スーパースポーツおすすめ12選!ライダーを熱くさせる最強マシンをご紹介!のイメージ

スーパースポーツおすすめ12選!ライダーを熱くさせる最強マシンをご紹介!

サーキットで培われた技術をそのまま市販車にフィードバックしたスーパースポーツバイクが人気です。ハイパワーなスペックや無駄なものを削ぎ落としたデザインなど、魅力溢れるスーパースポーツのおすすめや、スーパースポーツバイクの歴史についてご紹介します。

2020年05月02日更新

ironman17
ironman17
バイクにテントを積んで日本を一周した経験から、キャンプのノウハウや旅の知識についてを執筆しています。国産旧車のレストアも手がけており、バイクいじりやDIYについての情報も発信していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. やっぱりバイクはスーパースポーツ
  2. スーパースポーツとは
  3. おすすめスーパースポーツバイク①
  4. おすすめスーパースポーツバイク②
  5. おすすめスーパースポーツバイク③
  6. おすすめスーパースポーツバイク④
  7. おすすめスーパースポーツバイク⑤
  8. おすすめスーパースポーツバイク⑥
  9. おすすめスーパースポーツバイク⑦
  10. おすすめスーパースポーツバイク⑧
  11. おすすめスーパースポーツバイク⑨
  12. おすすめスーパースポーツバイク⑩
  13. おすすめスーパースポーツバイク⑪
  14. おすすめスーパースポーツバイク⑫
  15. スーパースポーツバイクの変遷
  16. スーパースポーツこそバイクの醍醐味

やっぱりバイクはスーパースポーツ

数あるオートバイのジャンルの中でも速く走ることに特化し、そのために生み出されたバイクがスーパースポーツです。無駄な贅肉を削ぎ落としひたすらスピードを追求した姿は、見た目にも美しくライダーを魅了し続けています。国内外のメーカーが誇るスーパースポーツのおすすめや、その特徴やスペック比較をご紹介します。

スーパースポーツとは

yukirin_s1000rrさんの投稿
40421016 328398037723106 5662366596333470226 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

オートバイの技術は、各メーカーがスピードを競い合うレースで培った技術を、市販車にフィードバックするという形で進化を遂げてきました。中でもサーキットで良い成績をあげたレーシングマシンの技術を、そのまま市販車に投入したのがスーパースポーツです。レース用のマシンに公道を走行できるように保安部品を取り付けただけのようなモデルも多く、バイクが本来持っている醍醐味のひとつである操る喜びを味わえるマシンとして、多くのライダーの支持を集めています。

おすすめスーパースポーツバイク①

bikelife_worldwide1さんの投稿
43289036 552256948581070 686261483092663871 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カワサキ Ninja H2

大排気量バイクメーカーとして確固たる地位を築いているカワサキの、まさにモンスターともいうべきスーパースポーツがNinja H2です。グループメーカーである航空宇宙カンパニーと共同開発したスーパーチャージドエンジンは、ラムエア加圧時には実に200PSを超えるハイパワーを発揮します。世界最高速を競うボンネビルのスピードウィークでは337キロのスピードを記録し、ライバルと比較してもその脅威のパワーを見せつけました。

kawamalaysiaさんの投稿
43072510 1841217639260070 3078665491245546665 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スペック

エンジン形式:水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列4気筒
排気量:998cc
最高出力:205PS(150.8kW)/11,000rpm
最大トルク:13.6kgf-m(133.5N・m)/10,000rpm
全長×全高×全幅:2,085mm×1,125mm×770mm
シート高:825mm
車両重量:238kg
燃料タンク容量:17.0L
タイヤサイズ(前):120/70 ZR17 M/C(58W)
タイヤサイズ(後):200/55 ZR17 M/C(78W)

おすすめスーパースポーツバイク②

seth.m.michaelさんの投稿
43405543 2264884913748450 6240330804778803169 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ホンダ CBR1000RR

ホンダのレーシングチームであるHRCのワークスレーサーのテクノロジーを注ぎ込んだレプリカマシンがCBR1000RRです。レースでテクノロジーを発達させてきたメーカーであるホンダが誇るスーパースポーツのフラッグシップにふさわしく、MotoGPを彷彿とさせるスタイリングやスピード感をもちながら、比較的一般のライダーでも乗りやすいバイクに仕上がっています。

gridmotorsさんの投稿
44433835 1832232390206771 8547762416633944004 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スペック

エンジン形式:水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列4気筒
排気量:999cc
最高出力:192ps(141kW)/13,000rpm
最大トルク:11.6kgf-m (114N・m)/11,000rpm
全長×全高×全幅:2,065mm×1,125mm×720mm
シート高:820mm
車両重量:196kg
燃料タンク容量:16.0L
タイヤサイズ(前):120/70ZR17 M/C(58W)
タイヤサイズ(後):190/50ZR17 M/C(73W)

おすすめスーパースポーツバイク③

gridmotorsさんの投稿
43985533 272249253407435 7233990002394869558 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スズキ GSX-R1000

かつてRGΓでレーサーレプリカブームを牽引したメーカーであるスズキのフラッグシップスーパースポーツがGSX-R1000です。”トップパフォーマー”をスローガンに掲げて開発されたバイクにふさわしく、”走る・曲がる・止まる”を極限まで突き詰めたハイスピード、ハイパワーを誇るハイスペックマシンですが、ロングストロークのエンジンの影響もあって、比較的扱いやすい特性も魅力です。

patrick33rrさんの投稿
43778922 439476036580067 2728416471833990044 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スペック

エンジン形式:水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列4気筒
排気量:999cc
最高出力:202ps(148.5kW)/13,200rpm
最大トルク:12kgf-m(117N・m)/10,800rpm
全長×全高×全幅:2,075mmx1,145mmx705mm
シート高:825mm
車両重量:203kg
燃料タンク容量:16.0L
タイヤサイズ(前):120/70ZR17 58W
タイヤサイズ(後):190/55ZR17 75W

おすすめスーパースポーツバイク④

ヤマハ YZF-R1

ヤマハが1998年に発売し、その斬新なスタイリングやハイスペックで、停滞していたスーパースポーツ界にふたたびブームを巻き起こした火付け役となったバイクがYZE-R1です。スーパーバイクなどレース投入を前提としたスピード・パワーや、他メーカーの同クラスの車種と比較して軽量な車重など、スーパースポーツの走りの醍醐味を味わえるマシンといえます。

z_luthorさんの投稿
43127611 2026493054060609 7330238932563560632 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スペック

エンジン形式:水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列4気筒
排気量:998cc
最高出力:200PS(147.1kW)/13,500rpm
最大トルク:11.5kgf-m(112.4N・m)/11,500rpm
全長×全高×全幅:2,055mm×1,150mm×690mm
シート高:855mm
車両重量:200kg
燃料タンク容量:17.0L
タイヤサイズ(前):120/70ZR17M/C(58W)
タイヤサイズ(後):190/55ZR17M/C(75W)

おすすめスーパースポーツバイク⑤

spacedad1098さんの投稿
41486171 2124570761126172 6471313523661078528 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ドゥカティ 1098

イタリアの伝統あるバイクメーカーであるドゥカティのスーパースポーツバイクがこの1098です。直列4気筒エンジンが大勢を占めるスーパースポーツの中にあって、L型2気筒エンジンを採用する1098ですが、比較的なめらかに吹け上がるエンジンは、マルチエンジンと比べても遜色を感じさせません。細身のエンジンによって実現したコンパクトな車格もあり、小柄な日本人にとってもハイスピードなスポーツライディングを楽しむのに最適です。

ducati_riders_of_satxさんの投稿
43818242 437615770098848 5205223536501702893 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スペック

エンジン形式:水冷4ストローク  デスモドロミック4バルブ L型2気筒
排気量:1,099cc
最高出力:162.2ps(119.3kw)/9,750rpm
最大トルク:12.5kg-m(123N・m)/8,000rpm
全長×全高×全幅:ーmm×ーmm×ーmm
シート高:820mm
車両重量:171kg
燃料タンク容量:15.5L
タイヤサイズ(前):120/70ZR17
タイヤサイズ(後):190/55ZR17

おすすめスーパースポーツバイク⑥

purin675さんの投稿
37649764 295326751031113 3168842186842177536 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

トライアンフ デイトナ675

イギリスで長い歴史を誇るバイクメーカーであるトライアンフのスーパースポーツがデイトナ675です。スポーツバイクとしては珍しい3気筒のレイアウトが可能にしたスリムなエンジンにより、同クラスバイクと比較してもコンパクトなボディを実現、ライダーの意のままにマシンを操ることを可能にしています。国産バイクに比べ比較的控えめなスペックも、逆にベテランから初心者までライダーが制御しきれる扱いやすさに貢献しており、操る楽しみを満喫できるバイクということができます。

スペック

エンジン形式:水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列3気筒
排気量:675cc
最高出力:128PS(94.1kW)/11,750rpm
最大トルク:7.54kgf-m(74N・m)/11,900rpm
全長×全高×全幅:ーmm×1,112mm×695mm
シート高:820mm
乾燥重量:174kg
燃料タンク容量:17.4L
タイヤサイズ(前):120/70 ZR17
タイヤサイズ(後):180/55 ZR17

おすすめスーパースポーツバイク⑦

club299kmhさんの投稿
43913492 2063534987291171 6932894502372440990 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

BMW S1000RR

ボクサーツインやシャフトドライブといった独特の形式にこだわってきたメーカーとして知られるBMWが、直列4気筒、チェーンドライブといった現代の設計思想で新たに挑んだスーパースポーツがS1000RRです。ハイパワーエンジンを搭載するボディはスピード感あふれるカウリングをまとい、これまでのBMWとは異なる新たな魅力を放っています。ABSやトラクションコントロールに加え、クラッチ操作不要のシフトアシストプロなど、ライダーの走りをサポートする機能も充実しています。

gridmotorsさんの投稿
44192265 276715582968081 2233459086943371512 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スペック

エンジン形式:水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列4気筒
排気量:999cc
最高出力:199PS(146kW)/13,500rpm
最大トルク:11.5kgf-m(113N・m)/10,500rpm
全長×全高×全幅:2,055mm×1,140mm×720mm
シート高:815mm
車両重量:210kg
燃料タンク容量:17.5L
タイヤサイズ(前):120/70 ZR17
タイヤサイズ(後):190/55 ZR17

おすすめスーパースポーツバイク⑧

アプリリア RSV4

MotoGPなどレースでの活躍でも有名なイタリアのバイクメーカーであるアプリリアの、市販車スーパースポーツがRSV4です。V型4気筒の独特のエンジンレイアウトを持ち、スーパーバイク参戦を前提に開発されていることもあり、他者のマシンと比較してもハイスペックなバイクに仕上がっています。レースで培ったテクノロジーが遺憾無くフィードバックされた各種コントロールシステムも、ライダーの高次元な走りをサポートしてくれます。

スペック

エンジン形式:水冷4ストローク DOHC4バルブ 65°V型4気筒
排気量:999cc
最高出力:184ps(135.0 kw)/12,500rpm
最大トルク:11.9kgf-m(116.7N・m)/10,000rpm
全長×全高×全幅:2,040mm×1,120mm×735mm
シート高:845mm
車両重量:205kg
燃料タンク容量:18.5L
タイヤサイズ(前):120/70ZR17
タイヤサイズ(後):200/55ZR17

おすすめスーパースポーツバイク⑨

ホンダ CBR600RR

ホンダのミドルクラスのスーパースポーツであるCBR600RRは、そのコンパクトなボディを生かした重量配分などの設計思想が、純粋なワークスマシンであるRC211Vにもっとも近いと言われています。滑らかに吹け上がるエンジン特性ながら比較的パワーバンドは広く、スーパーバイク初心者のライダーでもハイスピードなスポーツライディングを気軽に楽しめる扱いやすさも魅力です。

スペック

エンジン形式:水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列4気筒
排気量:599cc
最高出力:119.6PS(88kW)/13,500rpm
最大トルク:6.7kgf-m(66N・m)/11,250rpm
全長×全高×全幅:2,029mm×1,115mm×684mm
シート高:823mm
車両重量:196kg
燃料タンク容量:18.1L
タイヤサイズ(前):120/70ZR17
タイヤサイズ(後):180/55ZR17

おすすめスーパースポーツバイク⑩

kaiti_262さんの投稿
44482880 754478291556337 9056838153119496496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スズキ GSX-R600

スズキのスーパースポーツのコンセプトである”トップパフォーマー”の名にふさわしいハイスピード・ハイパワーなスペックと、リッタークラスのバイクと比較してコンパクトでスリムなボディが生み出すコントロールのしやすさが、もっとも両立していると言われるのがGSX-R600です。1985年の登場以来、30年以上の長きにわたってスピードを求めるライダーの高い支持を集め続けています。

スペック

エンジン形式:水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列4気筒
排気量:599cc
最高出力:非公表
最大トルク:非公表
全長×全高×全幅:2,030mm×1,135mm×710mm
シート高:810mm
車両重量:187kg
燃料タンク容量:17.0L
タイヤサイズ(前):120/70ZR17M/C (58W) 
タイヤサイズ(後):180/55ZR17M/C (73W) 

おすすめスーパースポーツバイク⑪

mr_motoshop58さんの投稿
43279678 1891368650930122 867732250902808838 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カワサキ Ninja250

2008年の登場以来爆発的人気を獲得し、250ccクラススーパースポーツブームの立役者ともいわれるバイクがこのNinja250です。パラレルツインエンジンがもたらすスリムでコンパクトなボディは、小柄なライダーも比較的コントロールしやすく、ある意味スポーツバイクを操る喜びをもっとも味わえるバイクといえます。

スペック

エンジン形式:水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列2気筒
排気量:248cc
最高出力:31ps(23kw)/11,000rpm
最大トルク:2.1kgf-m(21N・m)/8,500rpm
全長×全高×全幅:2,020mm×1,110mm×715mm
シート高:785mm
車両重量:172kg
燃料タンク容量:17.0L
タイヤサイズ(前):110/70-17M/C 54H
タイヤサイズ(後):140/70-17M/C 66H

おすすめスーパースポーツバイク⑫

ホンダ CBR250RR

かつてレーサーレプリカブームを牽引したCBR250が、並列2気筒とエンジンレイアウトもあらたに復活しました。250クラス最高のパワーを誇るエンジンに加え、軽量で柔軟性に富むトラス構造のフレーム、倒立式のフロントフォークなど、操るライダーの目線に立ったトータルバランスの高さは、さすがホンダと言わしめるものがあります。

fikriiardiansyahhさんの投稿
43111998 344797766325952 7049430963633743346 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スペック

エンジン形式:水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列2気筒
排気量:249cc
最高出力:38ps(28kw)/12,500rpm
最大トルク:2.3kgf-m(23N・m)/11,000rpm
全長×全高×全幅:2,065mm×1,095mm×725mm
シート高:790mm
車両重量:165kg
燃料タンク容量:14.0L
タイヤサイズ(前):110/70R17M/C 54H
タイヤサイズ(後):140/70R17M/C 66H

スーパースポーツバイクの変遷

レーサーレプリカの大ブーム

steelflat1976さんの投稿
43284763 1120181384811958 2740048180639450625 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

1980年代、当時WGPと呼ばれたオートバイのロードレース最高峰の舞台で、国内4メーカーをはじめとしたバイクメーカーが熾烈なスピード競争を展開していました。そんなレースで好成績を収めたノウハウは、すぐさま市販車にフィードバックされ、それがそのままメーカーの販売実績にも大きく影響していました。国内でのカウリング装着の認可や空前のバイクブームもあり、サーキットからそのまま抜け出してきたかのようなレプリカモデルが次々に登場、レースで争われた2ストローク車に加え、4ストロークのレプリカも加わり、スポーツバイクの世界は隆盛を極めました。

環境問題とレプリカブームの終焉

cb130031bcさんの投稿
32080021 520550781673768 194344504185061376 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

1990年代後半になると環境問題の高まりから、2ストロークエンジンは徐々にラインナップから姿を消していきます。4ストローク車も厳しくなる排ガス規制に対応できず次々と販売終了を発表しました。バイクを求めるライダーの嗜好も多様化し、ネイキッドやツアラー、アドベンチャーなどバイクの車種も多様化してきました。逆にスポーツバイクのラインナップは徐々に減っていき、メーカーのフラッグシップの座も明け渡すなど、スーパースポーツブームは終焉を迎えるかに見えました。

ハイパワー化と新たなムーブメント

近年、スーパーバイクやMotoGPのレギュレーション変更による大排気量化や、エンジンのフューエルインジェクション化によってハイパワー化が進み、コンパクトで軽量になったボディにハイスペックエンジンを搭載した、モンスターマシンが次々に登場しました。また250クラスなどライダーがコントロールしやすいスポーツバイクのラインナップも増え、スーパースポーツの世界はふたたび活況を呈してきています。

スーパースポーツこそバイクの醍醐味

gixxer_snufkinさんの投稿
38436455 293680657851755 1480564381862330368 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スーパースポーツのおすすめモデルや、スーパースポーツの歴史についてご紹介してきました。レースなどで培われたテクノロジーをフィードバックしたスーパースポーツには、いつの時代もライダーが本来持っているスピードに対する憧れを具現化してくれる力があります。また速く走るために無駄な贅肉を削ぎ落としたスタイリングも、かえってライダーの心を惹きつけます。魅力あふれるスーパーバイクで、オートバイを操る喜びをぜひ体験してみてください。

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ