Twitter
Facebook
LINE

【2021】世界一高い車ランキング10選!超高級車の世界は桁違に凄すぎる!

【2021】世界一高い車ランキング10選!超高級車の世界は桁違に凄すぎる!

ryuuryuu.rrr

世界一高い車とはどのくらい価格が高いのか気になったことはありませんか? 今回はそんな世界一高い車の価格をランキングにしました。また、日本国内で販売されている国内車のランキングもつけていますよ。車好きの人にはぴったりのランキングになっています。

【世界一高い車ランキング】はじめに

現代では昔に比べ、情報社会が進み多くの日本人が自分の車や、家族に1台は車があるようになりました。

最高級な高級車の種類もたくさん存在し、ロールスロイスやベンツ、ランボルギーニなどかっこいいものが多くあります。

今回はそんな高級車の中で世界にはどんなに最高級な車があるかを気になる値段とともにランキング形式でご紹介します。

【世界一高い車ランキング】1位

1963年型フェラーリ 250GTO

値段【56億円(最高額)】(2018/9/30現在)

こちらはイタリアの高級車メーカーであるフェラーリが開発したスポーツカーで、現在最高額を記録しています。1962年〜1964年に販売された車であり乗車定員は2人で、5速のMT方式で、全長は4,320mm、重量は1,000kgです。

最高額の理由にもなった、2004年にはスポーツカー・インターナショナル誌が発表したトップスポーツカーのランキングで総合1位になる程今でも人気のかっこいい車です。

【世界一高い車ランキング】2位

1957年型フェラーリ 335 S スパイダー・スカリエッティ

値段【41億2000万円】(2018/9/30現在)

こちらもフェラーリが販売していたスポーツカーで、今での人気のタイプです。パリで開かれたレトロモビール・オークションにて、カーオークション史上でも最高額がついたことでも話題になりました。

この車には1957年のフランスルマン24時間耐久レースで、人気レーサーのマイク・ホーソンという有名な選手が使用したという伝説でも知られています。

【世界一高い車ランキング】3位

1957年型 フェラーリ250テスタロッサ



値段【41億円】(2018/9/30現在)

こちらもスポーツカーメーカーのフェラーリが開発していたレース用車両で、元々は1958年からのワールド・スポーツカー・チャンピオンシップ用に開発されたもので、人気のかっこい車です。

【世界一高い車ランキング】4位

1935年型ブガッディ・タイプ57SC アトランティーク

値段【32億7000万円】(2018/9/30現在)

こちらはフランスの高級車メーカーであるブガッティが販売期間1934年〜1940年まで販売していた高級車であり、今回の57SC、通常のタイプ57をベースに様々なスポーツモデルやレーシングモデルが開発され、標準型以上に性能が上がっている。この57SCは57Sにスーパーチャージャーを搭載した最高級タイプのスポーツカーです。最高速度も185km/hに達しています。

【世界一高い車ランキング】5位

1954年型 メルセデス・ベンツw196Rシルバー・アロー

値段【30億4000万円】(2018/9/30現在)

こちらも有名な高級車メーカーであるメルセデス・ベンツが有名なF1世界選手権で使用されたフォーミュラー1カーです。

F1のレースでは12戦中9勝という大きな結果をもたらしたドライバーのファン・マヌエル・ファンジオは2年連続ドライバーズチャンピオンを獲得したことでも有名です。

こちらのシルバー・アローは戦前のグランプリレースを席巻した人気のナショナルカラーであり、一番人気のタイプになっております。

【世界一高い車ランキング】6位

1962年型 フェラーリ 250 GTO

値段【29億2000万円】(2018/9/30現在)

こちらもフェラーリの販売していた高級車で、先代の250GTベルリネッタSWBの空力的弱点を改良した250GTOを販売した。

現在でも人気のスポーツカーのタイプであり、GTOの言葉の意味は「gran tourismo omologato 」の略です。意味としては世界の最高級自動車レースGTカー公認だという意味でかっこいいですよね。

【世界一高い車ランキング】7位

1967年型 フェラーリ 275GTB4 NARTスパイダー

値段【28億2000万円】(2018/9/30現在)

こちらもフェラーリの販売していたスポーツカーで、名前に入っている「N.A.R.T」とは「ノース・アメリカン・レーシング・チーム」のことで、V12エンジンという最高級エンジンを搭載されており、出力も300馬力にもなるような車です。

こちらはオープンカースタイルのスポーツカーでかっこいいです。

【世界一高い車ランキング】8位

アストンマーチンDBR11号車

値段【24億7000万円】(2018/9/30現在)

こちらアストンマーティン・ラゴンダというのはイギリスの高級車メーカーであり、設立以降は最高級スポーツカーメーカーとして有名になっています。

また、1959年のル・マン24時間耐久レースでは、有名な強豪フェラーリを抑え、1,2フィニッシュを見事に飾ったことでもDBR1は有名になりました。

【世界一高い車ランキング】9位

1954年型 フェラーリ375プラス

値段【18億7000万円】(2018/9/30現在)

こちらの自動車は1954年の世界スポーツカー選手権のために制作されたスポーツカーであり、ミッレミリアやル・マンの24時間耐久レースなど多くのレースに参加し輝かしい成績を残しています。このスポーツカーも最高級V12エンジンを搭載しており、最高出力も大きいです。

この高級車は歴史もあるクラシックカーで、多くのディーラーを巡り色々な人の所有を経ています。過去には盗難にあい所有権を巡り法廷で激しい争いを起こしたことがあるくらい、世界の車好きはかっこいいこの車に魅了されるようです。

【世界一高い車ランキング】10位

1958年型 フェラーリ 250テスタロッサ

値段【17億1000万円】(2018/9/30現在)

こちらの250TRテスタロッサは1958年からのワールド・スポーツカー・チャンピオンシップのために開発されたレース用のスポーツカーであり、このテスタロッサ以前のモデルはランプレディ設計で4気筒エンジンを搭載した500TRなどが存在する。

またこちらは三位の1957年型のフェラーリと同じ型ではあるが、年代が違うだけで、最高額が大きく違うことがよくわかる。

日本で購入可能な高級車

日本は世界的に見ると大手の高級車メーカーがたくさんあることでも有名で、その性能や最高額は世界でもトップクラスです。ここからは日本のメーカーでの最高額の値段が高いものをご紹介していきます。

【日本で購入可能な高級車】1位

ホンダNSX

値段【2370円(最高額)】(2018/9/30現在)

こちら日本でも有名なホンダという自動車メーカーが販売しているスポーツカーのことで、現在の一番新しい型でも日本では最高額の値段になっています。

こちらの特徴としてはインテグレーテッド・ダイナミクス・システムと言う4つの走行性能があり、幅広いシーンで活躍する走りと快適性がバランスよく搭載されたモードや、カーブが多いオン・ザ・レールを楽しめるモード、サーキットなどで大活躍の安定して最速ラップが出せるように設計されたドライバーのコントロールが最優先されたモード、アイドリングストップを搭載した、静寂性を最優先としたモードを使うことができ、そのシーンに合わせた最高級な走行を楽しむことができます。

【日本で購入可能な高級車】2位

トヨタ センチュリー

値段【1960万円】(2018/9/30現在)

こちらは、21年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたトヨタのショーファーカーであり、その分野の最高級を飾っている。

ショーファーカー?

ショーファーカーとはどのような車のことをいうのでしょうか。
ショーファーという言葉の意味は「お抱え運転手」という意味から来ています。自家用車を持っている本人が運転するのではなく、お抱えの運転手が運転する車ということを示しています。

後席に座っている人が最高音質のオーディオを堪能できるように設計され20個ものスピーカーが配置されています。また、助手席や後部座席の位置と角度を電動で調節できリラックスした空間を楽しむことができます。

内部の構造でもV8・5,0Lエンジンと高出力モーターが搭載されており、燃費や静寂性も優れています。発着時には高出力モーターとパワーコントロールの効果で、最高級な静かな安定した走りが楽しめます

【日本で購入可能な高級車】3位

日産 GT-R NISMO

値段【1870万円】(2018/9/30現在)

日産も日本で有名な自動車メーカーで、1984年の設立以降高性能な走りと高度なパフォーマンスで人気を持ち続けていた。

このGTR−NISMOはシンプルなモノトーンや派手なレッドまでカラーバリエーション豊富な全4色をラインナップされており、どの車にもNISMOの象徴とも言えるかっこいい赤いラインが入っています。

また、カーボディには擦り傷や擦れた傷を時間とともに修復させる最高級スクラッチシールドを搭載されており、日常走行中についた小さな傷や戦車の途中についてしまった傷などは時間の経過により元の状態に回復する仕様になっております。

【日本で購入可能な高級車】4位

レクサス LS500h EXECUTIVE package

値段【1450万円】(2018/9/30現在)

こちらの車は日本でも有名なトヨタ自動車が1989年から発売している大型のセダンにことです。こちらのエンジンはV型6気筒を搭載しておりパワフルな走行が可能です。

エレガントなボディにこだわりぬいた内装が特徴のこのLSタイプ、ドライバーの運転が心地よくできるために運転席を囲む造形を工夫し、開放的な空間を実現しています。

こちらの自動車はレーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)という機能が付いており、ミリ単位のレーダーを用いることで広い角度で前方を感知しており、さらにステレオカメラによる前方確認機能により、前の車両に対して高い感知能力を備えております。また、これにより安心安全に前の車を追従することができ、ドライバーはリラックスして運転できます。

【日本で購入可能な高級車】5位

レクサス LC500h S package

値段【1350万円】(2018/9/30現在)

こちらもトヨタ自動車の販売しているレクサスのタイプの一つです。

室内空間はレザーなどの皮を用い、金属とのコントラストがはっきりわかるように工夫されています。これにより最高級な見た目と、本革により質の良い触り心地を実現しています。

マルチステージハイブリッドシステムは世界初の機構で、エンジン&モーターの力を最大限増幅し、発着進の際の緩やかで安定した性能を持っています。

また、自動車の加速の具合からドライバーの運転思考を計算し読み取ることができ、このことによりドライブモードの切り替えなどを行わなくても自動でギアが切り替わり最適な運転を可能にしました。

【日本で購入可能な高級車】6位

レクサス LX570

値段【1115万円】(2018/9/30現在)

こちらも大人気自動車メーカーレクサスが販売している車で、レクサスのSUVシリーズの最高級となるモデルです。

また、悪条件の道路でもリラックスして安全に走行するための多機能も魅力の一つです。

マルチテレインセレクトという機能により、オフロードにおいて前輪駆動性能高い走行を実現でき、モードを切り替えることで5つの路面状態に対応しています。

また、ターンアシスト機能により、Uターンのような極端に曲がっているカーブでは舵度のセンサーを搭載しておりドライバーが急カーブをしようとしていることを判断し、後輪内部のブレーキ油圧を調整して回転性を高めることができます。これにより普段なら複数回切り返しを行いカーブをするような地点でも切り返しを少なくすることができドライバーのストレスを軽減してくれます。

【日本で購入可能な高級車】7位

レクサス GS F

値段【1112万円】(2018/9/30現在)

こちらもレクサスが発売している
4ドアスポーツセダンです。
一般道からサーキットまで幅広い走行を楽しめ大人気モデルの一つです。

こちらのGSFモデルはそのデザインにもこだわりがありかっこいいです。フレアやフロント、エアダクトなどその全てが走りやすいように空気抵抗の少なくなるような構造をしています。

また、エンジンには2UR–GSEというハイパーパフォーマンスエンジンを搭載し、直噴機構吸排気バルブの調整機構を制御するシステムなどによりストレスのない快適な加速、静寂感のある走行、安定したコーナリングなどドライバーと車が一体化したような感覚を味わうことができます。

車のボディのカラーも多様で、ブルーやイエロー、レッド、ブラックなど8色ものカラーから自分の好みのものをチョイスすることができます。また、そのカラーはボディだけではなく内部のシートなども複雑にカラー選択できます。

【日本で購入可能な高級車】8位

レクサス RC F carbon exterior package

値段【1044万円】(2018/9/30現在)

レクサスRCFモデルは「誰もが笑顔になれる」というコンセプトのもとに一般道路やサーキットなど様々なシーンにも対応できるようなスポーツタイプの自動車を開発しました。

その大きな特徴の一つに保護者保護などを含む、4つの予防安全システムを完備しております。

プリクラッシュセーフティシステム

この機能は歩行者検知機能付き衝突回避支援タイプと呼ばれるもので、自動車前方をミリ単位のレーダーと車載カメラで感知することでいち早く歩行者や前方車を見つけ、もし衝突しそうになった場合に警報やブレーキの制御により衝突を回避するシステムです。衝突の可能性がある際にドライバーがブレーキを踏むと、さらに自動車のブレーキアシストが発動するようになっています。また、ブレーキを踏まない場合でも自動でブレーキが作動し、事故を回避するような機能があります。

レーンディパーチャーアラート

道路の白線や黄色い線を車載カメラで感知することで、ドライバーがウインカーを出すことなく車線から逸脱してしまうような場合にはステアリング振動やアラート、また、ディスプレイに注意喚起の表示が出て、ドライバーに危険を知らせます。電動パワーステアリング機能も効果を発揮し、ドライバーが車線に戻りやすいようにアシストしてくれます。また、走行中の自動車のふらつきも同様に注意喚起してくれます。

オートマチックハイビーム

夜間に走行中、対向車線を走行してきた前方の車のハイビームで前が見にくくなることはありませんか?
この機能はそのように前から対向車が来た際にハイビームをロービームに自動で切り替えてくれます。
また、周りの状況や対向車を感知してくれ、自動でハイローの切り替えを行ってくれるので、ドライバーのライトの切り替え操作がいらなくなります。

レーダークルーズコントロール

この機能は車載カメラとミリ単位のレーダーにより先行車と車間距離を一定に保ったまま追従走行を可能にしました。これにより、高速道路などの走行時にドライバーのストレスを大幅に減らしてくれます。
また、もーどにより、先行車より少し減速した速度や、先行車が車線変更した場合は加速するように設定するなど幅広いモードが選択でき、自分にあった走行が行えます。

【日本で購入可能な高級車】9位

シーマ ハイブリット VIP G

値段【926万円】(2018/9/30現在)

こちらも有名自動車メーカーの日産が1988年から販売をしている高級セダンであり、現在のモデルが5代目となっています。

このシーマは一つのモーターにより走行と発電の二つを行う効率の良いシステムを導入しています。クラッチは2つあり、一つはエンジンとモーターの間に設置されており、エンジン停止の際にそのエンジンをモーターから完全に切り離すようにすることでモーターへの負担を減らしています。もう片方のクラッチは変速時と発進時に使われ、モーターの回転を上手に制御してくれるので、自動車の発進時やギアを変える際にクラッチへの負担を軽減してくれます。これによりドライバーも快適な運転が楽しめます。

快適な運転空間という面では、世界初のフォレストエアコンという機能が備わっています。
運転中の排気ガスや外の汚い空気をいち早く感知し、匂いの侵入を防ぎます。車内の酸素濃度はいつでも一定のレベルを保てるようなシステムになっています。

便利な車内機能


また、このシーマは自動車自体にプラズマクラスターを搭載しており、車内の嫌な空気や匂いを清浄に保ち、適度な湿度になるように空気をコントロールしてくれます。また、ダニやウイルスなどを強力に除去・分解してくれ、健康な空間を創り出します。

フォレストエアコンというだけあってみどりの香りと香木の香りの2種類のアロマをアロマディフューザーとして供給してくれるので、ドライバーの神経をリラックスさせてくれ、集中した運転を楽しめます。さらには、1/fゆらぎという人間が一番心地よいリズムで送風を行なってくれ、車内が自然のそよ風に吹かれているような空間を演出することもできます。

【日本で購入可能な高級車】10位

レクサス GS450h F SPORT

値段【847万円】(2018/9/30現在)

こちらも大人気自動車メーカーのレクサスから発売されているスポーツカーで、その特徴的なフロント部分は、せり出したフロントに鋭いヘッドランプとテールランプがかっこいいです。

レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム(LDH)の導入により、通常はカーブの際に車両は円の内側に頭を向けるが、LDH発動の際は車両の方向を進行方向け近づけることで、カーブの際に思い通りの運転を実現できます。

また、こちらのF SPORTは他のGSタイプとは一味違い、専用のメーターを備えており先進的な大型の8インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを完備しており、中央の車速のメーターは5,000r.p.mが頂点でエンジンの高回転側のメモリの幅を広くした仕様になっており、速度が増すたびに最初は爽快な加速感を楽しめ、速度が速い時にはメーターが伸びていくような感覚を得ることができ、ドライブを楽しむことができます。

珍しい車

最高額な車の中には正規の工場やディーラーが生産したものではなく、特殊なカスタムが施された車や、映画やドラマで特別仕様の高級車なども存在します。それらの車もそのかっこいい点と珍しさから高価になっています。

デロリアン

デロリアンという会社は昔アメリカの存在した自動車製造工場のことであり、現在は存在していません。

この会社では自動車を唯「DMC-12」という名前のものを生産しており、それが、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場したことにより有名になりました。車のドアはガルウィングになっており、かっこいいです。

このDMC-12は日本にもトヨタ博物館に展示されており見ることができます。世界にも数が少ない貴重な車ですので一度見にいくのも良いかもしれませんね。

スカイカー

このスカイカーというのはその名の通り車なのに空を飛ぶことができる車のことであり、子どもの夢のようなかっこいい車となっています。見た目も翼のような構造をもっているのでかっこいいです。
昨今多くの企業が開発を行っていて人気の自動車事業となっております。

今回は上記のランキングにも登場したアストンマーティン社の「ヴォランテ・ビジョン・コンセプト」という名前のスカイカーになっております。

この車は7月16日に発表されたばかりでまだ販売には至っていないが、垂直離着陸機能や自動運転の技術であるEV機能も搭載しており、高性能で高級感のある運転技術や空間を生み出しています。今後もこのような空陸両用の高性能な車が発売され、道路だけではなく、空にも運転範囲が広がるのではないかと思うととても楽しみで夢がありますよね。

【世界一高い車ランキング】まとめ

これまで紹介してきたように世界にはたくさんのかっこいい高級車があり、それぞれ色々な特徴があります。その最高額の所以には多くの理由が考えられ、その車の高性能さや貴重さ、また歴史的背景などが存在していることも多いです。

皆さんが車を買う際にもこのように車の見た目はもちろんのこと内部構造や性能、歴史なども含め検討するのが良いでしょう。

他にも貴重な車や個性的な車はたくさんありますし、これからもどんどん最高額が上がる車も出てくるでしょう。
気になった方は是非調べてみてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【基本】ダーツの縫い方・やり方を解説!慣れれば楽勝です♪

今回はダーツの縫い方・やり方を解説させて頂きました!ダーツを縫うこと自体は簡単ですが、ちょっとしたコツで仕上がりの美しさに差が出ますので、動画を参考にしてやってみて下さい! ご視聴ありがとうございま...

遂に完成!ステッカープレゼント企画だよ!!

☆応募はコチラからどうぞ☆ https://forms.gle/9LhGYdTKdkU1q1T87 【締切4/28】

【基本】ギャザーの寄せ方を解説!ミシンを使いますが楽チンです♪

今回はギャザーの寄せ方をご紹介しました!ミシンを使いましたが、簡単ですのでぜひやってみて下さい♪ ミシンでギャザーを寄せる場合は、ミシンの幅を大きくします!ミシンの幅はあまり大きくしすぎるとギャザーが...

【基本】地直しのやり方を解説!簡単すぎる作業でその後が変わる!

今回は地直しのやり方について解説させて頂きました!買ってきた生地はどうしても多少のゆがみがあります。また、天然素材は縮みやすいものが多いため、買った生地をそのまま裁断してしまうと、一度洗濯をしたら型崩...

釣りのラジオ釣りラじ「全部忘れちゃう第33回」

★プレゼント企画応募はコチラから★ kurashino.present@gmail.com ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?lis...