【実釣インプレ】ジャクソン「サーフトライブ 1112MH」!季節外れのブリをキャッチ!のイメージ

【実釣インプレ】ジャクソン「サーフトライブ 1112MH」!季節外れのブリをキャッチ!

ジャクソン「サーフトライブ 1112MH」の実釣インプレッション!メーカー様からお貸し頂いたロッドを使用して釣行、キャスト時やファイト時に感じたフィーリングをご紹介します。大型魚攻略におすすめ!「サーフトライブ 1112MH」でヘビーに遊びましょう!

2019年04月07日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「サーフトライブ 1112MH」実釣インプレをご紹介!
  2. 「サーフトライブ 1112MH」とは
  3. 「サーフトライブ 1112MH」の基本スペック
  4. 「サーフトライブ 1112MH」の外観をインプレ!
  5. 「サーフトライブ 1112MH」のロッドアクションをインプレ!
  6. 「サーフトライブ 1112MH」のキャストフィールをインプレ!
  7. 「サーフトライブ 1112MH」でのファイトをインプレ!
  8. 「サーフトライブ 1112MH」には強めのセッティングがおすすめ!
  9. 「サーフトライブ 1112MHはこんな釣りにおすすめ!
  10. 「サーフトライブ 1112MH」でサーフに出かけよう!

「サーフトライブ 1112MH」実釣インプレをご紹介!

ジャクソンのサーフロッドを実釣インプレ!

青物

青物

ジャクソンのヒラメ、青物向けサーフロッド「サーフトライブ 1112MH」を実釣インプレ!メーカー様からお貸し頂いたロッドを使って釣行、キャストフィールやファイト時の使用感をお届けします。実釣では季節外れのブリが登場!パワーゲーム向けの1本をお探しの方は、是非チェックしてみてください!

「サーフトライブ 1112MH」とは

ジャクソンのサーフ向けルアーロッド

サーフトライブ

サーフトライブ

「サーフトライブ」は、ジャクソンのサーフ向けルアーロッドです。パワーと遠投性能をコンセプトとしたシリーズで、ミドルクラスの価格帯ながらサーフに必要な性能をブランクに凝縮。高弾性なメインマテリアルによる強いキャストで、広大なサーフを攻略できます。ガイドは新しい薄型のSiCリングを採用!コスパ感十分の内容で、入門、乗り換え両方におすすめできるアイテムです。

パワーモデルのMH

今回ご紹介するモデルは、ラインナップ3本の中で最もパワフルな「1112MH」。11フィートのレングス、MAX60gとした対応ルアーウェイトが特徴のモデルになります。流行のヘビースタイル、青物攻略にピッタリ!強めの1本をお探しの方は、後半の実釣インプレも是非チェックしてみてください!

「サーフトライブ 1112MH」の基本スペック

基本スペックを3つに分けてご紹介!

サーフトライブ

サーフトライブ

「サーフトライブ 1112MH」の基本スペックについてです。MHのパワークラスにふさわしい長め、強めの構成で、ヘビーなルアーも強いキャストが可能。メタルジグを視野に入れながら、ヘビーなルアーで攻めたい方にピッタリのスペックになっています。サーフはもちろん、堤防からの青物ゲームにも使いたい方は要チェックです!

①11.1f、212gのパワーモデル!

サーフロッドとしても長さを感じる11フィートのレングス設定。バットは太く、自重212gと力強さのあるセッティングになっています。長いロッドは遠投性能だけでなく、荒れ気味のフィールドでも波のライン干渉が気にならない!ロックショアロッドのような太さは無いので、振り抜きが気になる方にもおすすめできます!

②ラインはPE0.8号からPE2号までのセッティング

リール

リール

ラインはPE0.8号から2号まで、サーフで出番の多い号数は幅広く使える構成になっています。飛距離を重視したセッティングから、パワーを意識したセッティングまで対応可能!今回の釣りでは1.2号を使用しましたが、ロッドのパワーを活かせる1.5号を基準に前後で調整していくようなセッティングをおすすめします。

③対応ルアーウェイトは12gから60g

対応ルアーウェイトは12gから60g。MHらしく、サーフロッドとしてはやや上限の高い構成になっています。遠投を意識したサーフルアーのローテーションで軸となる30g前後、ヘビーなウェイトもバッチリキャスト可能!サーフだけでなく、ライトショアジギングへの流用をお考えの方にもおすすめできるスペックです。

「サーフトライブ 1112MH」の外観をインプレ!

派手すぎないコスメがカッコいい!

サーフトライブ

サーフトライブ

サーフトライブのブランクは、ブラックにホワイトのロゴが入るシンプルなデザイン。スレッドはゴールドパープル、シルバーの組み合わせで、シックなブランクをより一層引き立たせてくれます。安っぽさは全くなく、デザイン面のコスパは非常に優秀。やや艶のある塗りも質感がよく、大人な雰囲気のロッドに仕上がっています。派手すぎる装飾は苦手、シンプルなデザインが好みの方にピッタリのデザインです。

付属の竿袋も高品質

付属する竿袋も、ブラックにホワイトのロゴデザイン。サイドにパープルのラインが入っています。ペラペラなタイプではなくやや厚みがあり、上部の開閉蓋にはロッドベルトが付属。内部は二部屋になっていて、持ち運び時のトラブルを低減してくれます。ロングロッドながら2ピースなので長さはありますが、持ち運び時の収納もバッチリ!ロッドのデザイン、クオリティはもちろん、付属品もコスパをさらに引き上げる要素と言えそうです。

「サーフトライブ 1112MH」のロッドアクションをインプレ!

ハリの強さを感じるブランク

サーフトライブ

サーフトライブ

高弾性素材をメインにしたロッドなので、持っただけでもハリを感じるような芯の強さがあります。ショアジギングロッド的な印象を受けましたが、振ればベリーから揺れるしなやかさでアクションはしっかりサーフロッド。キャスト時、ファイト時ともある程度曲がってくれるマイルドさがあり、11フィートクラスが初めての方でも使いやすいと思います。ピーキー過ぎないタイプのロングロッドをお探しの方におすすめです!

ティップはソフトでしっかり曲がる!

ベリーからティップにかけては柔らかめで、ミノーを巻いても弾かない操作性を確保。ヒラメ、シーバスもバッチリ遊べるアクションになっています。ヘビーなミノーにシンペン、時々メタルジグを使うようなローテーションにピッタリ!シャクリにも十分対応可能な硬さなので、重めのルアーであれば幅広く遊べる1本です。

「サーフトライブ 1112MH」のキャストフィールをインプレ!

投げ感を3つに分けてご紹介!

ルアー

ルアー

「サーフトライブ 1112MH」のキャストフィールについてです。スペック通り30gから40gのルアーが投げやすく、ヘビーなサーフゲームにピッタリ。ガチガチではなくある程度曲がってくれるので、リリースポイントが広く、長さを感じさせない投げやすさがあります。長いロッドが初めての方、長時間サーフに立つ方におすすめです!

①30gクラスのミノーで飛距離十分!

今回メインで使用したルアーは、DUOの「ビーチウォーカー アクシオン」と「ビーチウォーカー ファルクラム」。ウェイトは30g、31gで、どちらも小型のリップ付きです。ロッドの曲がりはキャスト前に吊った状態で少しティップが入る程度で、投げ感的にはまだまだウェイトに余裕がある印象。投げるとティップが曲がりますが、思い切り投げられるウェイトです。飛距離は十分満足できる程度出ていたので、このクラスのルアーからローテーションを始める方にはバッチリのロッドです!

②飛距離が一歩伸びる40g

ルアー

ルアー

40gのメタルジグも試し投げしてきました。空気抵抗等、形状的な要素もありますが、30gに比べて更に一歩飛距離が伸びる印象。投げ感的にもロッドにしっかり重さが乗って、気持ちよく投げられるウェイトです。キャスト時に曲がってくれる分、ガチガチロッドよりも投げやすい!長時間メタルジグを投げ続けるような釣りにもおすすめできます!

③ベストウェイトは40g前後

ティップが柔らかく軽いルアーもある程度投げられますが、気持ちよく投げられて飛距離の出るウェイトは30gから40g前後だと感じました。サーフルアーの中でも、ややヘビーなものを選んでローテーションしている方におすすめできるロッドだと思います。バットは強くルアーのウェイトをしっかり受け止めてくれますが、全体がある程度曲がってくれるので、長さを感じさせない振りやすが印象的!投げやすいロッドをお探しの方にピッタリです!

「サーフトライブ 1112MH」でのファイトをインプレ!

ブリが相手でもパワーは十分!

青物

青物

今回は運よくギリギリサイズのブリがヒット。青物はオフシーズンということもあり、ヒラメ狙い、飛距離を意識した細めのセッティングを選んでいたので、ドラグを出しながらのファイトになりました。掛けてからは走られて巻いての繰り返しになりましたが、タメてジリジリと寄せるバットの強さブリの体力を確実に奪取。曲がりがあることで急に走られても対応しやすく、ある程度余裕をもって長時間のファイトを楽しめました。ロッドの曲がり、パワー的にはもっと負荷を掛けても寄せてくれそうだったので、ドラグを締めてパワーファイトを楽しみたい方にもおすすめできるロッドです!

PE1.2号はパワー不足

今回は他にアングラーがいなかったので走らせることができましたが、混雑している釣り場ではある程度強引なファイトが要求されます。ロッドのパワー自体は大型青物、座布団ヒラメに十分対応できるものなので、ライン、リーダーとももっと太いものを選ぶべきだったと感じました。MHの強さに魅力を感じる方は、ドラグを締めこんでロッドを曲げられる強度、PE1.5号以上を組み合わせて遊んでみてください!

「サーフトライブ 1112MH」には強めのセッティングがおすすめ!

ロッドの強さを引き出そう!

ルアー

ルアー

PE1.2号、リーダー20lbが頭から離れず、ドラグを緩めて走らせていたつもりでしたが、ファイト後はフック、スナップとも変形。ファイト時はもう少し余裕があるように感じていたので、ロッドのパワーはかなり高いです。青物メインで使うなら、フックやスナップも強めがおすすめ!ストロングなセッティングに答えてくれるロッドなので、強めの構成に対応できるロッドをお探しの方は是非検討してみてください!

リールは4000番クラスのパワーモデルでバランスバッチリ!

リールはシマノ「17 サステイン 4000XG」を使用しました。285gと軽くはないモデルですが、「サーフトライブ 1112MH」とのバランスは十分取れていたと感じています。昨年からいろいろな魚を釣ってきたリールですが、トラブルなくパワーも十分!コスパ重視でパワーモデルを選びたい方におすすめの1台です!

「サーフトライブ 1112MHはこんな釣りにおすすめ!

青物混じりのサーフ攻略に!

青物

青物

モデルコンセプトにふさわしいパワーで、青物が混じるサーフの攻略におすすめ。大型ヒラメはもちろん、ワラサをメインに狙うような釣りにもおすすめできます。ヘビーなルアーローテーションによる遠投攻略、大型が接岸するシーズンの1本にピッタリ!夢のあるサーフゲームをパワーで制する1本です!

ロングロッド、パワーロッドデビューの1本に!

ジャクソン サーフトライブ STHS-1112MH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ミドルクラスの価格帯ながら品質のよいデザインでコスパはバッチリ。アングラーをサポートしてくれる曲がりと合わせて、パワーロッドのデビュー用としてもおすすめしやすいです。マイルドで扱いやすく、初心者の方にもおすすめ!サーフヒラメ、ライトショアジギングで青物と使いまわせる万能さも、コスパの高さに繋がるポイントになっています。

「サーフトライブ 1112MH」でサーフに出かけよう!

ハイコスパロッドでパワーゲームデビュー!

サーフ

サーフ

30gクラスでも飛距離十分、大型のヒラメ、青物とも十分やり取りできるパワーを持つ「サーフトライブ 1112MH」。性能、質感とも価格以上の仕上がりで、コスパの高さはバッチリの1本です。ステップアップ後も満足度十分!パワーゲームデビュー用のロッドをお探しの方は、是非チェックしてみてください!

ジャクソンが気になる方はこちらもチェック!

ジャクソンが気になる方は、下記のリンクもチェック!遠州灘でも流行中の巻き系メタルジグ、ジャクソン「飛び過ぎダニエル」をご紹介します。20g、30g、40gとラインナップがあり、サーフのヒラメゲームで高実績!サーフトライブと組み合わせるルアーとしてもピッタリです。ジャクソンルアーをゲットして、ハイシーズンのサーフへ出かけましょう!

Thumb「飛び過ぎダニエル」のインプレ&使い方!新感覚プレートジグを使いこなせ! | 暮らし~の[クラシーノ]
飛び過ぎダニエルはジャクソンの後方重心メタルルアーです。抜群の飛距離、プラグのようなウォブリ...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ