ソロキャンプで車中泊がアツイ!おすすめグッズとその魅力をご紹介!

ソロキャンプで車中泊がアツイ!おすすめグッズとその魅力をご紹介!

今密かにブームとなっているのは1人でキャンプをするソロキャンプと言うものです。こちらのソロキャンプは車中泊することで非常に手軽に行うことができます。今回はそんなソロキャンプの車中泊についてまとめてみました。もしよかったらご覧ください。

記事の目次

  1. 1.ソロキャンプは究極のアウトドア
  2. 2.ソロキャンプは近年大人気
  3. 3.ソロキャンプで車中泊のおすすめポイント①
  4. 4.ソロキャンプで車中泊のおすすめポイント②
  5. 5.ソロキャンプで車中泊する場所を決める
  6. 6.ソロキャンプをキャンプ場でやってみよう!
  7. 7.ソロキャンプを海でやってみよう!
  8. 8.ソロキャンプを山でやってみよう!
  9. 9.ソロキャンプ初心者必見!おすすめアウトドアグッズ①カーリンクタープ
  10. 10.ソロキャンプ初心者必見!おすすめアウトドアグッズ②自動膨張式 テントマット
  11. 11.ソロキャンプ初心者必見!おすすめアウトドアグッズ③シュラフ
  12. 12.ソロキャンプ初心者必見!おすすめアウトドアグッズ④ポータブル電源 ソーラーパネル
  13. 13.ソロキャンプ初心者必見!おすすめアウトドアグッズ⑤折りたたみ式車内テーブル
  14. 14.ソロキャンプ初心者必見!おすすめアウトドアグッズ⑥バックドア用ウインドネット
  15. 15.ソロキャンプで車中泊のまとめ

ソロキャンプは究極のアウトドア

車中泊することでラクラクソロキャンプ

キャンプと言うと皆さんはどういったものを想像しますか?仲間同士で計画しあったりいろいろ準備をして出かけることを想像すると思います。しかし近年ブームとなっているソロキャンプは1人で気が向いたときにぶらっとキャンプに行くもので、密かにブームとなっています。車で行って車で車中泊すればテントを張る必要もなく、非常に楽なキャンプを楽しむことができます。

車中泊なので思い立ったらすぐ出かけれる

先ほど少し触れましたが車中泊と言うのは乗っていった車に寝泊まりするので、キャンプ場の予約やテントを張るといったことが必要ありません。またソロキャンプなので1人で自由気ままに旅をすることができます。朝起きて少し海が見てみたいと思えば浜辺に走っていき、山が見たいと思えば山奥に走っていけばよいので、非常に手軽で気軽にキャンプを楽しむことができます。

ソロキャンプは近年大人気

芸人もソロキャンプ

ソロキャンプは芸能人の間でも非常に人気が高まってきています。ヒロシですのキャッチフレーズで大ブレイクしたヒロシも最近1人でキャンプに行くことにはまっているようで、その様子がYouTubeなので取り上げられています。都会の喧騒から離れて、1人で何もすることのない時間を楽しむと言うのが忙しい現代人には少し必要となってきているのかもしれません。

車中泊するyoutubeをアップ

ソロキャンプや車中泊をする姿をYouTubeにアップしている方は近年非常に増えてきています。仲間内で行くキャンプと1人で行くキャンプはやはり違います。その中でもとても手軽な車中泊と言うのは便利で防犯上の安全面も高く、女性にもオススメできるアウトドアの1つです。最近ソロキャンプをする女性のYouTubeはも見かけるようになりました。山ガールの出現など女性がアウトドアを普通に楽しめる時代となってきたようです。

ソロキャンプで車中泊のおすすめポイント①

喧騒を逃れて一人の時間

都会の喧騒逃れて 1人のんびりキャンプをすると非常に良い息抜きになります。自然界にはマイナスイオンがあふれていて、身を置くだけで人間の本来持っている自己治癒能力が体を癒します。夜はたき火を眺めながら何も考えずに晩酌。生き急ぎがちな現代人に今の生き方を見直させてくれる、そんな時間を自然は提供してくれます。

手軽に気軽に車中泊

車中泊でソロキャンプするメリットとして「手軽に楽しめる」「コストが抑えられる」ということがあげられます。テントを設営する手間が省ける、または購入する必要もない為コストも抑えられ、海辺や川辺などの場合場所代もかかりません。目的地へ行く交通費と食事代で最低限のことができてしまうので、非常にコスパに優れた遊びという部分がポイントです。

ソロキャンプで車中泊のおすすめポイント②

車中泊なので宿の心配をしなくてよい

車中泊するメリットは他にもあります。宿を決めないことでどこか適当に場所を決めたらそこで寝泊まりできることです。もちろん私有地やお店の駐車場などで車中泊してはいけませんが、公園の駐車場の隅の方や海辺、川辺、など迷惑とならない場所は探せば意外と見つかるものです。車を運転しながら車中泊するポイントを探すのも旅の醍醐味の一つです。

眠くなったら即寝てOK

場所が決まれば後は寝るだけです。食事は手軽に済ませるのがおすすめです。理由としてたき火など火をおこしていい場所は限られています。公園の駐車場や街中はもちろんNG。海や川でも禁止されている場所もあるのできちんと確認してからにしましょう。車の中でシングルバーナーで調理する人もいますが、一酸化炭素中毒になったり火事にならない様に十分注意してください。

ソロキャンプで車中泊する場所を決める

キャンプ禁止の場所ではしない

近年アウトドアブームでキャンパーのマナーが問題視されています。ゴミを捨てる、騒音をはじめ車中泊も問題視されており、車中泊を禁止する場所も増えてきています。きちんと車中泊をしてもいい場所を見極めないといけません。きちんと車中泊のマナーを守り、公共スペースなどを独占してしまう事の無い様に心がけて下さい。極力公共スペースは使わない方が気持ちよくソロキャンプは楽しめます。
 

場所を考えて車中泊する

車中泊は手軽ですがきちんと宿泊する場所をわきまえないといけません。道の駅やサービスエリアは公共スペースであり、仮眠は認められているものの宿泊は認められていません。仮眠とは休憩です。この辺りの定義が難しいですが、車中泊のできる場所は河原や浜辺、あとは人気の無い邪魔にならない場所となってきます。また退去をお願いされたら速やかに退去しなければなりません。

ソロキャンプをキャンプ場でやってみよう!

初心者におすすめ

一人でのキャンプ、ソロキャンプをやってみたいと思った方は、最初はキャンプ場でしてみるとよいです。炊事場、トイレもそろっていて、何より他にもお客さんがいるので孤独感が少し紛れます。ソロキャンプのポイントは孤独を楽しむことですが、自分がはたしてむいているのかどうかをキャンプ場で確認してみましょう。思った以上に自分が寂しがり屋であることに気づく方が多いです。

電源まであるキャンプ場もある

コンセントが常設されているキャンプ場もあります。スマホで音楽を流したり、電化製品を使用できたりと初心者にはうってつけの設備です。最初から完璧なキャンプを求めず、徐々に自然の中に一人でいることに慣れていきましょう。ポイントは暇であることを楽しむことです。暇なので普段やらないことをしてみる、普段気がつかないことに気がつく、そんな楽しみ方を送ってください。

ソロキャンプを海でやってみよう!

海でのソロキャンプ

海でのソロキャンプは比較的敷居の低い、ソロキャンプ初心者でもできる遊びです。釣りでもしながら海をのんびり眺め酒をあおる。たき火をする際には流木を集めて薪変わりにすることができます。釣れた魚で晩酌なんて最高におしゃれです。また車中泊しやすい場所が多く、初心者の方でも海辺を走りながらできそうな場所がすぐに見つかるかと思います。

海で車中泊する時の注意点

海で車中泊する時に気をつけなければならないのが潮位です。浜辺では特に満潮時と干潮時では水がくる位置が全然違います。車を停めていた位置まで潮が押し寄せてきては寝ている間に流されてしまいます。必ず海で車中泊する際は海辺から少し離れた位置に駐車するか、浜辺でも絶対に潮が来ない位置で寝泊まりするようにしてください。あと海辺は風が強いです。特に冬は強烈な風が吹き付けることがあるので注意しましょう。

ソロキャンプを山でやってみよう!

山でのソロキャンプ

山や川辺はソロキャンプではもっとも人気の高いポイントです。渓流を眺めながら静かに過ごす時間は都会では経験できない幸せなものです。比較的探せば車の乗り入れができる場所や、川辺のそばに車を停めれるスペースを発見できます。山や川は涼しい場所が多いので夏に行くのがおすすめです。時期がよければホタルの乱舞がみられます。

山でソロキャンプする時の注意点

ソロキャンプ初心者必見!おすすめアウトドアグッズ①カーリンクタープ

カーリンクタープ とは?

カーリンクタープ(カーサイドタープ)は、車に接続できるタープのことです。車を空間の一つと捉え、車の中にいる人も外の人と一緒に会話や食事も楽しめます。車と一緒にいるため車上荒らしなどにもあいにくく、セキュリティー的にも安心してアウトドアを楽しめます。電源を車からとれば色々な電化製品も使え(電圧など注意)とても便利なグッズの一つです。車中泊する方には特におすすめです。

人気の理由

人気の理由は車とくっつけることで外のスペースと車内のスペースができ、食事は外で、休憩は車内でなどと使い分けることができるところです。車のドアを閉めてしまわないので子供からも目を離さず見ていられます。バーベキューしながら車でのんびりと休むことができ、ドアを閉めればエアコンで涼んだり温まったりと手軽に快適な空間を作り出せます。

ソロキャンプ初心者必見!おすすめアウトドアグッズ②自動膨張式 テントマット

自動膨張式 テントマットとは?

フルフラットにできる車でもシート全部倒したとしても段差ができてしまい、車中泊するにはとても寝にくい場合があります。そんな時に役に立つのがこういったテントマットです。特にこちらの商品は自動で膨張していき、空気入れを必要としないため広げて放っておくだけでふわふわのマットになるとても優れた商品です。車中泊の時にこういったマットを敷くのと敷かないのでは寝心地が全然違います。

人気の理由

この商品の良いところは自動膨張で勝手に膨らむ他、リバーシブルとなっており、夏に最適な冷たい面と冬に使えるあったかい面があり季節を問わず使用できるところです。シートを倒した車にこちらをひいて寝ると、段差が解消されて夏は涼しく冬は暖かく車中泊を手軽に楽しむことができるグッズです。快適な睡眠を求める方、アウトドア初心者の方には必須です。

ソロキャンプ初心者必見!おすすめアウトドアグッズ③シュラフ

シュラフとは?

冬の車中泊必須とも言えるアウトドアグッズです。一言で言うと寝袋ですが、これがあるとないとでは雲泥の差があります。特に冬では車内の温度がとても下がり、車の中といえど寒くてとても寝れたもんではありません。そんな時先ほど紹介したテントマットの上にこの白布にくるまって眠ると非常に良い睡眠をとることができます。

人気の理由

夏にはテントマットの上でタオルケットに包まるだけで眠れますが冬のソロキャンプ車中泊には必須なグッズです。春秋用と冬用、登山等で使用する本格的な防寒仕様となっているものなど、種類がたくさんあるので車中泊をする地域や季節によって選ぶようにしましょう。頭まですっぽりと被るものと胸までのものと形状もたくさんあります。そういった物を自分で選ぶのも楽しみの1つです。

ソロキャンプ初心者必見!おすすめアウトドアグッズ④ポータブル電源 ソーラーパネル

ポータブル電源 ソーラーパネルとは?

車中泊でもっと充実したソロキャンプを楽しみたい、キャンプをしながらパソコンで仕事をしたい人などに最適なグッズです。ソーラーパネルで充電しながらバッテリーに蓄電でき、その電気を使用して電化製品を使用することができます。スマホの充電もこちらのバッテリーで賄うことができます。冬の車中泊では手軽に電気毛布などを使用したりすることでより快適なキャンプが楽しめます。

人気の理由

普通のバッテリーでは家から充電してきた分の電力を使用するとそれ以上使えませんが、こちらのバッテリーはソーラーパネルも付いているので、車で走行中にダッシュボードに置いておくだけでバッテリーに勝手に充電されてきます。また太陽エネルギーを使うので非常に環境にやさしいアウトドアを楽しむことができるのもポイントです。災害時にも非常に役立つため、一家に一台あると重宝します。

ソロキャンプ初心者必見!おすすめアウトドアグッズ⑤折りたたみ式車内テーブル

折りたたみ式の車内テーブルとは?

車中泊で問題となってくるのは、飲み物や小物置いておく場所がないと言うことです。特に貴重品等はできるだけわかりやすく、目の届く場所に置いておきたいものです。その時に役に立つのがこちらの折りたたみ式の車内テーブルです。座席に引っ掛けるだけで簡単にテーブルが使用できると言うアイディアグッズの1つで、初心者でも簡単に使えると言うのも人気のポイントです。

人気の理由

手軽に車内にテーブルを作ることができるので非常に人気の高いグッズです。山でも海でも場所選ばず使うことができ、特に車中泊の時に活躍するのがポイントです。ポケットに入れっぱなしだった車の鍵やスマホがシートの隙間に入って紛失してしまったりと言うことを防ぎます。特に車中泊初心者におすすめのグッズです。タブレットなども置けるので、動画を観たりする時に役に立ちます。

ソロキャンプ初心者必見!おすすめアウトドアグッズ⑥バックドア用ウインドネット

バックドア用ウインドネットとは?

夏に大活躍するウインドウネットです。山でも海でも夏に車中泊する際には車内が高温になるため、非常に寝苦しくなりがちです。そんな時にこちらのウインドウネットバックドア用をバックドアに取り付けると、バックドアを開けたまま快適に眠ることができます。ネットになっているので虫の侵入を防ぎ安全に安心に眠ることができます。取り付けも非常に簡単なので手軽に使用できるアウトドアグッズです。

人気の理由

なんといっても夏の車中泊で窓を開けて寝れると言うのが人気の理由です。取り付けも非常に簡単で初心者でも気軽に快適な車中泊を実現することができます。また値段も手頃なので後部座席や運転席、助手席用のウインドウネットを購入することで全面窓をネットにすることができて非常に涼しく眠ることができます。車中泊の一番の問題点、夏の暑さ対策の特効グッズです。

ソロキャンプで車中泊のまとめ

ソロキャンプは癒される

いかがでしたでしょうか?山であっても海であっても1人で自然の中に身をおくと言う事は、非常に癒されるものです。日々忙しく毎日を過ごしている方にとってこの先の人生を見つめ直す良いきっかけとなるかもしれません。車中泊することでソロキャンプは手軽に楽しめ、敷居は一気に下がります。ポイントは孤独を楽しむと言うことです。ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。

キャンプや車中泊はマナーを守ろう

アウトドアは自然あってのものです。自然がなければアウトドアを楽しむことができません。そのためにも一人一人がモラルやマナーを守ってキャンプを楽しむことが大事です。また車中泊が禁止されている場所で駐車して眠ることはやめておきましょう。公共の場は個人のものではありません。迷惑のかからないように楽しむのが良いキャンパーになるポイントです。

duksyuuki
ライター

duksyuuki

海辺に生まれ育ったせいで小さなころから釣りをずっとやってきました。最近ではオリジナルのルアーやフィッシングウェアを作ったりしています。これまで習得した知識と経験で記事を書いていこうと思います。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking