【2020】テントファクトリーのおすすめタープ9選!TC素材の新作にも注目!のイメージ

【2020】テントファクトリーのおすすめタープ9選!TC素材の新作にも注目!

実店舗は見かけることが少ないテントファクトリーというブランドを知っていますか?テントファクトリーはリーズナブルギアと高い品質で人気のブランドですよ。今回はテントファクトリーの新作のポリコットンのタープを含め人気タープを紹介します。

2020年04月25日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. テントファクトリーとは
  2. テントファクトリーの特徴1
  3. テントファクトリーの特徴2
  4. テントファクトリーの特徴3
  5. テントファクトリーのタープの選び方
  6. テントファクトリーの人気おすすめタープ1
  7. テントファクトリーの人気おすすめタープ2
  8. テントファクトリーの人気おすすめタープ3
  9. テントファクトリーの人気おすすめタープ4
  10. テントファクトリーの人気おすすめタープ5
  11. テントファクトリーの人気おすすめタープ6
  12. テントファクトリーの人気おすすめタープ7
  13. テントファクトリーの人気おすすめタープ8
  14. テントファクトリーの人気おすすめタープ9
  15. テントファクトリーのおすすめタープのまとめ

テントファクトリーとは

コスパがいい人気ブランド

テントファクトリーは安さと機能を両立する会社として、2012年にできた比較的新しいブランドの一つです。現在はワンポールテントや2ルームテントを中心に、寝袋にランタンなどの小物からテーブルやチェアなどのキャンピングファニチャーまであり、キャンプに必要な道具すべて揃います。しかし実店舗で見かけることは非常に少なくいですが、ネット販売をメイン展開にすることで価格を抑えています。

キャンプを楽しむすべての人におすすめ

輸入品を販売しているわけではなく、日本でデザイン、設計されたキャンプ用品を海外で作っている形となるので、きちんと日本の気候に合ったギアとなっており、初心者から上級者までしっかり使えるギアばかりです。前述したように基本的には通販がメインとなりますが、知名度が高くなり近年は一部の店舗でも直接買えるようになりました。実際に同社の製品を見て触って買えるようになっていて選びやすくなっているおすすめのブランドです。

テントファクトリーの特徴1

安い

テントファクトリーの特徴というと価格という声が多いでしょう。テントファクトリーを展開するのは横浜にある株式会社アウトサム。アウトサムの代表取締役が1人で製品を管理、プロデュースしていると言われています。無駄をなくすことで徹底的にコストをかけないように作られているため他社と比べると驚異的に安いですよ。テントやタープなど高価なキャンプ用品ほど他社との価格差ができ、初心者がテントを買うときにおすすめです。

イベントを要チェック

安くても実際に見て確かめたいという方も多いでしょう。最近は一部の実店舗でも置かれていることがありますが、基本的には通販がメインとなるため実際に手に取るのは難しいです。しかしアウトドア関連のイベントに参加していることが多いのでどんなテントやタープが発売されているのか、発色はどのような感じなのか、実際の価格帯などが詳細に分かりますよ。

アウトドアのイベントとは

規模の大きいもの小さいものなど色々ありますが、アウトドアに関連する製品(キャンプや登山など)の見本市やサービスなどを各企業が集まって展示、販売するイベントです。テントファクトリーは2ルームテントやワンポールテント、レクタングルタープ、ウィングタープなどの大きなギアからチェアやテーブルのような小型のギアなどを展示しています。

テントファクトリーの特徴2

品質

安かろう悪かろうという言葉があるように、価格帯が他社と比べると安いと品質が心配になりますよね。テントファクトリーのブランドコンセプトは「スタンダード&リーズナブル」です。価格は安くても急な雨で簡単に浸水するようなテントやタープではなく、雨でも安心できるスタンダードな作りとなっていますよ。大型ギアだけではなく焚き火台やチェアなどの小型ギアも同じで初心者から上級者まできちんとキャンプが楽しめます。

実績のある工場がパートナー

テントファクトリーのパートナーとして絶対に外せないのは実際に各種ギアを作る工場です。グローバル生産ということで日本製ではありませんが、外国の工場でもキャンプ用品の製造を手掛けている信頼できる工場とタッグを組んでいます。また一律に安いというわけではなく、例えばテントだとビギナーモデルや4シーズン使える上級者向けといふうに特徴別に分かれていて、グレードごとに安くなっています。

テントファクトリーの特徴3

色使い

テントファクトリーは色使いも特徴的です。特にテントやタープは他社にはない色使いが多いですよ。例えば初心者むけのグレードだとビビットで明るい緑色したグリーン。バックパックなどでのキャンプスタイルに向く軽量でコンパクトなテントはビビットな黄色が多く、4シーズンに対応したモデルは黄緑×深緑です。特徴的な色使いですが、WEBではモニターなどの影響が出るので実店舗で確認したほうがいいでしょう。

テントファクトリーのタープの選び方

形状で選ぶ

タープは生地の形によって特徴が異なってきます。四角もしくは長方形のレクタングル型、張り姿が美しいヘキサタープやヘキサタープのように形が決まっていないウイングタープなど形状が数種類あリますよ。レクタングルタープは張り方を一番アレンジでき、ヘキサタープは美しく張りやすいです。ウィングタープは一辺が長いひし形のようなシルエットで軽量で持ち運びやすいものが多いです。

材質で選ぶ

Photo by titanium22

通常のポリエステルより高価になりますが、人気のあるポリコットン(TC)も積極的に取りいれていますよ。ポリコットンとはポリエステルに天然繊維の綿を一緒に織り込んだ生地のことです。テクニカルコットンと呼ばれることもあり、TCと略されることが多いです。ポリコットン(TC)でもテントファクトリーは安いですよ。ポリコットン(TC)を使ったタープはレクタングル、ウィング、ヘキサの3種類が揃っています。

テントファクトリーの人気おすすめタープ1

グリーンサイドタープHX44

TENT FACTORY(テントファクトリー) グリーンサイドタープ HX44
楽天で詳細を見る

ビギナー向けのシンプルでスタンダードなカテゴリーとなる「グリーンサイド」から発売されているスタンダードなタープです。初心者でも綺麗に張れる6角形となり、カビの心配などが少ないオーソドックスな素材「ポリエステル」が使われています。ポリエステルはテントのフライシートやインナーで使われている基本的な生地となりビギナー向けカテゴリーですが、中、上級者でも使いやすいおすすめタープです。

特徴

出典: https://item.rakuten.co.jp

サイズは4×4m、付属ポールでは215cmの高さになります。収納サイズは620×115×115mmです。鮮やかな黄緑色をしていてデザインも人気がりますよ。また低価格でもスタンダードとなるように作られていて耐水圧は雨でも安心できる1500mm、縫い目を内側にくるようにして水が染み込まない工夫もあり機能的です。使用人数の目安は3~5人程度となります。

口コミ

全体的に高く評価する声が多く、タープ本体の評判がいいです。さらに収納袋を評価する声もあり全体的に評判がいいタープです。入門用ですが雨避けとしてきちんと使えるスペックとなります。

値段のわりにいいですよ。
特に収納が横にファスナーが付いていて出しいてがとても楽です。

テントファクトリーの人気おすすめタープ2

DUライトツーリングタープTRT

DUライト ツーリングタープ TRT
楽天で詳細を見る

ビギナー向けカテゴリー、グリーンサイドから発売されているレクタングル型のシンプルなタープです。レクタングル型は四角または長方形となりヘキサゴン(6角形)のスタンダードな形状と異なり、4辺に多数のループやハトメがありロープとポールで張り方を細かく変えられる特徴があります。初心者がレクタングル型を細かく使いこなすのは難しいですが、日除けとしてレクタングル型を使うのであればヘキサタープと同様に簡単です。

特徴

出典: https://item.rakuten.co.jp

鮮やかな黄緑色をしているグリーンサイドのスタンダードなソロ用タープですが、軽量で強度のあるジュラルミンポールが付属していてツーリングに向く仕様になっていますよ。使用サイズは250×200cmの長方形となり、収納サイズの記載はありませんが、横幅が45cm程度に収まると言われています。レクタングル型の特徴となるハトメの数は10箇所です。ハトメとは別にループもありますよ。耐水圧は1500mmです。

口コミ

ファミリーキャンプで使うものではなくツーリング(ソロキャンプ)に特化したレクタングル型ということで、収納に対する口コミが多いです。張り方を楽しみながら自転車でも持ち運べるところが評価されています。

ソロテント泊、雨の時、テント撤収にとても良かった。ポールの長さが145cmと短いが充分か。自転車ツーリングには軽くて良いのが一番。

テントファクトリーの人気おすすめタープ3

ホリデイユースフルメッシュサンシェード

テントファクトリー ホリデイユースフルメッシュサンシェード 210
楽天で詳細を見る

グリーンサイドから発売されているスクリーンタープとなるサンシェードです。通常のサンシェードはオープンかフルクローズとなるモデルが多いですが、テントファクトリーの場合はサンシェードという製品名ですが、4面がメッシュなのでスクリーンタープ(蚊帳)のようにも使えますよ。レクタングルやウィングタープのような開放感のあるオープンタープと比べると耐水圧はないので注意してくださいね。

特徴

出典: https://item.rakuten.co.jp

サンシェードだとワンタッチ式やポップアップ式のように手軽に設営できるものが多いですが、組み立て式のため強度があります。フルクローズはできませんが日除け用に2枚のサイドパネルも付属し、キャンプやバーベキューで利用しやすくなっています。サイズは210×210cmとなり2~3人用です。耐水圧は800mmとなり短時間の小雨程度なら雨宿りしても大丈夫ですよ。ポールはグラスファイバー製となります。

口コミ

2~3人用のスクリーンタープとしても使えるサンシェードということで、評価されています。一般的なメッシュよりも目が細かいため小さな虫も入りにくくなっていて好評です。

安価でコンパクト。夏の寝苦しい夜にはテントとしても利用できそうです。いい商品です。

テントファクトリーの人気おすすめタープ4

スカイオーバータープT500

テントファクトリー スカイオーバータープT500 ブルー
楽天で詳細を見る

巨大な8角系のタープとなりテントファクトリーのタープの中でも一番大きいタープとなります。またビギナー向けカテゴリーからの発売ではなく、スカイオーバーという独自のカテゴリーから発売されています。少し高価になっていますが、そのぶん高品質な作りになっていますよ。大きいのでファミリーキャンプやグループキャンプにおすすめです。カラーバリエーションもあり全3色で展開されています。

特徴

出典: https://item.rakuten.co.jp

粉体塗装のスチールボールが付属し、グリーンサイドで使われていた生地よりも分厚い150D(デニール)の生地が使われ遮光性がアップしています。耐水圧は長雨でも雨避けとして使える2000mmとなり、シルバーコーティングが施されていてUVカット加工です。ワンランク上の巨大サイズのタープです。形状は8角形となり、付属のポールでは難しいですが、ワンポールテントやドームテントもタープの下に入れられる大きさです。

口コミ

ビギナー向けモデルよりも生地が厚めになっているところが口コミで評価されています。色が選べるところも口コミで人気ですよ。

グリーンを買いましたが落ち着いた色でグッド。初張りは生憎の小雨でしたが防水も問題なし。張り網に付属している自在はプラスチックではなくアルミ製でした。ポールも付属していて助かります。
日が当たってもしっかり濃い影ができており、日差し対策はバッチリです。

テントファクトリーの人気おすすめタープ5

フォーシーズンソロタープ

【TENT FACTORY/テントファクトリー】 フォーシーズンソロタープ
楽天で詳細を見る

冬をふくめいつでもキャンプができる4シーズン向けのカテゴリーから発売されているソロ用のコンパクトなレクタングル型のタープです。小型なのでワンポールテントと連結するというような使い方には向きません。またポールが付属していないのでトレッキングポールや枝などを利用して張るなどユーザーの経験や工夫によって非常に軽くコンパクトにできます。

特徴

出典: https://item.rakuten.co.jp

4シーズン向けのカテゴリーから発売されていて、同じカテゴリーのテントとマッチする配色です。耐水圧は3000mmと高く、秋や3月下旬、梅雨のような雨が続く時期でも使いやすいくなっていますよ。サイズは一人用の290×220の長方形です。収納サイズは32×9.5cmとコンパクトに収納できます。テントファクトリーのいろいろなタープの中でも耐水圧が高めなので雨避けに最適です。

口コミ

サイズが小さく雨に強いことから自宅のデッキや車中泊のときにも利用しやすいという口コミがあります。ポールが付属していないため応用しやすいタープです。

届いた当日に、デッキの上の屋根の延長線上にそこそこの傾斜を付けて試し張り。当夜は雨とのことなので一晩置いてみました。翌朝どこにも水溜まりなく雨水がコロコロと転がっていました。日中の日差しも抑え、快適空間が出来ました。ジムニーの後部に張る予定でこのサイズを選びました。

テントファクトリーの人気おすすめタープ6

TCレクタングタープ

テントファクトリー TCレクタングタープ TF-TCRT4244
楽天で詳細を見る

綿とポリエステルを使ったポリコットン(TC)の新作タープの一つです。高価な素材ですがテントファクトリーだとやはり安いです。ポリコットン(TC)でも、レクタングル型の特徴であるループやハトメの多さ、アレンジの多彩さはありますよ。ポリコットン(TC)は火の粉で穴が空きにくいことから、近くで焚き火をしても大丈夫です。また質感がよく手触りがいい素材と言われています。

特徴

出典: https://item.rakuten.co.jp

ポリコットン(TC)を使ったシリーズはワンポールテントを始めウィングタープなどバリエーションが豊富です。レクタングル型は張り方をアレンジできるというのが特徴となりますよ。ポールは付属しないので2~6本用意して好きな張り方が楽しめます。耐水圧2000mm、サイズは425×445cm、収納サイズが48×15×24cmです。本来ポリコットン(TC)は2000mmも耐水圧がありませんが撥水加工が施されています。

口コミ

低価格ですが他社のポリコットン(TC)と同じように焚き火をまちかくでしても穴が空きにくいですよ。またただの混紡ではなく撥水加工が施されているため雨にも強いと口コミで評価されています。

タープを高めに張った下で焚き火をしても全く問題無し、ゲリラ豪雨でも全く染みてこず、いい買い物でした。

テントファクトリーの人気おすすめタープ7

TCタープ470

テントファクトリー TCタープ470 TF-TCHT470 キャンプ
楽天で詳細を見る

ポリコットン(TC)のシンプルなヘキサタープです。ワンポールテントと小川張りで連結しやすい形となります。ワンポールテントは同社のTCワンポールテントを使うと統一感がでますよ。キャンプ初心者でも簡単に張れて燃えにくいので、表面は焚き火の火の粉をきにせず張れる魅力があります。ポリコットンとしては安いので仕方がないですが、ポールは付属していないため注意してくださいね。

特徴

出典: https://item.rakuten.co.jp

ポリエステル55%、コットン45%の生地です。サイズは470×420cmとなります。ただのポリコットンではなく撥水加工が施されているため2000mmもの高い耐水圧があり雨に強いです。現在はアマゾンなどでも発売されていますが、もともとはキャンプや釣り具の人気通販サイト「ナチュラム」とタイアップしたコラボ商品となります。生地に綿が含まれていることで遮光率がアップしていて濃い影ができますよ。

口コミ

同社のワンポールテントだけではなく、他社のワンポールテントにちょうどいいTCタープとして使いやすい大きさという評価もあります。形状がオーソドックスで連結しやすいですよ。

サーカスTCと連結できるポリコットのタープを探していて、色合いや大きさがとても気に入って購入しました。タープ下で小さな焚き火が出来て最高です、お値段もリーズナブル
久しぶりに買って良かったと思う一品です

テントファクトリーの人気おすすめタープ8

TCウィングタープ

テントファクトリー TCウィングタープ TF-TCWT
楽天で詳細を見る

形はメーカーによってまちまちなウィングタープは一辺が長くひし形のようになる特殊なタープです。同社のウィングタープは5角形となります。またウィングタープは影ができる面積はレクタングルやヘキサタープと比べると小さくなるためソロ用に向く形状となります。日除けや雨避けとして使う以外にウィング特有の形状を楽しむタープです。

特徴

他社を含めあまり見かけない形状となるウィングタープはひし形のようなシルエットが最大の魅力です。生地は他のポリコットンのタープと同じ撥水加工が施されているポリエステル45%、コットン55%の生地となり火の粉に強く手触りがよく遮光性が高い特徴があります。サイズは2~3人用となる380×370cmです。ウィングタープに限らず同社のポリコットンは耐水圧が高いので雨の日でも安心して利用できおすすめです。

口コミ

ウィングタープ特有の形状が評価されていて、ヘキサタープと同じように設営できることから初心者でも簡単です。またポリコットンとしては安いという口コミもあります。

初めてタープを購入しましたが、なかなか良いです。一人で簡単に設置できましたし、ウイング形状がかっこいいです。比較的コンパクトなモデルなので、3人までくらいでの使用で考えたほうが良いと思います。 

テントファクトリーの人気おすすめタープ9

クロスタープTA トリプルアクション250

TENT FACTORY(テントファクトリー) クロスタープTA トリプルアクション250 CBL TF-GXT250
楽天で詳細を見る

運動会やフリーマケット、バーベキューなどイベンドで活躍するタイプのタープです。脚部が伸縮するためコンパクトに収納でき、設営もしやすいですよ。三段階に伸縮するため高さもある程度変えられるようになっています。サイズは250×250×225cmです。他社のメーカーを含め同タイプのタープは風に弱いのでイベント向きとなるのでキャンプで使わないほうがいいでしょう。

特徴

このタイプのタープは日除けとして使うことが多いのですが、同社のタープは耐水圧が1000mmもあるので雨宿りができるようになっています。またUVカット加工になっていて、オプションでサイドパネルも発売されています。必要に応じてサイドパネルを目隠しに使ったり、ポールを追加してサイドパネルを跳ね上げキャノピーとして使ったりできます。脚部はワンポールテントのポールとして使われることが多いスチールです。

テントファクトリーのおすすめタープのまとめ

コスパのいいタープばかり

ワンポールテントやドームテント連結しやすいスタンダードなヘキサタープからアレンジが楽しめるレクタングル、独自の形状が美しいウィングといろいろな種類がありますが、どのタイプも評価がよく使いやすい特徴があります。コスパがよく初心者にもおすすめできるブランドとなるので、初めてタープを買う時は形状や大きさから自分のキャンプスタイルにあったタープを選ぶといいでしょう。

タープが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはタープに関する生地がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

Thumb【2020最新】ポリコットン素材のおすすめタープ15選!便利過ぎてもう手放せない! | 暮らし~の[クラシーノ]
ポリエステルとコットンの混合素材で作られているポリコットンタープは、今様々なアウトドアメーカ...
Thumb2020最新!おしゃれで人気のタープおすすめ10選!安さや便利さの比較も! | 暮らし~の[クラシーノ]
タープには色々なデザインがあり、おしゃれで人気のブランドタープの種類も豊富です。特におしゃれ...

あなたへのおすすめ