グレゴリーのテールメイトを徹底解説!サイズ感や容量、口コミの評価は?

グレゴリーのテールメイトを徹底解説!サイズ感や容量、口コミの評価は?

グレゴリーといえばアウトドア用品の中でも大型ザックをイメージされる方もいらっしゃいますが、テールメイトのような小型のウエストバッグも制作されています。グレゴリーのテールメイトは小型でありながら非常に高性能な万能ウエストバッグですので、幅広くおすすめできます。

記事の目次

  1. 1.グレゴリーの性能が凝縮されたテールメイト
  2. 2.グレゴリーテールメイトの特徴
  3. 3.グレゴリーテールメイトの性能
  4. 4.グレゴリーテールメイトのサイズ感
  5. 5.グレゴリーテールメイトの機能
  6. 6.グレゴリーテールメイトの口コミレビュー
  7. 7.グレゴリーテールメイトの注意点
  8. 8.グレゴリーテールメイトの購入方法
  9. 9.グレゴリーテールメイトでキャンプに行こう!
  10. 10.グレゴリーテールメイトのまとめ

グレゴリーの性能が凝縮されたテールメイト

グレゴリーはアウトドアをしない人でも知っているほどの超有名ブランドでありながら、制作する製品の性能や特徴の素晴らしさからバッグパック界のロールスロイスと称されています。グレゴリーのテールメイトはバックパックではありませんが、ウエストバッグという小さなバッグの中にグレゴリーの素晴らしさが凝縮されているので愛用者が絶えません。

コンパクトな万能ウエストバッグ

グレゴリーのテールメイトは容量が8Lとグレゴリー製品としてはかなり小型のバックですが、ウエストバッグとしてはとても大容量です。容量はありながら見た目やデザインはとてもシンプルですので、サイズ感はとてもコンパクトに抑えられています。グレゴリーのアイテムをウエストバッグのサイズまで小型化させたテールメイトは性能も大型ザック級にまで豊富で充実しているので一緒に確認していきましょう。

グレゴリーテールメイトの特徴

グレゴリーテールメイトの最大の特徴は、コンパクトなウェストバッグにグレゴリーの性能や機能が凝縮されていることです。グレゴリーの主な製品は大型から中型のバックパックですが、特徴と性能の共通点として使用者の負担を減らす構造になっているポイントです。グレゴリーのテールメイトはバッグパックと違いウエストに装着するバッグですので、越しと接する部分にも使用した際に疲れにくい工夫がされています。

最強素材HDナイロンのウエストバッグ

グレゴリーの製品は強靭な強度も魅力の一つで、購入された方々や実際に現場で使用されている方々の口コミレビューではそういったポイントも高く評価されています。グレゴリーのテールメイトもオーバースペックという程の強度が実現されており、HDナイロンという軍用品に使用されている強度と耐久力がある素材で制作されています。HDナイロンは通常のナイロンと比較して軽量でありながら約15倍の強度を持っていますので、ちょっとやそっとのダメージを受けてもなんともありません。

グレゴリーテールメイトの性能

グレゴリーのテールメイトはそのシンプルなデザインから街中での普段使いから、軽アウトドアであるハイキングやピクニックでの必需品を収納するウエストバッグとして大活躍します。テールメイトの容量は8Lですが、グレゴリーのイメージである40L級のザックと比較してしまえばサイズとしてかなり小さいように思えます。しかし、実際8Lのサイズ感としてさほど小さい物ではありませんので安心して使用できます。

グレゴリテールメイトの仕様

次は気になるグレゴリーテールメイトの正確な仕様をご紹介させていただきますので、検討の参考としていただければ幸いです。グレゴリーテールメイトの容量は8Lあり、サイズは横39.5cm縦16cm幅13cmです。8Lとしてサイズ感が分かりにくいですが、横サイズを見ればそれなりのサイズというのが分かります。重量は410gと非常に軽量です。グレゴリーのテールメイトはユニセックスデザインですので、男女共にご使用いただけます。

一回り小さいテールメイトXS

グレゴリーの素晴らしい性能がウエストバッグという形で小さくまとまったテールメイトですが、通常の8Lサイズの物では大きいという方にもう一回り小型のテールメイトXSという物が存在します。容量は3.5Lで、サイズはそれぞれ横31.5cm縦13.5cm幅10.5cmと通常のテールメイト半分より少し小さいサイズ感です。重量も275gと非常に軽いので、軽装で出かけるのに向いています。

グレゴリーテールメイトのサイズ感

グレゴリーの他の製品は30L級のデイパックや40L級の中型ザック、60L級の大型ザックなどの登山向きな大型な容量サイズのイメージがありますので、テールメイトの容量8Lというサイズは比較すると非常に小さく思えますのでサイズ感がよく分からないという方が多いです。しかし実際ウエストバッグとして8Lは大容量ですし、例えてどれだけの物が入るかと言えば財布や鍵といった必需品の他に500mlペットボトルを2本入れてもまだ余る程です。

用途によって変えるテールメイトのサイズ

グレゴリーテールメイトシリーズには二つのサイズが存在します。通常のテールメイトは容量8Lサイズで、もう一回り小さいテールメイトXSの容量は3.5Lサイズです。通常のテールメイトではハイキングやキャンプといったちょっとした遠征から旅行までいけますし、テールメイトXSは必要最低限の物を持ち運びたい場合に向いています。それぞれ二つのサイズを予定の用途別に選ぶのをおすすめいたします。

グレゴリーテールメイトの機能

グレゴリーテールメイトには口コミレビューでも称賛されるほど優れた機能が盛りだくさんについています。例えばHDナイロンという強靭で優れた耐久性を持つ素材で出来ているのも大きなポイントですし、グレゴリー製品代表作である大型ザックの優れた特徴も採用されています。グレゴリーの特徴としてザックやバッグが使用者へしっかりフィットして疲れにくい立体構造機能も採用されています。

ザックの特徴を引き継ぐ機能

グレゴリーテールメイトは登山を安全に挑めるようなザックではありませんが、ウエストバッグという比較的小さい製品でありながらもグレゴリーが世界におくるバックパックの特徴を引き継いでいます。その中でも背面のフィット構造は大型ザックと同じもので、使用者の負担や疲労を大幅に抑えます。また防弾チョッキなどの軍用品に使用されているHDナイロンも丈夫なザックから引き継がれた機能の一つです。

ポケット内のアクセス性

グレゴリーテールメイトはウエストバッグではありますが、ショルダーバッグとしても勿論使用できます。使用している中で荷物をテールメイトの中から取り出す際の視認性の高さやアクセス性の高さもテールメイトは昨日として高め、こだわっています。メインジッパーを開けばメッシュポケットがありますので、必要な小物類もすぐ見つけることができ、思うように取り出せます。

グレゴリーテールメイトの口コミレビュー

グレゴリーテールメイトはコンパクトでありながらHDナイロンの様な優れた素材で出来ており、強度や耐久性も口コミレビューで高く評価されています。性能も折り紙付きで、ウエストバッグと思えない様な大型ザックの特徴を引き継いでいるグレゴリーテールメイトは使用者の心を鷲づかみにするでしょう。しかし、実際にテールメイトを購入して使用されている方々のリアルな声はどうでしょう。非常に参考となるリアルな口コミレビューを一緒に確認していきましょう。

愛用してます 15年使ったテールメイト、かなり使い込んできたので、新調しました! やはり身体にしっくり来ます。 でも前の方が作りは良いです…が仕方ない。 また15年愛用したいと思います。

こちらの口コミレビューをしてくださった方は15年も使用され続けている方です。それだけ使用され続けるということは、それだけ使いやすく間違いのない素晴らしいバッグということですね。とても貴重な意見としては、前モデルのテールメイトの方が作りが良いとのことです。HDナイロンを使用されていて耐久面での性能が素晴らしい事は変わりませんが、製品自体の作りが若干違いますので好みに別れます。

最高です! XSを以前から愛用していましたが、赤ちゃんがいるのでなかなか出番がなく、なかなかママバッグとしてグレゴリーを使っているという話は聞いたことがなかったのですが、グレゴリーのテールメイト が大好きなので、今回Sサイズを購入しました。 開けてみて思ったより小さい!?と思いましたが、沢山入りました! 離乳食セット、おやつ、オムツ、お尻拭き、タオル、着替え、母子手帳とお薬手帳、マスク、財布、カードケース、お守り、充電器、ティッシュ等、目薬 パンパンですが、全て入りました。 あと哺乳瓶か水筒が入れば完璧でしたが、旅行でもない限りは、必要なものをその都度入れ替えれば、このテールメイトSで十分だと思います。 (細かったり小さめの哺乳瓶はさらに入るかも?) 150cmない小柄ですが、違和感なく持てました!女性にもオススメです。

小さなお子様と一緒に出掛ける際にはそれなりに荷物が増えてしまいますので、口コミレビューをしてくださっている方の仰る通りに一回り小さいテールメイトXSでは小さいです。しかし通常サイズの8Lテールメイトでは見た目はコンパクトで小さく感じながらも必要な物は十分入りますので、小さなお子様がいらっしゃるお母さんのバッグとしても非常に優秀です。

やっぱりグレゴリーはいいね~ しっかりしていて丈夫だし、腰に巻いた時のヒィット感が最高!

流石はグレゴリーの製品ですね!口コミレビューをしてくださっている方も満足されているご様子です。グレゴリーといえば登山バックパックから常用デイパックにかけてまで、使用者に負荷をかけにくい構造が魅力ポイントとなっております。グレゴリーテールメイトの腰に巻き付けた時のフィット感が高いのもグレゴリーならではの魅力です。

口コミレビューを判断材料に

実際に購入された方から使用されている方々のリアルな口コミレビューは如何だったでしょうか。流石はグレゴリー製というように性能やデザイン、使用感まで優秀で非常に優れていると言った声が多く目立ちました。しかし中には作りや使用感が前のモデルより劣っているという意見もありました。元々の使い方がウエストバッグですので、構造も腰にフィットするように作られているために、ショルダーバッグとして使うと少し違和感が出るのも重要な参考になります。

グレゴリーテールメイトの注意点

グレゴリーテールメイトの様に性能や仕様、そして機能やデザインと非常に優れているアイテムです。完璧に近い製品なだけに購入を検討されている方にとって、グレゴリーテールメイトの注意点を確認しておきたいですね。次はグレゴリーテールメイトの注意点をご紹介させていただきますので、是非検討の材料としてご確認くださいませ。

内部を雨から守る防水性

元が登山用の大型ザックを扱うアウトドアブランドなだけあり防水機能が当然備わっていると思いきや、実はテールメイトには防水性はありません。素材がいいザックにも使われているHDナイロンという素材ですが、防水層や防水加工がされているわけではありませんので、雨天時に外出する際には注意が必要になります。防水性を加えたい場合は市販の防水スプレーを塗布して防水仕様にすることも可能ですが、標準防水ではないために不具合が出る可能性があります。

グレゴリーテールメイトの購入方法

グレゴリーテールメイトの魅力を深く知っていくうちに少しテールメイトを気になっていた方は欲しくなり、以前から購入を検討していた方は実際に購入したくなるでしょう。グレゴリーテールメイトはグレゴリー製品の中でも比較的安価な製品ではございますが、せっかく購入するのですから間違いのない購入をしたいはずです。次は間違いのないおすすめの購入方法をご紹介させていただきます。

インターネットで簡単に購入する

一番簡単にストレスが無く、しかも時間がなくても購入できる方法はインターネットで購入するという方法です。サイトでグレゴリーのテールメイトの購入ボタンを押すだけで購入できてしまうのですから、便利な世の中になったものです。一番の魅力は在庫が残っているか分からない店に購入しに行くという時間をカットできる点ですので、時間がないけど何時までに入手しておきたいかが決まっている方におすすめな購入法です。

グレゴリーショップで慎重に購入する

インターネットでの購入は確かに早くて簡単です。しかし残念ながら、グレゴリーテールメイトは人気な製品なだけあり偽物が出回っている場合があります。時間はかかってしまいますが、より確実にグレゴリーのテールメイトを購入したい方はグレゴリーの店舗で実物を確認して購入するのが間違いありません。また店舗で実際に確認すれば、インターネット購入では分からない実物の使用感を知れます。

グレゴリーテールメイトでキャンプに行こう!

グレゴリーテールメイトは用途として普段使いからハイキング、ピクニックととても幅広い使い道があります。中でも8Lサイズはキャンプへ行くのにぴったりのサイズです!必要最低限の荷物プラスアルファ遊び道具をテールメイルに忍ばせれば、キャンプ中仲間と楽しめる事間違いなしです。多い荷物をコンパクトに収納でき、体に負担をかけにくい構造のテールメイトでキャンプ地を散策すれば楽しい思い出になります。

グレゴリーテールメイトのまとめ

グレゴリーテールメイトの素晴らしさをご紹介させていただきましたが、改めて確認してもテールメイトの機能や性能はとても優れていることが分かります。最後にまとめとして、テールメイトの性能や機能といった魅力、サイズ感の参考や実際に購入して使用された方々のリアルな口コミレビューをもう一度確認していきます。

選択の確実性を高めよう

グレゴリーのテールメイトはグレゴリーの代表製品であるザックの特徴をコンパクトに再現されています。グレゴリーの特徴である使用者の負荷を軽減させる立体構造によってフィット感やを再現し、HDナイロン素材といった強靭な素材により耐久度を高めています。標準サイズも8Lとなっておりますが、キャンプに行ける程物がしっかり入るサイズ感となっております。口コミとしては仕様や作りが前作と比べて劣っているという点もありますので、購入をする際は店頭で実物を確認するのがおすすめです。

グレゴリー製品が気になる方こちらをチェック!

グレゴリー製品は他にも多数ありますので、気になる方は是非下記の記事をご覧ください!わかりやすくまとめられていますので、参考になります。

グレゴリー「デイアンドハーフ」徹底解剖!製品特徴や気になる評価を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
グレゴリー「デイアンドハーフ」徹底解剖!製品特徴や気になる評価を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
大型ザックからデイザックまで幅広くザックを取り扱うグレゴリー。そのグレゴリーの中でもデイアンドハーフは度定番でしょう!アウトドアだけでなく街でも使えるデイパックを一回り大きくしたデイアンドハーフは、その絶妙な容量から正に万能のザックと言えるでしょう。
グレゴリーのショルダーバッグおすすめ10選!種類別に人気商品をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
グレゴリーのショルダーバッグおすすめ10選!種類別に人気商品をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
グレゴリーの人気ショルダーバッグを種類別にご紹介します!グレゴリー製ショルダーバッグはおしゃれで背負い心地もよく、肩がけや斜めがけなどの持ち方で様々なシーンで活用でき長く愛用する事が出来ます!防水性に優れたバッグが豊富にありますので活用してみてくださいね!
touki241
ライター

touki241

アウトドア、食事や体づくりを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking