検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

キャンプエクスプレスのカレーが美味い!人気メニューや店舗の雰囲気をご紹介!

キャンプエクスプレスは駅ナカにある野菜を食べるカレーが話題の店舗。SNSでもその圧倒的なビジュアルを見た人も多いことでしょう。モーニングやランチなどの営業時間・店舗一覧・キャンプエクスプレスのメニューの中でも人気が高いものなど気になるカレー屋紹介します。
2020年8月28日
佐藤3

はじめに

口コミ人気が高いキャンプエクスプレスを紹介

キャンプ料理といえばスキレットは有名。そんな器に野菜がゴロゴロと入った町にいながらアウトドア気分が楽しめるとてもフォトジェニックなカレーショップがあるのをご存知でしょうか。駅ナカのみに店舗展開するキャンプエクスプレスという店です。メニューはカレーだけになるのですが駅ナカということもありモーニングやランチタイムには大変混雑する人気店。今回はこのキャンプエクスプレスというお店についていろいろとご紹介します。


野菜を食べるキャンプエクスプレスについて

キャンプエクスプレスとは

キャンプエクスプレスは昔キャンプで食べた野菜たっぷりのカレーの優しさや自然の力強さに感動を覚えそれをみんなにも食べてもらいたいという思いを込めて作られた飲食店です。(カレーキャンプホームページより意訳)はじめは路地裏の小さなカレー店でしたが、より多くの人が訪れる駅ナカという場所に進出し野菜を食べるカレーキャンプエクスプレスと店名を付け直し営業を続けています。

駅ナカでキャンプ気分を楽しめる


キャンプのカレーとはいっても食べる場所が違えば受け取る人によっては普通のカレーと同じになるでしょう。そこでキャンプエクスプレスでは器をスキレットにするなどでアウトドア感を演出しています。やさしさと力強さを表現したカレーメニューは野菜好きな人だけでなくビタミン不足の現代人・アウトドア好きな方とたくさんの人を巻き込んで話題となっているキャンプ気分を味わえるカレーショップです。

株式会社日本レストランエンタプライズ
camp expressのページ//新鮮野菜をお客様のオーダー毎にライブ調理いたします。 看板商品である350gのたっぷり野菜が入った「1日分の野菜カレー」をアウトドア感たっぷりの店内でご賞味ください。

野菜を食べるキャンプエクスプレスの店舗の特徴

キャンプエクスプレスの客席は


それでは、もう少しキャンプエクスプレスのことを知ってもらうために店内の雰囲気や様子もご紹介しましょう。まず駅ナカ店であるキャンプエクスプレスの客席はすべてスツールを使うカウンター形式。電車を待つ時間にサッと座って食べ終わったらすぐにホームに出られるのに向いた立ちやすい高さとなっています。

キャンプエクスプレスの店内の雰囲気

店内の雰囲気は駅ナカということもありとても明るくおしゃれな雰囲気と評判です。落ち着いて食事をするのとは違い、電車の時間を気にして食べたり遅くなった帰り際に食事を済ませる人など周りを気にせず一人でも入れる雰囲気があります。

キャンプエクスプレスは子供づれも平気?

不健全な雰囲気の店ではなく、メニューは野菜がたっぷりということで子供づれでも気にせず入店することができます。しかし全座席がスツールを使用しているので小さなお子さんはまず座ることに苦労するでしょう。その点に留意して利用してみてはいかがでしょうか。

野菜を食べるキャンプエクスプレスの営業時間等

キャンプエクスプレスの営業時間

キャンプエクスプレスの営業時間は長いのが特徴。朝は出勤する人たちに向けてモーニングサービスを提供するし、夜は終電近くなって移動する人でも利用できるよう遅い時間までオープンしています。

キャンプエクスプレスは各店舗で営業時間が違う?

しかし、その営業時間は〇〇時から〇〇時ですとハッキリとお伝えすることはできません。駅ナカということもあり独立店舗ではないためです。

入店している駅ビルの営業時間に準じるのが基本

今回このあとの店舗紹介で各店舗の営業時間も表示しますが、2019年7月現在営業している店のもの。店舗数が増えたり減ったりした場合でも、その駅ビル内の営業時間に準じるので利用したい駅のキャンプエクスプレスの営業時間はテナントとして入っているビルを調べた方が良いでしょう。ちなみに、定休日はなく無休で営業しているのでそちらは気にせず利用してください。

野菜を食べるキャンプエクスプレスのモーニング

モーニングサービス有りキャンプエクスプレス店舗

古い情報を見ると数店舗モーニングを実施しているというものが見つかったのですが、2019年7月現在モーニングの時間帯に営業しているのは品川店のみとなっています。今後この数などは変更の可能性もあります。

モーニングのメニュー

2019年7月現在モーニング用に用意されているのはチキンカレー・モーニングカレーの2種類。これも古い情報ではショウガ焼きカレーやA、Bなどとアルファベット表記の時期もあったようなので今後もメニューや商品名が変更される可能性は大きいと思っておいた方がよいでしょう。カレーの他にトーストのメニューもあるようです。

モーニングの営業時間

気をつけたいのがキャンプエクスプレスのモーニング営業時間。多くは11:00頃までがモーニングサービスとなっているようですが、こちらは10:00と早めに朝メニューは終了してしまいます。

野菜を食べるキャンプエクスプレスのランチタイム

ランチ実施有りのキャンプエクスプレス店舗

現在キャンプエクスプレスでランチとグランドメニューを分けて営業している店舗は見当たりませんでした。

ランチの営業時間はないが

ランチタイムという時間帯は設けていませんが、SNSで検索するとキャンプエクスプレスでランチの数は非常に多くヒットします。ランチにカレーというのはある意味鉄板のメニュー。昼の時間帯は店内に入るのにも行列ができるという口コミも見かけますので、キャンプエクスプレスでカレーランチを食べようとするときは時間に余裕を持ってできれば早めの時間帯にでかけることをおすすめします。

野菜を食べるキャンプエクスプレスの人気メニュー

キャンプエクスプレスの通常メニュー

通常メニューは季節限定があったり見直しがされたりするので、時々変わることをご了承ください。しかし基本的には野菜がたっぷりはいっているということ、注文がはいってから野菜を使って目の前で調理してくれるスタイルは変わらないようです。

キャンプエクスプレスおすすめ一日分の野菜カレー

定番で変わらないおすすめメニューは「一日分の野菜カレー」。含まれる中身の野菜の変化はある可能性は高いですが、この商品はキャンプエクスプレス1のおすすめであることに変わり有りません。見た目から野菜がゴロゴロとしており、ビタミンやカロテンを摂取できるヘルシーなカレーといえます。

その他人気のおすすめカレーメニュー①

2019年7月現在、店舗紹介に掲載されているおすすめメニューの中から特徴的なものをいくつかご紹介しましょう。まずは揚げナスとベーコンのカシミールカレー。カシミールカレーとはインドのカレーの中でも激辛とされるスパイスを使用したもの。辛いのがお好きな人向け。

その他人気のおすすめカレーメニュー②

こちらも人気なのか定番商品として長く続いているシーフードのタイ風グリーンカレー。グリーンカレーをよくほうれん草のカレーと間違える方がいますが、本場タイ風カレーは青唐辛子の緑。その辛さは半端なく刺激的でパンチがあります。しかしただ辛いだけでなくシーフードの旨味とたくさん乗ったパクチーのさわやかさで夏向きのカレーに仕上がっているでしょう。

その他人気のおすすめカレーメニュー③

デミカレーとはカレーの他にデミグラスソースを入れて作るレシピのことです。そのため見た目はどちらかというとビーフシチューのような濃い茶色をしているのが特徴的。しかしカレーの香辛料も入っているのでビーフシチューとは違った味わいが感じられるでしょう。

野菜を食べるキャンプエクスプレスの口コミ

キャンプエクスプレスの口コミ1.

くせになる。野菜を食べるカレー

キャンプエクスプレスといえばゴロゴロ野菜。まさに野菜を食べるカレーです。一般的なレストランのカレーは野菜は入っていても溶けてしまっていて、肉だけが目立つようになっていますがしっかりと存在感があり食べている!という安心感を感じるでしょう。

キャンプエクスプレスの口コミ2.

数年ぶりに食べたけど季節の野菜も盛り沢山良いね、その場で調理。もう健康になれた気がする。

上のコメントを補足するように野菜たっぷりカレーの良さを語ってくれています。また注目してほしいのがその場で調理してくれるということ。そのために野菜が消えてしまわずにしっかり残って作りたてのおいしさを味わうことができるのがポイント!

キャンプエクスプレスの口コミ3.

お店は山小屋やキャンプ場を模していて、スプーンがスコップの形をしていたりして面白かったです。

こちらはキャンプエクスプレスの店内の雰囲気や演出的なサービスについての感想です。このキャンプ風の食事を楽しみにいく人も多いようです。

キャンプエクスプレスの口コミ4.

全部カウンター席みたいな感じなので女性1人でも大丈夫です!!!ごはんの量無料で調整できるし、男性にもおすすめする!

こちらも店内の雰囲気やおすすめポイントをまとめてくれている口コミです。この方と上の雰囲気についての口コミがキャンプエクスプレスの特徴をよく表していると感じますね。

野菜を食べるキャンプエクスプレスの店舗一覧

店舗1.野菜を食べるキャンプエクスプレス池袋店

Photo by Dick Thomas Johnson

池袋駅構内にあるのがこの店舗。営業時間は朝11:00~23:00まで。JR池袋駅の南口改札からオレンジロードへ。7.8番ホームへいく階段すぐそばです。店内の座席数は19。連絡先電話番号は03-3987-7575。

店舗2.野菜を食べるキャンプエクスプレス品川店

Photo by Hyougushi

品川駅構内にあり利用者も多いのがエキュートサウス品川店です。こちらはモーニングサービスを実施しているので営業時間が早く7:00~23:00。土日は朝8:00からの営業に変わりますのでご注意ください。品川駅北改札近くからエキュートへ向けてずっと直進。連絡先電話番号は03-5421-8036。

野菜を食べるカレーキャンプとは別企業か?

駅ナカが野菜を食べるカレーキャンプエクスプレス

野菜を食べるカレーで検索するとキャンプというお店がヒットします。キャンプエクスプレスとよく似ていますね。野菜を食べるというところもそっくりです。この2つのお店は実は駅ナカにあるのか別の場所かとの違いだけのようです。

取り扱いメニューはほとんど同じ

このカレーキャンプエクスプレスははじめは代々木の路地裏の小さなお店からスタートしたそうです。それが全国にチェーン店展開をして少しずつお店が増えていった結果、駅にある店舗はカレーキャンプにエクスプレスを付けて駅ナカを強調しているというわけ。店舗によって少し違いはあるものの取り扱いメニューはほとんど同じです。

野菜を食べるカレーキャンプ店舗一覧

それでは簡単にではありますが、駅ナカ以外で同じカレーが食べられる全国の店舗を紹介しましょう。カレーキャンプの本店は代々木。先程お話したカレーキャンプのはじまりとなった店舗です。営業時間は11:30~22:30。都内にはこの他新橋・大手町に店があり。都内だけでなくエキマルシェ大阪店・MARK IS 静岡店・KITTE 博多店と店舗を拡大中。詳しくは公式サイトでご確認ください。

camp web
野菜を食べるカレーキャンプホームページトップ

まとめ

駅ナカで営業時間も長いキャンプエクスプレス

出典: https://www.nre.co.jp/Portals/0/shop/camp/shop/141120-1355_05l.jpg

都内の駅ナカでキャンプ気分が楽しめるカレーショップキャンプエクスプレスのご紹介でした。遅い時間まで営業しているので忙しい方にも立ち寄りやすい店となっていること、野菜がごろごろと入ったカレーは目の前で調理してくれるなどおすすめポイントもたくさん。キャンプに行きたいけれど最近忙しくてという方は、キャンプめしの雰囲気を味わうために足を運んでみてはいかがでしょうか。

おすすめ飲食店が気になる方はこちらもチェック

この他にも全国のおすすめ飲食店を暮らし~のではたくさんご紹介しています。旅先での食事をする場所探しに是非ご活用くださいね。