キャプテンスタッグのテントおすすめ11選!種類別に人気モデルをご紹介!のイメージ

キャプテンスタッグのテントおすすめ11選!種類別に人気モデルをご紹介!

キャプテンスタッグは、新潟県の金属加工で有名な三条市にあるパール金属株式会社のアウトドア用のブランドです。キャプテンスタッグのテントはラインナップが豊富にあるため性能がいいテント、価格の安いテントなどモデルごとに紹介します。

2020年06月08日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. キャプテンスタッグとは
  2. キャプテンスタッグのテントは種類が豊富
  3. 各種テントの選び方
  4. キャプテンスタッグのおすすめテント1
  5. キャプテンスタッグのおすすめテント2
  6. キャプテンスタッグのおすすめテント3
  7. キャプテンスタッグのおすすめテント4
  8. キャプテンスタッグのおすすめテント5
  9. キャプテンスタッグのおすすめテント6
  10. キャプテンスタッグのおすすめテント7
  11. キャプテンスタッグのおすすめテント8
  12. キャプテンスタッグのおすすめテント9
  13. キャプテンスタッグのおすすめテント10
  14. キャプテンスタッグのおすすめテント11
  15. キャプテンスタッグのテントのまとめ

キャプテンスタッグとは

パール金属株式会社の人気アウトドアブランド

キャプテンスタッグは金属加工で有名な新潟県にあるフライパンや鍋などの製造販売をしているパール金属株式会社のアウトドア用の人気ブランドです。キャプテンスタッグとしてはクッカーなどの調理器具だけではなくキャンプで必要なものを全てラインナップされていてテントやタープ、ガス器具、寝袋、ランタンとキャプテンスタッグだけでも多いので他のメーカーと組み合わせなくてもキャプテンスタッグだけで、統一できるほどです。

キャプテンスタッグの特徴1

キャプテンスタッグはSNSなどの口コミで鹿番長として評判のブランドで、ブランドロゴの鹿は群れを安全な場所へ率先し仲間からも信頼されている牡鹿から来ています。そんな人気のキャプテンスタッグの特徴はいろいろありますが、一番の特徴は品揃えが豊富ということです。テントだけでもかなりの種類とサイズがありチェアなどの組み合わせを考えるとキャプテンスタッグの製品だけでも何パターンにもなります。

キャプテンスタッグの特徴2

キャプテンスタッグのもう一つの大きな特徴といえば価格帯が低めでキャンプ初心者も買いやすいところが評判です。キャプテンスタッグだけで統一するするとリーズナブルにキャンプを始めることができますし、価格の高いテントは価格の低いキャプテンスタッグにして、他のギアは好きなメーカーにするなど組み合わせたりして思い思いの方法でキャンプを楽しんでみてください。

キャプテンスタッグのテントは種類が豊富

種類が多いのが初心者には難しい

初心者にもおすすめのブランドですが、品揃えが多く初心者には少し選びにくいブランドになってしまいがちです。簡単に紹介しますとキャプテンスタッグの最強のテントのエクスギアシリーズ、白いテントのCSクラシックシリーズ、緑のテントのCSシリーズ、その他とテントだけでこれだけのシリーズがありそれぞれサイズが異なったり仕様が異なったりします。またタープにも同じようにシリーズがたくさんあり組み合わせは豊富です。

テントの設営方法の違い

各種シリーズ以外のテントとしてはツーリング用のテントや初心者向けの価格を抑えた人気の格安テントなどが含まれます。また、キャプテンスタッグはテントの種類が豊富なため設営方法の異なるテントも全てラインナップされていて基本的な設営方法となるドームテント、設営が非常に簡単なワンポールテント、設営がワンタッチでできるワンタッチ式とポップアップ式以外の設営方法が異なるテントがラインナップされています。

各種テントの選び方

選び方1:高性能なテントかそれ以外か

キャプテンスタッグのテントとの選び方としては、まずエクスギアシリーズかそれ以外のテントかに分かれます。口コミで評判のいいエクスギアシリーズは、先程紹介したようにキャプテンスタッグの中では一番性能のいいテントとなっていため選び方としては、性能を優先する方は自動的にエクスギアシリーズという選択になります。

選び方2:ドームテントかワンポールテントか

性能で選ぶ時のもう一つの選び方としては設営方法の違いになります。高性能な白いワンポールテントが特徴的なのはCSクラシックシリーズです。ワンポールテントは床面をペグダウンした後はインナーの中からポールで上に突き上げるように設営するだけの簡単なテントのため初心者向けのテントです。また外見がおしゃれということもありオシャレキャンパーにも人気なのがワンポールテントになります。

選び方3:テントの性能を確認

キャプテンスタッグはテントの種類が特に多いブランドなので必ずテントの性能を確認しましょう。価格だけで選ぶと失敗します。キャプテンスタッグのテントは格安のテントからエクスギアシリーズやCSクラシックシリーズのような高機能なテントが揃っているので必ず耐水圧、サイズ、収納サイズ、重さは確認しておきましょう。

選び方4:サイズによる違い

出典: https://www.amazon.co.jp

テントの種類が多いので組み合わせは豊富ですがテントの基本的な選び方であるサイズは各シリーズごとに1種類ずつになるので、何人でキャンプをするのか使用する人数に合ったサイズを選ぶようにしましょう。ソロキャンプならば逆に3人用などの大きなサイズを使うと設営が大変だったり、持ち運ぶのが苦労したりするのでテントの選び方として適切なサイズを選ぶのも大切です。

用語解説

前室 フライシートとインナーの間にできる隙間で荷物置き場など使える。
人数 テントを利用できる人数。
基本的に表示さている人数より1人少なく考えるといいと言われて3~4人用ならば3人で利用するのがベスト。
耐水圧 雨に対する強さ。1500ミリ以上がおすすめ。
サイズ 前室の広さがわかるのでインナーのサイズ、フライシートのサイズを確認するのも大切。
収納サイズ テントを収納した時のサイズ。ツーリングだと50センチが一つの目安になると言われています。
付属品 ペグやペグハンマーなどの付属品。基本的に付属するペグは最低限のものが多く自分で用意したほうが好ましい。

キャプテンスタッグのおすすめテント1

キャプテンスタッグのコスパのいいモデル

テント クレセント 3人用 ドームテント キャリーバッグ付 防水

■サイズ:(約)200×200×H130cm ■重量:(約)2.5kg ■材質:フライ:ポリエステル(PU加工・防水)、インナーテント:ウォール=ナイロン190T(通気性撥水加工)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

キャプテンスタッグの格安のテントでシリーズ化はされていないテントです。価格帯の安いテントはフライシートが半分しかないハーフフライが多いのですが、フライシートが全面にあるフルフライとなっていて、キャプテンスタッグらしい初心者でも簡単に設営ができる一番シンプルなドーム型となっています。低価格のためパーツなどは安い素材が使われていますが、人気のテントで口コミなどがたくさんある評判のいいテントです。

おすすめの理由

出典: https://www.amazon.co.jp

低価格でキャンプをコンスタントにするか分からない初心者や初めての方はあまり費用をかけずに、キャンプに挑戦できるテントで、設営方法も初心者でも簡単なポールをクロスさせるだけです。キャプテンスタッグの中では、一番安いですが小雨程度なら防いでくれるフルフライ仕様です。雨が気になる方はタープとの組み合わせで改善できます。

口コミと評判

キャプテンスタッグの人気のロングセラーのテントで安い素材を使っていますが少量の雨も防ぎ、ボトムにはレジャーシートにも使われているEPクロスを使用しているところが実は評判のいい所です。組み合わせ次第では非常に安くキャンプ道具を揃えることができます。

外側のテント(カバー)は、防水性もよく、大変よい感じでした。テントの下、地面とテントの間にブルーシートを敷きましたが、全体が完全防水なので、下に敷く必要もなかったと思いますが、保温にはよかったと思います。

特徴的なPEクロス(いわゆるブルーシートと同素材)の床も健在。
当時は安物の象徴みたいで気に入らなかったが、
今は捨てたもんじゃない、と思っている。
水はまったく通さず擦れにも強く、設営場所に気を遣わなくてよい。
駐車場などアスファルト上でも惜しげなく設営できる。

キャプテンスタッグのおすすめテント2

キャプテンスタッグのツーリング向けモデル

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)UA-3リベロ ツーリングテントUV〈2人用〉BL

■サイズ:フライ:(約)210×260×H130cm ■パッキンサイズ:(約)40×16×16cm ■重量:(約)3.1kg ■材質:フライ:ポリエステル70D(PU防水加工

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

キャプテンスタッグの中ではツーリングに向くモデルでシリース化されていませんが、初心者にも簡単にできるシンプルなドーム型のテントでコスパもよくバイクでのキャンプにおすすめのテントです。ツーリングテントは選び方の時に紹介したように収納サイズと重さが大切で、ツーリングテントは40×16×16センチとコンパクトかつ出入り口がメッシュになったり、フライシートにベンチレーションがあったりと使い勝手も良くなっています。

おすすめの理由

出典: https://item.rakuten.co.jp

テント自体はツーリングモデルなので小さめですが、前室が最大65センチもあります。また低価格帯でありながら前後に出入り口出入り口、前室があるので荷物が多いときでも使いやすく夏のキャンプでもUVカット加工が施されているので、UVカット加工がないテントと比べると快適に過ごせます。人気なのは青いモデルですが、色違いの水色のツーリングテントもおすすめです。雨が心配な方はタープと組み合わせて使いましょう。

口コミと評判

たくさんある口コミの中で初心者でも簡単に設営できる構造とキャンプツーリングで使いやすい大きさなどが評判です。耐水圧が明記されていないので雨が振りそうな時はタープと組み合わせて使うといいでしょう。

バイクキャンプ2年目ですが壊れもせず使っています。単純な構造だし、シンプルです。良い点は天井が高いこと。出入りや物の出し入れが楽です。あと雨の日に良い色合いです。最近のテントと比べると地味な色合いですが、深い紺色が薄暗いキャンプ場によく合います。

・購入当時は設営に30分ほどかかっていましたが、慣れると5分で設営できます。
・前室が小さいのでそこは他のテントが羨ましく思う時もありましたが、2人用ですので、1人で使う分には中は広く荷物も置けるのでとても快適です。私自身、身長が180以上ありますが快適に過ごせます。
・雨の日は浸水が怖いので屋根がある場所で設営して使っていました。

キャプテンスタッグのおすすめテント3

キャプテンスタッグの高性能なツーリング向けモデル

テント キャンプアウト カモフラージュ 2人用 ドームテント UVカット キャリーバッグ付

■サイズ(約):フライ/210×260×H130cm ■重量(約):2.8kg ■パッキングサイズ(約):40×16×16cm ■材質:フライ/ポリエステル185T(PU2,000mm)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

キャプテンスタッグの公式HPではツーリングとは表記されていませんが、収納サイズもツーリング向けのモデルと同じで若干軽くなっていてツーリングモデルよりも新しく発売されたテントなので、耐水圧は製のが良くなっているのでタープを組み合わせなくても雨に濡れても大丈夫です。個性的なカモフラージュ柄なので組み合わせる椅子なども柄に気をつけたいテントで設営方法は初心者でも簡単な交差させるだけです。

おすすめの理由

出典: https://www.amazon.co.jp

おすすめの理由として耐水圧が明記され選びやすくなっていて、同じカモフラージュ柄の椅子などと組み合わせるとユニークなサイトレイアウトできることから他人と被ることも少ないです。

口コミと評判

サイズや設営方法が人気のツーリング向けのモデルと変わらないのでツーリングモデルとしても評判がいいテントです。柄特徴的なので選び方としてはおしゃれにレイアウトをしたいか、シンプルなテントが欲しいかになります。

ツーリングテントとして購入。
生地の薄さはやや気になるが、安さとデザイン、そして設置したときの高さが1250mmというのが魅力。大の大人が一人寝ても十二分のスペースが確保されており荷物も中に置ける。

キャプテンスタッグのおすすめテント4

シンプルな作りの大人数で使えるモデル

CAPTAIN STAG キャプテンスタッグ オルディナ スクリーンドームテント(6人用)(キャリーバッグ付) M-3118

■サイズ:(約)340×420×H180cm ■重量:(約)7.3kg ■パッキンサイズ:(約)70×20×20cm ■材質:フライ:ポリエステル70D(PU1,000mm)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

キャプテンスタッグのドームテントで5人で使える大型のテントでおすすめなのがオルディナスクリーンドームテントです。基本的な設営方法なので初心者でも簡単に設営できるだけではなく前後の出入り口だけではなく両サイドに大きなメッシュパネルがあるので通気性のいい作りなっています。雨に備えてフルクローズすることもでき前後左右に荷物置き場となる前室があるため大人でも使いやすいテントです。

おすすめの理由

出典: https://www.amazon.co.jp

キャプテンスタッグの他の5~6人用のテントより少し大きいサイズが使いやすく、換気用のメッシュパネルと前後だけではなく左右にも前室があるところがおすすめの理由です。また、テント内の温度が上がりにくくなるUVカット加工も施されているのでリーズナブルでありながら使えるテントです。

口コミと評判

キャプテンスタッグのテントの中では標準的な耐水圧なのでタープを組み合わせて雨を防いだほうがいいですが、小雨程度なら問題ないと評判です。また、大きさに対する口コミもたくさんあります。

キャンプで使用。
大人3人でも広い!
雨続きで、びしょびしょでしたが、とりま今回は浸水被害にまではいきませんでした。
すごいのかな??
次回もキャンプで使います。

家族4人で寝るのに購入しましたが、広すぎるくらいです。
建てるのも簡単で助かっています。
防水性ですが、小雨程度は問題ありませんでした。

キャプテンスタッグのおすすめテント5

少人数向けツールームテント

CAPTAIN STAG CS ツールームドームUV(3〜4人用)(キャリーバッグ付) M-3133

■サイズ:(約)220×475×H165cm ■重量:(約)9.5kg ■パッキンサイズ:(約)65×21×23cm ■材質:フライ:ポリエステル70D(PU1,000mm)

楽天で詳細を見る

3~4人用の比較的少人数向けのツールームテントです。フライシート側面には大きな換気用のメッシュパネルが付いているので通気性も他のテントより良くなっています。インナーにもメッシュになる出入り口が2箇所とUVカット加工になっているので、熱がこもりにくい工夫がたくさんあります。キャプテンスタッグの他のテントと同様耐水圧が少し低いので雨の日に注意が必要です。

おすすめの理由

出典: https://www.amazon.co.jp

シンプルなツールームテントですが、換気用のメッシュパネルとUVカット加工があるのでおすすめのテントです。フライシートにスカートが付いていないため夏用になります。

口コミと評判

意外と少ない少人数向けのツールームテントもキャプテンスタッグにはあります。設営が簡単という点も評価されています。

今回、夫婦二人で、大きすぎず、でも中に荷物を入れても余裕があるぐらいの大きさのテントをいろいろ探していました。リーズナブルなものを探していたのでなかなか見つからず、ようやく気に入ったものが見つかった感じでした。

ゴールデンウィークに使用してみましたが良い商品だと思いました。初キャンプの子供と一緒にテントを建てましたが組み方は一般的な組み方で出来るので使いやすかったです

キャプテンスタッグのおすすめテント6

キャプテンスタッグ最強のエクスギアシリーズ①

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア ソロテント ブラウン UA-19

■サイズ(約):フライ:210×190×H130cm ■重量(約):2.18kg ■材質:フライ:ポリエステル185T(PU2,000mm)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

独特なフォルムをしているため設営方法が少し変わっていますが、キャプテンスタッグ最強のテントと呼ばれているエクスギアシリーズのソロ用のテントです。価格に対して性能が高く人気で、初心者にもおすすめできるエクスギアシリーズはソロ用から6名程度で使うことができるテントまで幅広くラインナップされていて、ソロ用のテントの特徴はフルメッシュのインナー、大型ベンチレーションなど通気性と広めの前室になります。

おすすめの理由

出典: https://www.amazon.co.jp

キャプテンスタッグの中では高めのテントですが金属のポール、高い耐水圧と他のテントより高機能になっています。初心者でも上級者でも使いやすいテントです。

口コミと評判

フルメッシュの通気性のいいインナーとコンパクトな収納サイズが評価れています。品質もキャプテンスタッグ最強と言われていることもあって高めです。

全室の関係でペグが必須ですが、無くても自立はできます。
内室はメッシュなので蒸れがなく良好です。
180CMですが長さは余白があるほど足りてます。
ポールは色分けしてあり高精度。
ツーリングのお共に

小雨以外はまだ経験していせんが、メッシュインナーの床面とそこから上数十センチが完全に水を通さない素材で出来ているので、周りが水浸しになっても浸水しない作りになっています。
2層構造なので、通気性もとても良いです。

キャプテンスタッグのおすすめテント7

キャプテンスタッグ最強のエクスギアシリーズ②

UA-0002エクスギア アルミツーリングドーム2UV (キャリーバッグ付) 【条件付送料無料】 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG) アウトドア用品・キャンプ・バーベキュー・BBQに本格派テントタープ!UA-2

■サイズ(約):210×130×H125cm ■重量(約):3.8kg ■パッキングサイズ:(約)/50×14×14cm ■材質:フライ:ポリエステル70D(PU2,000mm)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

エクスギアシリーズの二人用テントでポールを交差させるだけでのシンプルな設営方法のため、初心者にもおすすめです。通気性も前後の出入り口、インナーの上部が一部メッシュになっていて過ごしやすくなっています。エクスギアシリーズは耐水圧が高いため多少の雨ならタープと組み合わせて使わなくてもいいので便利です。

おすすめの理由

出典: https://www.amazon.co.jp

高性能なモデルの二人用ということでおすすめです。大きさや耐水圧などはカモフラージュ柄のドームテントと似ていますが、エクスギアシリーズのポールは金属なので強度があります。

口コミと評判

2人用ということは選び方の時に紹介したように、1人で使うとちょうどいい大きさです。また、キャンプツーリングでも使える大きさのテントと言う口コミが多くあります。気になる性能もエクスギアシリーズなのでキャプテンスタッグの中でも性能は抜群にいいです。

一度キャンプに持っていきましたが特に問題ありません。寒い季節ですが閉め切ってしまえば隙間風も来ず、保温も通気性も考えられたテントだと思います。

収納時の長さがチョッと長いけど、積載可能ならツーリングテントにベストな部類です。
前室あり、使い買ってもよく、デザイン・色ともに品があります。
前室のフラップをタープ状にするポールは含まれていないので、別途購入しました。
ツーリングとキャンプと両方楽しめるテントです。

キャプテンスタッグのおすすめテント8

キャプテンスタッグ最強のエクスギアシリーズ③

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)アウトドアテント・シュラフエクスギア スクリーンツールームドーム UA−21UA0021

■サイズ(約):フライ:345×460×H200cm ■パッキングサイズ(約):76×32×32cm ■材質:フライ:ポリエステル75D(PU1,200mm)

楽天で詳細を見る

一見するとスクリーンタープのように見えますが、インナーもちゃんと付属するツールームテントです。インナーが吊り下げ式のため不要な時は、外しておいて大きなシェルターとして使うこともできます。特徴としては大型メッシュパネルにより暑い季節には通気性がよく、寒い季節には風の入り込みをおさえるスカートと全面フルクローズできるため年間を通して使える大型のテントです。またメッシュパネルの上部だけ少し開くことも可能です。

おすすめの理由

出典: https://www.amazon.co.jp

キャプテンスタッグの中では珍しいスクリーンタープのようなツールームテントで、性能が高く信頼性のあるエクスギアシリーズだからおすすめです。インナーの着脱が簡単な吊り下げ式もおすすめの理由となります。

口コミと評判

エクスギアシリーズの高い耐水圧とツールームタイプの広さが評価されています。

川原での芋煮会用に買ってみましたが、天候の変化にもすぐに対応出来る点がすごく良いです。

キャプテンスタッグのおすすめテント9

高性能なワンポールのシリーズ①

ティピー型 テント ワンポールテント ヘキサゴン 300UV 3〜4人用 (インナーテント UVカット ベンチレーション機能 キャリーバッグ付)CSクラシックス CAPTAIN STAG 6角形 テント パール金属 【RCP】【UA-34】【UA-0034】

■サイズ(約):300×250×H180cm ■重量(約):3.2kg ■パッキングサイズ(約):68×17×17cm ■材質:フライ: ポリエステルリップストップ210T(PU2,000mm)

楽天で詳細を見る

キャプテンスタッグのワンポールテントは下位モデルもあるのですが価格差があまりないことから高性能なCSクラシックシリーズを紹介します。白い幕体のCSクラシックシリーズは高性能なワンポールテントを展開しているシリーズです。3人でつかうとちょうどいい大きさで、フライシート上部のベンチレーションに加えインナーがフルメッシュと通気性もよく設営が簡単です。

おすすめ理由

出典: https://www.amazon.co.jp

一番のおすすめ理由は下位のワンポールと価格差が少なく、高性能で使いやすいということです。ただし前室がないためタープとうまく組み合わせて工夫する必要があります。

口コミと評判

通気性がよく低価格帯で使いやすいと好評のワンポールテントです。

父子キャンプで使用しました。
2人でしたので広々と使えました。
4人で使うのは少々しんどいサイズ感です。

出入口が一つだけですので暑いかと思いましたがインナーがフルメッシュなので意外と涼しく快適に過ごせました。
添え木などでフライの裾を持ち上げてやれば真夏でも問題なさそうです。

手頃な価格で最高のパフォーマンス。
キャプテンスタッグは信頼できます。
お勧めします。

キャプテンスタッグのおすすめテント10

高性能なワンポールのシリーズ②

キャプテンスタッグ ワンポールテント オクタゴン460UV UA-0035組み立て簡単なティピー型ワンポールテント

■サイズ(約):フライ:460×460×H300cm、インナー:450×420×H300cm ■重量(約):11.5kg ■パッキングサイズ(約):74×23×23cm ■材質:フライ: ポリエステルリップストップ210T(PU2,000mm)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

手頃な価格で高品質なCSクラシックシリーズの大型のワンポールテントです。3~4人用と比べるとベンチレーションが大型化に伴い増えて、フルメッシュだったインナーは普通のインナーになっています。出入り口をキャノピーにすることで、雨が降っているときもひさしの役割をし濡れずに済むなどさらに使い勝手が良くなった人気のワンポールテントです。ほんの少しですが、フライシートとインナー間に隙間もあります。

おすすめ理由

出典: https://www.amazon.co.jp

キャプテンスタッグの大型のワンポールテントはこちらの製品だけでになるため大きなワンポールテントが欲しい方におすすめです。4人用のハーフインナーを使うと前室もできるので少人数でも有効活用できます。

口コミと評判

高品質かつ使いやすいワンポールテントということで人気があります。ワンポールテントのポールはドームテントのポールのように曲げる必要がないため強度のある素材が使われています。

8月のキャンプ🏕でゲリラ豪雨に、耐えてくれました、周りのテントやタープは、飛ばされているのに、ワンポールテントは、大丈夫でした、ポールの強度がすごいです

グループでキャンプに行くように買いました!
結構大きくて6人くらいは余裕で泊まれます。
撥水性も十分でこの値段なら買って損はない商品だと思います。

キャプテンスタッグのおすすめテント11

高性能なワンポールのシリーズ③

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)UA-39 CSクラシックス キャンプベースUV(大型シェルター)(ラッピング不可)(快適家電デジタルライフ)

■サイズ(約):フライ:680×380×H220cm ■パッキングサイズ(約):72×23×24cm ■重量(約):14.7kg ■材質:フライ:ポリエステルリップストップ210T(PU2,000mm)UVカット・撥水加工、インナー:185Tポリエステル(通気性撥水加工)

楽天で詳細を見る

多彩なサイトレイアウトができるワンポールテントとベースキャンプシステムです。テントは左右どちらでも付け替えできるのでレイアウトの幅が広がり、付属のキャノピーポールをつかって張り出せばレクタタープのようにも使えます。インナーのサイズは5人用となっていていてスカートも付いているので、寒い季節でも使いやすいテントですがインナーはメッシュを使用しているので防寒対策が必須です。

おすすめ理由

出典: https://www.amazon.co.jp

大型のベースが簡単に作れるのでおすすめです。また大きいテントですが、買い求めやすい価格帯という魅力はキャプテンスタッグならではです。

口コミと評価

大きいですが簡単に設営できポールが付属しているところが好評です。

作りが単純なので6点ペグダウンして一人で簡単に設営できました。
想像していたよりも良い意味で大きく、広い。
当方身長174cmですが頭が着いて中腰になるような事はないので腰に良いです。
安っぽいですがポールもセットで付いているので(故に重い)サイドを跳ねあげてフルオープンに出来るのは初心者には有難いです。
二股ポールも付属しているのもいいですね。

キャプテンスタッグのテントのまとめ

低価格帯で使いやすいテントが豊富

出典: https://www.amazon.co.jp

上位のモデルでも価格帯が安く、雨除けとしてタープと組み合わせなければなりませんが下位のモデルも安く人気です。これからキャンプを始めたい方も設営が簡単で、上位のモデルでも価格帯が安く、使いやすいキャプテンスタッグのテントを検討してみてはいかがでしょうか。

キャンプ用品が気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはキャンプ用品に関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてみてくださいね。

Thumbノースイーグルのテント人気おすすめ10選!コスパ最強と評判の魅力に迫る! | 暮らし~の[クラシーノ]
ノースイーグルのおすすめテントをお探しでしょうか?コスパが最高と評判のノースイーグルですが、...
Thumbスノーピークのテントおすすめ11選!評判の人気モデルの選び方も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はスノーピークのテントのおすすめと選び方を紹介します。特にスノーピークのテントは防水性や...
Thumb【秋/冬】コールマンの寒い時期におすすめしたい人気キャンプ用品36選! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプ用品老舗ブランドのコールマン。ここでは2018年秋冬最新モデルから、定番モデルまでキ...

あなたへのおすすめ