【東京都内】子供に大人気の室内アスレチック11選!最新レジャー施設もご紹介!

【東京都内】子供に大人気の室内アスレチック11選!最新レジャー施設もご紹介!

たとえ東京が雨の日だろうと、室内アスレチックならば遊びに行けます。東京都内には子ども向けアスレチックがわんさかとあり、中には大人も楽しめる種類も含まれています。そんな都内で人気の高い室内アスレチックを、最新の室内レジャー施設と合わせてご紹介です。

記事の目次

  1. 1.東京の室内アスレチックとは
  2. 2.東京の室内アスレチック①【子ども】
  3. 3.東京の室内アスレチック②【子ども】
  4. 4.東京の室内アスレチック③【子ども】
  5. 5.東京の室内アスレチック④【子ども】
  6. 6.東京の室内アスレチック⑤【子ども】
  7. 7.東京の室内アスレチック⑥【子ども】
  8. 8.東京の室内アスレチック⑦【子ども】
  9. 9.東京の室内アスレチック⑧【子ども】
  10. 10.東京の室内アスレチック⑨【子ども】
  11. 11.東京の室内アスレチック⑩【幼児~大人】
  12. 12.東京の室内アスレチック⑪【幼児~大人】
  13. 13.東京の室内レジャー施設①
  14. 14.東京の室内レジャー施設②
  15. 15.東京のアスレチックで遊ぼう

東京の室内アスレチックとは

荒天でも遊べるアスレチック

よく都内の公園でも見かける屋外型のアスレチックは、どうしても荒天になると利用が不可能です。台風、大雨、大雪、寒波。一方で室内の遊具ならば、非常事態などよっぽどの事が無い限り、一年中遊べるのが魅力。室内に遊具の整った環境の中、安い料金で遊び尽くせる施設は東京都内に目白押しです。

特に幼児向け施設が多い

近年の室内型のアスレチックの傾向としては、幼児向けの種類も目立っています。未発達な子ども用の遊具は、特に安全性が重視されて柔らかな素材が使われていたりします。保護者同伴で楽しめる最新の施設は、都内の有名なレジャー施設の中にあったり、公共施設だったりとタイプは様々です。

東京にはあちこちに見つかる

そんな室内遊びできるアスレチックは、東京都内にかなり増えています。都心部にはもちろん数多いし、東京の多摩エリアも含めて、小型や巨大な施設などの最新施設が誕生しています。だからお休みのたびに各地の室内型アスレチックをたずねてみる、そんな余暇の過ごし方もおすすめできます。

東京の室内アスレチック①【子ども】

ヴィーナスフォート アネビートリムパーク(江東区)

年間来場者が1,000万人を超える人気のヴィーナスフォートで、子供向けといったらアネビートリムパーク。小学生まで料金割安に遊べる室内には、働く車やゴーカート、クライミングの裸足エリアなど合計19種のアクティビティを備えています。中でも室内に横たわる巨大アスレチックの存在感は高めです。

室内アスレチックの見どころ

なかなか巨大なアスレチックはスウェーデンHAGS社の最新式で、室内の広範囲に連結しています。カラフルな複合遊具は登り方から自在で、トンネル、ネットの揺れる橋、チューブの滑り台など遊び方も自由です。1歳からの子どもも遊べるUniminiという種類もあって、幼児連れ一家も安心です。

基本情報

【所在地】東京都江東区青海1丁目3‐15 ヴィーナスフォート
「電話」03-5500-2300
【営業時間】10:00~20:00

アネビートリムパーク

東京の室内アスレチック②【子ども】

ラウンドワンスタジアム スポッチャ(江東区)

色んな遊び要素が集まった東京のお台場では、ラウンドワンのスポッチャが人気です。家族が夢中になれる巨大レジャー施設には、バランススクーターなど40種以上の遊びが色々。キッズ向けエリアとなるキッズスポッチャには、アスレチックを含む子どもが夢中になる遊具と遊びが揃っています。

室内アスレチックの見どころ

ちびっこがまっさきに訪れたいキッズスポッチャは、室内にアスレチックを含む7種の遊具が集められています。空中の回廊を通り抜けたり、空中に浮かんで移動したり、スライダーを滑ったりできるので、時間を忘れさせます。数多くのアクティビティと組み合わせれば、1日中でも遊んでいられそうです。

基本情報

【所在地】東京都江東区青海1丁目ダイバーシティ東京プラザ6階1-10
【電話】03-3527-8491
【営業時間】24時間

ラウンドワンスタジアム ダイバーシティ東京 プラザ店

東京の室内アスレチック③【子ども】

グロースリンクかちどき(中央区)

隅田川に接する中央区の勝どきエリアでは、6歳までの幼児が遊べるグロースリンクかちどきが人気です。ここは会員登録すれば安い金額から利用できる、最新の子育て支援施設。室内では街の先生を通じての習い事体験、外遊び体験などもでき、特に巨大アスレチックがあるプレイホールが注目を集めています。

室内アスレチックの見どころ

赤い巨大な室内ジャングルジムはロープ製で、なんと3階建てのもの高さがあります。都内でも人気なアスレチックには、よじ登り、トンネルくぐり、らせん滑り台などの種類が揃い、大人が一緒に遊んでも問題ない構造です。その周囲にはジョイント平均台や汽車など、様々な遊具が充実して遊園地のようです。

基本情報

【所在地】東京都中央区勝どき1丁目3-1 Brillia ist Tower 勝どき1F
【電話】03-5859-0825
【営業時間】10:00~17:00(月曜定休)

グロースリンクかちどき

東京の室内アスレチック④【子ども】

東京ドームシティASOBono!(文京区)

今では都内を代表する室内型キッズ施設となったアソボーノは、東京ドームシティにある子どもの楽園です。プラレールで遊び放題の駅エリア、ベビーエリアなど料金も安い感じで遊べる5つのエリアに分かれています。全身を使って子どもが夢中になるのが、アスレチックのある海のエリアです。

室内アスレチックの見どころ

シンボルシップが浮かんだ海エリアは、4万個のボールが敷かれたプールの周囲にアスレチックが色々。室内の壁のクライミングやクロスブリッジは、男の子が好む見どころです。高所にハシゴと呼ばれる橋が架けられ、滑り台、巨大トランポリンのエアキャッスルなどで子どもがはしゃぎまわっています。

基本情報

【所在地】東京都文京区後楽1丁目3-61
【電話】03-5800-9999
【営業時間】平日:10:00~18:00、土日祝:9:30~19:00

ASOBono! 東京ドームシティ

東京の室内アスレチック⑤【子ども】

ギャラクシティ スペースあすれちっく(足立区)

体験を通じて子どもの成長を促す、足立区の複合施設がギャラクシティです。1階にクライミングウォールやカフェ、2階にはプラネタリウム、地下には子どもが音楽やダンスを体験できるなど、その種類は色々で料金も安いのが魅力。吹き抜けを利用した室内アスレチックもあり、いつも子どもが群がります。

室内アスレチックの見どころ

スペースあすれちっくは室内に高さ10m、直径17mの規模を誇る日本最大級のネット遊具です。中学生まで遊べるアスレチックは、上から下まで全面ネットで覆われた柔らかな場所。飛び跳ねたり上ったりくぐり抜けたりと、宇宙の無重力空間を飛び跳ねる月面の宇宙飛行士のごとくに遊び回れます。

基本情報

【所在地】東京都足立区栗原1丁目3-1
【電話】03-5242-8161
【営業時間】9:00~21:30(子ども体験エリアは18:00まで)

ギャラクシティ こども未来創造館・西新井文化ホール

東京の室内アスレチック⑥【子ども】

ゆずきッズ(世田谷区)

真新しい二子玉川駅前の街並みの中、人気を確固としているのがゆずきッズ。二子玉川ライズの中にある、知育スペースです。2016年にリニューアルしたので施設は新しく、安い金額で使える施設には、子どもの脳を刺激する知育玩具が揃えられています。幼児が遊べる室内アスレチックが遊びの中心です。

室内アスレチックの見どころ

ゆずきッズの柔らかな室内アスレチックには、複数の遊び方が含まれています。リニューアルされたウォールクライミングやかくれみのは、幼児が夢中になって登るところ。ボールプールで埋もれたり、空中移動ができるターザンレールなど全てが知育に役立つものばかりです。

基本情報

【所在地】東京都世田谷区玉川1丁目15-6 二子玉川ライズプラザモール
【電話】03-5797-9042
【営業時間】10:00~17:00(土日定休)

ゆずきッズ

東京の室内アスレチック⑦【子ども】

キドキド よみうりランド店(稲城市)

レジャー施設として都内で有数の知名度があるよみうりランドでは、キッズ向けの遊び場を提供するキドキドから目が離せません。室内には幼児が遊べる大工さんコーナーや、ごっこ遊びなど14種の遊びが集まっています。いずれも安い料金からなので家族連れも多く、アスレチック系も含まれています。

室内アスレチックの見どころ

ボールプールの真ん中を見れば、幼児が登って遊べるアスレチックの小屋型遊具が目立ちます。ドキドキが止まらないキドキドの室内アスレチックと言えば、ぐるぐる回転して人気のサイバーホイール。高所を好む子どもには、空中に浮かぶハンギングや、クライミングウォールがおすすめです。

基本情報

【所在地】東京都稲城市矢野口4015-1
【電話】044-966-9568
【営業時間】10:00~18:00

キドキド よみうりランド店

東京の室内アスレチック⑧【子ども】

屋内・冒険の島 ドコドコ(立川市)

空中にモノレールが駆け抜ける立川駅前で、冒険の島ドコドコは有名な室内型テーマパークです。バンダイナムコが提供する施設は、最新のデジタルとアナログを組み合わせ、小学生まで対象とした遊びの空間。安い料金で遊べる複数の人気エリアには、アスレチック要素が散りばめられています。

室内アスレチックの見どころ

きのこのツリーデッキは、登って滑り降りたりできる本格アスレチック。室内のジャングルエリアにはドドドの滝という、デジタルで濡れない不思議な滝の滑り台があります。森のぼりはクライミング体験ができる場所。雲の上エリアでは、ふわふわな雲の感触を楽しめます。

基本情報

【所在地】東京都立川市曙町2丁目 立川高島屋SC8階
【電話】042-519-3286
【営業時間】10:00~19:00

屋内・冒険の島 ドコドコ バンダイナムコアミューズメント
ジャングルの沼で遊び、激流を滑って、雲の上で跳びまわり、不思議な妖精と出会いともだちになる…。そんな子どもたちの空想を具現化したような夢いっぱいの冒険を、独自のデジタル技術×アナログな遊びの組み合わせで、手軽に体験することができる施設です。

東京の室内アスレチック⑨【子ども】

京王あそびの森HUGHUG(日野市)

モフモフなアニマルと触れ合える多摩動物園の近くでは、京王あそびの森ハグハグも人気です。親子で入っても利用料が安い施設にはハグハグトレインが走り、もりのあそびばには巨大な室内アスレチックが用意されています。遊び疲れたら、ハグハグカフェで美味しいスイーツも味わえます。

室内アスレチックの見どころ

三角形のタワーが幾つも並ぶ不思議なもりのあそびばは、45,000個のボールに囲まれた室内アスレチック。揺れるネットの橋や滑り台などがあり、ボルダリングができる壁には子どもが張り付いています。隣接する屋上空間では、ぼうけんのもりと呼ばれる屋外アスレチックを楽しめるのも魅力的です。

基本情報

【所在地】東京都日野市程久保3丁目36-60
【電話】042-591-8989
【営業時間】9:30~17:30(水曜定休)

京王あそびの森 HUGHUG KEIO

東京の室内アスレチック⑩【幼児~大人】

チームラボアスレチックス 運動の森

光を駆使したデジタルアートの殿堂、チームラボはお台場のパレットタウンにある有名な観光名所。1万㎡の室内空間にはランプの森、未来の遊園地など、安い料金設定で大人も体験できる見どころが揃っています。チームラボのアスレチック系を体験するなら、アスレチックス運動の森を訪れることです。

室内アスレチックの見どころ

無数の光を放つ柱が密集する3Dボルダリングは、普通のアスレチックとまるで違った感覚です。暗い室内に流れ行く光の中のエアリアルクライミングは、落ちてしまうスリルを体感する見どころ。凸凹とした地面には光によって鮮やかな模様が描かれ、その風景は刻々と移り変わって行きます。

基本情報

【所在地】東京都江東区青海1丁目3-8 お台場パレットタウン
【電話】03-6368-4292
【営業時間】平日:10:00~19:00、土日祝:10:00~21:00(特別営業時間日あり)

チームラボボーダレス お台場

東京の室内アスレチック⑪【幼児~大人】

SPACE ATHLETIC TONDEMI(大田区)

水辺にレジャー施設が集まる大森海岸で親子にもおすすめなのが、大人もチャレンジできて話題のトンデミ。都内の大田区の平和島で体験できる最新のアスレチックは、1,200坪の敷地にキッズやデジタルなどの8エリアを揃えています。室内の複数エリアでは、安い金額で本格的なアスレチックが楽しめます。

室内アスレチックの見どころ

室内の空中をじわじわ渡っていくロープウォークエリアは、ワイヤーや揺れる橋から落ちるスリルを味わいながらクリアを目指します。クライミングウォールエリアは、天上まで登れる巨大な樹木状ウォールなど種類も多彩です。デジタルエリアでは、画面の中で迫力のアスレチックをこなすことができます。

基本情報

【所在地】東京都大田区平和島1丁目1-1
【電話】03-6404-9935
【営業時間】10:00~21:00

スペースアスレチック トンデミ 平和島店

東京の室内レジャー施設①

東京あそびマーレ(八王子市)

休日の1日じゅうでも遊び回れるのが、八王子の巨大室内遊園地の東京あそびマーレ。京王堀之内駅前の施設は本格的なアスレチックは無いとは言え、乗り物系などを中心として20種類以上の最新遊具が凝縮しています。安い予算で遊べるため、休日の家族のレジャーでは見逃せないところです。

レジャー施設の見どころ

特に男の子が夢中になってしまうのは、室内の乗り物系のアミューズメント。ショベルカーに乗れるビルダーズ、ゴーカート、バンパーカーなど乗り物系遊具は6種類もあります。アスレチック並に目一杯体を動かすなら、ボルダリングやトランポリン。デジタルと融合した、なげるんだーも人気絶大です。

基本情報

【所在地】東京都八王子市別所2丁目1-1 ビア長池新館
【電話】042-689-6283
【営業時間】10:00~19:00

東京あそびマーレ

東京の室内レジャー施設②

ファンタジーキッズリゾート武蔵村山(武蔵村山市)

遊びたい盛りの子が大集結する室内型の遊園地が、ダイエー武蔵村山店の中にあります。ファンタジーキッズリゾートは、スマートモビリティなどの乗り物系から、ふわふわ遊具やさらさら砂場などの色んな遊びを集めています。休日のアスレチック以外の安い予算からの楽しみ方なら、ここだけで十分です。

レジャー施設の見どころ

室内のデジタルひろばには、最新AR技術を駆使したベーゴマ、金魚すくいなど見どころが多く、子供が群がっています。スマートモビリティは次世代型の最新の乗り物で、大人も操縦してみたくなる種類。アスレチックはなくても、子どもが体を動かすふわふわエリアなどのアトラクションも揃っています。

基本情報

【所在地】東京都武蔵村山市伊奈平3丁目36-1 ダイエー武蔵村山店2階
【電話】042-520-6230
【営業時間】10:00~20:00

ファンタジーキッズリゾート武蔵村山

東京のアスレチックで遊ぼう

都内で人気の室内施設にいってみよう

よちよち歩きな幼児から無気力な大人まで熱中できる、室内のアスレチックが都内には幾つもありました。巨大な種類や独特な遊具なら、休日や時間のあまった時には格好の暇つぶしにもなります。家族で過ごせるレジャースポットを探し中なら、室内アスレチックを選んでみませんか。

東京が気になる方はこちらもチェック!

当サイトでは室内型の巨大アスレチックの他にも、東京で人気の観光地情報をまとめています。東京で一人旅やツーリングを楽しみたい方も、最新情報をチェックしてみてください。

【2020】東京のおすすめグランピング施設12選!都内で楽しめる人気施設を厳選! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【2020】東京のおすすめグランピング施設12選!都内で楽しめる人気施設を厳選! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は東京のおすすめのグランピング施設を紹介します。東京にもさまざまなおすすめのグランピング施設がありおしゃれな造りをしており室内にいるような居心地の良さを持っていて快適に過ごせます。アクセスもしやすく東京都内に住んでいる人も気軽に楽しめます。
東京都内のおすすめツーリングスポット12選!デートや観光に人気のコースを紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
東京都内のおすすめツーリングスポット12選!デートや観光に人気のコースを紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
近場でツーリングを楽しみたいとお考えの方におすすめなのが、東京都内のツーリングです。夜景を楽しむナイトツーリングや、都会の雰囲気を楽しむツーリングなど、様々な楽しみ方ができますよ。デートや観光にもおすすめの、東京都内のツーリングスポットを12選ご紹介します。
はぐれ猫
ライター

はぐれ猫

都会から離れた田舎で暮らす、はぐれ猫です。幼少時から地理が好きという特徴も活かしつつ、キャンプやトラベルスポットの紹介が得意分野です。しかし身近なDIY等含め、興味深い話題の紹介も怠りません。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking