赤ちゃんのキャンプデビューは何ヶ月からOK?0歳におすすめのグッズをご紹介!のイメージ

赤ちゃんのキャンプデビューは何ヶ月からOK?0歳におすすめのグッズをご紹介!

キャンプ大好きなパパママは自分の子供にも0歳児から楽しいキャンプを体験させてあげたいと思う人も。赤ちゃんのキャンプデビューは生後何ヶ月から可能なのでしょうか?赤ちゃんキャンプのお風呂事情や離乳食・寝具・虫除け対策グッズなどのおすすめも紹介します。

2020年02月18日更新

佐藤3
佐藤3
ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. 0歳赤ちゃんのキャンプデビューは何ヶ月から?1.
  3. 0歳赤ちゃんのキャンプデビューは何ヶ月から?2.
  4. 0歳赤ちゃんのキャンプデビューは何ヶ月から?3.
  5. 0歳赤ちゃんのキャンプデビューは何ヶ月から?4.
  6. 0歳赤ちゃん連れキャンプおすすめグッズ1.テント
  7. 0歳赤ちゃん連れキャンプおすすめグッズ2.寝具
  8. 0歳赤ちゃん連れキャンプおすすめグッズ3.離乳食
  9. 0歳赤ちゃん連れキャンプおすすめグッズ4.虫対策
  10. まとめ

はじめに

0歳の赤ちゃんはキャンプに連れていける?

アウトドアが好きなパパママは子連れでキャンプに憧れがある方も多いのではないでしょうか。小さなうちから自然に触れさせてあげるのは、普段の生活では体験できない大切な思い出のひとつとなることも。でもそれが0歳児というとても小さな赤ちゃんのうちだったらどうでしょうか?そもそも赤ちゃん連れをキャンプ場では認めてくれるのでしょうか。今回は0歳児とのキャンプというテーマに沿っていろいろとご紹介していきます。

0歳赤ちゃんのキャンプデビューは何ヶ月から?1.

キャンプ場のきまり

ほとんどのキャンプ場に0歳児の利用を規制していません。子供からご高齢者まで誰でも利用できるのがキャンプ場の良いところ。もし心配であれば、予約のときに0歳児がいるのだが平気かどうか?と聞いてみるのも良いでしょう。

パパ・ママの考え

キャンプはみんなで屋外でいつもとは違う少しだけ不自由な生活をするのを楽しむ遊びです。テントの設営やアウトドア調理などやらなくてはいけないことが多くなるだけでなく、お隣さんのテントとの距離で音が気になる・逆に赤ちゃんの夜泣きで苦情が来るなどということも考えられます。赤ちゃんはおとなしい子どもですか?お世話でキャンプが楽しめないということはないか考えてから実行しましょう。

0歳赤ちゃんのキャンプデビューは何ヶ月から?2.

赤ちゃんをキャンプに連れて行って大丈夫か

赤ちゃん連れキャンプは一概に何ヶ月からOKとはいえないところがあります。それはその子供の個人差が大きく出るからです。赤ちゃん本人やパパママの負担。周りのキャンパーの方々への影響など考え、トータルで可能かどうかを決めていく必要があります。

赤ちゃんの立場で考える

赤ちゃんにもしっかり性格があって、神経質な子供・あまり周りを気にしないマイペースでおおらかな子といろいろ。普段と違う環境にいきなり連れて行って泣いてばかりいては赤ちゃんだけでなくパパママもキャンプが楽しめませんね。またミルクや離乳食などの進み具合によっても無理な赤ちゃんもいます。泊まりのお出かけで、しかもテント泊ということを考慮して判断しましょう。

他のキャンパーの立場で考える

キャンプ泊で夜泣きされては家族も周りの人にとっても辛いでしょう。大人でも夜は静かに過ごすのがキャンプサイトのマナーです。でも言葉がうまく通じない赤ちゃんの場合夜泣きしてもあやすしかできません。他のキャンパーさんのことも考えテントサイトを選んだり、事前にご挨拶をしてご機嫌伺いしておくことも大切になってきます。

パパママの立場で考える

キャンプに行きたいと思うのはパパかママ、またはふたりともかも知れません。しかし楽しみにしていた子連れアウトドアも赤ちゃんのお世話で思っていたようなキャンプの楽しみ方ができなかったということもありえます。本当に我が子は子連れキャンプに向いているのか?自分たちも楽しめるのか?よく考えて計画を立てて実行しましょう。

0歳赤ちゃんのキャンプデビューは何ヶ月から?3.

赤ちゃんとのキャンプは計画的に

Photo bystevepb

計画を立て準備をするのは何事にも大切。特に赤ちゃん連れのお出かけには事前調査は重要なこととなってきます。キャンプ場選びやいつ出かけるかなどの計画の立て方を解説しましょう。

フリー区画がおすすすめ

キャンプ場の選び方その1はそのキャンプ場が区画が決められているところか、このあたりならOKというフリー区画かということです。これは夜泣きなどに備えてできるだけお隣さんが遠い方が望ましいからです。

救急病院が近くにある

Photo byPettycon

もうひとつキャンプ場からそう遠くない範囲に夜間でも診察してくれる救急病院があるかどうか。赤ちゃんはいつ何があるかわかりません。大人のように朝まで我慢させるというのもできない場合も。キャンプ場選びのその2として周りの環境も考慮しましょう。

暑くない寒くない季節に

次は出かける時期です。真夏や真冬は寒さ・暑さだけでなく日焼け害虫など気になることがたくさん。赤ちゃん連れのキャンブの場合は、できれば春や早秋の過ごしやすい時期を選んであげてください。

当日の赤ちゃんの様子でキャンセルも考える

いくら計画を立てて事前に調べたキャンプでも、当日赤ちゃんの様子がおかしかったら迷わず中止してキャンセルする勇気を持ちましょう。赤ちゃんの体調を一番に考慮してください。どうしても行きたいというパパがいたらソロキャンを楽しんで来てと提案してみるのもひとつの方法です。

0歳赤ちゃんのキャンプデビューは何ヶ月から?4.

家にいるときは毎日お風呂に入れているという方が多いでしょう。キャンプ場では湯船につかれるお風呂がない場所の方が多いというのが実情。赤ちゃんとのキャンプでまず困るのがお風呂問題です。

赤ちゃんのお風呂問題

ソフトタブワイド 伊勢藤 折り畳み 桶 洗濯 ペット 洗濯物 折りたたみ たらい 大型 ベビーバス ビニール 洗濯かご 湯おけ バスタブ フットバス カゴ ウォッシュタブ 洗い桶 足湯 つけ洗い コンパクト 持ち運び 洗いおけ soft ISETO イセトー
楽天で詳細を見る

キャンプ場で多い入浴施設はシャワーです。赤ちゃんをお風呂に入れるか入れないかはまずはその入浴施設の広さを見て決めても。コテージでの家風呂や予約制の家族風呂などあるところならお風呂に入れるのも良いですね。

湯冷めで風邪をひかせてしまわないように

空調が効いていて快適な室温がキープされている家の中とは違い、キャンプ場は暑い寒いの気温の変化をほぼダイレクトに感じます。暑い時期なら良いですが、寒い時期にはお風呂からあがった後の気温差で赤ちゃんが体調を崩すことも。季節によってお風呂には無理に入れない方が良い場合もあります。

お風呂なしでも清潔に保てるグッズ

オーヤマウェットティッシュ 70枚 WTY-N70
楽天で詳細を見る

赤ちゃんだけでなくパパやママのお風呂対策にも使えるのがノンアルコールのおしりふき。大判で拭きやすくノンアルコールで刺激も少ないのがベストです。虫除けや日よけの薬を拭き取り、肌を清潔にしてから眠ることができるでしょう。赤ちゃんの場合は特にくびれの部分の汚れを落とさないとそこから赤くかぶれるのでそこだけでも優しく拭いて着替えさせてから休ませましょう。

0歳赤ちゃん連れキャンプおすすめグッズ1.テント

赤ちゃん連れはテントよりコテージ泊がおすすめ

Photo by alberth2

お風呂問題や離乳食・寝具・お隣さんとの騒音夜泣き問題も考えて赤ちゃんのキャンプデビューはテント泊よりもコテージを利用するのがおすすめ。いろいろな問題が一気に解決します。

赤ちゃん連れキャンプのテント選び

それでもやはりキャンプはテントでないと雰囲気が出ないというこだわりがある場合は、できるだけ広々とした落ち着けるテントを選びましょう。多くなる荷物も置ける前室付きのものならなおよいですね。

家族で使える赤ちゃん連れにおすすめテント

テント ロゴス LOGOS『 グランベーシック トンネルドーム XL-AG 』
楽天で詳細を見る

広々と使えるトンネル式のテント。荷物を置くスペースも十分で家族揃って眠ることができるでしょう。暑い時期にはネットで虫対策をしながら風を通してくれるので寝苦しさも感じにくくおすすめ!

0歳赤ちゃん連れキャンプおすすめグッズ2.寝具

赤ちゃんのキャンプでの寝具は何が良い?

Photo bymarvelmozhko

キャンプでの寝具は寝袋がポピュラー。ただし寝袋はほとんどひとり用で赤ちゃんひとりで寝かせるのは心配ですね。温かい季節であれば、大人用の寝袋を敷き布団代わりにしてスリーパーなど温かいものを着せて寝かせるという寝具の考え方で良いでしょう。ただし寒い季節にはそうはいきませんね。

赤ちゃんも使えるおすすめキャンプ寝具

ロゴス LOGOS アウトドア キャンプ 用品 寝袋 ベビーカー ニュー丸洗いベビーカーシュラフ(オレンジ) 72600802
楽天で詳細を見る

寒い時期に使える小さな赤ちゃんにジャストサイズの寝具はこちら。この商品のよいところは、寝袋として使用するだけでなくベビーカーでの赤ちゃんの防寒具としても使えること。普通のチェアを使えない赤ちゃんをベビーカーに座らせて置く時、寒くないようこのシェラフにくるんで乗せてあげれば安心です。

0歳赤ちゃん連れキャンプおすすめグッズ3.離乳食

キャンプの楽しみは食の楽しみでもあります。しかし0歳の赤ちゃんはまだ大人と同じものは口にできません。そのために必要なのが食事となるミルクや離乳食。ここではそんな赤ちゃんの食事について解説します。

キャンプでの赤ちゃんの離乳食・ミルク

0歳児の場合まだまだミルクだけ・離乳食をはじめたばかりという赤ちゃんが多いでしょう。ミルクは母乳でしようか?哺乳瓶に慣れていますか?キャンプ場の場合はママだけでなくパパにも育児を手伝ってもらわないといけなくなるので、哺乳瓶や市販の離乳食に慣れていた方が断然みんなが過ごしやすくなります。

キャンプにおすすめ離乳食

キユーピーベビーフード バナナプリン(70g)
楽天で詳細を見る

離乳食はキャンプ場ではじめて食べさせるのではなく、事前に慣らして食べられるようにしておくことが大切です。どのメーカーが良い・悪いというのではなく赤ちゃんの好みにあっていて美味しく食べてくれるのが一番。また扱いやすいのはレトルトパウチよりも瓶入りのもの。少し持ち運びが大変ですが特に少量しか食べられないお子さんの場合、半分だけ別の容器に移して使い残りは冷蔵保存して次回食べさせるということも。

何ヶ月からOKか?合ったものを選ぼう

赤ちゃんの離乳食にはステップがあり、月齢によって消化できる食べさせて良いものが決まってきます。ベビーフードはそんな目安となる何ヶ月からという明記もされているので選ぶときはこちらも参考にしましょう。

0歳赤ちゃん連れキャンプおすすめグッズ4.虫対策

最後になりますが、キャンプ場で赤ちゃんだけでなく大人も嫌だと感じることのひとつに害虫の被害があります。自然界にいる虫には毒性が強いものも多く、ひどく腫れたりかゆみが強いことがあるからです。赤ちゃんがそんな虫に刺されたら大変ですね。

キャンプ場の虫から赤ちゃんを守る対策を

赤ちゃんの肌は大人よりもずっとデリケートです。大人用の虫除けスプレーはほとんど使えないと思った方が良いでしょう。ハーブなど天然成分ならと思われがちですが、調整されていないものだと逆に刺激が強い場合もあります。おすすめなのは赤ちゃん用ときちんと明記されたもの。また虫よけネットなどと併用するとさらに効果が期待できるでしょう。

おすすめ虫除け対策グッズ

フマキラー 天使のスキンベープティシュ プレミアム ベビーソープの香り 20枚入 【虫よけウェットティシュ 虫除け 害虫対策】
楽天で詳細を見る

虫除け対策グッズもいろいろとありますが、赤ちゃんにもOKとされているものか赤ちゃん専用のアイテムを使用するのが一番安全です。虫除け効果があったとしても赤ちゃんにとって刺激が強すぎたり肌負けしてかぶれがおこったりするものは避けたいですよね。

まとめ

0歳赤ちゃんとのキャンプは余裕を持って行こう

出典: https://www.ac-illust.com

赤ちゃんのキャンプデビューで考えたいこと・気をつけることおすすめグッズと紹介してきましたがいかがでしたか?パパやママだけでなく赤ちゃんも快適に過ごせて、なおかつ他の方に迷惑をかけないような心配りも必要です。どうしても0歳児のうちからキャンプは行かなければいけないことではありません。みんなの負担になるようであったり、赤ちゃんの様子によっては当日キャンセルする勇気も大切。みんなが楽しめるアウトドアをお過ごしください。

赤ちゃんと外出が気になる方はこちらもチェック

この他にも赤ちゃんや子連れでのお出かけにおすすめの公園やベビーカーの紹介なども紹介しています。気になる方はぜひこちらも見てみてはいかがでしょうか。

Thumbキャンプでおすすめの最強虫除け対策15選!これで虫嫌いの人や赤ちゃんも安心! | 暮らし~の[クラシーノ]
夏休みを利用して家族でキャンプをする方も多いのではないでしょうか?夏のキャンプには虫除け対策...
Thumb赤ちゃんのことを考えたストッケのベビーカー!その気になる口コミは? | 暮らし~の[クラシーノ]
ストッケのベビーカーについてご存知でしょうか。ストッケのベビーカーは、子供の目線から見た使い...
Thumb【2020】子連れでものんびりできる!栃木でおすすめの公園13選! | 暮らし~の[クラシーノ]
子連れでのんびりできるおすすめの人気公園を栃木でお探しですか?広場でのんぴりピクニックをした...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ