西日本一の絶叫体験!熊本・五木村のバンジージャンプを調査!その魅力とは?のイメージ

西日本一の絶叫体験!熊本・五木村のバンジージャンプを調査!その魅力とは?

命懸けなほどのスリルを味わってみたいなら、西日本では熊本のバンジージャンプが必見です。五木村バンジーならば、空中から飛び出して絶叫と興奮を呼び覚ます体験はもう必至。まだ未体験な熊本のバンジージャンプの、魅力と利用方法をご紹介です。

2020年02月14日更新

はぐれ猫
はぐれ猫
都会から離れた田舎で暮らす、はぐれ猫です。幼少時から地理が好きという特徴も活かしつつ、キャンプやトラベルスポットの紹介が得意分野です。しかし身近なDIY等含め、興味深い話題の紹介も怠りません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 熊本の五木村バンジーとは
  2. 熊本のバンジージャンプは日本一の清流で
  3. 熊本のバンジージャンプの高さ
  4. 熊本のバンジージャンプの魅力
  5. 熊本のバンジージャンプの参加条件
  6. 熊本のバンジージャンプの装備
  7. 熊本のバンジージャンプの手順
  8. 熊本のバンジージャンプの開催期間・時間
  9. 熊本のバンジージャンプの予約
  10. 熊本のバンジージャンプの料金
  11. 熊本のバンジージャンプのアクセス
  12. 五木村バンジー周辺の名所①温泉
  13. 五木村バンジー周辺の名所②グルメ
  14. 五木村バンジー周辺の名所③宿泊
  15. 熊本で絶叫バンジー体験しよう

熊本の五木村バンジーとは

場所は熊本の五木村

周囲を見渡すとどこまでも山ばっかりな、球磨郡の五木村。この熊本の山奥の土地は子守唄の里としても知られ、山村でありながら中心街には人気の観光スポットを数多く抱えています。そんな五木村で2015年から話題のスポットとして君臨し続けたのが、川辺川のバンジージャンプです。(当記事は2020年2月6日時点の情報を元に掲載しています。)

九州唯一のバンジーでスリルを味わえる

今では世界的にも珍しくないバンジージャンプですが、西日本で実行できる場所はごくわずか。現時点では九州でバンジージャンプが体験できる、唯一のスポットが熊本の五木村です。色んなアクティビティが集まっている九州でも、最高峰のスリルを味わえるという意味でも見逃せません。

基本情報

出典: http://www.bungyjapan.com

【所在地】熊本県球磨郡五木村甲2672‐8
【電話】0278-72-8133

五木村バンジー Bungy japan

熊本のバンジージャンプは日本一の清流で

水質日本一の川辺川が舞台

五木村の現地に辿り着いてみれば、目の前にはもの凄く清らかな川が流れていることに驚かされます。この川の名は川辺川で、熊本どころか日本一水質の良い川に選ばれたことでも知られています。五木村のバンジージャンプは、日本一透き通った川に向かって飛ぶという際立った特徴もあるのです。

小八重橋からのジャンプ

気になるジャンプ台のスポットは、そんな日本一の川辺川の渓谷に架けられている橋の上にあります。熊本の小八重橋は、川辺川の東西を結びつけている割と大きな橋です。その真ん中に、2015年からすでに合計で2,000人以上が飛んだという、伝説級のバンジージャンプ台が設置されています。

熊本のバンジージャンプの高さ

66mは西日本一の高さ

小八重橋のバンジージャンプの高さは、実に66mにも達します。これはバンジーとしては当然西日本一の高さで、ビルの高さで言えば20階建て高層ビルに匹敵するほど。熊本城の大天守より、ずっと高くから飛ぶと想像してみてください。そのため66mの小竹橋で飛ぶには、勇気と覚悟が必要になります。

高さランキングでも上位

今では日本に十数ヶ所も存在するバンジージャンプですが、熊本の五木村バンジーはそれらと比較しても高さが際立ちます。2019年の1位は八ッ場(やんば)バンジーの106mでしたが2019年限定だったので、2020年の1位は茨城の竜神バンジーです。五木村バンジーは全国でも2番目の高さを誇ります。

バンジージャンプの高さランキング(2019年)

1【八ッ場バンジー】106m(群馬県)
2【竜神バンジー】100m(茨城県)
3【五木村バンジー】66m(熊本県)
4【猿ヶ京バンジー】62m(群馬県)
5【富士バンジー】54m(静岡県)
※八ッ場バンジーの106mは2019年限定

熊本のバンジージャンプの魅力

五木村の絶景

実際に小八重橋を渡ってみれば、正面に広がる熊本の大自然の絶景も見事です。国見山を始めとして周囲は九州の1,000m級の山々が取り巻き、日本一の清流川辺川の流れにも目を奪われます。世間から離れた大自然の中で過ごすのは爽快で、バンジージャンプの気分も高まります。

ウォータータッチできる

ぴょんと飛んだ時の楽しみの1つが、ウォータータッチと呼ばれるイベント。これは読んで時のごとく、熊本の川辺川の水面に触れる行動のこと。西日本一番のバンジージャンプで飛ぶスリルだけでなく、日本一の川の清らかさや冷たさも感じられるため、ぜひともウォータータッチを体験してみたいものです。

ウォータータッチの条件とは

しかしこのウォータータッチ、いつバンジージャンプをしに行っても自由に体験できるわけではありません。きっちりとウォータータッチの電話予約を入れた人だけが楽しめます。通常よりもバンジーロープを長く伸ばすことによって実現する特別仕様のため、料金的にもやや高くなるのが気になります。

熊本のバンジージャンプの参加条件

体重制限

そんなウォータータッチも魅力的な熊本のバンジージャンプですが、参加するためには体重制限がとても重要な要素です。体重制限は、下は40kgから上は105kgとなっていて、これに該当しない人はバンジーを楽しめません。体重制限で飛べなかったら残念この上ないので、参加前の体重チェックも大切です。

年齢制限

もし体重制限をクリアできていて、バンジージャンプの壁になるのが年齢の制限です。熊本の五木村バンジーを体験できるのは、年齢が15歳以上の人だけとなっています。14歳以下の子供が訪れてもバンジーができなくてがっかりしてしまうので、予約前には事前に確認が必要です。

健康上の条件

さらに年齢と体重制限に付け加えて、当日の健康状態についても万全を期していなければバンジージャンプができません。熊本旅行で前日に飲酒してしまったとか、体調が悪いとなったら飛ぶことはできません。妊娠中だったり、生活習慣病などの各種病気を患っている場合もNGになってしまいます。

熊本のバンジージャンプの装備

装備1・ハーネス

無事に体重制限などの条件面をクリアできている人は、スタッフが体にハーネス(墜落防止器具)を取り付けます。この装備一式は熊本だけでなく、あらゆるバンジージャンプの基本です。胴体に装着するタイプで、足首に装備するベルトと一体化させて、バンジーの安全性を高めます。

装備2・命綱(ランヤード)

胴体のハーネスと足首のベルトを結びつけている装備が、ランヤードと呼ばれる命綱です。命綱の装備によって、万が一足首や胴体のベルトが外れても、墜落する心配をなくします。熊本のバンジージャンプで、体重制限が重要なのはこの命綱とハーネスの耐荷重も関係しています。

装備3・バンジーロープ

全長60m以上に達するバンジーロープは、ハーネスと足首のベルトに連結される基本的な装備です。バンジージャンプに体重制限があるのは、バンジーロープの強度にも関係しています。全体が伸縮する装備なので、熊本の川辺川にウォータータッチできるほど近づいても、無理のない空中遊泳になります。

熊本のバンジージャンプの手順

勇気を出してバンジージャンプ台へ

予約を取って熊本の現地に到着してみても、バンジージャンプを飛べるかどうかは本人次第です。何しろそこは高さ66mもあるジャンプ台だから、足がすくんで動けなくなりそう。スタッフからあらゆる装備を万全に整えてもらったら、ウォータータッチを目指して勇気を振り絞るしかありません。

3・2・1・バンジー!の掛け声でジャンプ

いよいよ装備も飛びだす気持ちも整ったら、熊本の風景に向かってのバンジージャンプを決行します。カウントダウンから始まって、バンジーの掛け声と共に飛び出すのが基本です。空中に向かってジャンプすれば好きなポーズを取ってみたり、自己表現も自由な瞬間です。

無事に引き上げられます

透き通った水面に向かってミノムシのごとくぶら下がった後、一体どうなってしまうのかは気がかりなポイントです。五木村バンジーでは、水面に降ろされるのではなく、逆さ吊りになったまま66m上空まで引き上げられます。最後の引き上げの瞬間までがバンジージャンプの楽しみなのです。

熊本のバンジージャンプの開催期間・時間

春から秋までの開催

公式サイトの方を見れば五木村バンジーの開催は通年とありますが、厳密に言えば冬季休業期間も含まれています。熊本でバンジージャンプができる期間は、例年春から秋までの頃。春の4月に開催期間がスタートし、もっとも予約が増えて混雑を見せるのは、ゴールデンウィークや夏休みの期間です。

期間中の営業時間

現地でバンジージャンプができる時間帯は、1年の期間でずっと変わりません。もっとも早い時間のバンジージャンプは、朝の9時にスタートします。最終受付は16時半で、17時には終了しています。熊本で五木村バンジーの開催の期間中に訪れるなら、遅くなりすぎないことが必要です。

ナイトバンジー

特別な夜を迎えられるのは、熊本の山間部が8月を迎えた夏の期間です。夏休みと重なるこの時期には、五木村バンジーは夜間のバンジージャンプを決行します。ナイトバンジーと銘打ったイベントは、光に彩られる装備を身にまとって暗闇の川面へダイブするという、まったく未体験の面白さが待っています。

熊本のバンジージャンプの予約

予約者優先のバンジー

もし熊本旅行の最中に確実にバンジージャンプをしてみたいなら、断然おすすめな方法がネット予約。なぜなら五木村バンジーは、いつも予約者優先の対応をしているためです。公式サイトのほうでは、開催期間以外の休業期間も含め、随時予約を受付ています。

予約方法

予約を進める場合、バンジージャパンの公式サイトの予約ページに進みます。熊本のバンジージャンプ参加の人数や希望日、氏名など基本情報を入力します。予約の空き状況も確認できるので使いやすいサイトです。この時参加者が体重制限や健康状態の規約に該当するか、チェックしておいてください。

予約なしで参加時の注意

一方で予約をしないで直接に五木村バンジーに行って料金を支払い、ジャンプを体験することも可能です。その場合も体重制限や年齢制限が重要で、混雑する開催期間によっては3時間待ちが発生する場合も出てきます。予約なしで行くなら、平日の午前など確実に空いている時期を狙ってみると良いです。

熊本のバンジージャンプの料金

1回目と2回目の料金と割引

始めて熊本のバンジージャンプに挑戦する場合、料金は13,000円です。同じ日にもう1回ジャンプをこなす猛者の場合、料金8,000円で飛ぶことができます。別の日に2回目のジャンプを体験する時の料金は1万円です。他の施設経験者は料金が1,000円割引されるので、認定証と身分証を持参してください。

ウォータータッチの料金

水面にバシャンと触れて楽しむウォータータッチは、五木村バンジーでは特別料金で体験できます。ウォータータッチは1回あたり26,000円と、料金がかなり高額です。料金が高くなっても熊本のバンジージャンプはウォータータッチするしかない、そう決めている方はネットではなく電話予約が必須です。

熊本のバンジージャンプのアクセス

車でお出かけ

現地はかなり山がちですが、五木村のバンジージャンプスポットまでは車で行くのに支障ありません。九州自動車道を走ったら、熊本の八代インターを出て県道を進むか、公式でおすすめされる人吉インターと国道445号を伝い、五木村の中心街に入ります。五木村バンジー事務所は、村役場のお隣です。

電車とバスでお出かけ

もし熊本まで電車で訪れるとすれば、まず目指すべきは人吉駅です。公式のほうでは、熊本駅発の特急くまがわ・九州横断特急でのアクセスもおすすめしています。人吉駅からは産交路線バスに乗り換え、バンジージャンプ開催の五木村バンジーまでは60分の道のりです。

アクセスルート

【車で】九州自動車道→人吉IC→国道445号→五木村バンジー
【電車とバス1】熊本駅→特急くまがわ・九州横断特急→JR人吉駅→産交路線バス→五木役場前
【電車とバス2】九州新幹線→新八代駅→人吉駅→産交路線バス→五木役場前
【高速バスと路線バス】熊本・福岡・宮崎・鹿児島の高速バス乗り場→人吉インターバス停→産交バス→人吉駅→産交路線バス→五木役場前バス停

五木村バンジー周辺の名所①温泉

五木温泉夢唄

小八重橋からさほど離れていない五木温泉夢唄は、熊本でバンジージャンプをした心身を休められる魅力のスポット。和風な趣を見せる館内には多種類のお風呂があり、博物館やレストランとしての機能も備わっています。じっくり入り浸ってしまうことは確実です。

五木温泉夢唄の見どころ

まず温泉では四季の自然が美しい、露天風呂が一番の癒やしです。館内にはフィンランドの深海の石を使ったサウナ、蒸し風呂などもあって病みつきになれます。熊本でも珍しいトラクターのミニカーコレクションを観賞したり、名物かしわうどんも食べられて、バンジージャンプ後は極楽な気分です。

基本情報

【所在地】熊本県球磨郡五木村甲2672−54
【電話】0966-37-2101
【営業時間】11:00~21:00(火曜定休)

五木温泉夢唄

五木村バンジー周辺の名所②グルメ

道の駅子守唄の里五木

休憩するにもお食事でも満足度の高い名所が、道の駅子守唄の里。ここは国道445号沿いにある、熊本五木村の名産が一同に集まるスポットです。美味しいグルメとお土産の入手ができるという意味で、バンジージャンプを楽しんだ後には必ず立ち寄っておきたいところです。

子守唄の里五木の見どころ

とても古風な外観が魅力な建物内では、五木村名物のヤマメの塩焼きをいただけるのが、バンジージャンプ後の一番の楽しみです。おすすめされる名物スイーツといえば、よもぎを使ったきな粉草だんご。熊本でも珍しいご当地柑橘類の「くねぶ」を使った、ゼリーやお酒もおすすめです。

基本情報

【所在地】熊本県球磨郡五木村甲2672‐53
【電話】0966-37-2611
【営業時間】11:00~21:00(火曜定休)

道の駅 子守唄の里五木

五木村バンジー周辺の名所③宿泊

渓流ヴィラITSUKI

川辺川のそばに宿泊するなら、熊本の五木村で人気の渓流ヴィラITSUKIが注目どころ。おしゃれな建物が6棟並び、敷地からばバンジージャンプの小八重橋と周囲の山々も見渡せるという絶景ポイントにあります。イツキでは自然を満喫できる宿泊だけでなく、五木村らしい美味しいグルメも待っています。

渓流ヴィラITSUKIの見どころ

一歩渓流ヴィラITSUKIの室内に入れば、まさにグランピングコテージと言える室内の豪華さに遭遇します。お食事は渓流グリルというスタイルで、ダッチオーブンを使った川魚やお肉の料理が登場。そんな非日常な生活を楽しもうと、熊本のバンジージャンプの時に利用する人も続出しています。

基本情報

【所在地】熊本県球磨郡五木村甲2859‐7
【電話】0966-29-8055
【営業時間】‐

渓流ヴィラITSUKI

熊本で絶叫バンジー体験しよう

九州でここだけの体験を楽しもう

真っ逆さまに落ちて楽しい熊本のバンジージャンプは、ドキドキが止まらない魅力の名所でした。九州でただ1つだけのアクティビティには、日本一の清流など旅行を楽しめる要素も取り巻いています。気になる体重制限をクリアしたら、料金を気にせずチャレンジしてみたいですね。

熊本が気になる方はこちらもチェック!

当サイトでは熊本のバンジージャンプの他にも、九州のおすすめな観光情報をまとめています。今度の旅は九州の穴場を選びたい方もチェックしてみてください。

Thumb【2020】熊本のGWお出かけスポットおすすめ13選!人気グルメやイベント情報まで! | 暮らし~の[クラシーノ]
熊本には、熊本城や阿蘇地方、また世界遺産登録の「天草の﨑津集落」や石炭産業の「三角西港」など...
Thumb【2020】熊本のおすすめグランピング施設10選!おしゃれ×BBQの人気施設も! | 暮らし~の[クラシーノ]
極めて豪華な感じで熊本の日常を楽しみたくなったら、グランピングを選んで損はしません。熊本には...

あなたへのおすすめ