秋キャンプの始め方!初心者が心得ておくべき8つのこと!寒さは大丈夫?のイメージ

秋キャンプの始め方!初心者が心得ておくべき8つのこと!寒さは大丈夫?

秋はキャンプなどのアウトドアにおすすめの季節ですが、少し覚えておかないといけないこともあります。昼間はまだ暖かく汗ばむような事があって秋の夜は冷えるので寒さ対策は必要になります。他にも結露や夜露など秋のキャンプで必要になることを紹介します。

2019年07月23日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 秋はキャンプ初心者でも過ごしやすい季節
  2. 秋キャンプの魅力1
  3. 秋キャンプの魅力2
  4. 秋キャンプの魅力3
  5. 秋キャンプは注意することも多い
  6. 秋キャンプの注意点・対策1
  7. 秋キャンプの注意点・対策2
  8. 秋キャンプの注意点・対策3
  9. 秋キャンプの注意点・対策4
  10. 秋キャンプの注意点・対策5
  11. 秋キャンプの注意点・対策6
  12. 秋キャンプの注意点・対策7
  13. 秋キャンプの注意点・対策8
  14. おすすめアイテムの紹介
  15. 秋キャンプのまとめ

秋はキャンプ初心者でも過ごしやすい季節

秋は暑くない

初心者がアウトドアをしたくなる季節といえば夏のイメージがあるかもしれませんね。しかし夏のキャンプは意外と大変で虫対策や暑さ対策を怠ると虫に刺されたり、熱中症になってしまったりと命を危険にさらしてしまいます。その点秋だと気温が真夏と比べると幾分下がってきて過ごしやすい季節おなることから初心者がキャンプなどのアウトドアを始めるにはちょうどいい季節として人気が出てきました。

キャンプ場が利用しやすい

Photo by6091236

秋キャンプが人気になってきましたがやはり夏と比べると人が少なめになるので、キャンプ場に予約を入れやすかったり、人が少ないためフリーサイトが混み合わず、好きな場所が選びやすくなるため快適に過ごせるようになります。キャンプ場に人が少ないということはレンタル品も借りやすいということになるので、道具やアイテムやアイテムがまだ少ない初心者には2つの意味で秋のキャンプ場は利用しやすくなりますよ。

秋キャンプの魅力1

過ごしやすい

秋キャンプの最大の魅力といえば前述したように過ごしやすいということです。気温が下がり昼間でも真夏と比べると過ごしやすく虫が夏よりかは少なめと嬉しい事ばかりですが、秋はさらに秋晴れという言葉があるように秋は爽やかな天気になることが多く、冬のように晴れていても風が強いということがないので、テントやタープの設営がしやすかったり、風が強すぎて撤収を余儀なくされるという自体は少なくなります。

長雨に注意

晴れて過ごしやすい日も多いですが、逆に長く雨が降り続くような場合もあるのでこの点だけは注意しましょう。秋雨前線という言葉を聞いたことはありませんか?秋雨前線とは梅雨を弱くしたようなものでその場からなかなか動かない停滞性の前線です。梅雨のように長く激ししく雨が降ることは少ないですが、前線が活発化すると大雨にもなるので秋雨前線がくる9月中旬から10月中旬ぐらいまでは天気予報を確認しておきましょう。

秋キャンプの魅力2

熱が楽しめる

Photo by amika_san

熱だけででは分かりにくいので、どんどん紹介していきましょう。秋キャンプは真夏ほど暑くないので夜になると夏のキャンプでは楽しみにくかった過ごし方ができるようになります。例えば「焚き火」は不快になるほど熱くなく、心地よい暑さになります。またキャンプ場周囲にあることが多い「温泉」も夏と比べると暑くないのでゆっくりと楽しめるので秋のキャンプ場は過ごし方の1つに熱を楽しむというのができます。

汗だくにならないのが大切

Photo byPexels

キャンプなどのアウトドアでは汗だくになると、体温が奪われてしまうのでできるだけ汗をかかないような過ごし方をしたほうがいいと言われています。汗をかいたら着替えるようにしたらいいのですが着替えも限られてくるので、適温の状態でキャンプの醍醐味とも言える焚き火や温泉を楽しみましょう。初心者の方はキャンプ場を選ぶ時にコインランドリーなど服が洗える場所をい選ぶと着替えが少くても対応しやすいです。

秋キャンプの魅力3

自然を満喫できる

秋キャンプの魅力といえば紅葉です。キャンプ場の周辺は自然豊かな場所が多いので秋の醍醐味と言える紅葉も満喫できます。夏より気温が下がることで空気が澄み天体観測も秋のほうが見やすいと言われていて、一眼レフなどで天体観測を取りやすくなります。また満月がきれいに見えることから十五夜、ハロウィンなど屋外やキャンプ場でも楽しめるイベントもたくさんある季節です。

秋は実りが多いい

秋は旬を迎える食べ物が多く海の幸も山の幸も豊富です。山のキャンプ場、海のキャンプ場でも旬の食材を使ったおいしいキャンプめしが作れます。また真夏より過ごしやすい気温のため食材が傷みにくいとも言えるのでまったりと自分のペースで料理できるというところも魅力的です。また若干虫の数も減っているので、料理しやすいことからキャンプの全てが楽しめる季節と言っても過言ではありません。

秋キャンプは注意することも多い

魅力も考え方を変えると注意点になる

Photo byjbom411

秋キャンプの魅力を紹介した時に「焚き火」と「温泉」をあえて強調して紹介しました。真夏より気温が下がり適度に過ごせるということは日が沈むと寒くなります。そのため温泉や焚き火が楽しめるということです。このように魅力も考え方を変えてみると注意しないといけない点が多くなります。空気が澄み星が見やすくなるというのも冬のように気温が下がり空気中の不純物がすくなるということになります。

秋キャンプの過ごし方としては寒さ対策が大切

いろいろな注意点がありますが、秋キャンプで主に注意しないといけないのが過ごし方です。夏のように暑いのではなく、肌寒かったり、寒いので寒さ対策を意識的にしていく必要があります。寒さ対策をすると今度は結露が発生しやすくなるのでテントの結露対策なるアイテムを使ったり、結露を拭き取るアイテム持ってきたりと過ごし方だけではなく服装や持ち物などの装備も大切になるので初心者の方はこの点だけ注意しましょう。

秋キャンプの注意点・対策1

服装に気をつける

秋キャンプに行く前に服装を考えましょう。昼間はまだ暑くても日が沈むとそれなにり冷えてくるのが秋キャンプです。そのため半ズボン、半袖ではなく長ズボン、長袖というのが基本の服装になります。そして重ね着をして温度調整ができるようにしておき、さらに寒さが強くなる晩秋に差し掛かる10月半ば以降になるとヒートテックなどの機能性インナーを追加するなどしましょう。寒さ対策として服装はかなり重要です。

服装はしっかり整える

重ね着ではなくコートなど温かい服装だけでだと温度調整ができず汗をかいてしまうこともあります。そうなると前述したように良くない傾向です。9月は日中暖かいので服装が冬物だと汗をかきやすくなり、日が落ちた時に汗で濡れたままだと一気に寒くなりますよ。秋キャンプを満喫するには初心者でも服装はしっかり整えてから行いましょう。ポイントは重ね着をして、快適に過ごせる温度になるように自ら調整することです。

標高が高い場所は服装を変える

Photo bywynpnt

秋の味覚を求めて山のキャンプ場に行くとしましょう。まだ9月のはじめ頃で暖かいので薄い長袖、長ズボンで標高600mの低山のキャンプ場に行くとかなり寒く感じるかもしれません。標高が100m高くなると気温が0.6度下がり150mでおよそ1度低くなります。普段よりも4度近く気温が下がったうえに風があると、薄い服装では寒いでしょう。このように時期だけではなくキャンプ場の標高に合わせた服装が必要になります。

秋キャンプの注意点・対策2

3シーズン向けシュラフの用意

体温が高く代謝のいい人でも10月以降の秋キャンプでは寒く感じる事が多いので初心者の方ほど、秋に対応しているシュラフを用意しましょう。かさばったり、値段が高くなりますが夏用の薄いシュラフだと寒さ対策をしても寒く感じられ寝れない事が多いです。春夏秋と3つのシーズンに対応した使用最低温度が-10度前後のシュラフだと秋でも快適につかえ、寒かった場合でもインナーを入れて調整して使えるので便利です。

真冬用はNG

服装と同じように調整しやすい状態でキャンプ場に行くことをおすすめします。冬用のシュラフは保温力が高すぎて汗をかいてしまうのでよくありません。ただ前述したように標高が高ければ気温がぐっと下がってくるので標高に合ったシュラフを使うというのも大切です。なお使用最低温度は使用してはいけない温度と捉えておきましょう。使用最低温度に5~10度足した温度が使える温度となります。

秋キャンプの注意点・対策3

アイテムの工夫

thermarest(サーマレスト) ライトソル/シルバー/レモン/R 30670シルバー マット アウトドア用寝具 アウトドア ウレタンマット ウレタンマット アウトドアギア
楽天で詳細を見る

通常のマットでも断熱性はありますが、日が暮れて寒くなる場合は寒さ対策も兼ねてアルミが蒸着されているマットを使ってみましょう。夏や春でもマットを使いますが、大抵の場合アルミが蒸着されている側を下にして使っていたりアルミが蒸着されていないマットを使っていると思います。秋はアルミが蒸着されている面を上にすることで、体温を逃さないように保温ししてくれるので秋から冬のキャンプで簡単にできる寒さ対策になります。

コットにマット

寝心地が良いコットも寒さ対策として使えるアイテムです。空き家冬のキャンプではとにかく地面からの冷気を遮断して寒さに備えないと快適に過ごせません。コットは床と接触した状態で寝ないので秋のキャンプでも有効な寒さ対策のアイテムとなります。コットだけでは寒いという場合はマットを追加して寝られるので調整しやすいく初心者にもおすすめです。

秋キャンプの注意点・対策4

キャンプ場選びに工夫を

Photo byFree-Photos

秋からキャンプデビューするという場合や初心者のかたはキャンプ場選びを工夫してみましょう。自分が住んでいる場所の標高(海抜)が高い場所を選ぶとそれだけ寒くなるのでまずはあまり標高の変わらないキャンプ場に行くことをおすすめします。

電源付きのキャンプ場がおすすめ

次に確認してほしいのが電源付きサイトの有無です。電源付きのサイトと通常のサイトでは過ごし方が大きく変わってきて、電源付きのサイトだとテント内でホットカーペットが使えるので秋キャンプでも寒くありません。また、一酸化炭素を出さないことから初心者でも使いやすいと言われている電気ストーブも導入できるので便利です。晩秋になると電気ストーブでは寒いですが、初秋などでは十分暖かいです。

秋キャンプの注意点・対策5

寒さ対策になるアイテムを準備

Photo by yto

電気ストーブやホットカーペットは就寝時は消すようにしましょう。テントは燃えやすいものが多いので寝ている最中に火事になってしまうと大変危険です。テント内で電気もガスやガソリンなどの燃料を使わなくても暖かくなる便利なアイテム「湯たんぽ」を活用しましょう。真冬キャンプでも使われる方法でシュラフを暖かくしてくれるだけではなく就寝時に使ってもカバーを使って説明書通りに使えばテント内でも安全です。

低温やけどについて

湯たんぽに長時間触れていると低温やけどする可能性があります。寝る前に取り出しておいたり足に触れないようにシュラフの奥にするなど少し工夫をしてみましょう。

秋キャンプの注意点・対策6

結露と夜露に注意

寒い季節になると外気温との差で結露が発生し、よく晴れた秋晴れの日には放射冷却で冷やされた蒸気が夜露としてテントなどに付着します。結露の方は冬に必ずと経験するような現象で、暖房の効いた部屋だと窓辺に結露が発生します。夜露は実際にキャンプをしてみないと体験することはないので分かりにくいですが、簡単に言えばよく晴れた日にアウトドアチェアなどを出しっぱなしにするとびしょ濡れになるので対策が必要ということです。

夜露対策

自然現象なのでテントなどを絶対に濡れなくする方法はありません。テーブル、チェア、「電子機器」など濡らしたくないものは必ず片付けるようにしましょう。またタープをできるだけ低くしてテントを守るように張るもの対策の1つになります。

結露対策

結露は外とテント内の温度差をできるだけ減らすっというのが対策になります。こまめに換気するのが一番の対策になりますが、ツールームの場合別売りのルーフ用のフライシートを装着することで結露の発生を最低限にできるので、サーキュレーターなどを使ってより空気を循環させましょう。他には市販の除湿シート使う方法もあります。またテントを新調するならポリコットン、コットンの結露に強いテント選ぶことも対策の1つです。

秋キャンプの注意点・対策7

過ごし方での注意点1

Photo byAnnaliseArt

秋は動物が冬に備え栄養を蓄える季節でもあります。そのため自然豊かなキャンプ場だと食べたものを片付けずに寝てしまうと、野生動物が寄ってくる可能性があるのでしっかり片付けるようにしましょう。虫は少なくなる季節ではありますがスズメバチが活発に動いている時期でもあるので注意しましょう。運が悪いと食べ物の匂いに誘われてクマやイノシシが出る可能性もありますよ。

過ごし方での注意点2

Photo bychrisaram2

料理に焚き火、天体観測、温泉とキャンプの醍醐味を全て味わえるのは秋ならではの過ごし方ですが、焚き火をするときは火の粉に注意しましょう。秋は気候が安定していることが多くキャンプに適していますが、風がまったくないとは限りません。衣服に火の粉が触れると穴が簡単に開くように、テントやタープなど化学繊維を使っているものは穴が空きやすいです。綿を使用した焚き火ウェアを用意しましょう。

秋キャンプの注意点・対策8

設営は早めに

Photo byGeorge01P

秋のキャンプは夏のように太陽が出ている時間が少ないので、早くできるようになっておきましょう。いろいろな過ごし方があると思いますが、設営、レイアウトを時点で照明のことを考えておくというのも必要になります。そのため初心者のかたはスムーズに設営できるように、テントやタープの設営を練習してから来るようにしましょう。

暗くなり始めてから準備はしない

秋分をすぎると昼と夜の長さが逆転し夜長となります。こうなると暗くなりはじめてランタンなどのライティングなどの準備は早くしないと真っ暗になってしまいます。

おすすめアイテムの紹介

重ね着に

フリースジャケット メンズ レディース
楽天で詳細を見る

寒さ対策として重ね着をする時にフリースジャケットがあると便利です。長袖長ズボンの服装の上にフリースジャケット、そしてウィンドブレーカーなどを着て温度調整をします。

インナーシュラフ

【Bears Rock】 寝袋 インナーシュラフ
楽天で詳細を見る

夏用のシュラフに足したりスリーシーズン用のシュラフに足して使う防寒対策に便利な非常に薄いシュラフです。シュラフの中に入れて使います。

結露専用のアイテム

アール 結露拭き取り マイクロファイバー H−802
楽天で詳細を見る

結露拭き取りワイパーやモップ、クロス(速乾性タオル)など結露をサッと拭き取れるアイテムがあると便利です。吸水性が高く速乾性があると使いやすいですよ。

湯たんぽ

ファシー 湯たんぽ
楽天で詳細を見る

従来の容器ではなく氷枕のようなゴムタイプだとスリムになり持ち運びしやすいことからキャンプでも使いやすいです。湯たんぽはいろいろな種類があるので過ごし方に合わせて好きなタイプを選びましょう。

焚き火で役立つアイテム

綿ヤッケ アノラックパーカー M-
楽天で詳細を見る

焚き火は秋キャンプでは暖房にもなる重要なアクティビティですが、服に穴を開ける可能性があります。このような綿100%素材があると焚き火で服に穴を開けずにすむので便利です。

秋キャンプのまとめ

秋は心得があると楽しい季節

Photo by imnakashima

秋のキャンプは心得があると初心者でも楽しいキャンプができるおすすめの季節です。結露や夜露も大切ですが、寒さだけはしっかり対策を立てておきましょう。湯たんぽや電気ストーブを導入したり機能性インナーなどを利用して暖かく、温度調整しやすい格好でキャンプを楽しんでくださいね。結露を防ぐ方法はテント内の換気となるので寒くても換気をして寝袋やマットで保温して過ごしましょう。

秋のアウトドアが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のには秋のアウトドアに関する記事がたくさんあります。良かったらチェックしてくださいね。

Thumb【2018】神奈川で秋に行きたいコテージ・貸別荘おすすめ12選! | 暮らし~の[クラシーノ]
間近に大都会を控えながらも丹沢山に箱根山などの自然が満ちた神奈川で、秋のおすすめコテージ生活...
Thumb秋の京都で人気なコテージやバンガローがある施設13選!この季節にはココ! | 暮らし~の[クラシーノ]
子供から年配の方まで誰でも楽しむことの出来るキャンプ!近年キャンプを楽しむ人が増えると共にコ...
Thumb【2019】三重県の秋に行くべきコテージ泊ができる施設おすすめ12選! | 暮らし~の[クラシーノ]
耳にすれば海老と神宮を思い出す三重で、秋のキャンプの実践ならコテージを選んでみませんか。おす...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ