Twitter
Facebook
LINE

バイクで運転中に音楽を聴くのは違法?おすすめイヤホン10選含めて解説!

shou7e

バイクで運転中に音楽を聴くのは違法?おすすめイヤホン10選含めて解説!

shou7e

バイク・原付での単独ツーリングや通勤通学などの運転時、音楽やナビ音声を聴いている方も多いと思いますが、はたして音楽を聴くのは違法なのか合法なのか?またバイク運転時、便利に使えるおすすめのイヤホン10選、あると便利なグッズなどをご紹介致します。



バイク運転中の音楽は違法?

バイク運転中に音楽が聴きたい

Photo byMabelAmber

バイクを運転している時、基本的に聞こえて来るのはエンジンの吸排気音と風の音になりますが、長距離のソロツーリングや毎日の原付・バイク通勤通学などになると音楽が聴きたいと思っている方は多いと思います。

しかし、運転中にイヤホンなどを装着するのは周りの音が聞こえなくなってしまったり、法律で禁止されていそうだけどどうなの?という疑問が生まれると思います。

バイク運転時の法律について

バイク運転時適用される法律は道路交通法になります。道路交通法の中にはピンポイントでイヤホンなどで運転中に音楽を聴くことを禁止する法律はありません。

しかし道路交通法の他に各都道府県で定める規則などがあります。東京都の交通規則を例にあげてみたいと思います。

高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。

運転中にイヤホンなどを高音で使用し周りの音が聞こえなくなるような運転はしない事と書いてあります。緊急車両のサイレンなどが聞こえないような音量で音楽を聴きながら運転は禁止ということが読み取れます。



Photo bygeralt

運転中音楽を聴くのは合法か違法か?

合法か違法かに関しては、各都道府県の交通規則を確認する必要があるのでここで明言はできませんが東京都の交通規則からは、禁止では無くバイク運転中に周囲の音が聞こえるような状態や音量で音楽を聴くのは問題無いようです。

法律の話を除いても安全に運転するためには周囲の音が聞こえないのは好ましくないので音楽などを聴く際は気を付けましょう。

Photo byPublicDomainPictures

バイク運転中の音楽を聴く方法は?



クリックすると楽天商品ページへ飛びます

どうやって音楽を聴いたらいいの?

バイク運転中の音楽を聴く方法ですが一部のバイクは標準装備で音楽プレーヤーなどが装備されていますが、ほとんどのバイク・原付はそのような装備、オプションはありません。ではどのような再生機器がバイク運転中に音楽を聴く事に適しているのでしょうか?

MP3プレーヤーやスマートフォンを活用

スマートフォンやMP3プレーヤーの類が便利になると思います。やはりバイクなので大型のプレーヤーなどは向いていません。また車載のプレーヤーなどを跡付けする事もほとんどの車種は厳しいと思われます。車載マウントなど装備するとナビなどを作動させながら便利に使う事もできます。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

バイクで音楽を聴くのは有線?ワイヤレス?

プレーヤーは有るけど

バイク運転中音楽を聴くとなるとイヤホンの類を使う事になりますが種類が沢山あって迷うと思います。ここではイヤホンの接続タイプの特長、メリット・デメリットについて話して行こうと思います。

Photo bysaleh_alknani

有線タイプのメリット・デメリット

有線タイプのメリット

読んで字のごとくイヤホンなどの配線が有るタイプになります。音楽プレーヤー・スマートフォンに直接接続して音楽を聴きます。有線タイプのメリットはトラブルが少ない事です。

配線などが物理的に切れたり破損したりしない限りは安定して音楽を聴くことが出来ます。また機器との接続も差し込むだけなので接続が簡単です。長距離ドライブや音楽プレーヤー・スマートフォンとの接続設定などが面倒な方にはおすすめになります。

Photo by hide10

有線タイプのデメリット

有線タイプのデメリットはやはり配線です。イヤホンなどの種類によっては長さが足りなかったり、車載マウントなどで音楽プレーヤー・スマートフォンなどをバイクに固定した要る場合はバイクから離れる際に都度取り外しが必要になります。

Photo byAbsolutVision

ワイヤレスタイプのメリット・デメリット

ワイヤレスタイプのメリット

ワイヤレスタイプはほとんどがbluetoothを利用しての接続になります。メリットは配線が無いことです。バイク本体に音楽プレーヤー・スマートフォンなどを固定した場合でも、配線などが無いため煩わしさがありません。またバイクから少し離れたりする際もいちいち取り外すなどの手間がありません。

Photo bynonmisvegliate

ワイヤレスタイプのデメリット

ワイヤレスタイプのデメリットは動作・接続時間になります。機器にもよりますが再生中の音切れやノイズ、bluetooth接続が不安定になると再度接続設定をしたりしなければなりません。

またbluetoothを利用している機器はバッテリー駆動になるのでバッテリーが切れてしまうと使用できなくなってしまいます。使用するときはバッテリーの状況、機器の駆動時間に注意が必要です。

Photo by3dman_eu

バイク用ヘルメット装着時のおすすめイヤホン①

WINS SoundTech2

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

WINSのSoundTech2になります。スタンダード、プレミアムエディション、プレミアムスリムのラインナップがあります。バイク用ヘルメットメーカーが販売しているだけに設計もシッカリしています。

有線タイプでヘルメットの耳の部分に貼り付けるタイプになるので運転中も外の音がしっかり聞こえます。

WINSのヘルメットなら確実にフィッティングしますが他のヘルメットでも耳のところの隙間があるフルフェイス、ジェットヘルメットなら問題なく取り付けられると思います。

バイク用ヘルメット装着時のおすすめイヤホン②

ビーコム ヘルメットスピーカーセット

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

サインハウスのB+COM用ヘルメットスピーカーセットです。

バイク用ヘッドセットのB+COM用で、USB TypeCプラグになります。XperiaなどのスマートフォンやMP3プレーヤーなどで使用が可能です。

こちらもバイク用ヘッドセット用の製品になりますのでフルフェイス、ジェットヘルメットへ問題無く取り付け出来る製品になります。

バイク用ヘルメット装着時のおすすめイヤホン③

AfterShokz AIRAFT-EP-000005

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

bluetooth接続のワイヤレスタイプ骨伝導イヤホンになります。耳をふさがないタイプになるのでハーフヘルメットで原付・バイクなど乗る際はおすすめです。またIP55防汗設計なので多少の雨なら付けたままでいられるのもうれしい点です。連続使用時間が6時間程なので通勤通学などにおすすめです。

バイク用ヘルメット装着時のおすすめイヤホン④

earsopen WR-3CL-1001

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらは有線タイプの骨伝導イヤホンになります。耳たぶに挟んで使うのでこちらも耳を塞がず使用できるので、やはりハーフヘルメットで原付・バイクなど乗る際はおすすめです。また有線なのでイヤホンの充電切れなどの心配ありません。

ただし通常のイヤホンよりも出力が必要なので機器によっては十分な出力が得られない場合があるようです。そんな時の為に別売りでアンプも用意されています。

WBA-1

こちらを接続すると出力やイコライジングもできるので快適に音楽を聴くことができます。アンプとプレーヤーの接続はbluetoothのワイヤレス接続か有線接続を選ぶことができます。

バイク用ヘルメット装着時のおすすめイヤホン⑤

SONY SBH82D

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ソニーのbluetoothのワイヤレス接続イヤホン最新製品になります。オープンエアータイプなので耳を塞ぐことなく音楽を聴くことができます。このイヤホンなら運転中も周囲の音が聞こえなくなることが無いので安心して使用できます。連続使用が7.5時間程なので通勤通学でも安心して使用できます。

バイク用ヘルメット装着時のおすすめイヤホン⑥

JVC HA-ET800BT

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

JVCのbluetoothワイヤレス接続イヤホンHA-ET800BTになります。イヤーフックが可動式になっており外れにくくなっています。また防滴仕様なので急な雨、汗などにも対応しております。

付属品に低遮音イヤーピースが付属するので完全に周囲の音が聞こえなくなる心配がありません。連続使用時間が9時間ほどのようなので通勤通学、ツーリングなどに便利です。

バイク用ヘルメット装着時のおすすめイヤホン⑦

SONY WF-SP900

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ソニーのbluetoothワイヤレス接続イヤホンWF-SP900です。こちらは本体に4GBのメモリが内蔵されいてプレーヤーが無くても音楽が聴けてしまうという優れものです。防塵防水で雨などが降っても安心です。

またアンビエントサウンド(外音取り込み)モードが搭載されていて環境音や人の声を取り込む事ができます。これなら運転中も外部の音が聞こえるので安心です。

バイク用ヘルメット装着時のおすすめイヤホン⑧

パイオニア SE-E8TW

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

パイオニアのbluetoothのワイヤレス接続イヤホンSE-E8TWです。こちらも防水仕様なので雨が降っても安心です。

また周囲の音が聴こえる外音取込イヤーチップアンビエント・アウェアネス・イヤーチップが付属するので周囲の音が聞こえなくなる事もありません。

こちらはスマートフォンに届いた通知を読み上げるアンドロイドアプリがあるのでスマートフォンユーザーにおすすめです。

バイク用ヘルメット装着時のおすすめイヤホン⑨

PLANTRONICS BackBeatFIT2100

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

PLANTRONICSのbluetoothのワイヤレス接続イヤホンBackBeatFIT210です。こちらも防水仕様で周囲の音を聞くことができるイヤーチップが付属します。

こちらのイヤホンは反射仕上げになっているのでハーフタイプヘルメットなどでは後方からの夜間視認性か上がります。

バイクだけではなくランニングやウォーキングの普段使いにもおすすめです。

バイク用ヘルメット装着時のおすすめイヤホン⑩

オーディオテクニカ ATH-C200BT

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

オーディオテクニカのbluetoothのワイヤレス接続イヤホンATH-C200BTです。こちらは周囲の音も聞き取りやすいセミオープン構造になっています。また連続再生時間も9時間と長めになります。

こちらは防水などのメーカーによる案内はありません。

ただしマルチペアリング機能で8台まで機器の登録が可能なのでプレーヤーやスマートフォンなど再生機器を複数台お持ちの方にはおすすめです。また実売価格もリーズナブルなので雨天はバイクに乗らない方などにはおすすめです。

音楽にこだわる人へのおすすめ番外編!

WINS サウンドテックエボリューション

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

おすすめ①で紹介させて頂いたWINSのサウンドテックエボリューションになります。こちらのイヤホンはなんとハイレゾ音源対応になります!このイヤホンなら原付・バイクでのツーリングや通勤通学の運転中でも高音質で音楽を楽しめます。

bluetoothのワイヤレスヘッドセットがおすすめ!

SETHDA バイク インカム

バイク運転中に音楽を聴くの事はもちろん、ツーリング仲間と一緒に揃えれば通話までできてしまうヘッドセット。bluetoothのイヤホンでワイヤレス接続するよりも音楽を長時間聴くこともできます。

またヘルメット装着を前提に作られているので取り付けもほとんどのヘルメットに装着できます。

専用のイヤホンスピーカーが必要になりますが、bluetoothのワイヤレス接続でバイク運転中音楽を聴くのにはヘッドセットもおすすめです。

バイク車載スピーカーは違法にならないのか?

バイク車載スピーカーで音楽は違法?

街中で良く一部の大型バイクやカスタムされたビックスクーターなどで音楽を再生しながら駆け抜けて行くのを見ますがスピーカーで音楽を聴くのは禁止されていないのか?と気になる方もいらっしゃると思います。中には大音量で音楽を流しているちょっと迷惑なバイクも居ます。法的に違法なのでしょうか?

Photo bymohamed_hassan

バイクの車載スピーカーは合法

スピーカーで聴くこともイヤホンと同様で付けるのは禁止!のような法律は無いようです。また大型バイクのHONDAゴールドウィングなどには標準で装備されております。

バイク運転中に周囲の音が聞こえるような状態や音量で音楽を聴くのは問題無いようです。

ただし現状かなりの音量で騒音に近いバイクもちらほら見受けられるのであまりひどいと将来的には禁止などの法令などができてしまうかもしれません。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

音楽を聴きながら運転時の注意事項

音楽の音量を上げすぎない!

音楽を聴きながらバイク・原付を運転する際の注意事項ですが、音楽の音量を上げすぎない。これに尽きると思います。運転中周囲の音や、緊急車両のサイレンが聞こえなかったりすると事故の原因になります。

また警察車両からの停止命令などを聞き逃してしまったりすると違反を取られたりと良いことはありません。

道路交通法にも「安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと」と書いて有るように音量を上げてイヤホンを使うのは違法な状態です。禁止されているので注意しましょう。

Photo by3dman_eu

遮音性が高いイヤホンも注意

前項で音量について書かせて戴きましたが、バイク・原付運転の際、音量を上げていなくても注意が必要な場合があります。イヤホンには外部の余計な音やノイズを抑えるため遮音性が高いイヤホンがあります。

(インナータイプなど)このようなイヤホンだと、音量を上げていない場合でも周囲の音が聞こえません。

このような状態も道路交通法では違法な状態として禁止されているので、遮音性が強すぎるイヤホンなどは注意が必要です。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

原付とバイクで法律は違うのか?

原付は法規の車両区分が原動付自転車50㏄以上のバイクが自動二輪車になります。運転の際の法規の違いはありますが、安全運転義務に関するところでは原付は禁止だけどバイクはOKのような違いは無いようです。

原付もバイクも「安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと」は違法な状態で禁止されているので注意しましょう。

Photo by halfrain

音楽を聴きながらバイク運転のまとめ

音楽を聴く際は周囲の音が聞こえるように

原付・バイク共にイヤホン、スピーカーなどを使って運転中音楽を聴く際は、必ず周囲の音が聞こえるようにしておかなければなりません。また各都道府県によって決められている交通規則によっては禁止されている場合もあるかもしれません。

内容を確認して違法な状態にならないようにしましょう。法律や交通規則は大切ですが、事故に繋がらないようにバイク運転中は周囲への注意し、楽しいバイクライフにしてください。

イヤホンの種類が気になる方はこちらもチェック!

バイク運転中に音楽を聴く方法でイヤホン等について多く触れましたがイヤホンの種類別に詳しく説明されている記事があるのでご紹介致します。

Movie動画記事

ライトショアジギングからガチンコ青物まで!万能ロッドはコレだ!

提供:株式会社アピア 撮影協力:民宿いけ吉 今回の動画はAPIAから発売中のグランデージアトラス98Mについて解説します。以前発売直前にインプレッション動画を公開して以降、カンパチとのやりとりを数多く...

ライトショアジギングからガチンコ青物まで!万能ロッドはコレだ!

提供:株式会社アピア 撮影協力:民宿いけ吉 今回の動画はAPIAから発売中のグランデージアトラス98Mについて解説します。以前発売直前にインプレッション動画を公開して以降、カンパチとのやりとりを数多く...

初心者から始める「毎日キャンプ生活」29~35日目!

酷いありさまだったキャンプ初心者も、毎日キャンプ生活一ヶ月を迎え、ギアも揃い始め、ついに立派なキャンプ場でのキャンプもできた29~35日目。でもまだまだ体験してないことばかりで、毎日新しい経験をしてい...

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...