から便利グッズまで!

GWや夏休みにバーベキューを楽しむ方は多いと思います。これからバーベキューデビューをしたい初心者の方へバーベキューに必要な準備リストをご紹介していきますね。必需品や便利グッズも合わせてご紹介いたします。初心者の方はリスト化しておくと忘れものがなくなりますよ。

記事の目次

  1. 1.バーベキューに必要なグッズをリスト化しよう!
  2. 2.バーベキュー初心者の準備リスト1
  3. 3.バーベキュー初心者の準備リスト2
  4. 4.バーベキュー初心者の準備リスト3
  5. 5.バーベキュー初心者の準備リスト4
  6. 6.バーベキュー初心者の準備リスト5
  7. 7.バーベキュー初心者の準備リスト6
  8. 8.バーベキュー初心者の準備リスト7
  9. 9.バーベキュー初心者の準備リスト8
  10. 10.バーベキュー初心者の準備リスト9
  11. 11.バーベキュー初心者の準備リスト10
  12. 12.バーベキュー食材の量は?必要な量を準備しよう
  13. 13.バーベキュー初心者が悩む火おこし
  14. 14.バーベキューに便利な火おこしグッズはコレ!
  15. 15.バーベキュー初心者の準備リストまとめ

バーベキューに必要なグッズをリスト化しよう!

バーベキュー初心者はリスト化すると準備がスムーズ

バーベキューデビューをしたい方は、持ち物をリスト化すると忘れ物がなく必要なものが明確となってきます。用意するアイテムや揃える材料なども明確になるので安心してバーベキューの準備がおこなえます。リストに記入する事は一見面倒な作業に思えますが、バーベキュー初心者にとって分からない事やバーベキュー会場に行く際、忘れ物をしないようにするためには必要な作業となります。

バーベキュー初心者の準備リスト1

必需品な持ち物:バーベキューコンロ

バーベキューをするのに必要なグッズとしてバーベキューコンロは必須アイテムとなります。バーベキューコンロには色々な種類があり、人数によって大きさなども変わってきます。万が一使用したいバーベキューコンロが手元に無い場合はレンタルなども有効活用しても良いですね。バーベキュー参加人数やバーベキューのタイプによってもコンロの形や大きさが違いますので確認してから購入しておく事をおすすめします。

必要な道具の選び方:バーベキューコンロの種類

バーベキューの種類は大きく分けて卓上タイプのコンロと足つきのコンロの2つに分かれています。卓上タイプのコンロは少人数でやるバーベキューに適していて、家族で楽しむお庭でおこなうバーベキューなどにおすすめですね。足つきのバーベキューはバーベキュー会場などに持ち込みグループなどの中~大人数で楽しむバーベキューにおすすめです。大・中・小とサイズがあります。バーベキュー参加の人数によって種類やサイズを使い分けていきましょう。

おすすめバーベキューコンロ:山善バーベキューコンロ

木炭が入れやすいBBQコンロ M MIBM-65 バーベキュースタンド バーベキューコンロ BBQコンロ キャンプ用品 山善 YAMAZEN キャンパーズコレクション【送料無料】

楽天

【本体サイズ】幅66.5×奥行33.5×高さ30/70cm
【素材】本体ステンレス:脚部・網スチール
【重量】5kg
【商品説明】おすすめのバーベキューコンロは山善のバーベキューコンロです。ステンレス素材で耐久性も良く炭の出し入れが簡単におこなえるスライド式タイプで、食材が網の上にあっても炭を足せて便利なバーベキューコンロです。

バーベキュー初心者の準備リスト2

必需品な持ち物:網や鉄板

バーベキューコンロの上に置く網や鉄板も必要なバーベキューグッズとなっています。網でお肉や野菜などを焼いていくのですが、その後の焼きそばや魚介類などを焼いていくのにはやはり鉄板の方がおすすめです。屋外での調理で一番気になる事は、熱の通りが満遍なくいきわたるかどうかですね。熱伝導性にこだわる場合は鉄製がおすすめとなります。

必要な道具の選び方:網や鉄板の選び方

網や鉄板の選び方はバーベキューコンロや人数に合わせて選ぶ選び方をしていきましょう。バーベキューコンロと網や鉄板のサイズが大きいと落下する可能性があります。人数が多いのに小さな網や鉄板でバーベキューをおこなうと食べられない方も出てきてしまいますね。女子会バーベキューでは重量もポイントとしておきましょう。鉄製が主流ですが、女子でも持てる軽量なステンレスやアルミ合金などの素材の鉄板もあります。女子だけの時は軽量素材のものがおすすめですよ。

おすすめバーベキュー用の鉄板:キャプテンスタッグBBQ用鉄板

【送料無料】キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー BBQ用 鉄板 ニューアイガーグリドル 700×450mm LLM-6569

楽天

【サイズ】700×450×27mm
【素材】鉄(ラッカー塗装)
【重量】6000g
【商品説明】大人数でのバーベキューが一度に楽しめるサイズの鉄板です。食材を囲んで一度に食べられるのでとても便利なバーベキューグッズとなります。6人からのバーベキューで役に立つ鉄板です。

バーベキュー初心者の準備リスト3

必需品な持ち物:炭

バーベキューでお肉や野菜の食材を焼いていくのに炭は必需品となります。炭にも色々な種類や特徴があり安いものから高級品までさまざまです。初心者の方におすすめな炭は着火しやすい炭が一番良いと思います。火持ちが良くても着火で戸惑ってしまうとバーベキューが楽しめなくなります。初心者でも女子でも簡単に着火できる火付きが良く火持ちも最高な炭なども販売されていますので確認してから購入しておくと良いですね。参加人数によっても炭の量は違いますよ。

必要な道具の選び方:炭の上手な選び方

炭の種類には黒炭(木炭)切炭・白炭の種類に分かれています。一般的に購入しやすく着火が早く出来るのは黒炭がおすすめです。火持ちは白炭より衰えますが、初心者や女子の方には火付きが良いほうがスムーズにバーベキューがおこなえるので黒炭がおすすめです。炭の量は1名あたり1kgの炭の量を使用する計算をしておくと炭が足りなくなる心配はありません。初心者のうちは黒炭で着火のコツが分かってきてから白炭などにチャレンジしていくのも良いですね。

おすすめバーベキュー用の炭:しおらい木炭

しらおい木炭6kg(ナラ・バラ炭) ■【送料無料(北海道〜本州)】炭 キャンプ・行楽・BBQにおすすめ!七輪 コンロでのバーべキュー 焼き肉に!消臭 除湿にも!国産・北海道産 黒炭 木炭/ ※4個まで同梱可/

楽天

【サイズ】直径2~8cm程度・長さ3~15cm程度で不均一
【重量】6kg
【樹種】ナラ材
【使用可能人数】4~6人
【商品説明】初心者でも女子でも簡単に着火ができる炭となります。着火が簡単なだけでなく火持ちや煙も少なく女子だけのグループにも人気がある木炭となっています。北海道のナラの木を炭にしていますので最高級品の炭となります。

バーベキュー初心者の準備リスト4

必需品な持ち物:お皿やコップなどの小物類

バーベキューを取り分けて食べるのにお皿やコップ・お箸などの小物類も必要なアイテムとなってきます。お皿やコップなどは参加人数分より少し多めに持参しておく事がポイントですね。誤って落としてしまったりした時の予備や他の食材を置いたりするのにも役に立ちますよ。少し多めに準備をして安心してバーベキューを楽しめるようにしておきましょう。小さいお子さんがいる時には子供用のプラスチック製のお皿やコップを準備しておくと安心ですよ。

必要な道具の選び方:お皿やコップなどの選び方

バーベキューに最適なお皿やコップの種類としては2種類の素材がおすすめです。まず1点目は紙やプラスチック製の使い捨てのものです。大人数でのバーベキューなどは終わったあとの片付けなどが楽なのでこちらの素材の方がおすすめです。またファミリーでの少人数でのバーベキューにはプラスチック製のお皿やコップ・お箸などがおすすめです。洗って何度も使用できます。ピクニックセットのようにケース入りでバスケットに収納されている食器類なども持ち運びが便利なのでおすすめですよ。

おすすめキャンプ用食器セット:ロゴス箸付き食器セット

ロゴス 箸付き食器セットBOX(6人用) (81285028) キャンプ 食器 LOGOS

楽天

【サイズ】約幅22×奥行21.5×高さ21.5cm
【重量】約1.26kg
【構成】プレート×6:ボウル×6:コップ×6:スプーン×6:箸×6:ケース
【素材】ポリプロピレン・ポリスチレン
【商品説明】お箸までついた便利な食器セットとなります。運びやすい便利なケースに収納できます。食器を使用している時に食材入れとしても使えて便利です。

バーベキュー初心者の準備リスト5

必需品な持ち物:バーベキュー食材

バーベキュー食材のお肉の種類はさまざまですね。牛肉や豚肉・マトンやモツなど様々なお肉の種類を準備しておくのも色々な味が楽しめるのでおすすめですよ。人数に応じて量も考えて食材を購入しておきましょう。お肉の他にも野菜や焼きそば魚介類の食材も準備しておくと楽しいですね。バーベキューで美味しいものをたくさん食べて体力をつけておきましょう。バーベキューの良さは美味しいものを仲間で楽しく食べる事です。たまには贅沢に高級食材を食してみても楽しいですね。

必要な道具の選び方:バーベキュー食材の選び方

バーベキュー食材の選び方として、参加する方が楽しく食べられる一般的なお肉の種類を選ぶ方法とバーベキューが盛り上がる珍しい食材を選ぶ方法があります。牛肉や豚肉は一般的ですが、たまにはマトンやラム・鹿肉などのお肉も珍しいのでバーベキューが盛り上がりますよ。海が近い方は牡蠣やエビ・ホタテなどの魚介類でバーベキュー食材を準備するのも楽しいですね。地元で一番美味しい食材を準備したり、食べたい地域の食材をお取り寄せしたりしてバーベキュー食材を探していきましょう。

おすすめバーベキュー食材:バーベキュー焼肉セット

焼き肉 バーベキュー 食材 BBQ 肉 焼肉セット バラ カルビ ハラミ バーベキューセット 食材 肉 BBQ食材セット BBQ 食材 BBQ 牛丼 牛肉 2kg 送料無料 6〜8人前

楽天

【名称】牛ハラミ:牛バラカルビ
【産地名】牛ハラミポーランド・ニュージーランド:牛バラカルビアメリカ・カナダ・メキシコ
【内容量】牛ハラミ1kg:牛バラカルビ1kg
【保存方法】-18℃以下で保存
【商品説明】バーベキューに人気がある牛ハラミと牛バラカルビのセットとなります。どちらも1㎏のボリュームがありバーベキューが盛り上がる事間違いなしです。大人数や女子会などのバーベキュー大会に人気な食材です。

バーベキュー初心者の準備リスト6

必需品な持ち物:テーブルやイス

テーブルやイスは必需品な持ち物となります。女子会バーベキューなどは重量を考えて軽量なものを選ぶかレンタルなどでセッティングしていただける方法もありますので無理の無いように準備して楽しい女子会バーベキューにしていきましょう。バーベキューテーブルはグリルが中に入るものや高さ調整ができるものも販売されています。人数に応じてサイズも変わりますのでチェックしておきましょう。楽しく会話ができる距離のバーベキューテーブルがおすすめですよ。イスとテーブルの高さはそろえておきましょう。

必要な道具の選び方:バーベキューテーブルやイスの選び方

バーベキューテーブルやイスは足付きの高さ調整が出来るものとローテーブルタイプの種類があります。バーベキューコンロが足つきの場合は、高さ調節が出来るタイプのものがコンロへ向かう行動がしやすいのでおすすめです。またコンロをテーブルに置く置き型の場合にはローテーブルタイプのものが食材を取りやすいのでおすすめです。バーベキュー用のテーブルはイス付きのものも販売されています。テーブルとイスの高さを合わせる手間が省けるのでこちらもおすすめアイテムですね。

おすすめバーベキューテーブル:アルミバーベキューテーブル

【5/1限定10%OFFクーポン】アウトドア テーブル 折りたたみ テーブル 【幅180cm】 運動会 ピクニックテーブル アウトドアテーブル 軽量 アルミ イベント 折りたたみテーブル 高さ調節 キャンプ バーベキュー テーブル 公園 BBQ 夏休み

楽天

【テーブルサイズ】幅180cm×奥行60cm×高さ55cm/62cm/70cm
【収納サイズ】幅62cm×奥行10cm×高さ62cm
【重量】7.2kg
【耐荷重】20kg
【素材】アルミ・MDF(耐熱・耐水加工)ポリエステル・スチール
【商品説明】コンパクトに折りたたみができるピクニックテーブルです。サビに強いアルミを使用しています。収納時には折りたためて持ち運びが出来てとても便利です。高さも調整できるのでチェアの高さに合わせられますよ。

バーベキュー初心者の準備リスト7

必需品な持ち物:着火剤・ライター

必需品な持ち物として簡単に火おこしがおこなえる着火剤や火をつけるのに役立つライターなども準備しておきましょう。着火剤を使用すると炭への着火が初心者の方でも簡単におこなえます。便利なアイテムは使用しておきましょう。注意点としては着火剤を濡らしてしまわないことです。ジェルタイプのものなら大丈夫ですが、木材繊維などは火付きが悪くなりますので注意しましょう。ライターも忘れずに準備しておきましょう。チャッカマンなどが使いやすくて便利ですよ。

必要な道具の選び方:着火剤・ライター

着火剤の種類は大きく分けて2種類のタイプがあります。固形タイプと液体タイプです。固形タイプは炭の中に入れ込んで使用するので使い方も簡単で持ち運びにも便利です。液体タイプより完全に火が回るまでに時間はかかりますが初心者の方にはおすすめな種類ですね。また液体タイプは状況に合わせながら着火するポイントを決めていけたり継ぎ足しもできるのでおすすめですよ。液体なので着火スピードも速いですね。状況に応じて使いわけましょう。ライターは火傷しないように長めのものを使用してください。

おすすめ着火剤:ファイアブロック着火剤

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファイアブロック着火剤9片入 M-6711

楽天

【サイズ】30X40X厚さ10mm
【セット重量】110g
【燃焼時間】1片につき約10分
【材質】圧縮木材繊維
【商品説明】焚き火をする際の着火剤として人気のある商品です。女子でも簡単に火おこしが出来てとても便利なグッズです。使い方も簡単で使用する炭の間に着火剤を入れて着火するだけで簡単に火おこしができる商品です。

バーベキュー初心者の準備リスト8

必需品な持ち物:トングや包丁まな板などの道具

トングや包丁・まな板などの道具も準備しておきましょう。バーベキュー会場で野菜を切ったり調理したりするのに必要となります。バーベキューコンロの上でお肉を掴むのもお箸よりトングの方が熱さを感じなく安全・便利なのでトングも持参しておきましょう。食材の調理道具は一つの袋にまとめておくと忘れ物もなく安心ですよ。まな板の中へ包丁などがコンパクトに収納できるものも販売されています。100均などでも購入できますので確認してみてはいかがでしょうか?

必要な道具の選び方:トングなどバーベキュー道具の選び方

バーベキューに必要な道具を選ぶ時のコツとしては荷物にならないものを選ぶのが上手な選び方となります。なるべくひとつの袋に収納させることがコツですね。トングなどは熱などでやけどをしないようにグリップなどが木製になっているものがおすすめですよ。普通のトングを使用していて熱いときにはグリップ部分にタオルなど巻きつけて熱を避ける方法もあり裏技ですね。バーベキューは火を使いますのでやけどをしないように注意しておこないましょう。

おすすめトング:キャプテンスタッグウッドグリップトング

キャプテンスタッグ CAPTAIN STAG 調理器具 トング BBQ用ウッドグリップトング35cm UG-3228

楽天

【サイズ】幅55×全長300mm
【スタイル】ターナートング30cm
【材質】本体ステンレス鋼:グリップ天然木
【商品説明】衛生的なステンレス製となっていてバーベキューには必要なグッズとなります。グリップが木製になっているので握りやすく女子にも使いやすいトングとなっています。食材もつかみやすく便利なグッズです。

バーベキュー初心者の準備リスト9

必需品な持ち物:クーラーボックス

大人数でのバーベキューや夏場でのバーベキューに役に立つのがクーラーボックスです。人数に合わせてクーラーボックスを選んでいくと良いですね。夏場でのバーベキューでキンキンに冷えたビールは最高ですよ。また飲み物だけでなく傷みやすい食材なども入れておけるのでクーラーボックスはバーベキューの必需品となります。素材なども確認して購入しておきましょう。

必要な道具の選び方:クーラーボックスの選び方

初心者の方のクーラーボックスの選び方としておすすめなポイントは、まずは値段の相場を考えて購入する選び方です。しっかりとしたクーラーボックスを選んでおきたい場合は1万円以上のものがおすすめですね。容量は30~50Lくらいのものが一般的となります。夏場のキャンプやバーベキューで使用するシーンが多い方は保冷力なども確認しておきましょう。しっかりとしたものを購入しておいて長く使用する事もおすすめですよ。

おすすめクーラーボックス:コールマンスチールベルト クーラー

● 【送料無料】 COLEMAN (コールマン) キャンプ用品 ハードクーラー30L以上 54QT スチールベルト クーラー 3000001343

楽天

【本体サイズ】約60×42×41(h)cm
【容量】約51L
【重量】約7.5kg
【素材】スチール・ステンレス・発泡ウレタン・ポリエチレン
【商品説明】大容量の51Lサイズのクーラーボックスです。2Lのペットボトルも簡単に縦置きができて便利なグッズとなっています。夏のキャンプなどに役立つ大容量のクーラーボックスで快適なバーベキューを!

 

バーベキュー初心者の準備リスト10

必需品な持ち物:ゴミ袋

バーベキューにゴミ袋は必要となります。河原でのバーベキューやバーベキュー場でもゴミの持ち帰りや分別はマナーとなります。バーベキュー道具やゴミをそのまま置き去りにしていまう方が増えてきているというニュースも報道されてしまった時期もありました。みんなで楽しめるバーベキュースペースを来た時よりも綺麗にして帰宅するのは、バーベキューを楽しむ方にとって最低限のマナーだと思います。ゴミ袋は必ず持参して分別してから捨てましょう。

必要な道具の選び方:ゴミ袋の選び方

地域によっては指定のゴミ袋を購入しなくてはならない事もありますが、指定がなければ半透明か透明のゴミ袋を選び購入しておくのが良いですね。バーベキューを楽しむ人数にもよりますが、だいたい45Lくらいの容量なら安心できますね。ゴミ袋が足りるか心配な方は少し多めにゴミ袋を持参しておきましょう。バーベキュー場にゴミの捨て場所がある場合は指示に従い分別をおこなったうえで捨ててください。捨てる場所が無い場合は必ず持ち帰りましょう。

おすすめゴミ袋:ケンコーコム白半透明ごみ収集袋

白半透明 ごみ収集袋(45L*50枚入)【more30】

楽天

【サイズ】650X800mm
【材質】高密度ポリエチレン
【厚さ】0.015ミリ
【商品説明】45Lのごみ収集袋です。白半透明のゴミ袋なので中身が見えづらくバーベキューのゴミも入れやすくなっています。お徳用の50枚入りなので大人数でのバーベキューにも役に立ち、ゴミの分別もしやすいですね。

バーベキュー食材の量は?必要な量を準備しよう

バーベキュー食材の必要目安をリスト化

バーベキュー食材を購入しておく目安としてどのくらい必要になるのか初心者の方や幹事さんは不安にあると思いますので一般的な目安の量を少しご紹介します。肉のみのバーベキューでは13歳~59歳の男性で1名あたり約400gほど女性なら350gくらいですね。野菜やご飯・魚介類を入れたバーベキューの場合のお肉の量は男性300g・女性は200gを基準に考えておくと良いでしょう。参考にしてみてくださいね。

バーベキュー初心者が悩む火おこし

バーベキュー初心者でも簡単に出来る火おこし方法

バーベキュー初心者の方は火おこしが一番心配になると思います。初心者でも簡単にできる火おこし方法を少し解説していきます。まず基本的な火おこしのポイントは煙突状に炭を積み上げることです。並べた新聞紙の上に炭を煙突状に置き着火剤などを使用して火おこしをしていきましょう。初めは小さめな炭を使用していくと早く火がおこせますよ。

バーベキューに便利な火おこしグッズはコレ!

バーベキュー火おこし便利グッズで簡単バーベキュー

バーベキュー火おこし便利グッズも色々と販売されています。火おこし器や火吹き棒などを使用すれば初心者の方でも簡単に火おこしが出来る便利なグッズです。金額も安く気軽に購入できる便利グッズなので火おこしに不安がある方は購入しておくのも良いですね。お子さんなどはバーベキューの火おこしが待てないのでなるべく早めに火おこしが出来る便利グッズも賢く使用していきましょう。

バーベキュー初心者の準備リストまとめ

必需品や便利グッズを活用して楽しいバーベキューを

バーベキュー初心者の準備リストや必需品などをご紹介してきました。バーベキュー準備は、慣れればバーベキューの持ち物をまとめて置いておく事ができますが、初心者のうちはリストに記入して準備していきましょう。必需品や便利グッズを活用して楽しいバーベキューをおこなっていきましょう。

バーベキューが気になる方はこちらもチェック!

人気なバーベキュー場やキャンプ場などが詳しく掲載されている記事となります。気になる方はこちらも合わせてご覧下さい。

大自然の景観に圧巻!嵐山渓谷のバーベキュー9つの魅力!口コミや周辺情報も! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
大自然の景観に圧巻!嵐山渓谷のバーベキュー9つの魅力!口コミや周辺情報も! | 暮らし~の[クラシーノ]
水辺の圧倒的な景観の中で極上のバーベキューができる、嵐山(らんざん)渓谷をご存知ですか。この場所なら美味しい手ぶらの野外グルメがじっくりできる他、数々の観光の魅力も詰まっています。嵐山渓谷バーベキューはどんな感じなのか、口コミや周辺情報も交えて実体に迫ります。
群馬のバーベキュー場おすすめ12選!手ぶらで大自然を満喫するならココ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
群馬のバーベキュー場おすすめ12選!手ぶらで大自然を満喫するならココ! | 暮らし~の[クラシーノ]
群馬県のバーベキュー場を予約してみませんか?自然に抱かれながらみんなで楽しむバーベキューは休日のレジャーに最適です。本記事では群馬県でおすすめのバーベキュー場をランキング形式でご紹介します。手ぶらで楽しめるスポットもたくさん登場します。どうぞご覧ください。
高尾山のバーベキュー7つの魅力!手ぶらで楽ちんに山頂ビアマウントが楽しめる! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
高尾山のバーベキュー7つの魅力!手ぶらで楽ちんに山頂ビアマウントが楽しめる! | 暮らし~の[クラシーノ]
絶景をおかずにバーベキューを堪能するなら、東京の高尾山がおすすめ。高原の人気バーベキューでは、完全に手ぶらで極上のメニューが待っています。高尾山では持ち込みは可能か、そして夏限定のビアマウントはどうかなど、口コミを交えて2020年も期待の情報をお伝えします。
HANA0087
ライター

HANA0087

キャンプなどのアウトドアが得意分野です。バイクに乗って旅をしている傍らキャンプギヤやアウトドア製品など自分で使って良かった製品や気になる最新のアイテムなどをご紹介していきます。キャンプの他にもサーキットやツーリング・一人旅・オフロードなどのバイク関連や全国のおすすめスポットの紹介などもしています。バイクやキャンプ・一人旅の楽しさをお伝えできればと思っております。本当の楽しさを一緒に探していきましょう。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking