バイク用ガレージは自作できる!おしゃれな手作り方法とおすすめキットをご紹介!のイメージ

バイク用ガレージは自作できる!おしゃれな手作り方法とおすすめキットをご紹介!

バイクを購入して必要になるのはガレージ。カバーを掛けるのもいいのですが、せっかくのバイクはおしゃれなガレージを使いたいですね。そんなガレージを自作するなら格安で作れる方法もあるんです。今回はバイク用ガレージの自作方法や自作キットをご紹介します。

2019年04月25日更新

ゆー
ゆー
DIYをメインに記事を書かせていただいています!誰にでも分かりやすく、DIY作品の作り方をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. バイク用のガレージを自作したい
  2. バイク用ガレージをDIYで自作する
  3. バイク用ガレージの自作方法をご紹介!
  4. バイク用ガレージの自作方法①パイプガレージ
  5. バイク用ガレージの自作方法②廃材格安ガレージ1
  6. バイク用ガレージの自作方法③ブロック基礎と木材
  7. バイク用ガレージの自作方法④6畳ガレージ
  8. バイク用ガレージの自作キットをご紹介!
  9. バイク用ガレージの自作キット①
  10. バイク用ガレージの自作キット②
  11. バイク用ガレージの自作キット③
  12. バイク用ガレージの自作キット④
  13. バイク用ガレージの自作キット⑤
  14. バイク用ガレージ自作デザイン集をご紹介
  15. まとめ

バイク用のガレージを自作したい

出典: https://www.photo-ac.com

バイクをおしゃれなガレージに入れたい夢を持った方は多いのではないでしょうか。ガレージがあれば、バイクが雨に濡れる心配もありませんし、バイクのメンテナンス作業もすることができます。バイクガレージは、既製品を購入すると高いお金がかかります。ですがDIYであれば格安で作れる方法や、簡易的なバイクガレージを作ることもできます。また、販売されている自作キットを使えば作り方を見ながら安心して作ることができるんです。

バイク用ガレージをDIYで自作する

バイク用ガレージはそもそも自作できるの?

バイクが入るほどの大きなガレージを、そもそも自分で作ることが可能なのか?という疑問が湧く方もいるのではないでしょうか。でも、自作でバイク用ガレージを作っている人は思っている以上にたくさんいます。しかも、現代はYouTubeで作り方を紹介している人もいるので、そういったものを参考にすれば憧れのバイクガレージを自作することもできるんです。

バイクガレージを格安で作りたい!

バイク用ガレージ。車庫もそうですが、自作をするにしてもやはり材料費はかかります。ですが、既製品を購入したり、業者にお願いして作るよりも格安で仕上げることができます。もちろん使う材料によって価格に差はありますが、廃材等を利用すればさらに安い価格で仕上げることだってできます。今回は作り方だけでなく、自分で作れる本格的なガレージキットや格安キットもご紹介します。

バイク用ガレージの自作方法をご紹介!

それではさっそく、バイク用ガレージの作り方をご紹介していきます。作り方は全て動画のものを選んでご紹介していますので、材料や作り方を参考にしてください。単管パイプで作る簡易ガレージや、コンクリートを基礎にしたしっかりしたガレージ、さらに廃材で作るガレージなど4つの作り方をご紹介します。

バイク用ガレージの自作方法①パイプガレージ

パイプでDIYする簡易バイクガレージ

始めにご紹介するのはパイプで作る簡易的なガレージの作り方です。手作りパイプガレージで使っている材料は、単管パイプと垂木と波板、遮光カーテン。この方は波板をUVカットのタイプで作ったので高くかかってしまったそうですが、UVカットタイプでなければさらに安い価格で仕上げることができます。ガレージ設置場所の日の当たり具合と相談して決めてください。

パイプで作る簡易バイクガレージの自作方法

簡易ガレージの作り方ですが、まずは基礎になる土台を作ります。コンクリート土台にモルタルを流し込み、単管パイプを入れて乾燥させます。その間に地面に土台を入れる穴を開けます。五か所に水平を測りながら乾いた土台を入れ、周りにモルタルを流していきます。垂木に防腐塗料を塗り、単管パイプをカットしていきます。パイプの柱を立て、梁を組みます。屋根部分を作り、そこにUVカットの波板を設置。サイドには遮光カーテンを取り付けています。

バイク用ガレージの自作方法②廃材格安ガレージ1

廃材を使った格安バイクガレージをDIY!

次にご紹介するのは、廃材を使った格安ガレージの作り方です。材料は一つ一つにお金をかけると価格がはりますが、廃材を使えばその分格安でガレージを作ることができます。使う材料は基礎のコンクリート土台と木材、さらに廃材の波板と廃材のサイディングを使っています。また、床部分には重さに耐えられるような土台を設置しています。

格安バイクガレージの自作方法

まずは床に穴を開け、基礎のブロック(十字に穴が開いたコンクリート土台)を設置。水平を取りながら木材を設置していきます。防腐塗料を塗りながら四角い形に木材を組んでいきます。強度が出るように、側面や背面はクロスに木材を組むようにしてください。バイクの重みに耐えられるよう土台を設置し、廃材サイディングをカットして、壁に取り付けていけば完成です。

バイク用ガレージの自作方法③ブロック基礎と木材

ブロック基礎と木材でバイクガレージをDIY

こちらは、コンクリートブロックを使った基礎と木材を使用したハーレー用ガレージの作り方をご紹介しています。一つ目のこちらの動画では床や基礎の作り方を紹介しており、次の動画ではガレージの建て方(枠組みまで)をご紹介しています。こちらはブロック塀をカットしたり、床部分をコンクリートを流し込んで作っているので作業は少し簡単ではありませんが、しっかりした作りのバイクガレージを自作したい方は参考にしてください。

ブロック基礎と木材でバイクガレージの自作方法・基礎編

まずは基礎編です。変形した土地に、ブロック塀でバイクガレージの基礎を作っていきます。バイクガレージを作る場所を決め、そこにブロック塀を置いていきます。このとき、床の高低差もしっかりチェックしてください。高さを合わせてブロック塀をカットし、床に配置していきます。ブロック塀の穴に支柱を立てモルタルを流しながら、ブロックを三つ重ねます。床部分は骨組みを入れ、コンクリートを流し込み乾燥させれば完成です。

ブロック基礎と木材でバイクガレージの自作方法・建て方編

次は建て方についてです。まず、ブロック塀の上に木材を置き、さらにアンカーボルトを配置。ブロック基礎と土台の間には基礎パッキンをはめ、湿気が木材に移らないように工夫もされています。次に木材を使って壁を立ち上げていきます。垂直を確認しながら梁と屋根も作り、屋根には屋根合板を設置。これで枠組みが完成しました。この後の仕上げの動画はなかったのですが、基礎と建て方が気になる方はぜひ参考にしてください。

バイク用ガレージの自作方法④6畳ガレージ

6畳木製バイクガレージをDIY

こちら木材で作った6畳のガレージの作り方をご紹介しています。こちらは先ほどご紹介した動画と同じようにブロックを使って土台を作り、その上に木材で壁と屋根を作っています。こちらは変形ではなくしっかり真四角の形の小屋を作っています。また、屋根にもしっかりとアスファルトシングルを貼っています。制作には25万円程度かかったそうですが、しっかりした保管庫が作りたい方はぜひ参考にしてください。

6畳バイクガレージの自作方法

こちらの作り方ではまず地面に杭を打って水糸を張り、枠を作る部分に穴を開けて砂利を敷き詰めていきます。モルタルを入れ、ブロックを二つ並べます。床部分をランマーで固め、鉄筋とコンクリートを入れていきます。2×4木材で壁パネルを作り、土台に沿って壁を立て屋根も作っていきます。屋根にはコンパネを、OSBボードを壁に取り付け、防水紙を貼っていきます。屋根にはさらにアスファルトシングルを貼って、壁面も作って完成です。

バイク用ガレージの自作キットをご紹介!

それでは次に本格的なものから簡易的なバイクガレージまで自作できるキットをご紹介していきます。キットを使えば、材料を一つ一つ確認しながら購入する必要はありませんし、作り方も説明書が付いているので簡単に自作できます。もちろん、価格はすべて自作するよりもかかってしまうものも多いですが、簡単に作れるという点で、設計などが面倒だという方にはおすすめです。

バイク用ガレージの自作キット①

ユーロ物置 2314F1

ユーロ物置 2314F1
楽天で詳細を見る

まず初めにご紹介する自作キットはこちらです。価格はある程度しますが、しっかりとした形の小屋になったタイプのバイクガレージ。大きさもある程度あるので、物置としてバイクをメンテナンスする道具なども入れておくことができます。写真のように、おしゃれな家の庭にあってもピッタリな感じのバイクガレージ。海外製ですが、日本語マニュアルも同封してあるので安心して自作できます。

バイクガレージキットの商品情報

出典: https://item.rakuten.co.jp

こちらの自作キットの商品情報ですが、サイズは間口が2.26m、奥行1.44mで最大高さが2.00mあります。壁面部分の色には種類があり、シルバー、若草、クリーム、藍色、グレー、ペーパーバーグの6色があるようです。また、こちらのガレージキットには床部分がありません。床部分は別売りの木製床キットを用意するか、コンクリートで基礎を作る必要があります。

バイク用ガレージの自作キット②

BICYCLE CUBE バイシクルキューブ 1530SQ1

BICYCLE CUBE バイシクルキューブ 1530SQ1
楽天で詳細を見る

こちらも価格がある程度しますが、しっかりしたタイプのバイクガレージが欲しいという方におすすめの商品です。先ほど一つ目にご紹介したものと同じユーロ物置の商品で、床部分は別売りの木製床キットを用意するか、コンクリート基礎工事が必要になります。サイズが先ほどのものと違うので、サイズや価格とも相談して購入を決めてください。

バイクガレージキットの商品情報

出典: https://item.rakuten.co.jp

こちらの自作キットのサイズは、間口が1.52m、奥行3.00mで最大高さが1.80mです。先ほどのものと少し形が違い、奥行きがある形になっています。色も先ほどと同じ、シルバー、若草、クリーム、藍色、グレー、ペーパーバーグの6色。ユーロ物置で販売されているキットには、サイズ違いで種類があるので、お持ちのバイクやアイテムを入れた場合のことを考えて、商品を購入してください。

バイク用ガレージの自作キット③

Grosfillex ゴーフィレックス フレンチシェッド ミディ

Grosfillex ゴーフィレックス フレンチシェッド ミディ
楽天で詳細を見る

次にご紹介するのはこちらのおしゃれなガレージです。白い壁がとっても素敵で、庭の緑に映えるような置き場になっています。おしゃれな外観で、しっかりした作りであるため、価格はやはり高くかかってしまいますが、おしゃれなガレージが欲しいという方にはおすすめの商品です。もちろん、作り方のマニュアルが付いているので、全部自作するよりも簡単に自作することができます。

バイクガレージキットの商品情報

出典: https://item.rakuten.co.jp

こちらの商品情報ですが、サイズが242×236.9×202.1㎝でポリ塩化ビニルと金属でできています。ですから、汚れても水洗いができますし、素材のポリ塩化ビニルは最高品質の耐久性と耐紫外線性のものを使用しているようです。壁の厚みは26㎜と、頑丈な作りになっています。扉には南京錠ではなく鍵を付けられるようになっているので、防犯も安心です。

バイク用ガレージの自作キット④

DOPPELGANGER ストレージバイクガレージ Lサイズ

出典: https://www.amazon.co.jp

次にご紹介するのはテントタイプのガレージです。価格は3万円弱と、上二つでご紹介したキットよりも安い価格で購入することができます。こちらのタイプであれば自作する作業がほとんどないので、簡易的にガレージを設置したいという方にもおすすめです。サイズも2種類あるので、中で作業したい場合は大きいサイズの商品を購入するといいでしょう。

格安テントタイプガレージの商品情報

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらの簡易的なガレージですが、Lサイズタイプが160x225x170㎝。Mサイズだと100x185x160㎝です。重量はLサイズが14.7kgで、Mサイズは12kgです。素材はポリエステルフレームとスチール。中にはケーブルホールやランタンがかけられるフック、ベンチレーションもあります。ランタンがかけられるので、夜の作業にも安心です。簡易的にでもいいのでガレージが欲しいという方はぜひこちらの商品を購入してください。

バイク用ガレージの自作キット⑤

EZ Shed 70188バーンスタイルインスタントFramingキット

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらはバイク用ガレージを自作するための、骨組みを組み合わせる金具だけをキットとして販売している商品です。つまり、こちらは骨組みの木材のみを自分で購入する必要があるということ。ですが、木材を購入してしまえばキットの金具で組み合わせて写真のようなガレージを作ることができます。さらに、木材の長さあを変えればさらに大きなガレージを作ることも可能です。

バイクガレージ骨組みの商品情報

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらの商品情報ですが、販売されているものは金属製の部品のみです。素材は亜鉛メッキ角度ブラケット。使用する木材は、複合2 X 4 ' sを利用します。素材のリストや、カット手順の詳細説明なども入っているようなので、見ながら作ることができます。ですが、海外製品なので日本語マニュアルはない可能性が高いです。枠組みができたら、外壁などはホームセンターで用意した材料で作っていく必要があります。

バイク用ガレージ自作デザイン集をご紹介

DIYして中も広いガレージを自作

バイク一台分だけのガレージを作れば雨は安心ですが、やはりガレージ内の作業は難しくなります。ガレージを作るなら、やはり実例写真のようにある程度広さのあるものを作りたいですね。材料は木材やパイプで作ることも可能。作業の難しさや、費用がどれほどかかるのかも十分考慮して、使いやすいガレージを作るようにしてください。

おしゃれな洋風のバイクガレージを自作

こちらは、お家の隅にかわいらしいおしゃれなガレージをDIYしたそうです。入り口の扉は水色で、屋根も窓も付いています。DIYが好きな方であれば、ここまでこだわって作ってもいいかもしれませんね。もちろん、作るのは大変ですが、自作している最中の楽しさや仕上がった時の満足度は何にも代えられません。DIYは安いというのもありますが、作る楽しさもあるんです。

手作りしたバイクガレージの中は自分だけの世界に

自作したガレージは、大好きなバイクが置いてあります。それはつまり、他の家族が入ることのない自分だけの大好きな空間であるということ。バイクガレージができたら、少しずつ内装もおしゃれにしていきたくなってしまいますね。実例にあるように壁にはおしゃれなブリキや雑貨を飾って、自分だけの趣味部屋を作ってください。

ソファもあるおしゃれな手作りバイクガレージ

こちらは大きなガレージを自作し、シャッターを付けて右側をハーレー置き場、右側にはソファやテレビを置いてリラックスできる空間にしています。広い敷地があるのであれば、これくらい大きなガレージを作って本格的な趣味部屋を作ってしまうのもいいですね。もちろんこれを自作するとなると簡単にはいきませんが、リラックスもできるこんなガレージが使えるなら、大変でも作りたくなるガレージです。

トタンで手作りしたバイク用ガレージ

こちらはトタンで手作りしたガレージです。内側には木材を使用し、床部分も木材が敷き詰められています。ある程度大きさもあるので、バイク以外にも家族の自転車や物置としても利用できそうです。ガレージを自作するのにも、まずはイメージが必要です。いろいろな自作ガレージの写真を参考にして、自分が作りたいガレージのイメージをしてみてくださいね。

ビビットカラーの手作りガレージ

こちらは白と赤のビビットカラーの自作バイクガレージです。バイクガレージは、自作すれば形もデザインも自由に手作りできます。好きな色で外壁を塗り、内装も棚を付けたりおしゃれに飾ったりと自由自在。DIYが好きな方は、やはり既製品を購入するより作った方がきっと後々良かったと思うはず。もちろんDIYをしたことがないという方も、まずはバイクのガレージから手作りしてみてはいかがでしょうか?

格安の簡易的なバイクガレージ

こちらは木材と波板を使った簡易的なバイクガレージです。波板が透明なので、木材の骨組み部分が透けて見えますね。そこまで凝った作りにはなっていないので、割と簡単に作ることができそうです。ガレージを作る材料には木材、波板、ベニヤ板、ブロック塀、パイプなどがありますが、価格や作りたいガレージのイメージに合わせて材料を決めてください。

屋根が可愛いバイクガレージ

こちらは赤い屋根に「M’s GARAGE」と書かれた素敵なガレージです。ガレージを手作りしたら、やはり名前を付けた方がおしゃれに仕上がりそうですね。自分だけのガレージ。ガレージを手作りしたら、それだけで終わるのではなく、看板を付けたり実例のような屋根を付けたり、もしくはステンシルでおしゃれにコーディネートしてください。

かっこいいビルトインガレージを手作り!

こちらは本格的なガレージ。バイクガレージの入り口は扉ではなく、シャッターを付けています。窓にはブラインドもあり、かなり本格的です。中は広く、ビルトインして作業できるガレージに仕上げています。さらに机や椅子もあり、座りながらの作業も可能。照明も大きいものを付けており、中での作業がしやすいようにさまざま工夫されています。

まとめ

今回はバイク用ガレージの作り方を、動画を交えご紹介してきました。また、キットにも種類があり、自分ですべて作るよりも簡単にDIYする方法があるというのも知っていただけたのではないでしょうか。バイク用のガレージは、バイクを持っている方の憧れでもあると思います。ただ入れるためだけのガレージではなく、ぜひ入るのも楽しみになるようなおしゃれなガレージを作ってください。

ガレージアイテムが気になる方はこちらもチェック!

今回はガレージの作り方をご紹介しましたが、バイク乗りのためのガレージアイテムが気になる方はこちらの記事もチェック!定番のツールから、おしゃれなグッズまでさまざまご紹介しています。

Thumbバイク乗りのためのガレージアイテム!定番ツールからおしゃれグッズまでご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
殺風景なバイク保管庫を、こだわりアイテムでくつろぎのガレージに改造してみませんか。ハンドツー...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ