検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

マスクの収納アイデア例6選!100均・無印の役に立つ便利グッズもご紹介!

皆さんはマスクを自宅のどこに収納しているでしょうか。手に届く場所に置いておかないと、外出してから「忘れてしまった!」なんてことになってしまうことも。ここでは便利でおしゃれなマスク収納のアイデアや、100均や無印で販売されている便利グッズをご紹介します。
2021年9月25日
chieito

望ましいマスクの収納環境ってあるの?

Photo bycoyot

マスクを買って、何となくそのまま置いているという人も多いのではないでしょうか。もちろん買った時の箱や袋のままで保存しておいても問題はありません。

しかし日常的に使用するものだからこそ、便利な状態で保存しておきたいですよね。大量のマスクを買った状態のままだと、何だか悪目立ちしているような気もします。おしゃれに収納すれば、インテリアの邪魔をすることもないのでおすすめです。

衛生的であること!


マスクは肌に触れるもの。衛生的によい状態を保つことが大切です。袋から開けた大量のマスクをそのまま家に置いておいたり、バッグの中に入れっぱなしにしていませんか。

不衛生なマスクを使用した場合、肌荒れを引き起こしたりホコリなどを吸い込んでしまう可能性があります。せっかく鼻や口を保護しているのに、これでは逆効果ですよね。衛生面には十分に注意しなければなりません。

さっと取り出せること!

外出する直前にマスクを付けるという人も多いと思います。時間がなくて急いでいる時もあるでしょう。また外食や職場でのランチの際に、バッグに入れて保管をするという人もいますよね。このような時でも、マスクがさっと取り出せる状況であれば便利です。

玄関や身支度コーナー、バッグ置き場の側に置いておけば、忘れにくくなります。またバッグにも小さなポケットや専用のポーチなどがあればよいですよね。マスクは取りやすくて忘れにくい場所にあることがポイントとなります。


マスク収納アイデア①:ティッシュケース

まさにシンデレラフィット!

これは、市販のウェットティッシュケースを使ってマスクを収納する方法です。ウェットティッシュケースは乾燥しないように必ず蓋がついているので、衛生面が保たれてマスク収納にもピッタリのアイデアと言えます。サイズも丁度よく、まさにシンデレラフィットと言えるのではないでしょうか。
 

ウェットティッシュケース RIN

出典: Amazon
出典: Amazon

マスク収納のポイントは?

ウェットティッシュケースを選ぶ際のポイントとしては、取り出し口が狭くないものを選びましょう。取り出し口が狭いと、マスクが出しにくかったりグチャグチャになってしまう可能性があります。

口が広めで蓋がしっかりと閉まるものがおすすめです。インテリアになじむデザインが多いので、悪目立ちすることもないでしょう。比較的コンパクトですが、見た目以上に大量のマスクが収納できるのもポイントです。自分の好みに合ったものを見つけてみてください。

無印のウェットティッシュケース

無印良品のアイテムはシンプルでおしゃれなデザインのものが多くて人気がありますよね。無印のウェットシートケースも、マスク収納としてぴったりフィットするのです。

とてもシンプルでおしゃれなデザインなので、トイレ掃除用のウェットシートやメイク用品など様々な用途で活用されています。ラベルシールを貼ったりお気に入りのデザインの布を貼り付けるなど、それぞれアレンジを楽しむのもおすすめ。

マスク収納アイデア②:玄関ドアに壁掛け

慌てて家を出てマスクを忘れてしまった、なんてことよくありますよね。わざわざ取りに戻ったり、外出先でマスクを購入するのも面倒です。

玄関ドアに壁掛けするタイプのマスク収納は、忘れがちな人にピッタリのアイデアと言えます。外出直前に必ず目に入るので、忘れて困ったということもありません。ドアにかけている鍵と一緒に並べておけば、もう忘れることはないでしょう!

セリアのキッチン消耗品ケースで代用!

最近はマスク収納専用の壁掛けボックスなどが販売されていますが、価格は若干高め。しかし、これを100均アイテムで代用すればお得です。

ポリ袋などを収納する「キッチン消耗品ケース」の小さめサイズであれば、無理なくマスクが入ります。これにマグネットなどを取り付ければ、マスクケースとして玄関ドアに取り付けることが可能です。

マスク収納アイデア③:マルチボックス

Photo byTama66

マスク収納アイデアとして、1番気軽で簡単にできるのがマルチケースやマルチボックスを使用する方法です。マスクを入れて使いやすい場所に置くだけ!半透明や無地のデザインは、インテリアに馴染んでおしゃれな雰囲気を壊しません。

大きめのサイズを購入しておけば、大量にストックしてあるマスクを無理なく収納できて便利です。このようなケースは、100均や無印でたくさん販売されています。デザインや大きさなど、自分に合ったケースが見つかること間違いなしです。

蓋付きのマルチボックス

JEJアステージ NCボックス #7

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

このような蓋付きのボックスであれば、密閉できるのでゴミやホコリが入る心配もありません。箱に入っている大容量のマスクをそのまま収納しても安心。半透明だと、残りがどのくらいかわかるので便利です。

蓋なしのマルチケース

このようにマルチケースにマグネットや粘着テープを使用して、壁やドアに取り付ける方法もおすすめです。1つずつ袋に梱包されているマスクであれば密閉する必要がないので、蓋のないケースでも衛生面の問題はありません。蓋がないと取り出しやすくなりますね。

like-it 収納ケース ブリックス 280 ミドルL

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

マスク収納アイデア④:持ち歩き用ケース

万が一の時に備えて、マスクを持ち歩きたいという人もいるでしょう。しかしバッグにそのままマスクを入れておくと、汚れの付着などとても不衛生です。1つずつ袋に梱包されていても、そのままだとグチャグチャになってしまいますよね。そんな時は専用ケースに入れて持ち歩きましょう。
 

100均で代用できる持ち歩き収納はコレ!

マスクの持ち歩き専用のケースとして販売されているものもありますが、100均のグッズを代用する方法もおすすめです。

マルチケースやミニサイズのクリアファイルなどは形崩れの心配もなく、マスクケースとして代用できます。ファスナーが付いたポーチなら、衛生状態も保たれて安心ですね!使いやすさや衛生面などを考慮して、お気に入りのマスクケースを見つけてみてくださいね。

マスク収納アイデア⑤:ハンドメイド

最近はDIYやハンドメイドが人気となっています。マスクボックスやケースなども、手作りで制作している人が多いようです。ハンドメイドであれば、自分が使っているサイズのマスクにぴったりフィットした収納ボックスが作れます。大きすぎたり、小さくて入らなかったなんて心配もありませんね。
 

手作りでオリジナルのケースを!

100均で売ってる木製ボックスを使ってアレンジしたり、段ボールなど様々な材料で収納を作ることができます。可愛い布を使ってマスクケースやポーチを作るのもよいですね。

工夫を凝らして、自分だけの特別なマスク収納を作ることができる手作りはおすすめです。こだわりのインテリアに合わせたおしゃれな収納が出来上がるでしょう。材料のほとんどを100均で集められるので、制作費用はそれほどかかりません。

マスク収納アイデア⑥:他アイテムで代用

なかなかマスク専用の収納ボックスって販売されてないですよね。また気に入るデザインや大きさがなかったりすることもあるでしょう。しかし他の収納グッズとして販売されているアイテムが、意外とマスク収納にぴったりフィットするのです。

100均のプルアウトボックス

セリアで販売されている「プルアウトボックス」。これはゴミ袋やポリ袋、ゴム手袋などを収納して簡単に取り出せるケースです。このボックスは1つずつ取り出せるようになっているので、マスクを収納する方法として最適。比較的高さがあるので、大量のマスクも無理なく収納できます。

またシンプルで悪目立ちしないデザインなので、おしゃれにマスクを収納してインテリアに馴染ませることも。様々なものを収納できるので、1つ持っておいても損はありません。

無印のポリプロピレン小物収納ボックス

無印の収納ボックスは、マスクに限らず生活に便利な収納グッズとしてとても人気です。これまでのマスク収納に比べて大量に入れることはできませんが、必要最低限の枚数は問題ありません。半透明なので中身がはっきりと見えませんが、量は確認できるという点もポイント。

おしゃれなラベルシールを貼ったり、柄が描かれた画用紙などを内側から貼り付けて中身を見えにくくしたりとアレンジを楽しむこともできます。様々なアイテムを収納できる万能グッズです。

マスク収納のポイント①使いやすさ

他にもまだまだマスクの収納方法やアイデアはたくさんあります。壁掛け方法1つにしても、ボックスを使ったり、ケースを吊り下げたりする方法など様々です。それぞれの家庭で使いやすい方法を見つけましょう。日常的に使用するものだからこそ、使いやすいことがとても大切です。
 

シンプルなデザインのポーチやケースでも、ラベルシールを貼ったりするだけでイメージが大きく変わります。100均や無印のアイテムはシンプルなものが多いので、好みのデザインにアレンジできたりと楽しめるのでおすすめです。

マスク収納のポイント②衛生面

最近は使い捨てマスクだけでなく、洗って繰り返し使える布製品やウレタン素材なども人気がありますね。大量のマスクを購入する必要がなく、ゴミも減らせるのでエコになっておすすめです。またバッグに入れていても形崩れをしにくいというメリットも得られるでしょう。

このようなマスクの場合は、洗った後に衛生的な保管方法をしなければなりません。専用のマスクケースやポーチを用意しておくと便利です。ケースがあればバッグに入れていても清潔が保たれるので安心できますね。

まとめ

Photo by simmons.kevin4208

いかがでしたでしょうか。最近は便利なだけでなく、おしゃれなマスクの収納方法がたくさんあります。自宅の大量にあるマスクが収納しきれなくて困る、箱のまま置かれているマスクがインテリアの邪魔をしている、バッグの中にそのまま入れておくのは不衛生で嫌、など様々な悩みを解決する手助けになれば幸いです。

この収納アイデアを参考に、使いやすくて衛生的なマスク収納環境を作ってみてください。

マスク収納アイデアが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のではこの他にもマスク収納アイデアを紹介した記事を多数掲載しています。増えてしまったマスクを整理したい方はこちらもあわせてチェックしてみて下さい。