検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【2022】ファミリーキャンプ向けテント9選!今年買うならコレ!

家族みんなでキャンプするとなる大型テントのほうが使い勝手がよく、荷物もたくさん収納できるのでおすすめです。今回は数あるテントの中からファミリーキャンプに向くおすすめのテントを9種類選んでみました。キャンプデビューや買い替えの参考にしてくださいね。
2020年8月27日
揚げ餅

ファミリーキャンプ向けのテントとは

どんなテントがいいか考えてみよう

家族みんなでキャンプに行こうと思ってもサイズが小さかったり、サイズは十分でも通気性が悪かったりすると大人数で過ごしにくいものです。使用している人数が多いのに通気性が悪いと体温や呼吸などですぐにテント内が蒸れサウナのように湿度が高くなります。小さいと窮屈で楽しめないし、サイズが大きくなることから価格も比例して高くなるので失敗するわけにも行かずファミリー向けのテントを選ぶのは意外と大変なんです。


サイズが大きいテントが人気

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

キャンプや登山でもテントを使いますが、家族みんなでテントを使うとなると登山で使われるような小さなテントよりもサイズが大きい大型のテントのほうが人気があります。冬のキャンプではファミリーキャンプでも小さなテントをシェルターの中に設営するカンガルースタイルと呼ばれるキャンプのスタイルもありますがあまり一般的ではありません。家族で使う場合は、背も高く中で立てるような大きなテントを使うことが多いです。

ファミリーキャンプ向けのテントの選び方1

テントの種類を見て選ぼう


ファミリー向けに限らずテントの選び方に一つに種類を見て選ぶことがあります。テントはサイズだけではなく登山で使う、バイクでテントを持ち運びするなどテントの使い方(目的)に合わせて意外と種類が多いため選び方の参考にしてください。

キャンプ用のテント サイズが豊富でソロ用から6人、8人と大きなテントまで数が多く、テントの形状も豊富
山岳テント 軽量でコンパクトになるテントが多い
強度の高いテントが多く価格は他のテントと比較すると高め
ツーリングテント 大きくても3人ぐらいまでしか使えないテントが多い
基本的にはソロ用のテントでコンパクトになるものが多い

キャンプ用テントの中で前室があるテントが人気

価格やブランドによりますが、人気ブランドから現在発売されているファミリー向けの大きなテントはすべてと言っていいぐらいツールームテントです。ツールームテントとはテントの種類の一つで、寝室とリビングが一体になっているためテントの設営が終わるとタープを張らなくても自然と荷物置き場、リビングができるため便利ですよ。タープを後から張る必要もなく、レイアウトを気にせずテントだけでいいので時短できます。


ファミリーキャンプ向けのテントの選び方2

テントは適切広さを選ぼう

テントの選び方の要点はテントの使用人数だけを参考にせず、荷物を入れることを想定した選び方をすることです。家族全員で同じテントを使用するとなると、必要となる荷物もテント内に入れないといけなくなり、荷物だけでもスペースを取れてしまいます。また一人あたり70cm前後で考えられていることが多く。300×300cmの広大な前室がない基本的なドームテントで4人用~5人用となっていることが多いですが1人分少なく考えましょう。

テントは子供の成長を考える

子供がまだ小さい時は3~4人用のテントでも大人二人、子供二人で過ごすことができますが、成長して背が伸びてくると狭くなります。狭いだけならいいですが家族みんなで使おうとしても物理的に不可能になってくるのでテントを買うなら子供の成長を考えて余裕のあるサイズがおすすめです。逆に大人と変わらない高校生ぐらいあれば人数に合わせた大きいサイズのテントを買えばいいので特に気をつけなくても大丈夫です。

移動するときテントはどうするか

キャンプ用のテントは山岳テントのように生地が薄くないのでテントのサイズが大きくなるにつれて収納サイズはどうしても大きくなってしまいます。軽車両ならトランクが狭かったり幅がないので車にテント、その他の道具や着替えなどの荷物を入れられるかどうかシミュレーションする必要があるのでテントの収納サイズに注目してくださいね。

ファミリーキャンプ向けのテントの選び方3

テントの形状(種類)によって使い勝手が違う

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

山岳テントやツールームテントという種類以外にキャンプ用のテントは形状によって種類が分かれています。タープ不要の広大な前室ができるツールームテントがファミリー向けですが、ベーシックなドームテントは価格が安めで設営するために必要なポールが2~3本と少なく簡単に設営できるため初心者にはおすすめです。ツールームテントと比較すると、前室となるフライシートの間のスペースが小さく荷物置き場に困ることがあります。

おしゃれなワンポールテントはどうなのか

ワンポールテントはペグで固定した後、丈夫なポールを使ってインナー中からインナーを押し上げながら設営するため女性でも、初心者でも簡単です。ただし一点を引っ張り上げているため必ず真ん中にポールくるので邪魔になったり、ドームテントと比較すると三角形になるので端は高さがなく床面を広く使うのは難しいです。そのためワンポールを買うなら同じで設営方法で広いベルテントが広く使えるので選び方の参考にしてくださいね。

おすすめのベルテントとは

設営方法はワンポールテントのように中から立ち上げていきますが、形状が三角ではなく壁部分が立ち上がるため床の広さをすべて使えるため、ワンポールテントと同じサイズとしてもかなり広いテントです。

ファミリーキャンプ向けのテントの選び方4

テントの性能の確認

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

テントの選び方を紹介する前に改めてキャンプとはどのようなものなのか考えてみましょう。キャンプとは屋外でテントを使って寝泊まりするため、雨や風、日光などの環境の影響をバンガローやコテージと比較するとダイレクト受けてしまいます。そのためテントを買うなら雨(雪)に対する強さ、日光(紫外線)に対する強さ、通気性がいいテントになるように基本的な性能を確認することも大切です。

水に強いテントは耐水圧で分かる

雨に強いテントなのか調べる方法は仕様にある耐水圧を見ればすぐに分かります。耐水圧もしくはPUと書かれている項目に1500mmや1000mmとなっていませんか?この数値が高いほど水に強くなりますが、強すぎると蒸れる原因にもなりるので1500~3000mmほどあれば大雨でも大丈夫です。1000mmは普通の雨までは対応しますが、それ以上だと染み込んでくる可能性があるテントなので注意して選んでくださいね。

ファミリーキャンプにおすすめのテント1

コスト重視:トレスアーチ2ルームテント

トレスアーチ2ルームテント

出典:Amazon

5万円程度で購入できるファミリーテントをお探しの方には、こちらのアイテムがおすすめです。最大で3人まで収容できる大きさなので、3人家族に適しています。ゆったりとした空間で、家族でも快適なアウトドア時間を過ごすことが可能です。

テントの性能

こちらのファミリーテントは、シェルターとして利用することも可能です。ロータイプのテーブルや椅子と相性がよく、家族団らんの時間を確保できます。また、リビングと寝室の2つを分けることが可能。ぜひこの機会に購入してみてください。

テントの評判を紹介

防水機能が備わっているアイテムなので、雨の降っている日や風の強い日でも問題なく利用できます。また、ペグが付属しているので、スカート部分に使用してみましょう。さらに快適なキャンプを過ごせるようになります。

風強め、夜中から雨のキャンプで初めて使いました。スカートにもペグを打って雨も風も吹き込まず快適に過ごせました。

ファミリーキャンプにおすすめのテント2

コスト重視:EARTH DURA W ROOM+

6万円程度で購入できるファミリーテントをお探しの方には、こちらのアイテムがおすすめです。最大4人まで利用できるほか、従来のものよりも耐風性が高まっているのがポイント。ぜひこの機会に購入してみてください。

テントの性能

こちらのファミリーテントは、前室部分にタープを取り付けられます。サイド部分にも設置できるので、日当たりに合わせて調節してください。誰でも簡単に設置できるオールインワンテントで、軽くて持ち運びやすいポールを採用しています。

テントの評判

こちらのファミリーテントは耐久性が高いのも理由の1つ。また、難燃性の高い素材をフライに使用しているので、焚き火の近くでの設営も可能です。2ルームとしてだけでなく、リビングだけでの利用も可能となっています。

4年目使用してますが、ポールがとても丈夫で折れたことは一度もありません。組み立てもコツがわかれば1人ででも立ち上げは可能です。犬キャンのため広いスペースが作れること、吊り下げ式のインナーなのでリビングだけでも使用可能なこと、難燃性のフライのため焚き火が近くでも出来ることなど、とても重宝しています。

ファミリーキャンプにおすすめのテント3

コスト重視:AIR SECONDS 4.1

AIR SECONDS 4.1 FRESH&BLACK

出典:楽天
出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

5万円程度で購入できるファミリーテントをお探しの方には、こちらのアイテムがおすすめです。白とターコイズブルーがポイントとなったデザインを採用しており、おしゃれなのも特徴的。ぜひこの機会に購入してみてください。

テントの性能

こちらのファミリーテントは、最大で4人までの収容が可能です。広いスペースを備えているリビングルームとなっており、空気注入式を採用。すぐに設置できる設計なので、できるだけ設営にかかる時間を短縮したいという方に適しています。

テントの評判

設営が楽だと人気のこちらのファミリーテントですが、夏は熱がこもってしまう可能性があります。そのため、夏に使用する際はできるだけ涼しくなるような工夫が必要です。モバイルバッテリーがあれば扇風機なども取り入れることができます。

ファミリーキャンプにおすすめのテント4

定番のテント:ワイドタフドーム4

タフワイドドームIV 300

出典:楽天
出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

タープを張って過ごさないといけませんが、初めてのテントを買うならコールマンはおすすめブランドです。キャンプ場に行くと必ず見かける人気ブランドで、使っている人が多い安心感がります。背が高いテントですが風に対する強度もテスト済みで、上下から空気入が入ることで通気性もいいうえに低価格で、初心者におすすめのテントです。デメリットはオーソドックスなドームテントなので前室が小さいことになります。

テントの性能

前室は160cmとリビングルームのように使えないのでタープを必ず張らないと木陰がないキャンプ場では使いにくいですが、設営がしやすいシンプルな作りに加え2000mmの高い耐水圧、UVカット加工、インナーテントの上下にもあるベンチレーションで通気性もよく熱がこもりにくくなっています。インナーテントのサイズは300×300cmで4人程度でちょうどいい大きさです。とりあえずキャンプを始めてみたいという方におすすめですね。

テントの評判

有名メーカーになると。他のメーカーのテントと比較したレビューもあったりするので選ぶときに参考になります。初心者でも設営しやすく価格が安いですが金属のポールが使われていることが好評です。

今まで他のメーカーの同サイズを使用していましたが、設営も簡単で何よりメインポールがアルミ14.5mmはしっかりしていて強度が有るのがわかります。ベンチレーションも十分有りオールシーズンOK、この製品でこの価格なら最高です。

ファミリーキャンプにおすすめのテント5

定番のテント:エクスギア アルミファミリージオドーム

エクスギア アルミファミリージオドーム

出典:楽天
出典:Amazon
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

2万円程度で購入できるファミリーテントをお探しの方には、こちらのアイテムがおすすめです。低価格で購入できるテントのため、これからキャンプを始めたいと考えている方にピッタリ。ぜひこの機会に購入してみてください。

テントの性能

こちらのファミリーテントは、最大で6人まで収容できる大きめサイズです。耐久性や耐風性を備えているファミリーテントとなっており、長期的に愛用したいという方に適しています。また、開放的な居住スペースを確保可能です。

テントの評判

こちらのファミリーテントは、開放的なサイズとなっています。簡単に設置できるテントとなっているため、アウトドア初心者でも手軽に取り入れることが可能。デザインもおしゃれなので、見た目もこだわりたいという方に適しています。

身長185の主人が、開放感を感じる広さと天井高です。
5歳児と3人で使用ですが、超快適です。

ドーム型に一捻り的なテントで、ど素人夫婦で設置完了まで15分かかりません。
持ち運びも苦にならず買ってホントに良かったと思います。

オシャレ感は無いけど、ファミリーで迷ってコレを見たアナタ!
ポチるべし!

ファミリーキャンプにおすすめのテント6

定番のテント:アメニティドーム

アメニティドームM SDE-001RH

出典:楽天
出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

前室が広く見た目感じではツールームテントのように見えますが、種類としてはごく普通のドームテントです。ただ前室が広いためいろいろな荷物を片付けることができるため人気のあるテントです。発売をしているスノーピークもキャンプ場で必ず見かけるようなブランドでエントリークラスのテントですが、性能が非常に高く初心者がテントを買うならおすすめしたいテントの一つでコールマンのテントとよく比較されるテントです。

テントの性能

何人で使うかによってテントのサイズが選べるのがアメニティドーム特徴で3人ならS、5にならM、6人ならLとなっています。耐水圧1800mm「ミニマム」となっていてフライシートのどこを測っても1800mmはあるという意味です。初心者でも設営がしやすいようにテントのスリーブには色がつけられているほか、高さをあえて低くして丸みのある作りにすることで風を受け流すようになっていているので強い風が吹いても心強いです。

テントの評判

子供が小さいうちはSでも大丈夫ですが、テントをどうせ買うならSよりもMがおすすめです。比較すると355×230×高さ120cmと505×280×高さ150cmの違いは結構大きいですが、価格帯での差は1万円未満となっています。最初のテントに選ぶ方も多い優秀なテントです。

ファミリーキャンプにおすすめのテント7

トンネル型のテント:グランベーシック エアマジック

グランベーシック エアマジック

出典:楽天
出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

簡単に設営できるファミリーテントをお探しの方には、こちらのアイテムがおすすめです。価格は10万円以上と高いのがデメリットですが、十分な大きさを確保できます。空気で設営できるので、設営時間は10分以下です。

テントの性能

こちらのファミリーテントは、タープの設営もできる優れものです。タープ部分にはロータイプのテーブルや椅子を設置可能。天井部分にはランタンを設置できるフックを搭載しています。ぜひこの機会に購入してみてください。

テントの評判

大きいサイズのため、使用後は手間がかかってしまうこともあります。しかし、ある程度設置方法に慣れれば楽に利用可能。空気で膨らませてからペグで固定すれば、さらにキャンプを楽しめるようになること間違いなしです。

組み立ては初めての時は結構時間がかかりました。
ただ、ペグで固定する方が時間がかかり、空気で膨らませるのは思ったよりも簡単にできました。
初めての利用が雨で、撤収時は晴れていましたが、濡れをふくのに時間がかかり、収納にてまどいました。
思った以上に収納に時間がかかります。

ファミリーキャンプにおすすめのテント8

高けどおすすめのテント:ムーンライトテント

ムーンライトテントは「月明かりで設営できるほどの簡単なテント」とい意味があるテントで誰でもすばやく設営できます。形状が特殊に見えますが種類としてはドームテントになります。かなり昔からある評判のいいテントで使用人数に合わせて1、2、3、5、7、9型があり家族みんなで使う場合は5型からがいいでしょう。前室が広いテントではないのでゆとりのあるサイズを選ぶことをおすすめします

テントの性能

ムーンライトテントはキャンプ用品だけではなく登山用品なども作っている人気ブランドでmont-bellが手がけているテントのため、しっかり作り込まれいるテントです。生地は燃え広がりにくくなる難燃性で耐水圧は1500mm、280×280cm、高さは165cmとなっていて家族で過ごすときにちょうどいい大きさです。前室は出入り口2箇所にあります。トンネル型のテントのようにリビングはないですが設営のしやすさが最大の魅力、性能です。

テントの評判

テントの名前の由来のとおり月明かりで設営できるほど簡単なテントですが、居住性もよく考えられているテントです。

中学生、小学生の子供がいる4人家族ですが、今までのテントが手狭になり、こちらを購入しました。 いきなり雨の中の設営でしたが、評判通りの設営の速さす。広さも大人4人でちょうどよいかと思います。 四方に窓があるので、夏場でも通気性がよく、快適です。

ファミリーキャンプにおすすめのテント9

ワンポールテント:All.in 3mテント

All.in 3mテント

出典:楽天
出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

2万円程度で購入できるワンポールテントをお探しの方には、こちらのアイテムがおすすめです。最大で4人まで収容できる大きさで、メッシュ付きの2重層窓口とドアパネルを設置。しっかりとした通気性と防虫性を備えており、表面には雨に強い撥水加工を施しています。

テントの性能

こちらのファミリーテントは、フロアシートを取り外しできます。そのため、晴れの日は芝生を感じながらキャンプを楽しむことも可能。防水性が備わっているので、雨の日は浸水を防ぐこともできます。

テントの評判

ベルテントは基本的に価格が高いため、安価で購入したいという方にピッタリ。また、設営が簡単で耐水圧も高めなので、機能性を求めている方から人気です。気になるという方は、ぜひこの機会に購入してみてください。

良い点
・この価格でベルテントは買えないです。
・耐水圧も高め。
・設営が簡単(20分ぐらい

ファミリーキャンプにおすすめのテントのまとめ

テントを買うなら情報を集めよう

今回紹介したテントは数あるテントの中のほんの一部にしか過ぎません。テントの価格を重視するのか、設営方法を重視するのか、性能を重視するのかでおすすめのテントは変わってきます。他にもかっこいいテント、おしゃれなテントというものもありフライシートに柄ついたテントもあるのでまずは、テントを買う前に情報を集めて、その次に好みの大きさなどから選んでみてくださいね。

ファミリーキャンプが気になる方はこちらチェック!

暮らし~のにはテントだけではなくいろいろなキャンプ用品の記事があります。キャンプを始める時は参考にしてくださいね。