最強防寒着?!屋外でも使えるSUNARTのヒーター内蔵ベストの魅力に迫る!のイメージ

最強防寒着?!屋外でも使えるSUNARTのヒーター内蔵ベストの魅力に迫る!

様々なメーカーから素晴らしい防寒着が販売されていますが、その中でも群を抜いて暖かく、厳しい環境で使用するのに有難いのが「SUNARTのヒーター内蔵ベスト」です。今回はSUNARTのヒーター内蔵ベストの特徴や気になるポイントなどを詳しく解説していきます!

2020年01月17日更新

【PR】 暮らしの編集部
【PR】 暮らしの編集部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. SUNARTのヒーター内蔵ベストが凄い!
  2. ヒーター内蔵ベストのおすすめの使い方
  3. SUNARTのベストがおすすめな理由①ヒーター内蔵
  4. SUNARTのベストがおすすめな理由②軽量素材
  5. SUNARTのベストがおすすめな理由③バッテリー
  6. SUNARTのベストがおすすめな理由④その他
  7. SUNARTのベストへのTwitterの反応は?
  8. まとめ

SUNARTのヒーター内蔵ベストが凄い!

出典: http://www.kumagai-dk.jp

寒い時期・環境下で使える防寒着が欲しい方にぜひ知ってもらいたいのが、今回ご紹介する「SUNARTのヒーター内蔵ベスト」です。こちらは某テレビ番組でも紹介されたことで一気に知名度が増した製品であり、愛用者が沢山います。一般的な防寒着とは桁違いの最強ベストの一つと言えますので、冬の服装に悩まれている方はぜひチェックしてみて下さい。今回の記事では、このベストの特徴を詳しく解説していきます。

【クマガイ電工株式会社】ぬくさに首ったけヒーター内蔵ベスト【SHV-02】

ヒーター内蔵ベストのおすすめの使い方

SUNARTのベストがおすすめな理由

SUNARTのベストを詳しく解説する前に、そもそも「なぜヒーター内蔵のベストが必要なのか?」を知っておく必要があります。防寒着と言えばダウン素材のものが有名ですが、ダウンジャケットは空気層を作って体温を逃さないようにして暖める構造となっていますので、「すぐに暖まりたいのに暖かくなるのに時間がかかる」のが難点です。今回ご紹介するヒーター内蔵であれば10秒感熱ですぐに暖くなりますので、急な場合にも対応可能なのです。

SUNARTのベストの使い方①釣り

SUNARTのヒーター内蔵ベストは、長時間しっかり防寒する必要がある「釣り」に向いています。釣りのスタイルにもよりますが、激しく動きまわることが少なく、体が温まりにくい部分がある為、ヒーター内蔵ベストで暖めるのは非常に有効と言えるでしょう。また、撥水加工が施されているのも嬉しいポイントですね!

SUNARTのベストの使い方②ツーリング

冷たい風を浴びるツーリングにもヒーター内蔵ベストは最適です。寒い時期のツーリングには服装をしっかり整えて挑まれる方がほとんどですが、それでも寒さを感じる場合はヒーターの力を使いましょう。寒い日でも楽しくツーリング出来ます。

SUNARTのベストの使い方③登山

ヒーター内蔵ベストは登山でも活躍してくれます。登山は体を動かしますので、秋冬でも汗をかきます。SUNARTのヒーター内蔵ベストは、電源を切っておけば通常のベストとしても使用出来ますので、暑く感じる間は電源を入れず、休憩中に冷えた時だけ電源を入れるといった使い方も良いでしょう。また、ウェア約300g(Mサイズ)、バッテリー約100gも軽量で体に負担をかけない設計になっているのもおすすめポイントです。

SUNARTのベストの使い方④ウインタースポーツ

登山同様に、ウインタースポーツでもおすすめです。スキーやスノーボードなどのウインタースポーツも、体を激しく動かしますので、汗をかきます。体を動かさないリフトに乗っている時間や休憩中などは汗が冷えますので、寒くなってきたら電源を入れて暖めると良いでしょう。また、両サイドに伸縮素材を使っているので、激しい動きでも体にフィットする設計になっています。

SUNARTのベストがおすすめな理由①ヒーター内蔵

SUNARTのベストは約10秒で感熱!

一般的な防寒ベストは、ダウンなどで暖めるような形になっています。対して、SUNARTのベストは、バッテリーを使用して電気の力で暖めますので、その暖かさは桁違いと言えます。さらに、暖まるまでのスピードがとても早いのもポイントで、なんと約10秒ほどで暖かくなってくるのです。数分も経てばしっかり暖かい状態になっていますので、寒さを感じ始めたタイミングでスイッチONしましょう。

首の後ろまで暖まる最強ベスト!

ヒーターが内蔵されていても、首まわりが寒いと辛いところです。冬の服装はある程度厚みがあり、マフラーなどの小物も使用することである程度寒さを防げますが、SUNARTのベストであれば特許技術で首まで暖められます。ヒーターが内蔵されているのは背中だけではなく、首にも入っており、画像のようにしっかり暖まるようになっているのです。アウター・ダウンジャケットの下に着ることでより寒さを防げます。

光るヒートスイッチで3段階温度調整!

出典: http://www.kumagai-dk.jp

SUNARTのベストには、胸元にスイッチが付いています。このスイッチを押すことで電源を入れられるのですが、3段階に温度を切り替えるボタンにもなっていますので、お好みの温度に調整しましょう。その温度によって色が変わりますので、今の状態が分かりやすいのも嬉しいポイントです。また、この光るスイッチは夜道を歩く際の事故防止にも繋がっています。

SUNARTのベストがおすすめな理由②軽量素材

両サイドに伸縮性のある素材を採用

ヒーターを内蔵したベストというだけでも、寒い秋冬時期には非常に有難い防寒着と言えますが、伸縮性のある素材を使うことで、着心地の良いベストとなっているのもポイントです。ベストはアウター・ジャケットの下に着ることも多いので、重ねる服装をする際に邪魔にならないのも嬉しいところ。また、暖かいけど分厚すぎるダウンと違って、スッキリとしているのもポイントになります。

通常のベストとしても使用可能

出典: http://www.kumagai-dk.jp

ヒーターが内蔵されていますが、電源を入れなければ、一般的なベストとしても使用可能です。薄くて暖かい軽量素材を使用していますので、少し肌寒い程度の季節から使用していけます。冬が近づくにつれて電源を入れる機会も多くなっていくでしょう。冬時期にはアウター・ジャケットの下に重ね着しておいて、状況に合わせて使うのがおすすめです。

余計な配線が無いコードレス仕様

出典: http://www.kumagai-dk.jp

伸縮性のある軽量素材を使用しているといっても、やはりヒーターが入っているとなれば、着心地が心配な方も多いかもしれません。しかし、このヒーターは繊維状のしなやかなマイクロカーボンファイバーヒーターが使われていますので、装着時の違和感がありません。アウター・ダウンの下にも着られます。また、バッテリー駆動ですので余計な配線も無く、気軽に使えるベストになっています。

釣りで汚れても手洗いで洗濯可能!

出典: http://www.kumagai-dk.jp

釣りなど、アウトドアで使用するとどうしても汚れてしまいます。撥水加工が施されているのは当然のことながら、一般的なアウターやダウンジャケットを手洗いで洗うように、このSUNARTのベストも手洗いできますので、ヒーター内蔵でも同じように扱えます。ただし、バッテリーがありますので、バッテリーを外してから手洗いで洗いましょう。

SUNARTのベストがおすすめな理由③バッテリー

リチウムイオンバッテリーを採用

バッテリーは、多くの機器に使用されている「リチウムイオンバッテリー」が採用されています。しかも、専用設計で、軽量かつコンパクト、大容量かつ安定したパワーとなっています。また、充電回数も通常約500回と十分。1回の充電にかかる電気代は約0.5円ですので、電気代はほとんど気にならないでしょう。さらに、バッテリーは7.4Vの低電圧仕様となっていますので、感電の恐れもなく、安心して使え、充電時間も約2.5時間と短時間で使えます。

発熱持続時間は最大約7時間!

出典: http://www.kumagai-dk.jp

設定する温度によりますが、発熱持続時間は最大で約7時間となっています。強で約3時間、中で約4.5時間、弱で約7時間となっており、主に弱~中を使うことが多くなりますので、4.5~7時間程度が目安となります。これだけ長時間使えれば、外作業での寒さをしっかりカバー出来ます。ある程度暖かい服装で出かけて、寒い時だけ使えば長く持ちます。また、充電時間は約2.5時間となっており、継ぎ足し充電も可能です。

海外出張、旅行先にも使えるグローバル電圧対応!

ベストに付属している専用充電アダプターは100V~240Vに対応しているのも大きなポイントです。グローバルな電圧に対応していますので、海外出張・海外旅行の際にも使えます。寒い時期・寒い国に行かれる際は、ぜひこの最強ベストを持って行きたいところです。海外では変換アダプターが必要になりますので、変換アダプターも持って行きましょう。

SUNARTのベストがおすすめな理由④その他

男女兼用でサイズは5種類

サイズ/約cm 肩幅 身幅 身丈 重量
SSサイズ 40 47 60 約245g
Sサイズ 41.5 50 62 約270g
Mサイズ 43.5 55 66 約300g
Lサイズ 45 58 70 約330g
LLサイズ 46.5 61 74 約350g

SUNARTのヒーター内蔵ベストは男女兼用の製品で、サイズは5種類あります。SS~LL(男性サイズ表記)までありますので、体格に合ったものを選びましょう。SSサイズは「肩幅40・身幅47・身丈60㎝」、LLサイズで「肩幅46.5・身幅61・身丈74㎝」となっています。また、画像のようにサイズで胸元の色が違います。SSとLLでは約100gほど重量が違いますので、ジャストなサイズを購入することをおすすめします。

便利な収納ポーチ付き!

重ね着しやすいので、アウター・ダウンジャケットの下に着て出かけるのももちろん良いのですが、寒くなった時だけ着たい方も多いはずです。そんな時に便利なのが「収納ポーチ」。画像右下の収納ポーチが付いていますので、小さく畳んで収納し、必要な時だけ使うのも良いでしょう。携帯しておけば、万が一の防寒着として使えます。

SUNARTのベストへのTwitterの反応は?

撮影現場にもおすすめ!

こちらのツイートでは、撮影現場向けへの商品としてSUNARTのベストが紹介されています。ぬくさに首ったけシリーズは他にもありますが、まずはこのベストから使ってみるのがおすすめです。ベストであれば動きを邪魔しませんので、今の服装に気軽にプラス出来ます。撮影現場にもピッタリの最強ベストです。

冬のツーリングにも大活躍!

特に防寒性が必要になるのが、冬時期のツーリングでの服装ではないでしょうか。こちらのツイートでは、ご友人が絶賛したベストが届いて喜ばれている様子が書かれています。ツーリング用の服装にプラス1枚するだけで快適になりますので、寒さに悩まれている方はチェックしてみて下さい。

カイロからぬくさに首ったけベストへ

こちらのツイートでは、貼るカイロからぬくさに首ったけベストに変わり、満足している様子が書かれています。カイロももちろん暖かいのですが、持続時間や暖める範囲を考えますと、やはりぬくさに首ったけベストがおすすめです。特に、長時間の作業では、この最強ベストを使用したいところです。

姉妹品も欲しくなる!

今回は「ぬくさに首ったけシリーズ」のベストをご紹介しましたが、他にもベンチコートやマフラー、ブルゾンやパンツなど全15アイテムもあります。こちらのツイートでは、4年間ベストを愛用された方が、パンツも買おうか検討している様子が書かれています。ベストを使うだけでも暖かくなりますが、更に快適に過ごしたい方はパンツも検討対象となります。あったかパンツが気になる方は、下記リンクから見てみて下さい。

【クマガイ電工株式会社】直暖パン あったかパンツ【SHP-01】

まとめ

今回の「最強防寒着?!屋外でも使えるSUNARTのヒーター内蔵ベストの魅力に迫る!」はいかがでしたでしょうか?秋冬の服装、アウター・ダウンジャケットの下にプラス1枚するだけでとても快適に過ごせますので、「最強の防寒着が欲しい!」とお考えの方はぜひ下記リンクからチェックしてみて下さい。既にしっかりしたアウター・ダウンジャケットをお持ちであれば、ジャケットの買い替えよりもこちらのベストがおすすめです。

【クマガイ電工株式会社】ぬくさに首ったけ ベスト【SHV-02】
Thumb釣り用防寒着おすすめランキング16!寒さ知らずの最強アウターをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
寒さからしっかりと身を守ってくれる、おすすめ釣り用防寒着をランキングにてご紹介します。人気フ...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ