ポンチ素材とは?メリット・デメリットなどの特徴や洗濯での注意点を解説!のイメージ

ポンチ素材とは?メリット・デメリットなどの特徴や洗濯での注意点を解説!

ポンチ素材をご存知ですか?ポンチ素材と聞いてもあまりピンとこないという方に向けて今回はポンチ素材のメリット、デメリット、またポンチ素材の特徴や、洗濯での注意点などを重点にポンチ素材の魅力についてご紹介します。ポンチ素材で快適に過ごしましょう。 

2020年06月08日更新

momi
momi
ウインタースポーツをはじめとしたスポーツからレジャーまでおすすめ情報を更新しいていきます。季節それぞれのアウトドアやレジャーを楽しみましょう。Just do it ,What you like.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ポンチ素材とは
  2. ポンチ素材の構造
  3. ジャージー素材とポンチ素材の違い
  4. ポンチ素材のメリット
  5. ポンチ素材のデメリット
  6. ポンチ素材と毛玉
  7. 春/夏/冬とポンチ素材
  8. ポンチ素材のおすすめファッションアイテム5選
  9. ポンチ素材とお洗濯
  10. まとめ

ポンチ素材とは

ポンチ素材の正式名称は『ポンチローマ』または『ポンチデローマ』と言います。日本でよく使われる『ポンチ』という呼び方はポンチローマの略です。

ポンチ素材の構造

ポンチ素材は両面機という機械(針が向かい合わせに2列に並んでいて、面と裏が1度に編める機械)で編まれたダブルジャージーの素材です。シングルジャージーは平編みが基本なことに対してダブルジャージーはインターロックやミラノリブが代表的です。

ジャージー素材とポンチ素材の違い

ジャージー素材をリブで編み地にしたものをポンチ素材と言い、ジャージー素材が厚手の生地になったものがポンチ素材になります。ほとんど同じなのですが、微妙に違うジャージー素材とポンチ素材の細かい違いについてご紹介します。

ジャージー素材とは

ジャージー素材とはその生地1枚で1着を作ることができるプレーンな生地のことを言います。具体的なアイテムでいうとカットソーやジャケット、ワンピースなどで、カジュアルな生地の印象が強いのですが、実際にシャネルなどの有名ブランドの商品など世界各国で使われている素材です。名前の由来はイギリス海峡のジャージー海峡発祥なことからきています。ポンチ素材の利便性は世界各国に親しまれています。

ポンチ素材との違い

ジャージー素材は通気性がよく、着心地、履き心地もよく、肌触りがいいことが特徴で服の分類でいうとルームウェアなどに利用されることも多い生地です。その特徴に加えジャージーの生地は伸縮性がかなり高いのですが、ポンチの生地は厚手でリブ生地になるのでジャージー生地に比べて伸縮性が少し弱くなり、逆に横伸びが少なく厚みがあってしっかりとしています。ジャージー素材よりハリ感がでるので、カジュアルなルームウェアの服やカジュアルな雰囲気よりも、キチンと感がでて、しっかりとした印象を与えることができる生地なのでジャケットやワンピース、パンツなどフォーマル服にも多く使われています。

ポンチ素材のメリット

ポンチ素材のメリットは軽量でなめらかな肌触りで着心地も良く、ストレッチ性もあり、シワにもなりにくいのでアイロン要らずで安心です。また、型崩れも少なくジャケットやスカート、パンツなど子育て中のママや会社勤めの方などオフィスの仕事服としても最適な素材です。ポンチ素材はハリ感もあるので、コーディネートの中にポンチ素材を取り入れることで全体の雰囲気が締まってカジュアルになりすぎず、キチンと感を出してくれます。またこれらに加えて保温性にも富んでいるのでこれからの冬用の服として冬の季節にも最適です。ポンチ素材は薄手のポンチ〜厚手のポンチまで幅広いアイテムが作られていて春夏秋冬、春も、夏の暑い季節から冬まで使え、オールシーズン活躍間違いなしのポンチ素材はおすすめです。

ポンチ素材のデメリット

ポンチ素材のデメリットはジャージー素材に似ているのですが、ジャージー素材に比べると伸縮性が少なく劣っていることがデメリットとしてあげられますが、そのぶんしっかりとした生地の印象が洋服としてフォーマルな場にぴったりなので、お子様の入学式、卒業式の洋服選びやパーティーの洋服、また彼氏や旦那様の仕事の洋服選びに迷った時にポンチ素材を選ぶのもおすすめです。洗濯にもあまり困らないですし、デメリットに負けないメリットを持っているポンチ素材のお洋服が一枚あると何かと便利です。

デメリットが少ないポンチ素材

ご紹介した通りポンチ素材はすごく優れた素材でデメリットよりもメリットの方が圧倒的に多く、無敵のポンチ素材ですので様々なシーンで活用することができ、夏の暑い時期から冬まで軽量〜厚手のポンチまで生地としてマーケットにでているので、汗で心配の夏も寒い冬もオールシーズン活躍してくれます。お子様がいる家庭で汚れが心配な方、スポーツや会社勤めの旦那様を持つ方、またご自身も会社や学校、また習い事や趣味での発表会やパーティーなど様々なシーンでポンチ素材は活躍するのでおすすめです。カジュアルになりすぎないというデメリットはキチンと感を出してくれるメリットでもあります。

ポンチ素材と毛玉

ポンチ素材は基本的に毛玉になりにくい素材ですが、着用期間が長くなるにつれて脇や袖など素材同士が擦れたり、バッグが当たるところの摩擦で毛玉になる確率が高くなります。なので毛玉を作らないためにはなるべく着用期間を2〜3日空けて毎日着用しないようにしたり、バッグを同じ肩に掛けないようにするなど注意が必要です。

春/夏/冬とポンチ素材

ポンチ素材は万能で春夏秋冬オールシーズン様々なアイテムで活躍してくれる優秀アイテムです。春の羽織りアイテムとして、夏のタンクトップやTシャツに、秋にポンチ素材のスカートでおしゃれに、冬にはロングワンピースやアウターで。こちらでは季節ごとにおすすめなポンチ素材のアイテムをご紹介します。ポンチ素材でオールシーズンおしゃれで快適な毎日を過ごしましょう。

春に着用するのに最適なポンチ素材は綿ポンチの素材などの軽い素材。冬が明けて春になると冬よりも少し肌を出したり、春らしさを出したくなりますね。春におすすめのポンチ素材アイテムをご紹介します。

9分丈ポンチワイドパンツ

春 スプリング ワイドパンツ 9分丈 ポンチワイドパンツ レディース
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

春におすすめなのは、ガウチョパンツなどのワイドパンツ。足を綺麗に魅せてくれる9分丈とハリ感のある素材は全体の雰囲気を明るく軽やかに魅せてくれます。ポンチ素材で軽やかに春らしさを楽しみましょう。

春/ポンチ素材テーラードジャケット

テーラードジャケット レディース《全5色2TYPE ポンチ素材テーラードジャケット》
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

春といってもまだ肌寒く、Tシャツ1枚だけでは肌寒いですよね?そんな時にさらっと羽織れる春ジャケット。ポンチ素材でハリ感があり、ジーンズ素材と合わせてもカジュアルになりすぎずキチンと感を出してくれるのでおすすめです。ストレッチ素材で着心地も良く、シワにもなりにくいのでちょっとしたお出かけにも最適です。

暑い夏には一般的には綿や麻などの清涼感のある天然素材が涼しいと人気がありますが、どうしても天然素材はシワになりやすいですよね。ポンチ素材はシワになりにくくアイロンも不要なので便利ですし、汗ばむ暑い夏の季節でも肌にくっつきにくいので快適に暑い夏を過ごすことができます。こちらでは夏に最適なポンチ素材のアイテムをご紹介します。

ポンチタンクトップ

ポンチ タンクトップ ブラウス 無地/MiiDUE
楽天で詳細を見る

暑い夏にはやはりタンクトップが一番ですよね。ポンチ素材は肌にもくっつきにくいので汗でくっつきずらく、おすすめです。また、ハリ感のあるポンチ素材が涼しげな印象になりますので暑い夏でも爽やかな印象になります。

綿ポンチ Tシャツ

AMACA リヨセルコットンポンチボートネック7分袖カットソー アマカ カットソー【RBA_S】【RBA_E】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏に使えるポンチ素材のTシャツはタンクトップ同様シワにもなりにくく、肌にくっつきにくい夏にも快適な素材。また綿ポンチの軽い素材なので暑い夏も軽やかに涼しく過ごせます。同じポンチ素材のパンツやスカートと合わせてもいいのですが、あえて異素材のスカートやパンツと合わせてもポンチ素材のアイテムが映えておしゃれにみえるのでおすすめです。

寒い冬の季節にもその着心地の良さと保温性で人気のあるポンチの素材。厚手のポンチ素材のアイテムは冬のニット素材や重ね着の重い印象をガラッと軽やかにオシャレに魅せてくれるおすすめアイテムの一つです。ポンチ素材のアイテムを一つ入れることで重ね着で陥りがちな重さからスタイリッシュな印象へと変えてくれます。そんな冬におすすめのポンチ素材アイテムをご紹介します。

Vネックポンチ素材ワンピース

Vネック ワンピース ポンチ素材
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

冬にも快適な厚手ポンチの長袖ワンピースはロング丈でもカジュアルになりすぎず、さりげなくおしゃれな印象になります。ポンチ素材は保温効果もあるので暖かさも兼ね備えていておすすめです。

ウールポンチタックスカート

ウールポンチタックスカート3号 5号 小さいサイズ XS XXXS XXS 服 レディース ボトムス スカート タイト 膝丈 無地 通勤 オフィス スーツ セットアップ 秋 冬 秋物 秋冬 着回し オフィス 通勤 OVERTWENTY オーバートゥエンティ

冬のコーディネートに!

楽天で詳細を見る

ウールポンチの素材はウールとポンチの特性である保温性がダブルで発揮され暖かく、またウールで冬らしさを出しつつ、ポンチのハリ感でカジュアルになりすぎないので、上品かつ女性らしくコーディネートを楽しむことができます。トップスなどの合わせ方によって様々なコーディネートを楽しむことができるので冬のウールポンチ素材はおすすめです。またちょっとしたお出かけなどにも最適です。

ポンチ素材のおすすめファッションアイテム5選

ご紹介してきたようにポンチ素材は大変万能で、春〜冬までオールシーズン着用できる素材です。ポンチ素材の中でもマーケットに多く販売されていてヘビロテしやすいおすすめアイテム5選をご紹介します。

おすすめアイテム1/ガウチョパンツ

ポンチ素材のガウチョパンツは、とても人気がありポンチ素材の中ではマーケットでも多く作られているアイテムの一つです。ポンチ素材で作るガウチョパンツはハリ感があり、また足を綺麗に魅せてくれたり、全体のバランスを整えてくれ、スタイルアップにも繋がるのでおすすめです。

おすすめアイテム2/アウター

ポンチ素材のアウターは薄手から厚手の商品まで幅広く製造されています。ポンチ素材のしっかりとした素材はハリ感があり、ジーンズと合わせてもカジュアルになりすぎないので全体的にきちんと感やフォーマル感が出るのでポンチ素材のアウターやジャケットを1枚羽織るだけでコーディネートが締まってスタイルアップになります。

おすすめアイテム3/パンツ

ポンチ素材のパンツは、チノパンのような綿素材よりもカジュアルになりすぎず、きちんと感が出ますので、会社や入学卒業シーズンの装いや、面接、またデートや親戚の集まりなどの装いにもおすすめです。

おすすめアイテム4/スカート

ポンチ素材のスカートは、ポンチの素材によってもその良さが変わります。例えばタイトスカートでもポリウレタンが混ざったポンチ素材ですとよりストレッチの効いた素材で動きやすく、シワにもなりにくいのでカジュアルになりすぎないので綿素材のようにテロっとした薄い素材でも上品な印象になります。

おすすめアイテム5/ワンピース

ポンチ素材のワンピースは1枚あると本当に使える優秀アイテムです。シワにもなりにくいのでアイロンも不要ですし、夏は1枚でさらっと、冬はインナーに重ね着をしたりアウターを羽織ったりと幅広いコーディネートを楽しむことができます。

ポンチ素材とお洗濯

ポンチ素材は基本的に家庭で洗濯が可能な素材ですので、洗濯ネットに入れて他の衣類と分けて弱水流で洗濯することをおすすめします。(洋服によって異なるため洗濯表示をご確認ください)また基本的にシワになりにくいのでアイロンは不要ですのでお仕事や子育てで忙しい方でも便利な素材です。

まとめ

今回は『ポンチ素材とは?メリット・デメリットなどの特徴や洗濯での注意点を解説!』をご紹介しました。普段何気なく着用されている方や、『ポンチ』と素材の名前は聞いたことがあったけれどよく知らなかった方なども、今後お買い物に行く時や行事やシーンに合わせて購入を考えられる時にぜひポンチ素材のことを思い出して、手にとっていただけたらと思います。使いやすく、便利でスタイルアップになるポンチ素材をぜひご活用ください。

あなたへのおすすめ