【2020最新】おすすめマニュアル車12選!新車で買える人気車種はコレだ!のイメージ

【2020最新】おすすめマニュアル車12選!新車で買える人気車種はコレだ!

最近マニュアル車は少なくなっており、自動車メーカーのおすすめはオートマチック車になっています。オートマ免許を取得する人も多いです。しかし、マニュアル車も根強い人気があります。おすすめの国産マニュアル車を紹介しますのでマニュアル車購入の参考にしてください。

2020年04月15日更新

kawana yukio
kawana yukio
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. マニュアル車とはどんな車
  2. なぜマニュアル(MT)車を販売しているのか
  3. 新車購入可能な国産おすすめマニュアル車1
  4. 新車購入可能な国産おすすめマニュアル車2
  5. 新車購入可能な国産おすすめマニュアル車3
  6. 新車購入可能な国産おすすめマニュアル車4
  7. 新車購入可能な国産おすすめマニュアル車5
  8. 新車購入可能な国産おすすめマニュアル車6
  9. 新車購入可能な国産おすすめマニュアル車7
  10. 新車購入可能な国産おすすめマニュアル車8
  11. 新車購入可能な国産おすすめマニュアル車9
  12. 新車購入可能な国産おすすめマニュアル車10
  13. 新車購入可能な国産おすすめマニュアル車11
  14. 新車購入可能な国産おすすめマニュアル車12
  15. おすすめマニュアル車のまとめ

マニュアル車とはどんな車

現行車の変速機の種類は、オートマチックトランスミッション(AT)車が普通の時代です。アクセルを踏むだけで勝手に変速してくれるオートマチックが、現代のドライバーに合っているのでしょう。昭和の40年50年代はマニュアルトランスミッション(MT)車がほとんどで、どんな種類の車にもマニュアルミッション(MT)が搭載されていました。クラッチを切って道路状況に合った変速ギアを選び、適速で走るのがマニュアルミッション(MT)車です。現行車種の中にも、少数ですがマニュアルミッション(MT)車があります。アクセル・ブレーキ・クラッチの3ペダルを駆使して、走りを楽しむドライバーに人気があるのです。(この記事は2020年4月10日現在の情報をもとに構成されています。)

なぜマニュアル(MT)車を販売しているのか

自動車メーカーは色々な種類・車種の車を販売していますが、多くの車種でマニュアル(MT)車の設定しています。全体の種類・車種の割合からするとかなり少ない設定です。現行全種類・車種の内、90%大きく上回る割合でオートマチック(AT)車なのです。少ないマニュアル(MT)車はどのようなドライバーが購入しているのでしょうか。

走りが楽しめるマニュアル(MT)車

現行車種中からマニュアル(MT)車を選択するドライバーは、走りを楽しもうとする人達に圧倒的に人気です。種類でいうとスポーツ車・4WD車などが多いです。各ギアの選択やギアの繋がりで楽しむ種類がスポーツ車で主に6速ミッションが現行車種では多く。見た目も速そうでかっこいいです。4WDは大きい排気量もありますが、ジープタイプの車種が軽自動車にもあり、悪路の走りを楽しむ人に人気になっています。

オートマチック(AT)車が嫌なドライバー

以前はマニュアル(MT)車がほとんどで年配ドライバーは慣れ親しんでおり、オートマチック(AT)車に乗り換えるときにかなりの人が違和感を持っていました。ミッションの性能が向上しても、オートマチック(AT)車に乗らない年配ドライバーが多くいます。年配ドライバーの多い地方の農村部などは、マニュアル(MT)車の軽トラック・4WD軽トラックが人気です。

マニュアル(MT)車の効果

マニュアル(MT)車はクラッチペダルを踏んで、ミッションを繋いだり切ったりして使用します。クラッチを使わなければ動かすことができませんので、踏み間違いよる急発進などが少ないのも特徴です。また、あまり公表はしていませんが、オートマチック(AT)車より多少実働燃費が良くなります。

新車購入可能な国産おすすめマニュアル車1

トヨタ:ヤリス

ヤリスとは聞きなれない方も多いと思いますが、トヨタから古くから発売されていた人気車ビッツのことです。種類としてはファミリーカーになります。日本ではビッツで売られていましたが、世界ではヤリスで売られており、世界名に合わせて日本でもヤリスで販売されます。近年4WDも追加された現行ヤリスの種類として1.000ccと1.500㏄があり1.500㏄にミッション車が設定されています。

ヤリスの性能

トヨタのヤリスは、種類としてはファミリーカーに入りますが、同クラスの他メーカー車種の1.500ccエンジンと比較すると120馬力の元気なエンジンを使用しています。元気なエンジンに対応するため6速ミッションを採用しており、ファミリースポーツともいうべき車種になっています。

新車購入可能な国産おすすめマニュアル車2

トヨタ:86 (スバル:BRZ)

現行スポーツ車の中で大人気のトヨタ86は、スバルとの合作で有名です。スバルブランドでは、BRZとして販売され、高性能エンジンはスバル製になっています。運動性能を設計時から考慮した車種なので、発売前より注目されていました。オートマチック(AT)車・マニュアル(MT)車が設定されていますが、マニュアル(MT)車のほうが売れています。

86(スバルBRZ)の性能

排気量2.000ccのスバル製ツインカムエンジンは207馬力を発生し、6速ミッションの後輪駆動でパワーを路面に伝えます。スポーツ車としては燃費もよく、車重も軽くなっています。4人乗りですが、後部座席は狭めです。ハイオクガソリンを使用します。

新車購入可能な国産おすすめマニュアル車3

ニッサン:マーチ ニスモS

ニッサンの代表的な人気ファミリーカーにマーチがあります。マーチは色々な種類の現行車をリリースしていますが、その中にニスモSがあります。マーチ唯一のマニュアル(MT)車です。ニッサンのチューニング部門がニスモがマーチをスポーツタイプにチューニングしたのがマーチ ニスモSになります。

マーチ ニスモSの性能

マーチ ニスモSには1.200ccと1.500ccの設定があり、マニュアル(MT)車設定があるのが1.500ccです。このクラスの現行車の中では、元気なエンジンで116馬力を発揮し5速ミッションでパワーを路面に伝えます。サスペンションや車体関係をニスモがスポーツチューニングしてあり、走り好きに人気のマーチとなっています。6速ミッションではなく5速でもパワーバンドをカバーできる粘り強さがある車です。

新車購入可能な国産おすすめマニュアル車4

ニッサン:フェアレディZ

ニッサン フェアレディZは、昔よりスポーツ車と人気で有名です。歴代のフェアレディZも形こそ違えど、スポーツ車の代表として評価されてます。現行のフェアレディZも人気が高く、ニッサンの技術の粋を惜しみなく投入して生産されているのです。いつの時代にもスポーツ車として人気があるのがフェアレディZで、オートマチック(AT)車・ミッション(MT)車が設定されているのですが、ミッション(MT)が支持されています。

フェアレディZの性能

現行のフェアレディZは排気量2.000ccと3.000ccがあり、2.000ccは208馬力・3.000ccは300馬力のハイパワーを発揮するターボエンジンを採用しており、強力なパワーを伝える頑丈な6速ミッションも搭載しています。エンジンや車体のマネージングシステムも優秀で、これぞスポーツという走行が可能です。

新車購入可能な国産おすすめマニュアル車5

マツダ:ロードスター

1989年にマツダから発売されたロードスターは現代まで続くオープン2シータースポーツ車です。3代目のモデルチェンジをした現行ロードスターも、時代の流れに乗ったスタイリングで大人気となっています。オートマチック(AT)車とマニュアル(MT)車が設定されており、風を受けて走る楽しさはエンジンパワーだけではないと感じさせてくれます。

ロードスターの性能

排気量は1.500ccで132馬力を発揮する小気味良いツインカムエンジンを搭載して、6速ミッションを介してパワーを無駄なく伝えます。ロードスターで走るとスポーツ走行は大パワーで成り立ってはいない事が実感できるでしょう。マツダのエンジンの味付けが良く、ロードスターは長い間ドライバーの人気となっています。

新車購入可能な国産おすすめマニュアル車6

マツダ:CX-3

マツダは多くの車種にマニュアル(MT)車を設定しているメーカーです。今流行のSUVにも設定しており、それがCX-3です。野山を駆け回る事のできるCX-3はガソリン・ディーゼルの2種類のエンジン設定があるので、好み選んでください。低中速でパワーを発揮できますので、野山で走りやすい車になっています。

CX-3の性能

マツダのCX-3は、2WD・4WDが選べます。その中でXD及びXD PROACTIVE S Packageというグレードがあり、マニュアル(MT)車の設定があります。排気量1.800ccのツインカム ターボエンジンで116馬力の出力を発生させ、6速ミッションでパワーを伝達させます。低中速型のエンジンでダートでも快適に走行可能です。

新車購入可能な国産おすすめマニュアル車7

スバル:WRX STI

4WDメーカーの老舗・スバルがリリースしている走りの4WDがWRX STIです。種類としてはスポーツタイプに分類できます。他のメーカーでもスポーツ車の4WDを販売していますが、マニュアルミッションではなくオートマチックミッションの原理を応用したミッションを採用しています。マニュアルミッションで6速を採用した4WDです。

WRX STIの性能

排気量2.000ccのツインカム ターボで308馬力の高性能エンジンを搭載し、強力なパワーを6速ミッションで路面に伝えます。4WDのスバルが送り出すスポーツ4WD車です。ラリーなどで使用されるグラベル(ダート)路面に強い4WDですが、一般舗装路に対しても4WD駆動配分を適切に行い楽しく走ることができます。現在、エンジンが生産終了していますので、販売店の在庫分のみが販売車です。

新車購入可能な国産おすすめマニュアル車8

ホンダ:N-VAN

ホンダの発売する大人気軽バンがN-VANです。軽自動車ですので狭い路地なども軽快に走行できて荷物積載できますので、小家族の人達に使い勝手の良い車となっており、ファミリータイプの軽自動車に珍しくマニュアル(MT)車の設定があります。乗用主体ですので、軽トラに比べると断然静かなエンジン音です。

N-VANの性能

軽自動車ですので排気量は660ccです。ターボエンジンを選択すれば64馬力のパワーが得られ、ノンターボでも53馬力の十分なパワーが得られます。マニュアル(MT)車はファミリータイプの軽自動車に初めて6速ミッション搭載され、高速走行でも静かです。足周りも良く、乗り心地も快適になっています。

新車購入可能な国産おすすめマニュアル車9

ホンダ:S660

ホンダの発売している本格的軽スポーツ車がS660です。ホンダの本格的スポーツ車は、昔よりSの冠名を付ける事が多く、S660もそれを継承しています。スポーツ走行を主体としているため、トランクスペースは非常に少ないですが、エアコン・オーディオなどの装備はあり、屋根部も取り外せば快適なスポーツ走行が楽しめるでしょう。

S660の性能

エンジンはツインカムターボエンジンが搭載され、軽自動車馬力規制いっぱいの64馬力を発揮します。スポーツ走行に適応した6速ミッションを採用し、エンジンを中心部付近レイアウトて後輪駆動する、スポーツカーに良く採用されるミッドシップレイアウトの本格的軽スポーツカーです。

新車購入可能な国産おすすめマニュアル車10

スズキ:アルトワークス

スズキが販売している軽自動車にアルトという車種があります。使い勝手の良い軽自動車で人気になっていますが、そのアルトをスズキがチューンして高性能版として販売しているのがアルトワークスです。足周りやエンジンに手をいれ、アルトよりワンランク上の走りが楽しめます。

アルトワークスの性能

エンジンは、スズキの現行軽エンジンで最強のツインカムターボエンジンを搭載しています。そのエンジンパワーは64馬力で、パワーに負けないように足周りもしっかりとしたパーツを採用しています。フレキシブルなエンジンなので、5速ミッションで全速域をカバーしています。スタイルはベースのアルトより、確実にスポーティーです。

新車購入可能な国産おすすめマニュアル車11

スズキ:スイフト スポーツ

スズキは普通車も販売していて、その代表的な車がスイフトです。ファミリータイプのスイフトをスズキがチューンして、スポーツ走行向きにしたのがスイフトスポーツになります。車体からサスペンションやミッション・エンジンなど、すべてにおいてスポーツ走行用に見直してありますので、楽しくスポーツ走行ができるのです。

スイフト スポーツの性能

心臓部のエンジンは、1.400ccの直噴ターボエンジンです。低回転から高パワー発揮して、140馬力の出力です。トルクの強いエンジンですので頑丈で精密な6速ミッションを採用しており、車体は構造材料から見直してあり、高剛性を実現していてスポーツ走行に対応しています。サスペンションもスポーツ走行対応です。

新車購入可能な国産おすすめマニュアル車12

ダイハツ:コペン

ダイハツが販売する軽スポーツ車がコペンです。現行のコペンが2代目となりますが、根強い人気の軽スポーツ車で、楽しい走りができる車になっています。格納式のルーフをリアに格納すれば、オープンカーになり軽快なスポーツ走行が楽しめるFFスポーツ車です。

コペンの性能

軽自動車が得意なダイハツが作り上げた660ccツインカムターボエンジンを搭載しています。非常にフレキシブルなエンジンなので一般的なスポーツ車は6速ミッションですが、コペンは5速ミッションです。関連のあるトヨタのレーシング部門・GRレーシングがチューニングしたバージョンも発売されており、一層スポーツ性を増したバージョンになっています。

おすすめマニュアル車のまとめ

確かに最近はマニュアル(MT)車の割合は減っています。しかし、マニュアル(MT)車は国産メーカーという大きな括りで見た場合、スポーティー車からファミリー車・農耕用軽トラまで設定されています。国産メーカーもマニュアル(MT)車を選ぶ人いる事を認識しており、まだ販売してくれるようです。

マニュアル車が気になる方はこちらもチェック!

マニュアル(MT)車はドライバーが最適ギアを選択して走らなければいけません。頭を使いながら楽しい走りができたとき、幸福な気持ちを得ることもできます。楽しく走るためにドライブコース記事をセレクトしてみました。参考にしてください。

Thumb関東近郊のドライブコースといえば?週末に日帰りで行けるスポットをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
仕事が終わって休日を迎えたら、関東の近郊を舞台とする日帰りドライブ観光も現実的です。デートや...
Thumbカップルの旅行におすすめ!夏の観光スポット&絶景ドライブコースをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
カップルの旅行にぴったりな夏の観光ドライブスポットに注目しましょう。国内には暑い夏でも涼しさ...

あなたへのおすすめ