Google mapは自転車で使えない?経路検索や音声案内の使い方と注意点を解説!のイメージ

Google mapは自転車で使えない?経路検索や音声案内の使い方と注意点を解説!

サイクリングに活躍する自転車ナビ。無料地図アプリとして有名なGoogle mapは自転車ナビとして使えないのでしょか?ここではGoogle mapをサイクリングに使える自転車ナビと使うコツやお役立ちグッズを併せてご紹介します。

2018年11月08日更新

山口 徳成
山口 徳成
キャンプや登山、自転車にフィッシングなどのアウトドアギア・ファッション関連が得意分野。実践経験と最新情報の調査によって商品の比較やリアルな口コミまで、商品の魅力を読者にわかりやすく届けられるようにライティングを行なっています。少しでもアウトドアライフの役に立つ情報を発信できれば嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. Googlemapは自転車ルートに使える?
  2. Googlemapを自転車ルートにする方法
  3. Googlemapを自転車ルートに活用:1
  4. Googlemapを自転車ルートに活用:2
  5. Googlemapを自転車ルートに活用:3
  6. Googlemapを自転車ルートに活用:4
  7. Googlemap自転車ナビ使い方の注意点
  8. Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:1
  9. Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:2
  10. Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:3
  11. Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:4
  12. Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:5
  13. Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:6
  14. Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:7
  15. Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:8
  16. 最後に

Googlemapは自転車ルートに使える?

最近は健康志向の高まりから、休日を楽しいサイクリングやポタリングで過ごしている方をたくさん見かけるようになりました。サイクリングやポタリングの際、無料地図アプリとして便利なGoogle map。Google mapは、サイクリング中のナビとして使えるのでしょうか。ここではGoogle mapの使い方をご紹介します。
 

Googlemapを自転車ルートにする方法

自転車モードとは

Google mapの使い方は簡単です。スマホならGoogle mapを開いた状態にすると、画像のようにルート検索方法が表示されます。この時「車」・「徒歩」・「自転車」の中から、自転車を選択すると自転車モードになります。
 

海外仕様と日本仕様

ところがこの自転車モードは、海外では使えるものの日本では使えないのです。日本地図上で自転車モードを行うと経路は見つかりませんでしたと表示されます。ではGoogle mapはサイクリングやポタリング等のナビゲーションとして使えないのでしょうか。
 

日本なら「徒歩」モードで

徒歩モードなら日本国内でも使えます。徒歩モードは、自転車のナビゲーションとしても便利に使えます。よって日本国内であるなら、徒歩モードにして使いましょうGooglemapはアプリでもWebでもどちらでも使えます。経路を検索する場合は、画面タップで選ぶか、経路検索マークをタップし、出発地を目的地を検索する2種類があります。


そして自転車マークではなく、徒歩のマークを選択し、目的地までの経路を検索します。もちろん徒歩でしか入れないようなルート(歩道橋など)を検索する場合もありますが、全く自転車でも通れない道を経路として選択し、案内する事は無いので安心です。
 

Googlemapを自転車ルートに活用:1

無料な分、使えない!と感じる部分がありますが、使い方を工夫すると無料とは思えない便利な機能がたくさん。無料アプリを上手に使いこなしましょう。

所要時間の計算

所要時間を案内してくれるGoogle mapですが、日本国内では徒歩モードで検索しているため、自転車だと所要時間が大幅に異なります。ちなみにGoogle  mapの徒歩モードの所要時間は、約5km/hで計算されています。一方自転車モードの所要時間は約17km/hで計算されています。そのため徒歩モードで検索された所要時間をおよそ3分の1が、自転車での所要時間と考えておきましょう。
 

Googlemapを自転車ルートに活用:2

標高グラフで高低差を確認

PCやタブレットなどでGoogle  mapを使用すると、経路検索の際、出発地点から目的地までの標高差がグラフでわかるようになっています。サイクリングやポタリングを計画する際、標高差を考慮に入れて時間配分をすると、より緻密な計画ができあがるでしょう。
 

Googlemapを自転車ルートに活用:3

徒歩モードも使えない!?

しまなみ海道の経路検索(徒歩モード)

先ほど徒歩モードが、自転車用の経路検索にぴったりと紹介しましたが、徒歩モードが使えない経路もあります。例えばこちらしまなみ海道です。しまなみ海道はサイクリングのメッカとして知られていますが、Google map徒歩モードでは、経路がうまく検索されません。徒歩モードが使えない場合はどのように対処するのでしょうか。
 

そんな時は「車モード」を選択

しまなみ海道の経路検索(車モード)

こういった場合は車モードを選択するとうまく表示されます。そして気になる経路時間ですが、車モードでは約60km/hで計算されています。自転車での経路時間は、車モードのおよそ4倍で計算しておけば良いでしょう。モード選択時の自転車所要時間に換算する表も参考にしてください。
 

選択モード 所要時間の目安
徒歩モード選択時 所要時間÷3=自転車所要時間
車モード選択時 所要時間×4=自転車所要時間

Googlemapを自転車ルートに活用:4

PC、アプリ併用する

無料で使える地図アプリとして最も有名なGoogle map。最も有効な使い方としては、あらかじめPC上のGoogle  mapで、サイクリングやポタリングの計画を行い、当日スマホなどのモバイルにGoogle  mapのアプリを使って音声案内や画像案内で確認していくという方向が最も有効な活用方法です。またあらかじめPC上で経路検索結果をサイクリング参加者にメールで送信しておくことも重要です。

 

Googlemap自転車ナビ使い方の注意点

サイクリングやポタリングを安全に楽しむためにはやはりルールがあります。ここではGoogle マップを自転車ナビの使い方の注意点を3つご紹介します。使い方を守り、マナーや安全運転を心がけて楽しいサイクリングにしましょう。
 

自転車ライド中に操作しない

出典: https://www.photo-ac.com

走行中、音声案内だけでなく、スマホ画面も気になるものですが、走行中のスマホ操作はルール違反になります。もし音声案内だけでなく画面案内を確認したい場合は、自転車を止めた状態でスマホを確認しましょう。もし走行中もスマホの画面を確認したい場合は、便利なスマホホルダーを活用しましょう。
 

バッテリーの消耗に注意

常にGPS受信や音声案内、画面表示を行っているためバッテリーの消耗が通常よりも早くなります。電池切れと言う状態にならないためにも予備バッテリーは準備しておきましょう。
 

音声案内時の注意点

音声案内ももちろん重要ですが、イヤホンをしたまま自転車を走行するとルール違反として注意を受ける場合があります。自転車の安全運転義務の中で、『安全運転に必要な音や声が聞こえない状態での運転』を禁止しています。ただし明確な基準でないため、両耳イヤホンでも音量を絞っていれば大丈夫な地域と、片耳イヤホンでも注意を受ける地域と差があるのが現状です。あらかじめ目的地周辺の警察署ホームページ等で確認しておくことも重要です。どちらにしても音声案内を聴く際は『安全運転に必要な音や声が聞こえない状態での運転』はやめましょう。
 

出典: https://www.amazon.co.jp

無料地図アプリGoogle mapを使って、サイクリングを楽し見たい方に、より便利にGoogle  mapが使えるアイテムが多数あります。例えばスマホを自転車に固定し、いつでも画面が見られるようにするスマホホルダーや、バッテリーの消耗が気にならない予備バッテリー等装備を充実させると、より快適に、より便利にGoogle  mapが使えます。ここからは自転車ナビに便利なグッズをたっぷりとご紹介します。
 

Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:1

自転車用スマホホルダー

出典: https://www.amazon.co.jp

サイクリング中もスマホ画面で経路を確認したいあなたにお勧めの自転車用スマホホルダーです。もちろん画面方向は360度どの角度にも回転できます。水屋誇りにも強い防水ジッパーを採用しています。適用するハンドルタイプがあります。(直径約2〜3cm)価格は1500円程度です。対応できるスマホの大きさに注意してください。

Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:2

自転車用スマホホルダー

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらも防水防塵機能を持ったスマホホルダーです取り付け場所はハンドルや、フレーム部分に取り付けることができます。もちろん取り外しもとても簡単です。ホルダーに入れたままスマホ操作も可能。小型のモバイルバッテリーも収納可能なのでサイクリングにも使える便利なアイテムです。価格は1500円程度です。代用できるスマホの大きさに注意してください。

Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:3

自転車用スマホホルダー

出典: https://www.amazon.co.jp

自転車 スマホ ホルダー 振れ止め 脱落防止

ほとんどのスマホに対応する便利なスマホホルダーです。4カ所の爪がスマホの大きさに合わせて伸び縮みし、フックがしっかりとスマホをロックします。あらゆる自転車だけでなくオートバイなどにも取り付け可能。しっかりとロックするため、多少の段差ではスマホが走行中に落下することもありません。価格は1600円程度です。
 

Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:4

出典: https://www.amazon.co.jp

充電しながら使える スマホホルダー

予備バッテリーとスマホホルダーがセットになった便利なアイテムです。ハンドルだけでなくハンドルのステム部分にも取り付け可能。3.5〜6インチまでのサイズのスマホが取付可能です。走行中にスマホを充電してくれるので、Google mapをナビがわりにした場合のバッテリー消耗の心配が少なくて済みますね。価格は2500円程度です。
 

Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:5

出典: https://www.amazon.co.jp

ROMOSS 自転車ホルダー モバイルバッテリー搭載

こちらもバッテリーとスマホホルダーがセットになった便利なアイテムです。4〜5.5インチまでのスマホに対応でき、取り付け取り外しも簡単。2.1Aの高出力急速充電なので、通常のバッテリーの2倍の速さで充電可能です。サイクリング中の自転車ナビの時はもちろん、通勤や通学なのでバッテリーをたくさん使う人にもおすすめのアイテムです。価格は3000円程度です。
 

Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:6

出典: https://www.amazon.co.jp

モバイルバッテリー 10000mAh ケーブル内蔵

無料地図アプリで最も有名なGoogle  mapを使って心おきなくサイクリングを楽しみたい方には、やはり予備のモバイルバッテリーをおすすめします。お求めやすい価格でありながらコンパクトで薄く、自転車のスマホホルダーに搭載可能な大きさになっています。しかもケーブル内蔵なので、見た目もスッキリ。アンドロイド、iPhone両方に対応しています。価格は2000円程度です。
 

Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:7

出典: https://www.amazon.co.jp

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)

バッテリー容量と持ち運びやすさから人気の高いモバイルバッテリーです。たいていのスマホが複数回充電できるため、無料地図アプリを使って心おきなく日帰り〜一泊程度のサイクリングが楽しめます。もちろん大きさもコンパクト!サイズは92 × 60 × 22mm。サイクリング以外にも、もしもの際のスマホの予備バッテリーとして持っておきたいアイテムです。価格は3000円程度です。

Googlemap自転車ナビに便利なグッズ:8

出典: https://www.amazon.co.jp

KYOKA 薄型 軽量 大容量 11200mAh LEDライト付き 持ち運び急速充電器USBスマホ モバイルバッテリー

おしゃれでコンパクトな見た目ながら、ほとんどのスマホが複数回充電できるパワフルなモバイルバッテリーです。しかも重量わずか170gと超軽量。薄さもわずか12mm。持ち運びにも便利なサイズです。さらにLEDライトも搭載しており、サイクリング時だけでなく、防災用にも持っておくと便利です。価格は2500円程度です。
 

最後に

いかがでしたでしょうか。無料地図アプリGoogle  mapは、確かに日本では自転車ルートが使えないですが、使い方を工夫すると、自転車ナビとして十分に機能します。PCサイトでルートをあらかじめ計画し、当日はスマホを使ってルートを確認するという使い方をすれば、無料とは言え充分使えるGoogle  mapです。またスマホホルダーや、予備バッテリーを装備すれば、長い距離のサイクリングでも問題なく、快適に過ごせるでしょう。ぜひあなたもGoogle  mapを自転車ナビとして、サイクリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ