ネイチャーハイクのおすすめテント11選!各種類の特徴や口コミ、新作情報もご紹介!

ネイチャーハイクのおすすめテント11選!各種類の特徴や口コミ、新作情報もご紹介!

中国発のブランド「ネイチャーハイク」を知っていますか?非常に軽量なテントが多く登山でもキャンプでも使いやすい個性豊かなテントが多い人気ブランドの一つです。今回はネイチャーハイクの数あるテントの中からおすすめテントを11種類紹介します。

記事の目次

  1. 1.ネイチャーハイク(Naturehike)とは
  2. 2.ネイチャーハイクのテントの特徴
  3. 3.ネイチャーハイクのテントの選び方
  4. 4.ネイチャーハイクのおすすめテント1
  5. 5.ネイチャーハイクのおすすめテント2
  6. 6.ネイチャーハイクのおすすめテント3
  7. 7.ネイチャーハイクのおすすめテント4
  8. 8.ネイチャーハイクのおすすめテント5
  9. 9.ネイチャーハイクのおすすめテント6
  10. 10.ネイチャーハイクのおすすめテント7
  11. 11.ネイチャーハイクのおすすめテント8
  12. 12.ネイチャーハイクのおすすめテント9
  13. 13.ネイチャーハイクのおすすめテント10
  14. 14.ネイチャーハイクのおすすめテント11
  15. 15.ネイチャーハイクのおすすめテントのまとめ

ネイチャーハイク(Naturehike)とは

テントの種類が非常に多いブランド

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Kry8bxysL._AC_SL1200_.jpg

ネイチャーハイクは中国のアウトドアブランドの一つ。日本では代理店がなくAmazonや楽天市場などの通販サイトで買うことができます。ネイチャーハイクはキャンプ道具の価格が安いだけではなくテントの種類が非常に多い特徴があるため、多すぎてよくわからなくなるほどと言われ、Amazonにはなくても楽天市場には取り扱いがある場合やその逆のAmazonでは取り扱っていて、楽天市場にはない場合もあります。

テント以外のギアも人気

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71N-l4sw2qL._AC_SL1500_.jpg

ネイチャーハイクはテントの種類が多く口コミでも高く評価されていますが、テント以外のギアも人気で、寝袋やコットなども発売しています。またシングルバーナーやコットなども発売していてそれぞれ口コミがある人気商品ばかりです。バックパックも発売していて軽量なテントが多いことから徒歩や自転車でのキャンプを楽しむという方にもおすすめのブランドです。

定期的に仕様変更

ネイチャーハイクやキャンプ用品に限らず新作や新商品というものは、何らかの不具合や使い勝手が悪い部分があります。ネイチャーハイクは発売後同じ種類のテントでも仕様変更し使いやすくしたモデルなどを発売してくれるブランドです。仕様変更により立て方が簡単になったり、畳み方が簡単になったりして使いやすくなるテントもあります。

ネイチャーハイクのテントの特徴

軽量な設計

Photo bySponchia

同社のテントは他社のテントと比較すると軽量になるようにデザインされているものが多いです。種類にもよりますが、例えばインナーの上半分がメッシュになっているものが多く軽いです。

冬でも使用可能

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81UmbCZCB6L._AC_SL1024_.jpg

冬でも使える、使いやすいスノースカート付きの4シーズンモデルもあります。種類別に必ず4シーズン向けがあるわけではありませんが、冬キャンプ(雪中キャンプ)を楽しみたいという方でも大丈夫です。

耐水圧が高め

Photo byddouk

日本の人気ブランドのエントリーモデルやスタンダードモデルのテントは1500~1800mm程度の耐水圧が多いです。少なくとも1500mmあると雨が降っても安心できる数値と言われていますが、ネイチャーハイクのテントは雨に強く耐水圧が3000~4000mmのものが多いですよ。その反面通気性に影響してくる場合があるので換気用の窓はしっかり開けておきましょう。

素材が選べる

Photo byQuinceCreative

他社にはない特徴としてテントの素材が選べるようになっているものもあります。一般的なテントはポリエステルです。ポリエステルは安価ですが目立ってメリットがないごく普通の生地と言えます。しかし乾きやすいという特徴があります。前述したようにポリエステルだけではなくナイロンも使用しているものがあり、ナイロンには強度と軽さがありますが、少し高価になります。それぞれ特性がある素材を一部製品では色ごとに選べます。

ネイチャーハイクのテントの選び方

目的に合ったテントを選ぶ

Photo byFabricioMacedoPhotos

テントの種類が多いので特徴を比較しながら目的に合ったテントを選ぶというのがポイントになります。例えば立て方となる非自立、自立でわけてみたり、3シーズン向けか4シーズン向けかでわけてみたりしながら選んでいきましょう。口コミや評判を確認してみるのも大切です。軽量なテントが多いですが、徒歩や自転車なら収納サイズや重さも比較して選んでくださいね。耐水圧は前述したように高いのであまり気にしなくても大丈夫です。

人数で選ぶ

Photo by onohiroki

少人数向けの小さなテントから4人以上で利用できる大きなテントまで揃っていて種類がおおいので人数を決めて選ぶとある程度種類を絞れます。同じ種類のテントでも新作として少人数向けモデルが発売されたり、大人数向けモデルが発売されたりして使用人数が異なる場合も多いです。サイズが変わっていても立て方や折りたたみ方は変わらず同じように使えます。比較的軽量なテントが多いですが、大人数向けとなるとやはり重たいです。

ネイチャーハイクのおすすめテント1

CloudUp2

D型カラビナ付【NatureHike】アップグレード版

楽天

同社定番の種類となるのがCloudUp2シリーズです。バックパックに収納できる40×Φ13cm、1.9kgしかありません。サイズは2人用ですがソロで使うと荷物の置き場所に困りませんよ。フレームは三又になっていて立て方が非常に簡単と評価されている人気のテントです。入口部分をメッシュにして、背面のベンチレーションを開けておくことで風が通り抜け熱がこもらないようになっていますよ。

特徴比較

特徴となる部分が以下のようになります。比較するときの参考にしてくださいね。アップグレード版と旧来モデルではベンチレーションとロープの固定箇所に違いがあります。

耐水圧:4000 収納サイズ:40×Φ13cm
自立式 インナーサイズ:1.25×2.1m
1.9kg アップグレード版あり
2人用 3~4シーズン向け

口コミ紹介

軽量でコンパクトなところが高く評価されています。2人用をソロ用テントとして使うことが多いため1人用として考えると軽くて広いですよ。人気モデルということで立て方や畳み方などはyoutubeに動画があり初心者でも畳み方がわかりやすいです。

ソロ野営用に購入。 まず、軽い。 パッキングが助かります。 有名メーカーのものだともっと軽いものがあるのかも知れませんが、2㎏ないので苦になる重さではなくこれで十分です。 二人用なので中は一人で十分なスペースがあり、荷物置いても楽々くつろげます。

ネイチャーハイクのおすすめテント2

CloudUp2(スノースカートモデル)

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51YqUXqWg2L._AC_SL1200_.jpg

前述したテントに冬や雪上キャンプでも使えるようにスノースカートが付属したモデルです。クラウドアップ2にはバリエーションがたくさんあり価格が安い分、耐水圧が3000mm、若干重たいポリエステル版、スノースカート版がります。クラウドアップ2で冬でもキャンプをしたいという方は、スノースカート版がおすすめです。クラウドアップ2は軽量ですがインナー上部がメッシュになっていて冬は寒いと言われていますよ。

特徴比較

前述したスペックにスノースカートがついているだけになります。また詳しい記載はありませんが、通常モデルと比較するとスノースカートが付属することにより、畳み方、重さが少し重たくなり収納サイズも少し変わってくるでしょう。

口コミ紹介

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51582jSBN0L._AC_SL1000_.jpg

スカート付属しているタイプの口コミではありませんが、しっかり準備すると冬でも使えます。しかしインナーの上部はメッシュなので寒いですよ。スノースカート月になると風が入り込みにくくなるので、より快適にすごせます。

ソロテン泊で最低気温-4℃、地面は凍結、風は無し、雪が若干降る900m前後の山で一泊しました。設営は確かに一人でもめちゃ簡単。夜室内は0℃でガッツリ寒く、最低使用気温ー25℃のシュラフに潜り込んで寝ました。眠れました。

ネイチャーハイクのおすすめテント3

CloudUP2 UL

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51KU5dYrZWL._AC_SL1000_.jpg

定番のテントを軽くしたモデルです。軽さを重視する方におすすめとなりますよ。軽いため登山でキャンプをするテント泊にも使われているテントとなります。もともと軽量なテントが多いネイチャーハイクの中でも生地を薄くして極めて軽くしたモデルとなるため取り扱いには注意して使うといいでしょう。張り方や畳み方は簡単でわかりやすいですが生地が薄いことを考慮すると比較的上級者向けです。

特徴比較

20Dとなり重さは約1.2kgです。耐水圧や収納サイズなどは「CloudUP2」と同じです。インナーサイズにも大きな変化がなく2人用ですがソロで使うといいでしょう。

口コミ紹介

軽量になったことで登山でも利用しやすくなっていますよ。収納サイズはもとからコンパクトです。立て方や畳み方なども大きな違いはありません。

1泊2日の登山に持って行きました。 軽量なうえに、設営も簡単に出来きました。 朝方の夜露もしっかりはじいていました。

ネイチャーハイクのおすすめテント4

Hiby3 20D版

2〜3人用 テント(専用グランドシート付) Hiby3 アップグレード版

楽天

前室が広くタープを使わなくても簡単な調理ができるため、キャンプツーリングや徒歩でのキャンプで人気のある種類です。全長が310cmと大きいですが、収納サイズはコンパクトで54cm×Φ17cmしかありません。ナイロンを使っているので軽量です。インナーは上半分がメッシュになっていて3シーズン向けのテントとなり2~3人用です。生地(色)によって材質が異なり重さや耐水圧などが変わってきます。

特徴比較

現在発売されているHibyはすべてアップグレード版ですが、アップグレードをさらに仕様変更したものもあります。色によっては2回目の仕様変更の前の形状もあります。スリーブの途中でポールが交差する箇所が異なりますよ。立て方や畳み方は変わりませんが、2回仕様変更されたもののほうがや立てやすいです。

耐水圧:3000 収納サイズ:54×Φ17
自立式 インナーサイズ:2×1.32m
3.2kg アップグレード版あり
2~3人 3シーズン向け

口コミ紹介

前室のサイズが1×1m以上と広めです。口コミでは前室の広さを評価する声が多いですよ。前述したテントと同様に人気モデルということで畳み方や立て方は動画で確認でき、初心者でも畳み方や立て方がわかりやすいですよ。

ネイチャーハイクのおすすめテント5

Hiby4

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61bE-dj7o8L._AC_SL1024_.jpg

Hibyの新作として4人でも利用できる一回り大きいサイズのHiby4が発売されています。もともと広いタープスペースがある魚座型のテントですが、4人用となったことでさらに広くなっていて2人でゆったり使いたいときにおすすめです。また新作のHiby4とともに新しいカラーバリエーションも発売されてグレー×ブラックは人気ですよ。全長が320cmを超えるため設営は慣れが必要です。

特徴比較

一回り大きいサイズとなり全体的に大きくなっている新作テントです。もともと魚座型という立て方に特徴があるテントが大きくなっているということで動画などで設営方法や折りたたみ方などを確認しておいたほうがいいでしょう。

耐水圧:3000 収納サイズ:60×Φ22
自立式 インナーサイズ:220×220
4.9kg アップグレード版あり
3~4人 3シーズン向け

口コミ紹介

前述したように耐水圧が高いと通気性に影響してきます。しかし前室の広さや畳み方が雑でも収納できる点などが高く評価されていますよ。設営方法は3人用と同じです。

前室の広さ・思ったよりコンパクトに収納(案外雑だったり濡れてても普通に袋に突っ込めます。)だったり買って良かったかなと思います。 ただ、他の方のレビューでもある通り撥水性が高いからか通気性があまりなく夏だと暑いです。

ネイチャーハイクのおすすめテント6

OPALUS3 20D版

Naturehike(ネイチャーハイク) トンネルテントOPALUS3

楽天

立て方は非常に簡単なトンネル型の小型テントです。先ほど紹介したモデルと同様に前室が広い比較的新しい種類となります。前室が広くてもポリエステルではなく、軽量なナイロンを使用しているため軽くて収納サイズはコンパクトになります。インナーはほぼメッシュですが、モデルとしては4シーズンに対応したテントです。

特徴比較

トンネル型ということで立て方が簡単なタイプですが、自立しないタイプになります。人気のあるモデルですが、比較的最近発売されたこともあり折りたたみ方がわかる動画はありません。

耐水圧:4000 収納サイズ:60×Φ18.5
非自立 インナーサイズ:2.35×1.9m
3.1kg アップグレード版なし
2~3人 4シーズン

口コミ紹介

トンネル型のため張り方は非常に簡単ですよ。新作には4人用や2人用などのサイズバリエーションがあります。形状は同じで立て方や畳み方に大きな違いはないため、ソロキャンプでさらにコンパクトにまとめたい方は新作の2人用がおすすめです。

価格に対しての性能はとても素晴らしいテントだと思います! 見た目もかっこよく、2人でのキャンプにベストなサイズだと思います。 設営はとても簡単で、2回ほど張れば誰でもスムーズにシワ無く設営できると思います。

ネイチャーハイクのおすすめテント7

Knight3

NATUREHIKE NH19G001Y Knight 3

楽天

同社新作のテントの一つで、少し重たいですが厚手の黒いゴムが内側に使われていて、UVカットと遮光性のあるフライシート採用しているという特徴があります。インナーに光が入らずくらいので朝日で眩しいということはありませんよ。前室も広くキャンプで使いやすい形状です。ランタンの光も通さないので夜は工夫しないと視認性が悪くなるでしょう。注意点としては左右に出入り口があるわけではなく片方だけとなります。

特徴比較

ネイチャーハイクのテントとしては珍しく控えめな耐水圧と特殊なフライシートが最大の特徴となります。少し重たいですが車やバイクなら持ち運びやすいですよ。

耐水圧:2000 収納サイズ:56×Φ25
半自立
前室のためにペグダウン必須
インナーサイズ:2.05×1.9m
4kg アップグレード版なし
2~3人 3シーズン

口コミ紹介

少し変わった形状をしていているので立て方は慣れないと分かりにくいでしょう。ゴムが使わていますが、畳み方などは一般的なテントのように畳んで大丈夫です。新作というこでアップグレード版はまだありません。

組み立てに多少の戸惑いましたが、一人でできました。ソロでは、大きすぎな感じです。でも前室が大きくて、大変良かった。ただ、張り方が悪く夜中にキツネには入られました。

ネイチャーハイクのおすすめテント8

Pシリーズ 3人用

送料無料 Naturehike 正規店 ネイチャーハイク 3人用

楽天

UPF50+の紫外線に強い特徴があるテントです。構造は一般的なドームテントとなるので初心者でも設営しやすいです。インナーはメッシュ部分が多く通気性が非常にいい反面冬では寒くなるので注意してくださいね。UPF50+以外はごく一般的なテントになり、夏向けのシンプルなドームテントを探しているという方におすすめです。

特徴比較

材質が基本的なポリエステルとなるキャンプ向けのスタンダードな3シーズン向けテントです。他のブランドと比較するとインナーのメッシュ部分が多く軽めで、耐水圧は高いというネイチャーハイクらしさもあります。

耐水圧:3000 収納サイズ:46×Φ16
自立式 インナーサイズ:160×205cm
2.3kg アップグレード版なし
2~3人 3シーズン

口コミ紹介

立て方がシンプルでわかりやすいという口コミがあります。軽くて涼しいスタンダードな3シーズン向けテントです。

3年生の息子が一人で組み立てられました。高さ広さともにちょうど良いです。雨のキャンプはしていないので、耐水性は不明。

ネイチャーハイクのおすすめテント9

Pyramid Tent(M)

NATUREHIKE NH17T200M Pyramid Tent

楽天

ピラミッド型のテント。つまりはワンポールテントとなり設営方法は非常に簡単です。ネイチャーハイクにはいろいろなテントがありますが、ワンポールテントはベズらしいですよ。サイズは2種類あり4人用と8人用となります。大きいサイズは新作となります。

特徴比較

スノースカートがついているワンポールテントとなり、サイズが大きい新作でも設営が非常に簡単です。形状もネイチャーハイクのなかでは珍しいので形状にこだわりがある方におすすめです。インナーは半円ではなく少し特殊な形になっていますよ。

耐水圧:3000 収納サイズ:68×33×22
非自立式 ハーフインナー(サイズ記載なし)
6.1kg アップグレード版なし
3~4人 4シーズン

口コミ紹介

スカート付きのワンポールテント自体が比較的珍しいこともあり冬キャンプで利用されているテントです。安いですが冬でもしっかり使えると評判です。

決め手はスカートが着いている事と上部にベンチレーションがある事でした。 他に大型ドームやトンネル型も検討しましたが、ソロでの設営のしやすさもポイントとなりました。 Lサイズなら中にテーブルを設置して4人くらいで宴会も楽しめます。 石油ストーブを設置してもCOセンサーアラームは反応しないくらい換気は良いです。(幕内の火気使用はあくまでも自己責任で)

ネイチャーハイクのおすすめテント10

Cycling Backpack Tent 20D版

ネイチャーハイク テント NH18A095-D

楽天

シンプルな1人用のテントです。設営が簡単なA型フレームになっていますよ。スノースカート付きの4シーズン向けと価格が少し安くなりスノースカートが付属していないモデルもありますが、冬キャンプや雪上キャンプをしたいという方はスカート付きがおすすめです。登山でも利用でき、バイクや自転車でも持ち運びやすいです。

特徴比較

完全なソロ用ということでコンパクトな収納サイズが魅力となります。スカートがないスタンダードモデルだとさらに軽量になりますよ。カラーバリエーションも豊富です。

耐水圧:4000 収納サイズ:40×Φ15
自立式 インナーサイズ:205×95cm
1.6kg アップグレード版なし
1人 4シーズン

口コミ紹介

低価格で小さくて使いやすいという評価が多いテントです。ソロ用、登山でも使えるテントとなりますよ。

国内メーカーの山岳テントに引けを取らないテントだと思います。収納サイズも小さく、この価格でこの内容は大変満足しています。

ネイチャーハイクのおすすめテント11

Tagar1

ネイチャーハイク 1人 超軽量 Taga

楽天

登山でも使いやすいシングルウォールテントです。正確にはフライシートとメッシュインナーのあるハイブリッド型となり、フライシートとメッシュが一体化している珍しい形です。シングルウォールだと折りたたみ方を考えなくても収納しやすくコンパクトで軽量というメリットがありますよ。メッシュがあるので虫対策もできます。

特徴比較

非自立式の登山向けのテントです。大きな違いはインナーがフライシートと一体型になった構造をしていて5分で立てられるようになっていますよ。

耐水圧:4000 収納サイズ:44×Φ10
非自立式 インナーサイズ:210×90cm
1.06Kg アップグレード版なし
1人 3シーズン

口コミ紹介

シングルウォール(ハイブリッド)ということで登山を楽しむ方に高く飄香されているテントです。価格に対して性能がいいと評判ですよ。

登山装備をウルトラライト対応に買い直しています。テントは軽さでシングルウォール一択ですが、夏の低山では換気vs虫が問題。そこで、バスタブ付きメッシュのハイブリッド構造です。ULガレージメーカー品の1/5程の価格で入手できて大満足です。

ネイチャーハイクのおすすめテントのまとめ

個性的なテントがたくさんある

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71DpLVOASvL._AC_SL1200_.jpg

価格が安く個性的なテントがネイチャーハイクにはたくさんあります。人気のある定番モデルだけではなく新作も定期的に発売されていたり、使い勝手をよくした仕様変更(アップグレード)したモデルなどもあるので選ぶときは明確な使用目的を考えて選んでくださいね。雨にはどのテントも強めですが、耐水圧が高い分換気が大切になりますよ。

テントが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはテントに関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

2020最新!DODの人気テント13選!デザイン・コスパ・使いやすいのはコレだ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
2020最新!DODの人気テント13選!デザイン・コスパ・使いやすいのはコレだ! | 暮らし~の[クラシーノ]
DODのおしゃれで機能的なおすすめテントをたくさん紹介します。安いお値段でも便利な機能が豊富で初心者でも扱いやすいテントや、オールシーズン通して快適に過ごす事のできるテントなど、DODで人気の高いおすすめテントを種類多く紹介するので参考にしてみてください。
【2020】キャンプツーリングにおすすめの一人用テント15選!タイプ別にご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【2020】キャンプツーリングにおすすめの一人用テント15選!タイプ別にご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はキャンプツーリングにおすすめの一人用テントを紹介します。現在ではキャンプツーリングに使用できる一人用テントはたくさん販売されており手に取りやすいです。機能性が高い物も多くあるため快適に過ごせてキャンプツーリングをより楽しみやすくおすすめです。
ロゴスのテントおすすめTOP13!特徴や口コミを比較!欲しい一台が必ず見つかる! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
ロゴスのテントおすすめTOP13!特徴や口コミを比較!欲しい一台が必ず見つかる! | 暮らし~の[クラシーノ]
人気のアウトドアブランド・LOGOSのテントをランキング紹介しています。おすすめなロゴスのテントの特徴や、購入者からの口コミやロゴステントの選び方も簡単に紹介しています。安いお値段でも高品質なロゴステントも紹介しているので比較してみてくださいね。
揚げ餅
ライター

揚げ餅

簡単なDIYや家庭菜園、キャンプ、燻製など何かを作ること、自然が好きです。作ることの楽しさ、自然の魅力などを伝えられると嬉しいです。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking