検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

豊洲のグランピング施設「ワイルドマジック」が高評!手ぶらでBBQが楽しめる!

都会の水辺とビル群に囲まれた豊洲には、グランピングができる東京の新名所があります。ワイルドマジックなら各種のおしゃれテントで犬と手ぶらグランピングに浸り、日帰りBBQも大盛りあがり。施設の特徴や宿泊は可能かなど、豊洲のワイルドマジックの基本や魅力に迫ります。
2020年8月28日
はぐれ猫

ワイルドマジックとは

東京豊洲の新たなグランピング施設

近頃は何かと話題だった新市場も誕生した豊洲は、東京のベイエリアの見所の1つ。東京湾に晴海大橋が架かる場所に、無数のテントが並ぶキャンプ場施設、ワイルドマジックがあります。この都心で唯一となる本格グランピング施設は、チームラボのお隣に2017年7月にオープンしたばかりです。(当記事は2019年12月27日時点の情報を元に掲載しています。)


日帰りで多様なBBQスタイルを提供

1.6haもの敷地を有する豊洲のワイルドマジックには、タイプの違うテントエリアが用意されています。それぞれはいま流行りの手ぶらなグランピング仕様で、車を乗り入れて日帰りBBQをじっくり楽しめる要素がいっぱい。都心在住者にも、遠いキャンプ場まで行かずキャンプ気分に浸れると評判です。

犬も一緒に楽しいグランピング

さらに評判を高める要素が、ペットも入場可能とするスタイルです。豊洲のワイルドマジックは1ヶ所のサイトで複数の犬が過ごすこともでるので、東京都心部のペット連れカップルや一家がみんな好んで訪れます。グランピングはペット同伴込みでも、料金が安上がりにできることも魅力になっています。


ワイルドマジックの基本情報

【所在地】東京都江東区豊洲6-1-23
【電話】03-6204-2167

WILD MAGIC -The Rainbow Farm

ワイルドマジックのアクセス


電車でのアクセス

多くのキャンプ場が短時間で訪れることが困難な中、東京の豊洲のグランピングならカップルでの電車移動も支障ありません。湾岸を走るゆりかもめの新豊洲駅が最寄りで、駅からワイルドマジックまでは徒歩2分という近さ。東京の仕事帰りの夜でも、手ぶらで近いし移動で疲れる心配もありません。

車でのアクセス

もし遠方からカップルが車で訪れるなら、首都高速に乗り込むのが近道です。豊洲のグランピングはお台場ビーチの横を通る首都高速湾岸線を通過し、10号晴海線に入るのが近道。新豊洲駅の近くに出入り口があります。都心方面からは銀座駅前を通過し、晴海大橋を渡れば間もなくです。

駐車場

よくあるオートキャンプ場と同様、ワイルドマジックの敷地は車が乗り入れ可能となっています。そして評判な近い駐車場がSANパーク豊洲1です。この駐車場は施設のすぐ隣で、移動に時間をかけません。台数は151台と多めなので、平日のお昼の時間帯なら空車率も高めです。

SANパーク豊洲基本情報

【所在地】東京都江東区豊洲6丁目1‐9
【電話】0120-389-303
【営業時間】24時間
【収容】151台

豊洲のグランピングのエリア①ティピーで

ヴィレッジエリア

このグランピング施設のシンボルであるビッグティピーがある場所は、ヴィレッジエリアと呼ばれています。手ぶらBBQできるほか、カフェ・バーが利用しやすいメリットもあります。エリアには宿泊もできそうに見える多様なテントが集まり、もう豊洲キャンプ場と言っても違和感ありません。

エリアの特徴

同一エリア内でとは言え、選ぶテントによって日帰りBBQの居心地は異なります。ビッグティピーは犬や人が大勢が集まって、ガヤガヤグランピングする場所。小型ティピーやトレーラーを選んだら、豊洲でプライベートに過ごせるのは確実。1人あたり料金は、BBQプランと飲み放題で8,000円です。

エリア情報

【タイプ】ビッグティピー(12サイト)、ティピー(4)、トレーラー1(1)、トレーラー2(1)
【料金】いずれも1人8,000円(スタンダードBBQプラン+飲み放題)
【人数】ビッグティピ・ティピ:4~12人、トレーラー1・2:8~12人
【利用時間】11:00~15:00、18:00~22:00

豊洲のグランピングのエリア②焚き火

ファイヤーピットエリア

ほぼ中央に陣取っているるのが、燃える炎の魅力あるファイヤーピットエリア。広い豊洲のグランピングエリアの中で、一番キャンプ場やビーチサイドでの焚き火気分に浸れると評判な場所です。手ぶらBBQは他より少なめの8サイトの限定エリアで、4名からの少人数で利用するにも向いています。

エリアの特徴

焚き火がパチパチ燃えるそばで、ウッドデッキ上のタープ空間のBBQが始まります。背後には宿泊したくなるグランピングテントが置かれて、豊洲なのに山のキャンプ場と変わりません。犬とお食事したり、ハンモックで休憩するも自由です。料金はBBQプランと飲み放題付きで、8,000円になります。

エリア情報

【タイプ】ティピー(8サイト)
【料金】1人8,000円(スタンダードBBQプラン+飲み放題)
【人数】4~12人
【利用時間】10:00~14:00、17:00~21:00

豊洲のグランピングのエリア③家族で

ファミリーエリア

ビッグティピーの西側にずらっと並んでいるのは、ファミリーエリア。豊洲にやってきた家族もグランピングに浸りやすいことから、この名が付いています。4人からの少人数で、犬も一緒に手ぶらで日帰りBBQの利用ができ、最大では46人の大所帯までも対応する評判なエリアです。

エリアの特徴

この豊洲のエリアでは、ウッドデッキの上に曲線を描くパーティーシェードが置かれています。ハンモックに揺られてみれば、人も犬もグランピングの気分に酔いしれます。こちらではスタンダードBBQプランのみが付いていて安上がりとなり、自由に飲み物を組み合わせられます。

エリア情報

【タイプ】パーティーシェード1(10サイト)、パーティーシェード2(1)
【料金】いずれも1人5,000円(スタンダードBBQプラン)
【人数】1:4~12人、2:35~46人
【利用時間】11:00~15:00、18:00~22:00

豊洲のグランピングのエリア④海辺で

シーサイドエリア

近くで海を眺めながら日帰りBBQできると評判なのは、シーサイドエリアです。豊洲の東京湾の海域はビーチではないですが、海と行き交う船が見られるだけでも他のエリアと気分が違います。海沿いグランピングBBQでは8人から最大24人まで、ペットも一緒のお食事を実現します。

エリアの特徴

周囲をがっちり柵で囲まれて、他のサイトよりプライベート性が高くなります。ただドッグランのように放し飼いはできません。グランピングには丸みを帯びたパーティーシェードが使われ、大きめタイプは2つが連結した形。豊洲のシーサイドエリアはBBQプランだけで、飲み放題を加えるかは自由です。

エリア情報

【タイプ】パーティーシェード1・2
【料金】いずれも1人5,000円(スタンダードBBQプラン)
【人数】1:8~16人、2:16~24人
【利用時間】11:00~15:00、18:00~22:00

豊洲のグランピングのエリア⑤プール付き

プランツ&ウォーターエリア

ここは豊洲なのにまるでビーチにあるリゾートのように過ごせると評判なのが、プランツ&ウォーターエリア。象徴的な青いプールを中心にして、その周囲に多数の日帰りBBQサイトが並んでいます。グランピングでは4タイプを選べて、いずれでもビーチのように夏の水遊びタイムも始められます。

エリアの特徴

基本的に日帰りグランピングは、パーティーシェードの下での過ごし方です。ウッドデッキに乗った場所、ビーチのように砂利敷の場所など違いが出てきます。ウィズドッグは柵で仕切られるため、犬がノーリードで過ごせる唯一の場所。いずれも豊洲のBBQプランの5,000円だけと、料金は安上がりです。

プールについて

青い水をたたえたプランツ&ウォーターエリアのプールは、この場所を選び出した誰もが使えます。夏は豊洲でビーチ代わりの遊び場となって、子供も溺れることのない浅いプールは海のビーチより安全と評判です。BBQが炎天下なら、大人も我を忘れて飛び込んでみたくなります。

エリア情報

【タイプ】パーティーシェード1(12サイト)、パーティーシェード2(24)、パーティーシェード3(1)、ウィズドッグ(1)
【料金】いずれも1人5,000円(スタンダードBBQプラン)
【人数】1・2・ウィズドッグ:4~12人、3:16~24人
【利用時間】11:00~14:00、17:00~21:00

豊洲のグランピングのエリア⑥カップル向き

ギャザリングエリア

もっともカップル向きだと評判なのは、ワイルドマジックのギャザリングエリアです。豊洲の道路ぎわにあり、2名から日帰りグランピングができる他、全体の貸し切り対応もしています。寄植えみたいに小さい区画が並びながら犬も入れる仕様で、カップルの手ぶらBBQデートにもぴったりです。

エリアの特徴

白い三角屋根を見せるガゼボが、豊洲の空の下に15サイト並んでいます。全てウッドデッキに乗ったガゼボは、休日デートのカップルにも相応しいおしゃれさ。グランピングでのお食事はBBQプランのみで、1人5,000円と料金を抑えられるため、カップルのデート中にも好都合です。

エリア情報

【タイプ】ガゼボ(15サイト)
【料金】1人5,000円(スタンダードBBQプラン)
【人数】2~8人
【利用時間】11:00~15:00、18:00~22:00

豊洲のグランピングのエリア⑦盛大に

パーティーエリア(ラブキングダム)

実に500人まで入場できてしまう、ワイルドマジックで最大の貸切エリアがここです。パーティーエリアはまるで豊洲でサーカスでもやってるのかと疑うような外観で、別名をラブキングダムとも言います。グランピングBBQなどは80人以上の大所帯に限定され、イベントやウェディングの開催でも評判です。

エリアの特徴

エリアにはティピーやパーティーシェード、グランピングテントが並び、実際に貸切パーティーが始まればとても賑やかなキャンプ場のよう。宿泊は不可能とはいえ、豊洲の空の下で大勢が集まるBBQは壮観です。会社の飲み会、忘年会、学生のパーティーなどに活躍します。

ウェディング

別名にラブキングダムとあるのは、アウトドアの環境でのウェディングが開かれる豊洲の新名所だからです。たまに開催されるカップルの結婚式では、グランピングの環境の中でBBQのお食事で盛り上がります。愛犬家やキャンプ場生活を趣味とするカップルには、見逃せない環境です。

エリア情報

【タイプ】エリア全域(BBQ・イベント・ウェディング)
【料金】用途や人数による
【人数】80~500人まで
【利用時間】‐

豊洲のグランピングのBBQ

スタンダードBBQプランの食材

とてもお得にたっぷりBBQを味わえるのが、豊洲の手ぶらグランピングのスタンダードBBQプランです。季節のお肉を中心として、野菜やマシュマロなども付いてきます。お肉はサーロインやローストポークなどのステーキ、チキンレッグが揃い、美味しく仕上げるのがワイルドマジックオリジナルソースです。

高級なBBQプラン

その他にも豊洲のグランピングでは、高級感に満たされたBBQプランが選べます。プレミアムBBQプランは国産のお肉にこだわり、ハラールBBQプランはイスラム教でも合法とされる、ハラール認証のお肉が提供されます。料金は度外視でグランピングを楽しむならこれです。

飲み放題付き

完璧な酔っぱらいを目指す場合、豊洲で飲み放題を付けたBBQが一番です。アルコールは生ビールやJimbeamソーダ、カクテルはマリブオレンジやジントニック、ノンアルコールはジンジャーエールなど20種以上の飲み物が揃います。ビーチ気分のプールサイドでも、グランピングに飲み放題は欠かせません。

持ち込みもできる

別にこの豊洲のキャンプ場内で注文するだけが、お食事の方法ではありません。現地注文する上に、自分で食材を持ち込んだり業者のケータリングを頼むことも、ワイルドマジックでは許可されているためです。手作りサンドイッチなど自由に持ち込んで、カップルのBBQも上質なものにできます。

豊洲のグランピングのカフェ・バー

RAINBOW BAR

ビーチにありそうなおしゃれで美味しい豊洲のRAINBOW BARは、ビッグティピーの近くにあるお店。グランピング中に訪れると、BBQとは違った料理やスイーツを入手できます。例えばビーチ気分のプランツ&ウォーターエリアで過ごす時、持ち込みを忘れたらここの料理を入手すればよいのです。

おすすめ料理

一番にRAINBOW BARがおすすめしているのが、評判高いレインボードッグ。これはオリジナルドッグロールにパリパリに焼き上がったソーセージが美味しい、豊洲の名物です。夏のグランピングでクールダウンするなら、虹色に輝くかき氷。お好きなお酒やジュースを注文するにも活躍します。

豊洲のグランピングのペットについて

ペット一緒も可能なエリア

基本的にワイルドマジックの全てのエリアが、ペットを連れて入って良い仕様です。豊洲のそれぞれのグランピングサイトでは、通常2~3匹まで入場可能になっています。放し飼いは不可能ですが、他の席との距離が離れたサイトもあって、人や犬も過ごしやすい配慮がされています。

ペットとの過ごし方

ほぼ全てのサイトは、ペットをリードで繋いでおくことが必須条件です。またペットのトイレなどの管理も各自で行う必要があり、しつけがされていることが求められています。豊洲のBBQでは人間用のお肉を犬に与えても良いですが、ペット用の食べ物を持ち込んでも問題はありません。

豊洲のグランピングの過ごし方

宿泊はできないがテント内で休憩できる

きちんとしたテントがあるので宿泊もできるのではないか、そう考えていた方には残念なお知らせです。この豊洲のグランピング施設は現在日帰り専用で、宿泊には対応していません。しかし宿泊代わりにグランピングテントのハンモック、プールサイドのデッキチェアにて、ゆったりくつろぐことはできます。

クマと記念撮影

犬と理想のテント宿泊が不可能とわかって悲しい人には、豊洲のキャンプ場にいるクマさんをご紹介します。日帰りグランピング中に出会えるクマのぬいぐるみは、この日帰りBBQでの人気者。特に女子が抱きついて撮影する様子が目立ち、犬もインスタ映えを目指して一緒に写真に収まっています。

手持ち花火ができる

さらに豊洲グランピングを充実する要素になるのが、夜空にきらめく花火です。この場所では盛大な打ち上げ花火は不可能ですが、手持ちの小型な種類のみ許可されています。BBQの合間に花火をすれば、宿泊はできなくても夜のキャンプ場を一層楽しいものに変えられるに違いありません。

豊洲のグランピングの利用手順

公式サイトから予約しよう

確実に予約を入れてから、豊洲のグランピングにお出かけする必要があります。まずワイルドマジックで予約をするには、会員登録が不可欠です。登録したら公式サイトの「バーベキューのご予約」ページを開き、希望する日時やエリアや手ぶら可能なBBQプランなどを選択して、予約の決定を完了させます。

チェックインしよう

指定の時間の前に、豊洲のワイルドマジックの入口に到着しておく必要があります。会員になった代表者1名がレセプション(受付)でチェックインと料金の前払いを済ませたら、いよいよBBQの始まり。スタッフから渡されるリストバンドを付けて、グランピングBBQができるエリアに向かいます。

東京のワイルドマジックに行こう

ペットとワイルドにお食事を実現

何故いま豊洲のワイルドマジックが評判を上昇しているか、分かってきました。グランピングは駅前で、ペット同伴当たり前、手ぶらで美味しいお肉もゲット、キャンプ場やビーチみたいに過ごせる魔法みたいな環境があるからです。カップルのデートや家族でのワイルドな行楽に利用してみたいですね。

東京での宿泊が気になる方はこちらもチェック!

当サイトでは豊洲でグランピングできるワイルドマジックの他にも、観光情報を掲載しています。手ぶらで泊まれる東京の宿泊が気になる方は、チェックしてみてください。