シマノ「アンタレス」の歴代モデルの魅力を解説!初代からの進化に迫る!のイメージ

シマノ「アンタレス」の歴代モデルの魅力を解説!初代からの進化に迫る!

1998年にデビューしたシマノ「アンタレス」。発売から20年たっても色あせることのないシマノが釣り界に送り出した名作リールの「アンタレス」を初代からどのように進化してきたのかを詳しく解説します。これなしでアンタレスは語れません。

2020年03月04日更新

ゆうだい
ゆうだい
よろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 初代アンタレス~現在のアンタレスの歴史
  2. 18アンタレスDCMDの特徴
  3. ライントラブルレス
  4. 18アンタレスDCMDのインプレまとめ
  5. アンタレスDCのブレーキシステム
  6. 結局アンタレスの評価はどうなの?
  7. やはり18アンタレスDCMDが最強!

初代アンタレス~現在のアンタレスの歴史

出典: http://fishing.shimano.co.jp

1998年からシマノが釣り界に送り出したリール「アンタレス」の歴史を初代から現行のモデルまでひとつづつ詳しく解説していきます。20年たった今でも釣り人に愛されるアンタレスというリールは、どのような進化をして今でも愛されているのでしょうか?

初代アンタレス(スコーピオンアンタレス)

1998年に衝撃のデビューをしたスコーピオンアンタレス。この名前も最初で最後となってしまいました。デザイン的な特徴とはシルバーの高級感のあるリールという感じでした。当時採用されていたブレーキシステムはSVSブレーキというブレーキシステムが採用されていました。これは現在のバスワンなどのエントリーモデルに使用されていますね。

2代目アンタレス(03アンタレスAR)

in_outsさんの投稿
14373952 1652390188404817 315935115 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

当時はあまり評価されていなかったアンタレスARですが、現在になってやっと評価されてきました。なぜ発売当初は評価されなかったというと、初代アンタレスと少し違ったコンセプトをしていたからです。このモデルは、7g~14gくらいのルアーを快適に投げられるようにと開発されました。

アンタレスAR スプール
楽天で詳細を見る

また、このアンタレスARから使われたスプールはスプール径が変更されては34mmと変更されています。初代アンタレスのスプール系は37mmでした。このアンタレスARからシマノのリールのスプール径は34mmとなったので、とても良いバランスのスプールだったこと言うことが分かりますね。さらに、マグネシウムスプールからアルミニウムスプールへと変更されたのも特徴です。

3代目アンタレス(06アンタレスDC/DC7)

jackall8111さんの投稿
32287467 332222683974304 2625526762313875456 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

2006年にこの3代目アンタレスからついにシマノのリールと言ったら「DC」という特徴のある名前のアンタレスDCがついに登場しました。「DC」とはデジタルコントロールの略です。今考えると10年以上も前からデジタルコントロールをしているリールが発売されていたということになりますね。当時は、とても衝撃的なデビューでしたね。このシステムを搭載してから、シマノのリールは圧倒的な飛距離が出せるというイメージが定着してきました。このモデルで村田基さんが111mという驚異の飛距離を出していました。
また、このころから、同じモデルで、ハイギアとローギアの2つのモデルが出てくるのです。その先駆けとなったのがこのリールの特徴といってもよいでしょう。このころの7.1:1のハイギアのリールはあまりありませんでした。

4代目アンタレス(12アンタレス)

thestrikeskateandtackleshopさんの投稿
30078523 1994719680848337 7490348893218013184 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

アンタレスDCが出てから6年たったころにまた新たなアンタレスが発売されました。しかし、12アンタレスはDCはついておらず、新開発の「SVS∞」が搭載されました。今までのブレーキシステムでは、32段階の調整しかできませんでした。しかしこの「SVS∞」は無段階で調整することができるようになりました。

出典: http://fishing.shimano.co.jp

新システムSVS∞ブレーキ

このモデルから登場したマイクロモジュールギアによって巻き心地がとても改善されました。ピニオンギアとメインギアにマイクロモジュールギア採用しています。ギアの歯の数を今までの2倍に増やしました。多くのギアを嚙合わせることによって強度を下げることなく、滑らかな巻き心地を実現しています。

5代目アンタレス(16 アンタレス DC)

bassfishing_yさんの投稿
27881060 228195097724443 8504365468935520256 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

このシマノのリールが今までの釣り人生を変えたという方も多いのではないでしょうか?1000分の1秒単位で電子制御されたブレーキが特徴です。さらに、スプールの最大回転数を落とさないためにノーブレーキのタイミングがあります。これにより、飛距離も出しながら、バックラッシュも自動的に防ぐことができるようになったのが、このデジタルコントロールのブレーキのよいところです。アンタレスDCの登場から10年がたちついにデジタルコントロールのブレーキも最終形態となったと思います。

多くのバスプロたちもこの16アンタレスのには衝撃を受けたそうですね。バスプロ同士の対談などでもたくさん話されています。やはり、バス釣りの常識を変えたリールはこれなのかなと思います。一番プロからの評価も受けているモデルだと思います。

6代目アンタレス(18 アンタレス DCMD)

ついに、2018年に世界中で戦えるアンタレスが登場しました。今までのアンタレスは淡水専用というのが唯一の弱点という感じでした。しかし、このモンスタードライブは、海水も対応できるようになりました。つまりどのフィールドでも使うことができ、世界中のモンスターといわれている魚と戦えるようになりました。つまりアンタレス史上最強のアンタレスが完成したということです。つまりシマノのリールの中で最強のリールが完成してしまいした。

18アンタレスDCMDの特徴

18アンタレスDCMDの最大の特徴は、海水対応となったことです。先ほども少し触れましたが、今までのモデルは、淡水専用のモデルしかありませんでした。しかし海水対応となったことで今まで以上に活躍の場が増えるということです。世界中のどこへ行ってもモンスター級の魚と勝負ができるようになったのです。

スプール径が37㎜から38㎜へ

okkun.yさんの投稿
36667852 2185760441710788 4723950076928458752 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

今回のモデルではスプール系を37mmから38mmへと変更しました。これによりナイロンラインの20ポンドを100m巻けるようになりました。海の釣りなどではよく使うPEラインの4号も100m巻けるようになっています。これによりどれだけ大きな魚がかかったとしてもラインブレイクの心配も減ります。またヘビーカバーでの強引なファイトもできるようになっています。

4×8 DC MD TUNE

F(フロロカーボンライン)モード、NM(ナイロンライン)モード、P(PEライン)モード、そして今回のモデルから追加されたXBモードの4種類のモードが基本としてあります。このXBモードはメタルジグや、ヘビキャロを投げるためのモードです。それに各モードで8段階のダイアル調ができるので、空気抵抗の大きいルアーでもストレスなく投げることができます。

ライントラブルレス

goliath_hunyaさんの投稿
37289870 1534643546639925 8056198482140069888 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

電子制御により、ベイトリールではつきもののライントラブルが非常に少なくなります。ストレスフリー快適に釣りができます。メタルジグやヘビキャロを投げるのをメインとするのであれば、XBモードでほとんどライントラブルをなくすことができるでしょう。また、PEラインを巻いて海釣りにもっていくこともできます。最近では、PEラインを使用することが多くなってきました。PEラインでのバックラッシュはその場での釣りの終了を表すこともよくありますので、やはりライントラブルが限りなく少なくなるリールはいいですね。

18アンタレスDCMDのインプレまとめ

アンタレスを使ってみてのインプレをまとめてみました。よかった点、悪かった点いろいろとありましたので、まとめてみました。アンタレスユーザの皆さんはどんなインプレをしているのでしょうか?

パット見の特徴

sususu0901さんの投稿
31745517 736612180060327 7310041123840327680 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

さてインプレの最初は、見た目での評価でしょ?ということで、ぱっと見での感想を。今までは、シルバーメッキという色で統一されていたのに対し、このモデルでは、黒塗りでラメが入っていました。ファーストインプレッションでは、なんでラメを入れてしまったのだろう…。というのが正直な評価でした。なんか少し安っぽく感じてしまいました。今までのシルバー一色のほうがよかったのに…。と思っていましたが、実際ロッドに乗せてみるとラメもそんなに気にならず、ちょうどいいと思ってきます。人間何でも慣れが必要ですね。逆に今ではかっこよく感じてしまっているので、少し高評価です。

ロングキャストが簡単に決まる!

takahiro_tashimaさんの投稿
20905797 1826269214369111 2160439511337664512 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

ほかにもインプレを見ていると、以前のモデルから変わらずロングキャストがとてもしやすいという感じになっています。16アンタレスではXモードというとにかくロングキャストをするモードがありました。今回はそのモードがXBモードとなりかなり使いやすくなっています。琵琶湖等で、ヘビキャロ、メタルジグ、メタルバイブなど空気抵抗の少ないものを中心に投げるのであればこのXBモードがとても使いやすいモードとなります。以前のXモードは使えないくらいのモードだったので、今回はそのあたりもシマノがちゃんと考えてプログラムを変えてきてくれたのでしょう。やはり飛距離は釣果にも大きく影響してきますので、より遠くまでキャストできたほうがよいですね。

エクストラハイギアが慣れると使いやすい!

tksh129さんの投稿
36553837 2154306634844633 6149832584445558784 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

やはり、いろいろなインプレを見ていますが、どのインプレを見ても特に弱点はなく、簡単に飛距離を出すことができるリールですね。ロングキャストをした後に回収するためにギア比は7.8:1というXG(エクストラハイギア)となっています。これは、ルアーの回収や糸ふけの処理をするときにとても早く処理することができます。最初は、慣れるまでに少し慣れが必要となりますが、慣れてしまうととても回収も早くテンポよくいろいろなことろを探ることができます。

アンタレスDCのブレーキシステム

take2023046さんの投稿
10375723 1450479175198196 912554780 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

今までにもアンタレスDCのブレーキシステムについては、解説してきました。しかし、何がそんなに、すごいのでしょうか?ノーブレーキコントロールとは何でしょうか?人間でもできるのでしょうか?そんな疑問がわいてきたので解説をしていきたいと思います。

加速時ノーブレーキ制御

アンタレスDCがなぜこんなにも飛距離を稼ぐことができるのでしょうか?それは、アナログのコントロールではできないブレーキの制御をしていたからです。

出典: http://fishing.shimano.co.jp

ブレーキのイメージ

このように従来のアナログのマグネットブレーキやSVSブレーキなどは、スプールの回転が加速しているときでも必ずブレーキをかけてしまっていました。つまり、これからスプールの回転が上がろうとしているのに、ブレーキをかけてしまい、最大回転数に達するまでに減速をしていたということになります。しかしDCの場合は、最大回転数に達するまではブレーキをかけずにそこからかけ始めることができます。つまり、スプールの最大回転数がアナログのものよりも多くなるということです。これが飛距離に直結するので、100mという飛距離を出すことができます。

人間のサミングで同じことができないのか?

suffodacationさんの投稿
38097197 226525634869634 4373770518428385280 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

完結にいいます。常人では不可能だと思います。ほかのリールを使って、ブレーキを0にしてからサミングでDCと同じように加速時だけ何も触らず最高回転になったらそれと同時にサミングするということで理論上はできます。しかし、これをやろうとするとたいていの場合ロッドを振り切った瞬間にバックラッシュしてしまうことが大半です。相当な練習を積まなければできないと思います。また、人間の感覚では1000分の1秒で制御するのは不可能と思います。もし、デジタル制御を超える自信があるのならチャレンジしてみてください。

結局アンタレスの評価はどうなの?

結局アンタレスの評価はどうなっているのでしょうか?いろいろなことを解説してきましたが、評価としてはどうなっているのでしょうか?プロが使ったらどのような評価なのでしょうか?逆に一般人ではどのどのような評価となっているのでしょうか?

プロの評価は?

リール開発にかかわっているプロの評価はどうなんでしょうか?もちろん自分が開発しているリールなので、満足のいくインプレ、評価をしています。特に村田基さんは、絶賛をしています。もちろん開発にかかわっているのでそうなるでしょうが…。やはり軽く投げても50mしっかりと投げれば100m投げれるというところがアンタレスのよいところでしょう。
俺たちこと秦拓馬さんは、とにかく飛ぶ。めっちゃ飛ぶという評価でした。やはり、飛距離がハンパないということです。
とは言え、二人ともシマノがスポンサーとしてついているので、あまり悪いことも言えません。ということで一般人の方のインプレ、評価を見ていきましょう。

一般人の評価は?

やはり一般人となるとシマノの相当なファンでない限り、辛口なインプレも少しはありました。しかし、いろいろなインプレを見てみましたが、やはり、圧倒的な飛距離が出るということでしたね。また、ライントラブルがほとんどないということでした。しかし、一般人なので値段が少し高いという評価が多くみられました。
どんなものでも一度一般人が感じる特徴や、フィーリングを見てから買うのがいいかもしれません。プロというのは、それに特価してしまっているので、多少のことはすぐに慣れてしまうのかもしれませんので…。

やはり18アンタレスDCMDが最強!

やはりアンタレスは初代からの現在まで、シマノの最高峰のリールとして名を連ねているということが分かりましたね。どの年代のリールもバーサタイルに使えるという特徴は変わっていませんでしたね。しかしその中でも、各年代ごとに特徴があり、その特徴を生かした釣りができますね。どのリールを持っていてもしっかりと使い分けができるところがよいですね。
最後に思うのは、20年たっても色あせないリールはなかなかないと思います。しかし、歴代のモデルでは、淡水専用のリールとなっているので、海釣りもする人は18アンタレスDCMDが絶対おすすめです。やはり世界最強のリールであると改めて感じさせられました。

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ