【2019】「イスカ」のシュラフおすすめ9選!最適な選び方を含めてご紹介!のイメージ

【2019】「イスカ」のシュラフおすすめ9選!最適な選び方を含めてご紹介!

イスカは大阪にあるシュラフ専門メーカーのため、よくわからないブランドのシュラフを買うより信頼できるためおすすめです。廃盤になった製品もありますが、現在でもイスカは品揃えが多く季節問わず使えるシュラフもあることからおすすめを紹介します。

2019年07月18日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. シュラフは「イスカ」がおすすめ
  2. シュラフの選び方を間違えると大変
  3. シュラフの選び方1
  4. シュラフの選び方2
  5. シュラフの選び方3
  6. イスカのおすすめシュラフ1:化繊モデル①
  7. イスカのおすすめシュラフ2:化繊モデル②
  8. イスカのおすすめシュラフ3:化繊モデル③
  9. イスカのおすすめシュラフ4:ダウンモデル①
  10. イスカのおすすめシュラフ5:ダウンモデル②
  11. イスカのおすすめシュラフ6:ダウンモデル③
  12. イスカのおすすめシュラフ7:ダウンモデル④
  13. イスカのおすすめシュラフ8:ダウンモデル⑤
  14. イスカのおすすめシュラフ9:その他
  15. イスカのおすすめシュラフのまとめ

シュラフは「イスカ」がおすすめ

評判のいい人気メーカー

出典: http://www.isuka.co.jp

イスカは日本の寝袋を作っている人気のブランドで、同じくシュラフで有名なナンガ、モンベルとよく比較される評判のいいメーカーです。コールマンやスノーピークなどのアウトドア用品を総合的に作っているメーカーもシュラフを発売していますが、イスカはテントやコット、ランタンといったアウトドア用品を作っているメーカーではなくシュラフだけを専門にしているため、裁縫や素材など細かなところで違いがたくさんあります。

イスカが好評の理由1:グレードの高い素材を使用

piyocarrieさんの投稿
13473168 1053299521455146 842702608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ダウンはダウンの品質で暖かさが大きく違います。ダウン量が多くてもダウン自体が高級ではないグレードの低いものだと、ポリエステルなどでできた化繊を中綿に使っているほうが温かい場合が多いです。ダウンはふかふかなほどグレードが高くなります。FP(フィルパワー)と呼ばれる数値が高いと、グレードが高くふかふかで空気の層をたくさん含んだよいダウンになるのです。空気が断熱材の役割をするのでFPが高いほど暖かくなります。

イスカが好評の理由2:専門メーカーのこだわり

化繊でも専門メーカーだからこそできる技術で単に素材を詰めるのではなく、素材同士を重ねたりシート状にいし瓦のように敷き詰めて暖かくしたりかさばることが多い化繊でも小さくなるように調整されています。

イスカがおすすめの理由3:洗濯を頼める

sugizocampalさんの投稿
15539078 217002105376062 7287634773378334720 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

化繊モデルは自分の家で洗濯ができるので、基本的に自分ですることが多いです。化繊モデルの洗濯方法は浴槽に水と中性洗剤をいれてシュラフをゆっくり沈めるようにして押しながら洗濯してから、あとは水気をきって干すだけですがわりと大変です。もし使用しているシュラフがイスカの製品なら化繊もダウンもイスカにクリーニングを頼めるので手間がかからず、キャンプ初心者でシュラフを洗濯したことがない方でも安心ですよ。

シュラフの選び方を間違えると大変

登山では命に関わる

hinata_outdoorさんの投稿
47692831 744768219242352 8630283544266452265 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

イスカに限らずシュラフは素材やダウンのグレードや総量によって使える温度が全然違います。先程紹介したように高級ではないダウンは寒いですし、高級になればなるほどふわふわで空気の層が多くなるため少量でも温かいです。そのため選び方が間違っていると寒くて寝れなかったり、標高の高い山では命に関わってくるので登山をする時は特に選び方を覚えないと危険です。

ダウンか化繊か

ishiisports_fukuokaさんの投稿
35459650 391837477976186 355257137556881408 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

化繊とダウンの違いはたくさんあります。目でわかる範囲で言えば価格が一番わかりやすく高級ダウンを使用したシュラフは高価になり、化繊シュラフはダウンと比べると安くなります。また収納サイズはダウンを使用したものが小さくて軽く、同じ量のダウンを使っているとグレードが高ければ高いほど小さく持ち運びしやすくなります。化繊はどうしてもかさばりやすいので、ダウンと比べると小さくなりません。

イスカの製品はそれぞれ特徴的

bestbuygear_bbgさんの投稿
21689310 149325912323357 6299437844532297728 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

何でもかんでもダウンを選べばいいかというとそういうわけではなく、それぞれに合ったシュラフを選べば大丈夫です。イスカには化繊でも温かいシュラフや小さくなるシュラフもあります。つまりシュラフの選び方は中綿で選ぶより、どんな場所でどんなふうに使うのかが大切になります。登山ならできるだけ軽く、小さい、そして温かいシュラフが使いやすいです。キャンプは夏だと温かいので登山で使うような中綿の量が多いシュラフは不要です。

ダウンと化繊の違い

ダウン 化繊
自分で洗濯は難しい 自宅でも洗濯しやすい
材質によってグレードがある グレードはないが中綿の種類が豊富
長期の保管に専用バッグが必要 付属のバッグで長期保管できる
小さくて軽く温かい かさばり、比較的温かくない
価格は高くなる 安めでイスカでも1万円以下のものもある

シュラフの選び方1

使用できる温度を確認

seitaroh.kunさんの投稿
47581980 2179158722338968 5834906605669877073 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

シュラフには何度で使えるか必ず書かれているのでその数字を目安に選んでいきます。イスカの場合は最低使用温度で表示となっています。最低使用温度とはシュラフを使用できる下限の温度で厚着をしていることが前提となっていて薄着でも快適に睡眠できる温度とは違うので注意しましょう。表示されている温度に5~10度を足すと快適に使える温度となるため選び方の目安に必ずしてくださいね。

温度と一緒に素材を確認

miwa_sun_さんの投稿
50079449 131941231177446 6451387883821894527 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

イスカに限らず温度を確認する際に素材の違いも確認しましょう。前述したように高級ダウンか普通のダウンか化繊なのかで大きく収納サイズや価格が変わってきます。イスカの場合は軽量なモデルもあるので、化繊でも素材の違いや構造でツーリングや登山向きなどもあります。自宅で洗濯できるかどうかなどメンテナンスの方法でも大きく変わってくるので素材の違いは選び方の大切なポイントです。

シュラフの選び方2

シュラフの形状を選び方の目安に

出典: https://www.amazon.co.jp

イスカは登山で使いやすいようにかさばりにくい形状のマミー型が多く、封筒型と呼ばれる布団に近い形状のシュラフは少ないです。封筒型は体を包み込まないため温度調整がしやすかったり、体を動かしやすくファミリーキャンプでは添い寝もできるため人気です。一方登山では収納サイズが小さいことからマミー型のほうが人気で、封筒より温かいく小さくなるので形状も大切なポイントになりますよ。

シュラフに熱を逃さない工夫があるか確認

出典: https://www.amazon.co.jp

単に封筒型かマミー型かという形状だけではなくシュラフに工夫があるかどうかも選び方の目安になります。例えばファスナーが2つあれば足元だけ開いて温度を調整できるようにもなりますし、ファスナー部分や肩周りに生地が多くあると、冷たい空気が入り込まなかったり暖かくなった空気が出ていかないようになっていたりするので快適に過ごせます。イスカなら気にしなくても工夫が随所にみられますよ。

長さについて

選び方で意外と大切なのがシュラフの大きさです。背が低い方がレギュラーサイズ、ロングサイズなどに大きいシュラフを使うと足元の方に広い空間ができてしまい、高い保温力のある高級ダウンのシュラフだとしても寒さを感じやすくなるため、イスカではショートサイズなど小さなシュラフが選べる時は小さめのサイズを選びましょう。

イスカの工夫

出典: https://www.amazon.co.jp

工夫を一部紹介します。

3D構造 エリアごとに中綿を調整し、軽さと暖かさを両立しています。
ドラフトチューブ ファスナーからの冷気のは入り込みを防ぐ
ショルダーウォーマー 肩から温もった空気が出て行かないように防ぐ
足元ゆったり 足元を広めにすることで、寝やすい形状になっています。

シュラフの選び方3

無名よりイスカなどの人気メーカー

murakamiyaviさんの投稿
47438636 367127633850122 8522437651935002624 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

無名のメーカーもいい製品を作っていて登山でも人気のギアなどを発売していますが、冒頭で挙げたイスカ、ナンガ、モンベルのように有名で人気のメーカーと比べると安心感が違います。有名メーカーは評判がよく口コミで登山で使ってみてどんなふうに良かったか、寒くはなかったのか調べる事もできるのでイスカなどの有名メーカーで選ぶということも大切です。

イスカのおすすめシュラフ1:化繊モデル①

パトロ-ル 600

ISUKA イスカ 寝袋 パトロ−ル 600 ベーシックモデル マミー型 軽量 コンパクト シュラフ 洗える 春 夏 秋 キャンプ 登山 車中泊 キャンプ用品 登山用品 登山グッズ キャンプグッズ ツーリング ソロキャンプ 防災 1171 ISU1171
楽天で詳細を見る

4月の終わりから9月頃まで使える化繊の薄いシュラフです。薄いですが最低使用温度は2度、快適温度が10度前後とイスカの中では低価格のベーシックなモデルで、サイズ違いにショートモデルあるので身長が170センチより小さい方はショートサイズがおすすめです。収納サイズはφ20×33cmと化繊でも中綿が少ないので比較的コンパクトですが、より小さくできるイスカのコンプレッションバッグMを使うとより登山でも使いやすくなりますよ。

おすすめの理由と口コミ、評判の紹介

気温が高いときにしかキャンプをしないのであればイスカの中で一番安いモデルも十分なためおすすめしました。素材はナイロン、ポリエステルとなっていて結露で水滴が降ってきても中に染み込まないように撥水加工も施されています。登山で使う場合は夏の低山なら十分使えるモデルですよ。軒並み評判がいいですが、口コミの中には収納時に苦労する方が多いようですが公式の動画と同じようにすると大丈夫との口コミもあります。

ソロキャンプ初心者で3シーズンのシュラフが欲しくて購入しました。
最初は格安品を中心に検討していましたが、寒がりなので保温性・耐久性に信頼が置けるものが欲しくてこちらを選択。少し重くて大きいもののコスパも良く初心者にはちょうど良いと思います。

イスカのおすすめシュラフ2:化繊モデル②

アルファライト 700X

送料無料 ISUKA イスカ 寝袋 アルファライト 700X マミー型 軽量 コンパクト シュラフ 洗える 春 夏 秋 キャンプ 登山 車中泊 キャンプ用品 登山用品 登山グッズ キャンプグッズ ツーリング ソロキャンプ 防災 ISU1118
楽天で詳細を見る

たくさん種類があるイスカの中でも軽量な化繊モデルで3月半ばから9月半の初心者がキャンプをしやすい春と秋にも対応した使いやすいシュラフです。最低使用温度が-6度までで快適に使えるのが1度前後と温かいですが、重さは1360gと先ほど紹介したシュラフより60g重たいだけです。化繊でも軽くてコンパクトな収納サイズになる特殊な素材を中綿にしていて一番安いモデルから倍ほどの値段になりますが、初心者にもおすすめです。

おすすめの理由と口コミ、評判の紹介

出典: https://www.amazon.co.jp

地上と大きな気温差がある標高の高い山でも夏は十分使えるため登山だけではなく、キャンプ用として十分な性能です。また南の方の地域なら厳冬期は無理ですが、晩秋の低い山でも使える温かいシュラフで、洗濯も化繊なので簡単ですし、コンプレッションバッグMを使用するとφ19×35cmから更にコンパクトにできるため登山用としてもおすすめできます。口コミではベテランキャンパーからも初心者向けにいいと推薦さているイスカの製品です。

イスカのおすすめシュラフ3:化繊モデル③

スーパ-スノ-トレック 1500

【全国送料無料!3営業日発送!】イスカ(ISUKA) 寝袋 スーパースノートレック1500 ロイヤルブルー [最低使用温度-15度] 123212
楽天で詳細を見る

安くても最低使用温度が-15度、快適温度が-8度前後と冬でも使えるイスカの中ではリーズナブルなシュラフです。洗濯もできる化繊モデルですが、収納サイズが40×23×48cmと大きく登山用としては使えないモデルになります。コンプレッションバッグも使用できません。しかしキャンプでは使いやすくバッグがトートバッグ型なので持ち運びしやすいです。冬でもキャンプするような方で寒さに弱い方に特におすすめです。

おすすめの理由と口コミ、評判の紹介

出典: https://www.amazon.co.jp

イスカには最低使用温度が5度高く少し軽く1000円ほど安いモデルもありますが、より温かいモデルがこちらのシュラフです。5度の差では収納サイズに大きな変化はなくキャンプで使うだけなら温かいほうが過ごしやすいため紹介しました。材質やファスナーの仕組みなども価格の少し低いモデルと同じです。収納サイズがイスカの他のシュラフより飛び抜けて大きいですがキャンプでは気にならないと評判です。

同社では最も廉価なシリーズのようですが、すっかり気に入り2個追加注文、計3個購入しました。
なんというか・・・とっても使う人のことを考えて作ってあるなと感じるいい製品です。
オートキャンプ用で家族に寒い思いをさせてくないファミリー向けとしてはとても良いシュラフではないでしょうか。

イスカのおすすめシュラフ4:ダウンモデル①

エア 280X

送料無料 ISUKA イスカ 寝袋 エア 280X ショ−ト AIR 280X short エアモデル マミー型 軽量 コンパクト シュラフ 洗える 春 夏 秋 キャンプ 登山 車中泊 キャンプ用品 登山用品 登山グッズ キャンプグッズ ツーリング ソロキャンプ 防災 ISU1487
楽天で詳細を見る

FPが800の高級ダウンを使っているイスカの2シーズン用のダウンシュラフで、4月半ばから9月までぐらいの使用を想定した最低使用温度2度となっています。快適温度がは8度前後で高級な素材を使っているので収納サイズはφ14×24cmと小さいことから登山や自転車でのキャンプにおすすめのモデルです。化繊モデルと比べると重さも半分の570gと軽くダウンの長所を最大に発揮できるようにシュラフが立体的な作りになっています。

おすすめの理由と口コミ、評判の紹介

出典: https://www.amazon.co.jp

足元の方はダウンが多めになっていて足元からの冷えを防いだり、シュラフの表面には水に濡れるとダウン独自の空気をたっぷり含む保温効果がなくなるので水が染み込まないように超撥水加工と耐摩耗、耐熱、引き裂きに強い素材が使われています。付属のバッグもコンプレッションバッグですが、別売りのコンプレッションバッグSでも小さくでき、背の小さい方にはショートサイズもります。SNSでも小さい収納サイズが好評です。

イスカのおすすめシュラフ5:ダウンモデル②

ダウンプラス ポカラ X

送料無料 ISUKA イスカ 寝袋 ダウンプラス ポカラ X DOWN PLUS POKHARA X マミー型 軽量 コンパクト シュラフ 洗える 春 夏 秋 ダウン 羽毛 キャンプ 登山 車中泊 キャンプ用品 登山用品 キャンプグッズ ツーリング ソロキャンプ 防災 1469 ISU1469
楽天で詳細を見る

リーズナブルですがやや収納サイズがφ17×34cmと大きめで、少し重めの1060gです。化繊と比べると小さくて軽量ですが、イスカの他のダウンシュラフと比べると少し大きく重めになります。最低使用温度は-6度で3月半ばから9月まで使えるシュラフです。エアシリーズよりかはグレードが下がっていますが、FPは720と高級な素材に分類されます。ダウンなので洗濯は自力では難しいですが、イスカに依頼すると大丈夫です。

おすすめの理由と口コミ、評判の紹介

出典: https://www.amazon.co.jp

同じクラスにFP800の高級な素材を使っているエアシリーズもありますが、リーズナブルで使いやすい方を紹介してみました。少し重たくFPも下がっているのですが価格差が1万円ほどと差が大きいので予算に余裕がある方は「エア450X」もおすすめです。イスカのダウンのなかでは大きく重めと紹介しましたが、化繊ではないので自転車でキャンプもできるほど小さいです。

10月終わりに富士山の麓でのキャンプに使いましたが、まあ快適でした。
中がダウンなのでコンパクトな所がいいです。自転車でのソロキャンにはもってこいでした。

イスカのおすすめシュラフ6:ダウンモデル③

エア 700SL

送料無料 イスカ ISUKA シュラフ 1521 エア 700SL(ゴールド)
楽天で詳細を見る

最低使用温度が-15度で-8度前後で快適に過ごせることから標高の低いキャンプ場なら厳冬期を含め4シーズン使えるシュラフです。FP720とふわふわの高級な素材を使用しているため化繊と比べると大幅に軽く1100gしかありません。イスカの製品に限らず寒さに強いシュラフほど中綿が多くなるため化繊は収納サイズが大きくなり、重たくなってしまいます。肩や側面のファスナー部分から冷気が入らないようにいろいろな工夫がある4シーズン向けです。

おすすめの理由と口コミ、評判の紹介

冬でも平地なら問題なく使え、あまり高くない山でも使えるバランスの良いモデルです。φ20×34cm収納サイズは小さいですが、他のシュラフと同じようにイスカのコンプレッションバッグMでさらに小さくすることができます。同じ機能で同じ最低使用温度のシュラフの中にはより高級な素材を使用したダウンシュラフもありますが、収納サイズも変わらないことからこちらをおすすめしました。口コミでも収納性は悪くないと好評です。

5月下旬に他のキャンパーが別海のキャンプ場で朝「寒くて眠れない」と言っている時に快適に眠れました。
因みに朝の最低気温は4度前後。

北海道の暖房のない宿で使用したところ、夜中に熱くなりジッパーを開けて寝ました。
収納性もイスカらしく素晴らしいので、5つ星です。

イスカのおすすめシュラフ7:ダウンモデル④

ダウンプラス デナリ 900

メーカー在庫あり イスカ ISUKA 1585 ダウンプラス デナリ 900(ブリック)
楽天で詳細を見る

イスカの中で寒さに強いシュラフです。厳冬期を含め4シーズン使えるため冬の標高の高い山でも使えコストパフォーマンスもよく、イスカのロングセラーとなっています。最低使用温度-25度、快適温度が-18度前後と平地のキャンプで使うだけなら北海道や東北以外ではオーバースペック気味になります。中綿がダウンのため安くても軽くわずか1600gでφ22×38cmです。ドラフトチューブなど寒さに強い工夫がたくさんあります。

おすすめの理由と口コミ、評判の紹介

torino.ssm333さんの投稿
41246897 2262229790486365 1903057367917067269 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

厳冬期も使えるシュラフでありながら価格が安くロングセラーということで選んでみました。価格が安いですが、すぐに凍りつくような寒さの厳しい場所でもしっかり使えるように、肩の部分やファスナーの部分に冷気が入らないような工夫が盛り沢山あります。コンプレッションバッグはLサイズでコンパクトになりLLでゆったり収納になります。

11月初旬に関西の標高600mほどの山間部にあるキャンプ場で使用しました。
はっきりとした気温は不明ですが、道中の気温表示板と時間差を考えると10℃は下回っていたと思います。
上は長袖のヒートテックにパンツ一丁で潜り込みましたが、しばらくすると暑すぎてほぼチャック全開でちょうど良かったです。

イスカのおすすめシュラフ8:ダウンモデル⑤

エア 810EX

イスカ(ISUKA) エア 810EX レッド 151319
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

イスカの中では一番高価なモデルですが、使っているダウンも高級なFP800のものを810gも使用しています。重さは1290g、収納サイズはφ21×37cmとなりコンプレッションバッグLでさらに小さくできます。冬の登山で使うシュラフとしてベストセラーと言われていて評判もよく足元が広めだったり、独自の3D形状による暖かさと携行性を両立させていている人気のシュラフです。-25度が最低使用温度になります。

おすすめの理由と口コミ、評判の紹介

出典: https://www.amazon.co.jp

一番FPの高い素材を使った軽くて温かいシュラフのため価格も高価です。通常のキャンプだけではもったいないぐらいの高スペックになりますが、北海道や東北の標高の高いキャンプ場なら存分にスペックを発揮できます。中綿の量も多くなっているため、オプションのコンプレッションバッグと併用を進める口コミが多いです。

温度は測ってないですが、昼でも地面が凍った場所で、サーマレスト のマットにisuka air 810exで暖かく寝れました。
ただ思ったより大きかったので、別でコンプレッションバッグを購入しました。

イスカのおすすめシュラフ9:その他

アルファライト 1300EX

出典: http://www.isuka.co.jp

公式通販サイトでも今季の分は売り切れになった大人気の化繊シュラフで-20度まで使用でき、化繊と比べると価格も安いく、湿度にも強いことから雪の多い場所で長期使うと違いが出てきます。化繊の中でも軽量なマイクロライトを中綿に使っているため1960gと厳冬期でも雪山でも使用できる化繊シュラフとしては重たくありません。収納サイズがφ28×46cmと大きいのでコンプレッションバッグLで小さくしましょう。

おすすめの理由と口コミ、評判の紹介

cranksoutdoorsさんの投稿
15101708 1772170909711729 1783327544364236800 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

イスカの化繊シュラフで一番暖かいモデルです。化繊なので収納サイズを気にしなくていいオートキャンプで人気で、価格が安く、家でも簡単に洗濯できるところが魅力になります。化繊でも3000m級の山で使え非常に人気があるモデルのため、今年だけではなく冬キャンプが楽しめる時期になるとよく売り切れます。それほど人気で過去にも売り切れていたという口コミがありました。

イスカのおすすめシュラフのまとめ

専門メーカーだからこそできる品揃え

出典: https://www.amazon.co.jp

イスカはシュラフの専門メーカーだけあって化繊、ダウンの両方で冬の標高の高い雪山でも使えるシュラフを発売しています。キャンプだけで使うなら少しオーバースペックになりそうなモデルもありますが、寒さが苦手な方におすすめのメーカーです。今回紹介したものは気温が高い時に使う薄いシュラフから真冬でも使えるシュラフまで素材別に紹介しましたが他にも違うモデルがあるので気になる方はイスカのHPを確認してくださいね。

キャンプや登山が気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはキャンプや登山に関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてみてくださいね。

Thumb山梨の秋に行きたい登山スポットおすすめ13選!初心者から中級者も楽しめる! | 暮らし~の[クラシーノ]
山梨県には初心者から上級者ま楽しめるおすすめの登山に適した山があります。秋の時期には綺麗な紅...
Thumb【2019】IKEAで買いたいアウトドア用品14選!注目のキャンプグッズはコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はIKEAで買いたいアウトドア用品を紹介します。IKEAのアウトドア用品は安い価格で、デ...
Thumb春キャンプ初心者向けガイド!春向けのおすすめキャンプ用品や寒さ対策をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
草花が芽吹き、日差しも柔らかくなる春。キャンプ初心者でも春キャンプが楽しめるおすすめのキャン...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ