木更津のワイルドビーチで最高のグランピング体験を!人気の理由や口コミもご紹介!のイメージ

木更津のワイルドビーチで最高のグランピング体験を!人気の理由や口コミもご紹介!

千葉県木更津の大型ショッピングモールのまちかくにある、キャンプ場のワイルドビーチではグランピングが楽しめます。自然が豊富なキャンプ場にはない、エキゾチックな雰囲気がある木更津ワイルドビーチのグランピングの魅力について紹介します。

2020年01月04日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. グランピングとは
  2. グランピング施設「ワイルドビーチ」
  3. 木更津にあるワイルドビーチの基本情報
  4. 木更津ワイルドビーチの食事プランについて
  5. 木更津ワイルドビーチのテントについて
  6. 木更津ワイルドビーチでするグランピングの魅力1
  7. 木更津ワイルドビーチでするグランピングの魅力2
  8. 木更津ワイルドビーチでするグランピングの魅力3
  9. 木更津ワイルドビーチでするグランピングの魅力4
  10. 木更津ワイルドビーチでするグランピングの魅力5
  11. 木更津ワイルドビーチでするグランピングの魅力6
  12. 木更津ワイルドビーチ・グランピングの口コミ1
  13. 木更津ワイルドビーチ・グランピングの口コミ2
  14. 木更津ワイルドビーチの注意点
  15. 木更津「ワイルドビーチ」のまとめ

グランピングとは

贅沢なキャンプのこと

端的に言えば贅沢なキャンプのことです。普通のキャンプはサイトについたらテントやタープを自分で設営し、もテント内もマットや寝袋などを自分で用意して寝床を作ってからバーベキューなどの準備をするという形が一般的です。夏なら炎天下の中作業するので汗をかき、冬は寒い中作業をしないといけないので結構大変です。グランピングは自分でテントを設営しなくてもホテルのように管理されているテントに、泊まれて快適に過ごせます。

グランピングの由来

グランピングは「グラマラス」と「キャンピング」から作られた言葉です。日本では最近できたスタイルという印象がありますが、海外では古くからキャンピングスタイルの一種となりキャンプのように自然を身近に感じつつ、持ち物を整え持ってこなくても、自分で設営しなくてもいいようにしたスタイルで従来のキャンピのわずらわしさを解消したスタイルです。持ち物が不要というこでテント内はホテル部屋のようになっています。

グランピング施設「ワイルドビーチ」

グランピングが楽しめる施設

ワイルドビーチは木更津、仙台、新宿にあるグランピングやバーベキューが楽しめる場所です。自然も楽しめる持ち物扶養で手軽に始められるキャンプがグランピングと言われていますが、日本では都市部にできることもあり、快適なテントで宿泊できるとグランピングになりますよ。上記の3つのエリアだけではなく釣りのできるバーベキュー場なども展開していて海が近く、手軽にバーベキューが楽しめるおすすめの人気スポットが複数あります。

ワイルドキングダムとワイルドビーチ

RECREATIONS株式会社が展開するグランピング施設には、ワイルドビーチとワイルドキングダムがあります。ビーチは海、キングダムは王国を意味しビーチは宿泊できず砂浜とバーベキューを楽しむことがメインとなる日帰りタイプです。キングダムはグランピングやデイキャンプなども可能なエリアがあるタイプが多く2020年には豊洲に新しく系列の施設がオープンしますよ。木更津は海であるビーチと国であるキングダムの両方があります。

木更津にあるワイルドビーチの基本情報

グランピングできるおすすめ施設

展開している姉妹店の中で唯一ワイルドビーチ、ワイルドキングダムとなっている場所です。夏でも冬でもやっていて年末年など特別な日を除けば、真冬でも夏でも楽しめるようになっています。グランピング施設と聞くと必ず宿泊しないといけないイメージがあるかもしれませんが、日帰りのバーベキューもできますよ。これが木更津のいいところで宿泊をガッツリ楽しんでも、日帰りでバーベキューだけ楽しんでも大丈夫です。

アクセス

【住所】千葉県木更津市金田東2-10-1
【連絡先】070-3669-8480(宿泊)、 070-3669-8481 (レストラン)
【アクセス】木更津金田IC空車で5分・三井アウトレットパーク木更津店の前
【備考】毎週火曜・水曜が定休日

WILD BEACH - SEASIDE GLAMPING PARK | ワイルドビーチ 木更津

木更津ワイルドビーチの食事プランについて

日帰りバーベキュー

木更津でできる日帰りのバーベキューは、バーベキュー場だけで3種類もありますよ。白い砂浜の海をモチーフに作られた「オンザビーチバーベキュー」、海にある素敵なテラスをイメージした「ビーチテラス」、レストランの屋上デッキに設置された日除けの下で楽しむ「ルーフトップ」があります。それぞれ値段が異なります。海を彷彿とさせる砂浜の広さはなんと770坪もあり、フォトジェニックな風景がいたる所にあります。

レストラン

レストランも併設されています。ランチとディナーでの利用となりアメリカの本場のような分厚いステーキが人気です。ランチ終了からディナーの間まではカフェとしても営業されていて海辺にあるビーチレストランとなっています。前述したように屋上は外へ出られるようになっていて天気がいいと富士山、白い砂浜がきれいなビーチが見える見晴らしのいい場所です。

木更津ワイルドビーチのテントについて

宿泊プラン

宿泊というのはグランピングのことです。大きく分けるとテントかトレーラーハウス、コテージ(ロッジ)、ホテルになりますよ。それぞれ特徴的な間取りになっているので詳しくは後述します。

すべてグランピング用のテント

場内には普通のテントサイトというものはありません。すべて常設されている大型テントとなっていて自分で設営しなくてもいいようになっていますよ。夏でも冬でも快適に過ごせるソファーなども既にテント内にしっかり用意されていて、冒頭で紹介したようにホテルの部屋に近い状態になっています。宿泊プランも同じでホテルなら客室によって間取りや設備が違いますよね。それと同じでテントを選ぶ形になります。

テントの種類

日帰りバーベキュー場も種類が豊富でしたが、宿泊するためのテントも種類が豊富です。日帰りバーベキューのように何人も収容できるというわけではありませんが、内装の違いなどを含めるとテントだけで8種類以上になりますよ。普通のキャンプでも使う人気テントをベースにしたものから、日本初のインドの人気テント、透明のドーム型テントなど日帰りだけではなく、夏でも冬でも何度もグランピングしたくなる宿泊プランが豊富です。

木更津ワイルドビーチでするグランピングの魅力1

アクセスしやすい

Photo by maijou2501

千葉県木更津市のICの近くということで東京方面からも茨城方面からもアクセスしやすいという魅力があります。キャンプ場というものは自然が多い場所というイメージがありますが街の中でもテントで泊まれる施設があるのは魅力的です。まったくアウトドアをしたことがない方も街の中ならチャレンジしやすいですよね。グランピング施設ですがこれからキャンプをしてみたいという方にもおすすめです。

付近の店

すぐ近くにはファミリーマートやミニストップなどのコンビニ、巨大ショッピングモール、アウトドア用品も扱うスポーツ店などいろいろな店があり、場内から大型ショッピングモールまで歩いて買い物にいけます。高速道路の場合、海ほたるで野菜を買って持ち込むなんてことも可能です。便利でアクセスしやすいというところがあまりアウトドアに馴染みがない方でもチャレンジしやすくなっていて、人気になっています。

木更津ワイルドビーチでするグランピングの魅力2

雰囲気がとにかくすごい

ワイルドビーチという名称のようにコンセプトは「海」です。ただし日本の海ではなくより非日常感があるアメリカ西海岸をイメージして作られていますよ。前述したようにバーベキュー場に砂浜があるだけではなく、ヤシの木が育てられていたり、案内看板などもアメリカ西海岸を意識して作られていますよ。キャンプ場の顔にもなる受け付けには赤土が敷かれていてどのエリアも日本ではない海外にバカンスに来たような雰囲気になります。

写真に映える

ヤシが育てられているというのは意外と日本でも多いのですが、赤土にサボテン、木の建物、英語の看板とここまで徹底して作られているのでどのエリアでもちょっとした写真でも映える場所になっていてグランピング、日帰りバーベキューに来ただけには見えない写真に仕上がりますよ。フォトジェニックな場所にいくのが好きという方にもおすすめです。

木更津ワイルドビーチでするグランピングの魅力3

夜は隣接する施設の観覧車が綺麗

前述したように場内はフォトジェニックな作りになっていて異国情緒溢れる写真がたくさん撮れますが、なんとキャンプ場の外にある施設のおかげでカップルにはたまらないムード満点の夜景が楽しめますよ。隣接する施設には木更津かんらんしゃパーク キサラピアがあり、昼は親子で楽しめて夜になると巨大な観覧車がレインボーカラーにライトアップされてキャンプ場内からみると幻想的で一種の名物のようになっています。

木更津かんらんしゃパーク キサラピアとは

小さな子ども向けの遊園地で入園自体は無料です。ですが、観覧車などのアトラクションに乗るには料金が必要になりますよ。アトラクションはシンボルにもなっている大観覧車、コースター、4Dシアター、回転しながら上昇するオーシャンスインガーなど豊富です。ワイルドビーチ内にも遊具がありますが、隣に遊園地があるので小さな子どもを持つ家族におすすめのキャンプ場となります。お得な回数券での販売もあります。

木更津かんらんしゃパーク キサラピア

木更津ワイルドビーチでするグランピングの魅力4

選べる楽しさ

前述したようにバーベキュー場が豊富で日帰りバーベキューなどの食事でも選べる楽しさがあります。宿泊施設はさらに数が多くなり、何度も遊びに来たくなるような魅力があり、アクセスしやすいため日帰りでも人気です。コテージやロッジといった建物タイプも種類があるので総数はなんと、2020年の1月4日の時点で20種類を越えます。料金も平均的という口コミがありすべてのタイプを制覇したくなりますね。

ホテルもある

キャンプ場ですが、一戸建てを貸し出すタイプのホテルもあります。先程挙げた20種類の中にも含んでいますが、それぞれ内装の趣の違うホテルが3種類もありおすすめです。また日帰りでバーベキューは三種類しかありませんが、複数のバーベキュー場がある事自体大変珍しくインスタ映えするバーベキュー場を探している方にはおすすめの場所になります。

木更津ワイルドビーチでするグランピングの魅力5

バーベキューの持ち物について

Photo by yto

日帰りのバーベキューでもテントで泊まるグランピングでも食材は用意してくれるプランがあり、コンロや炭なども場内でレンタル販売があるので持ち物はなくても大丈夫です。手ぶらでバーベキューが楽しめるようになっているところが魅力です。食材は外からも用意できるのでバーベキューで食べたいものがあると個々で持ってきたほうがいいという口コミもあります。

宿泊の持ち物について

グランピングと一緒にバーベキューを楽しみたいと言うときは別途料金がかかりますが、バーベキューを頼んでおくと食材や必要な道具なども準備してくれるので余分な持ち物を持ってこなくても良くなります。初心者やキャンプが初めてという方はわざわざコンロを買わなくてすむので便利です。ソファーベッドなども完備されていますよ。夏ならエアコンがある場所がいいでしょう。冬はストーブなどが完備されています。

おすすめの持ち物

Photo byArcaion

基本的に持ち物はあまり必要はありませんが、費用を抑えたい方は歯ブラシなどのアメニティを持ち物に加えてください。場内で販売されていますが、グランピングには付属していません。持ち物が多くなっても無料の駐車スペースがるので持ち運べますよ。その他のおすすめの持ち物としてカードゲームなどの娯楽があると夜の時間をすごしやすくなるのであるといいでしょう。夏のテントだとうちわなど涼しく過ごせるアイテムがおすすめです。

木更津ワイルドビーチでするグランピングの魅力6

女子キャンプ専用プラン

通常のプランだけではなくワイルドビーチにはスペシャルプランもあり、木曜日には初めての「女子会キャンプ」と題して宿泊サイトの利用料が半額になるサービスもありますよ。わからないことがあればスタッフが手伝いしてくれるというプランにもなっているので初めてのキャンプで女子会をしてみたいという方におすすめです。夏でも冬でも行っていますが真夏の時期は対象外になるので気をつけてくださいね。

木更津ワイルドビーチ・グランピングの口コミ1

バーベキューに関する口コミ1

Photo byFree-Photos

前述したようにバーベキューの食材で足りないという方は自分で用意しておくとバーベキューがさらに楽しめるようですね。口コミにもありますがご飯などはないので注意してくださいね。味付けも好評です。

自分で調達すると焼き肉のタレか塩コショウしか選択肢がないけど、ワイルドビーチの肉は本当に美味しい!!!
焼きそばや焼きおにぎりなど炭水化物はないです。
レストランがあるから追加メニューが充実してて、つまみながらBBQしてると気付いたら満腹です。

バーベキューに関する口コミ2

バーベキュー場に白い砂浜があるところが魅力的なワイルドビーチ。その砂浜に関する口コミもあります。夏でも冬でもエキゾチックな雰囲気の中でバーベキューできるというのは人気の要素。レストランで食事するだけも可能です。

食事を待つ間と食べた後に外にあるビーチにでれるのですが、白い砂がサラサラしててとても気持ちが良かったです。(裸足可でした)おしゃれなブランコもあり遊ぶことができ、白い砂浜と青い空が日本ではないような感じになりました。

木更津ワイルドビーチ・グランピングの口コミ2

キャンプ(グランピング)に関する口コミ1

グランピング、ホテルに関する口コミもあります。グランピングでもしっかりキャンプの醍醐味である焚き火や薪割りも体験できるが好評。テントだけでもいろいろなタイプがあり、設備をよくみて選ぶと夏でも冬でも楽しく宿泊でき、焚き火台などは用意しなくてもレンタルできます。

びっくりするほどテントの中は広く、日常を忘れる空間で、子供たちは勿論、家族全員で楽しむことができました。
薪割り! 焚火! BBQ! キャンプを満喫できて、とても良い思い出となりました!!

キャンプ(グランピング)に関する口コミ2

いろいろなタイプの宿泊施設があり選べるところが口コミでも評価されている点です。夏向けの場所や冬向けの場所などもあるので設備の確認はしたほうがいいでしょう。バーベキュー場だけではなくテントの中から外、周辺などいろいろなところで写真撮影できる場所になっています。宿泊場所が豊富で選べる楽しさがあるところも好評のようです。

外に電飾がある部屋を選択しました。それが正解でした!
夜になるとその電飾をつけると明るく、とっても写真映えするスポットになり、友人と一緒に写真をたくさん撮りました。
なんだか、バーベキューもいつもよりも美味しく?感じました笑
SNSにアップしたところ、「いいね」も沢山もらえて最高です!

木更津ワイルドビーチの注意点

冬は風と装備に注意

Photo byblickpixel

冬になると風が強い場所となり、テントの中では音が気になるという方も多いです。そのためキャンプ初心者の方ほど冬はロッジなどの建物タイプのほうが風の音が気になりませんよ。また夏でも冬でも設備をしっかり見て選んでくださいね。扇風機やエアコンがないと夏は暑く、冬は暖房がないと千葉県の温かな地域とは言え寒いです。

シャワーについて

予約式のコインシャワーがありますが少ないと言われています。シャワーが嫌な方は退場時間が20時となっているので、それまでに帰れるように近くの銭湯に行くといいでしょう。20時までは出入り可能ですよ。近くには「かずさのお風呂屋さん」、「宮の湯」など複数の施設があり、所要時間は車で20分程度です。

木更津「ワイルドビーチ」のまとめ

初心者も上級者にもおすすめの場所

出典: https://www.irasutoya.com

人気のスポットにはそれなりの理由があります。アクセスしやすく、少ない持ち物でバーベキューしたり、グランピングという手軽で優雅なキャンプができて、写真に映えるなど魅力がいっぱいの施設です。レストランで食事だけすることも可能ですよ。冬季もあいているので定休日以外いつでも楽しめるキャンプ場で、初心者から上級者まで安心して過ごせる場所です。

グランピングが気になるという方はこちらもチェック!

暮らし~のにはグランピングに関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

Thumb【2020】東京のおすすめグランピング施設12選!都内で楽しめる人気施設を厳選! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は東京のおすすめのグランピング施設を紹介します。東京にもさまざまなおすすめのグランピング...
Thumb2020!埼玉のおすすめグランピング施設10選!カップル・女子会・大人数別に紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
なんだか平野部はキャンプに縁遠そうだった埼玉も、近年は事情が変わってきました。埼玉の山間や都...
Thumb2020!埼玉のおすすめグランピング施設10選!カップル・女子会・大人数別に紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
なんだか平野部はキャンプに縁遠そうだった埼玉も、近年は事情が変わってきました。埼玉の山間や都...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ