スミス「チヌペン シリーズ」2019新色登場モデルもまとめてご紹介!のイメージ

スミス「チヌペン シリーズ」2019新色登場モデルもまとめてご紹介!

チヌペンは、スミスのチニング向けトップルアーです。長い歴史を持つ定番のペンシルで、2019年も新カラーが投入されるなど現在も人気を維持。ギリギリの浮力設定で、ポッパーに出きらないチヌを攻略できます。初心者の方も、是非チヌペンをチェックしてみてください!

2019年04月10日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. チヌペンでトップチニング!
  2. チヌペンシリーズとは
  3. チヌペンシリーズ5アイテムをご紹介!
  4. 1.スミス「チヌペン」
  5. 2.スミス「チヌペン FW」
  6. 3.スミス「チヌペン Tラバ」
  7. 4.スミス「チヌペン ホタル」
  8. 5.スミス「チヌペン ホタルイカSP」
  9. チヌペンシリーズのインプレをチェック!
  10. チヌペンシリーズの使い方について
  11. チヌペンシリーズを動画でチェック!
  12. チヌペンでチヌをゲットしよう!

チヌペンでトップチニング!

定番ルアーをチェックしよう!

迫力満点のバイトシーンでファンの多いトップチニング。今回は定番のペンシルベイト「チヌペン」シリーズをご紹介します。ポッパーよりも動きがシャープ!スローシンキング、シンキングのモデルも用意されているので、そちらも是非チェックしてみてください!

チヌペンシリーズとは

スミスの定番ペンシルベイト

スミス チヌペン

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com

「チヌペン」は、スミスのチニング定番ルアーです。トップゲームで活躍するペンシルベイトで、派生モデルにはスローシンキング、シンキングもラインナップ。口が小さく噛み付くようなチヌのバイトに合わせて、浮力を抑え、テール側を水面下に沈めたままアクションするようなセッティングになっています。実績のある定番ルアー!スタート用のルアーとしてもおすすめできるアイテムです!

2019年新色が追加!

「チヌペン FW」、「チヌペン Tラバ」に新色が追加!長い歴史を持つルアーですが、今も新しい展開が続く人気を維持しているルアーでもあります。チヌ以外のターゲットを反応させることもできるので、1つ持っておいて損はナシ!汽水域、漁港を中心に遊んでいる方は、是非チェックしてみてください。

チヌペンシリーズ5アイテムをご紹介!

好みのモデルを見つけよう!

チヌペンシリーズ5種をまとめてご紹介!スタンダードモデルの「チヌペン」にもノーマルとFWがあり、塩分濃度の濃さを基準に使い分けが楽しめます。浮き具合は釣果を大きく分けるポイントになるので、いつものフィールドにマッチするモデルがおすすめ!釣り場をイメージしながら、自分に合うモデルを探してみてください!

1.スミス「チヌペン」

海水向けのスタンダードモデル!

港や河口海側で活躍する、チヌペンのスタンダードモデルです。水を強く動かすとともに、ボディをしっかり水に絡める絶妙な浮力設定が魅力。大きなスライドアクションよりも細かいトゥイッチを得意とするルアーで、ティップを細かく振りながら巻いてくるだけで、魅力的なアクションを演出してくれます。港でチヌを狙う釣りは、このモデルからスタートしてみましょう!

「チヌペン」のスペックをチェック!

チヌペン

出典: https://www.amazon.co.jp

サイズは68mm、メバル向けよりも大きくシーバス向けよりも小さい、チニングにピッタリのサイズです。ウェイトは7.8gですが、テールのフィンによる空中姿勢の安定化によって飛距離は抜群!沖側のポイントを狙いたい、大規模な釣り場や外向きの釣りでも安定した釣りが楽しめるスペックになっています。シーバスタックルやライトゲームタックルでも遊べるので、是非気軽にチャレンジしてみてください!

2.スミス「チヌペン FW」

フレッシュウォーター対応モデル!

こちらもスタンダードモデル、チヌペンの浮力を調整したフレッシュウォーターバージョンです。塩分濃度が薄い河口域上流におすすめのモデルで、オリジナルの魅力的な浮力をバッチリ再現。抜群の飛距離や小刻みなアクションもしっかり引き継がれています。ソルト向けの浮力が強すぎるエリアには、このモデルを投入しましょう!

「チヌペン FW」のスペックをチェック!

スミス チヌペンFW FT04 オノケンSサイマキ
楽天で詳細を見る

ウェイトは7.4gにダウン。0.4gの重量差なので、タックルや飛距離のイメージはほとんどそのままでOKです。シーバス同様条件が合えばドンドン侵入していく魚なので、シーバスの釣果情報も合わせながらポイントを探してみてください!

3.スミス「チヌペン Tラバ」

ラバーで誘うTラバモデル

チヌペンにラバー付きのフックを付けたモデルです。止めても動くパーツがある、という点は非常に大きなメリットで、バイトを戸惑うチヌに対してアクションの合間に最後の一押し、水の動きで揺れて、繊細な動きでチヌを誘います。バス釣り等ではフェザーフックを付けるチューニングが定番ですが、若干強さのあるラバーなのもポイント!フックを変えればオリジナルのチヌペンとしても使えるので、いじりながら遊びたい方にはこのモデルをおすすめします。

「チヌペン Tラバ」のスペックをチェック!

チヌペン Tラバ

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com

ボディはオリジナルと同一なので、スペック上は68mm、7.8g。飛行中に抵抗が掛かることから若干飛距離が落ちますが、この抵抗が水面での移動距離を抑えてくれます。もちろんボディ本体の持ち味は活かしきれるセッティング!ノーマルフック、ラバーフックをローテーションして、チヌの反応をチェックしてみましょう!

4.スミス「チヌペン ホタル」

イカつき攻略のスペシャルモデル

ホタルイカパターンをはじめ、イカについたチヌを攻略するために生まれたスペシャルモデルです。オリジナルとの違いは浮力の設定で、こちらはスローシンキング。トップではなく、表層直下を泳ぐ小イカを演出できるセッティングです。「メバペン」にもホタルがあるので、サイズをローテーションするような遊び方もおすすめ!イカ系パターンの攻略に、是非一度試してみてください!

「チヌペン ホタル」のスペックをチェック!

<スミス>チヌペン ホタル
楽天で詳細を見る

オリジナルのウェイトチューニングバージョンで、スペックは68mm8.8g。内部ウェイトを増量して、スローなシンキングを表現しています。使い方はタダ巻き、スローリトリーブ、止めを長く入れるトゥイッチなど幅広く対応!メリハリのあるアクションで、イカの動きを演出しましょう!

5.スミス「チヌペン ホタルイカSP」

チヌペン・ホタルにシンカーをプラス!

「チヌペン・ホタル」からさらに発展した、シンキングバージョンです。ボディは「チヌペン・ホタル」で、テール側にタングステンの外部ウェイトをプラス。スローシンキングでは効率が悪かった中層、ボトム、足元をキッチリ攻め切れます。ウェイトを外せば「チヌペン・ホタル」なので、2パターン試してみたい方にはこちらがおすすめ!表層は「チヌペン・ホタル」、中層とボトムは「チヌペン・ホタルイカSP」で攻略しましょう!

「チヌペン ホタルイカSP」のスペックをチェック!

<スミス>チヌペン ホタルイカSP
楽天で詳細を見る

トータルウェイトは11.8g。外部ウェイトは3gのタングステンシンカーで、簡単に脱着できるスナップタイプです。季節限定、地域限定のパターンではありますが、ホタルイカ系のパターンはハマれば強烈。アオリの小イカがパターンを形成するケースもあるので、地域の情報を集めながら検討してみましょう。チニング以外、メバルやシーバスでも代表的とされているパターンです!

チヌペンシリーズのインプレをチェック!

インプレを3つご紹介!

「チヌペン」のインプレ、釣果報告をご紹介!チヌの釣果はもちろん、大型メバルやメッキ系の反応も良好。港で遊ぶトップルアーとしてのポテンシャルもバッチリのルアーです。プラグ中心で遊びたい方は要チェック!チヌと合わせて、他魚種もチヌペンで攻略しましょう!

①インプレ:実績は抜群!

長い歴史を持つチヌペンシリーズは、釣果実績も抜群!人気エリア浜名湖でも安定した釣果を上げているルアーとしてファンが多いです。長い間人気を維持し続けているタイプのルアーが好きな方、どの製品を選んでいいのか迷ってしまう方は、是非検討してみてください!

②インプレ:デカメバルにも使えそう!

メバルにはやや大きい「チヌペン」ですが、大型メバル向けの「メバペンマグナム」とは同サイズ。テールのフィンをはじめ、ボディ構造もよく似ています。カラー、ウェイトに0.1g違いがありますが、流用は十分実用範囲内!大型メバルにはチニングタックルのパワーがピッタリなので、プラッギングで狙ってみたい方は要チェックです!

③インプレ:メッキ系にも効果アリ!

公式サイトでも紹介されているメッキ系の釣果報告です。トゥイッチ、トップへの反応が良好な魚種で、本州ではなかなかお目に掛かれないようなサイズの反応も良好。小型もライトゲームターゲットとして非常に人気が高いので、他の釣りと合わせて是非遊んでみてください!

チヌペンシリーズの使い方について

使い方を3つに分けてご紹介!

チヌペンシリーズの使い方についてです。アクションは細かいトゥイッチの連続がメイン、目で追えるトップなので、初心者の方でも強さの調整は簡単に行えるタイプのルアーです。デイゲームはスピードを出すのがポイント!次項で動画も紹介しているので、そちらと合わせてチェックしてみてください!

①使い方:アクションはリズムよくトゥイッチ!

アクションはティップを前後に振りながら、ノーマルリトリーブ、早めに巻く使い方がおすすめ。リズムよく動かし続けるイメージで、水面のチヌペンを見ながらアクションさせましょう。アクションスピードのローテーションだけでなく、チヌからの反応を追う意味でもルアーを見ながら釣りを進めるのがポイントになります。トップ特有のポイントなので、初めての方は是非意識して遊んでみてください。

②使い方:ミスバイト後も動かし続けよう!

ルアーの後ろについてチヌが追ってきた、水面からバシャっと飛び出てバイトがあったけど乗らなかった、この場合も、同じスピードを維持したまま動かし続けるのがトップゲームのポイント。再度アタックしてくるケースは少なくありません。止めると見切られるケースがあるので、ミスバイト後も同じペースでアクションを続けましょう!

③使い方:アワセはしっかり乗ってから!

バシャっと出る音、視覚的なインパクトからアワせを入れたくなる釣りですが、びっくりアワセはNG。重さが乗ってからアワセを入れても十分フッキングは間に合います。ミスバイトから追ってくるパターンをフォローできなくなるので、目で見て、ロッドで重さを感じてアワセを入れましょう。ミスバイトが多い魚なので難しさはありますが、ゲーム性が高い、攻略が面白いとも言えるポイントです。

チヌペンシリーズを動画でチェック!

チヌペン・Tラバでトップゲーム!

チヌペン・Tラバを使ったトップゲームの動画です。ロッド操作のイメージ、ファイトシーンがチェックできます。アクションはリズムよくティップを振りながらのリトリーブでOK、鯛族らしく引きは強烈です。追ってから何度かアタック、フッキングに至るケースもあるので、反応があっても動かし続けるのがポイント!エキサイティングなトップゲームを楽しみましょう!

使い方の解説を動画でチェック!

チヌペンの使い方、カラーの選び方を紹介している動画です。どこにあるのか、どこで出たのかを確認したいトップルアーは、視認性の高さも大きなポイント。クリアであっても、口の塗装など位置が確認しやすいカラーがおすすめです。ストラクチャーを狙う釣りだけでなく流れを狙う釣りも有効なので、沖側も探りながらトップのチニングを楽しんでください!

チヌペンでチヌをゲットしよう!

トップのチニング入門におすすめ!

梅雨から秋のシーズンまで楽しめるトップチニング。ズル引きスタイルで狙うチニングよりもスピード感があり、目で見えるバイトシーンもあって人気が高いスタイルです。チヌ、キビレとも引きは強烈!ゲーム性の高いソルトゲームをお探しの方は、是非挑戦してみてください!

スミスが気になる方はこちらもチェック!

スミスが気になる方は、下記のリンクをチェック!「チヌペン」シリーズではシルエットが大きい状況で活躍するメバル向けのプラグまとめをご紹介します。定番となっている「メバペン」、「ガンシップ」も登場!チニングとメバリング、両方を遊びたい方は是非こちらもチェックしてみてください!

Thumbスミスのメバリングアイテム8選!プラグからワームまで定番アイテムが勢揃い! | 暮らし~の[クラシーノ]
スミスのおすすめメバリングルアーを8選でご紹介!実績抜群の老舗ルアーメーカー製品から、特にお...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ