セームタオルの使い方とおすすめは?人気製品7選と洗濯・手入れまで解説!のイメージ

セームタオルの使い方とおすすめは?人気製品7選と洗濯・手入れまで解説!

プロの水泳選手にも愛用者の多い「セームタオル」をご存知ですか?元々は洗車用に開発された高性能の吸水タオルですが、人の体や髪にもその吸水力が使えてとても便利!そんなセームタオルについて、特徴や使い方、おすすめセームタオルやお手入れ方法などについてご紹介します。

2018年08月13日更新

豆飼
豆飼
B型の好奇心とチャレンジ精神旺盛さを活かして、DIYや旅行、ガーデニングなど色々なことに挑戦し続けています。その経験や失敗も含めて、ありきたりな目線ではなく誰にでもわかりやすいよう、「そこが知りたかった!」と思ってもらえる情報を発信できるよう心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. セームタオルとは?
  2. セームタオルの素材や吸水の仕組み
  3. セームタオルの使い方
  4. セームタオルの種類の違いは?
  5. セームタオルは暑い日にも活躍
  6. セームタオルのおすすめメーカー・種類
  7. セームタオルのおすすめ人気商品①
  8. セームタオルのおすすめ人気商品②
  9. セームタオルのおすすめ人気商品③
  10. セームタオルのおすすめ人気商品④
  11. セームタオルのおすすめ人気商品⑤
  12. セームタオルのおすすめ人気商品⑥
  13. セームタオルのおすすめ人気商品⑦
  14. オフシーズンも活躍!セームタオルの使い方①
  15. オフシーズンも活躍!セームタオルの使い方②
  16. セームタオルの洗濯や保管に失敗した場合の対処法
  17. セームタオル以外にも!高吸水素材タオル
  18. まとめ

セームタオルとは?

セームタオルとは、吸水性に優れた特殊な素材で水泳やジムでの運動のほかお掃除用品などでも活躍するタオルです。乾燥するとカチカチに固まる場合もありますが、吸水すると元通り柔らかく戻り、絞れば何度でも繰り返し使用できる便利なタオルです。バスタオルを持ち歩くよりも機能性に優れ、コンパクトで持ち運びにも便利な上に、夏場には吸水させたセームタオルを首にかけておくことで涼を取ることもできます。

jsuzurinさんの投稿
34360360 253973748685636 7614829329062559744 n

セームタオルのデメリット

セームタオルは使わないと固くてとても使える状態ではありません。カチカチに固まるとひびが入ったり割れてしまう場合もあります。また、固まらないように水分を含ませた状態で保管しますが、そのためカビが生えやすく、保管時にも定期的なケアが必要という問題点もあります。メーカーや種類によっては乾燥しても固くならないやわらか素材の物もあります。

pina37mさんの投稿
29093169 205300136729455 4038723413907341312 n

セームタオルの素材や吸水の仕組み

セームタオルの「セーム」とは、シカやヤギなどの皮をなめした「セーム革」に由来します。色んなメーカーの製品がありますが、いずれもセーム革の構造に似せたPVA(ポリビニルアルコール)スポンジまたはポリエステルなどを主とした人口素材を用いて作られています。自己吸水力の高い材質で、微細気孔の間の隙間に水分を取り込みしっかり保持しますが、軽く絞るだけで保持した水分を絞り出せます。

closs33funさんの投稿
26869268 406755489746926 2222212698811138048 n

セームタオルの使い方

1.吸水・戻し方

大抵は水分が残った状態で販売されるようになっていますが、安価な物などは乾燥しかけていたり、乾燥して固まっている場合もあります。しばらく水かぬるま湯をはった洗面器などに浸けておき、柔らかい状態に戻しましょう。水を吸うとタオルが大きくなり、入っていた水の量も減るので、いかに吸水力がすごいかが分かります。なお、固い状態のまま無理やり広げようとすると割れますので、そのまま水に浸けてください。

mikotoyumiさんの投稿
11379225 1463356173965458 1483399447 n

2.使い方

セームタオルの使い方は、まずは吸水後柔らかくなったタオルを軽く絞ります。強く絞ると破れや乾燥の原因となるので注意しましょう。絞ったら体など水分を取りたい場所をセームタオルで拭きます。ごしごしとこするより、軽く押さえて水を吸うイメージで使います。ある程度吸水したら軽く絞り、再度吸水し、これを繰り返します。使い方が悪いと劣化が早くなりますので、正しい使い方とお手入れをしましょう。

yuuman.r.gさんの投稿
21909523 1764368887193691 8001765294991212544 n

3.日常の洗濯や保管方法

使用後は汚れをしっかり落として軽く絞り、専用のケースに入れるか陰干しにして軽く乾燥させてから保管しましょう。セームタオルは洗濯機で洗うこともできますが、素材が弱いので洗濯をする際にはネットに入れて洗濯機に入れ、漂白剤は使用しないこと。また、洗濯後は乾燥機の使用も避けましょう。なお、セームタオルはカビが生えやすいので、きちんと洗濯や手入れをして清潔を保って保管しておくことが大事です。

kyokaswimさんの投稿
31136815 578173255900510 2322820735761907712 n

4.オフシーズンのお手入れ方法

セームタオルは水泳など夏に主に使用しそれ以外はあまり使わないという人もいます。その際には、しまう前に一度しっかり洗濯をして、臭いやカビなど気になるようでしたら洗面器に熱湯をはって殺菌しておくといいでしょう。洗濯時には決して漂白剤は使用しないでください。また洗濯後は通常通りケースに入れて保管しておきますが、使用していない時期でも定期的に水分を補給してあげると、次のシーズンに使用する際にカチカチにならずに済みます。

sirene_uさんの投稿
20759291 1427272637308286 4741568818755665920 n

セームタオルの種類の違いは?

セームタオルにも水泳用のセームタオルと洗車やお掃除用のセームタオルと種類がありますが、どう違うのでしょうか?水泳用を洗車目的に使用してもいいのでしょうか?その違いはタオルの気泡の大きさと厚さにあります。

sai31saiさんの投稿
10261109 751937058184156 1419533085 n

水泳用は洗車には使ってはダメ!

水泳用は気泡が細かく繊細な素材になっており、吸水時にピタッとくっついてきます。肌には凹凸があるためくっつきませんが、これを車に使用してしまうとくっついて塗装の剥げなどの原因にもなりかねませんので、水泳用を車に使用しないように気を付けましょう。素材に違いがありますので、洗車には洗車用のセームタオルを用い、使い方をよく読んで使用しましょう。

megumu.miさんの投稿
11349356 755243541252872 1574086065 n

セームタオルは暑い日にも活躍

たっぷり水分を含んだセームタオルは、夏の暑い日の暑さ対策としても活躍します。水に濡らしたセームタオルを首にかけておくと、タオルに含まれた水分が蒸発する際に、気化熱としてほてった体の温度を奪っていってくれます。そのためセームタオルを首に巻いたり頭にかぶっておくと、冷んやりとして気持ちがよく、熱中症対策にもなります。

tomomi.designさんの投稿
36086024 234106714045893 392543419395735552 n

セームタオルのおすすめメーカー・種類

セームタオルを扱うメーカーやブランドは数多くあります。特に種類も多く品質も高くて安心できるのが、スピード、ミズノ、アリーナなどの、プロも愛用する水泳用品を扱うメーカーが製造・販売している商品です。しっかりしたメーカーの商品だと丈夫で長持ちし、扱いも楽になります。高品質な商品なので、うっかり乾燥させてしまってもカチカチになりにくく、柔らかいままの種類の物もあります。

yuukamanさんの投稿
11379874 846529588758200 1661169066 n

セームタオルのおすすめ人気商品①

Speedoのセームタオル

プロの水泳選手も愛用するお墨付きのブランドが手掛けるセームタオルは、屈指の薄さとコンパクトさを誇ります。専用ケースに入れて濡れたままでもコンパクトに収納して持ち運ぶことができ、サイズも用途に応じて選べます。厚さが薄い分、厚手のセームタオルと比較すると若干吸水力は劣りますが、絞ればすぐに吸水力は復活しますので繰り返し使えます。裏面が凹凸が施された素材のため肌に張り付きすぎず、普通のタオルのように滑らせて使うこともできます。速乾性があるのでカビも生えにくいタオルです。

Speedo セームタオル小

裏面が凹凸のある加工を施されているため、肌に張り付きすぎず使いやすい

Amazonで詳細を見る

セームタオルのおすすめ人気商品②

arenaのセームタオル

Speedoのセームタオルに比べると若干厚みがありますが、その分吸水力は高く、軽く押さえるだけでぐんぐん水を吸い取り多くの水分を蓄えることができます。もちろん絞れば水分を排出して元に戻り、丸めてコンパクトに収納して持ち歩けます。厚みがある分折りたたんだ際も薄手の種類の物と比べれば厚くなりますが、持ち運びには不便のない大きさ。通気性の良いメッシュ素材のバッグ付きなのでカビ対策にもなります。

arena) メッシュバッグ&セームタオル(M)セット

アリーナのセームタオルとメッシュバッグのセット

Amazonで詳細を見る

セームタオルのおすすめ人気商品③

arena ハイレークセームタオル

40×35cmと普通のスポーツタオルサイズでも、体全体+髪まで十分に乾かすことができるほどの吸水性を誇るセームタオルです。さらに、通常のセームタオルと違い、乾燥してもガチガチに固まることがなく、柔らかい状態を保つことができて使いやすい素材。固くなるタイプに比べると多少吸水性は落ちるようですが、固くならない分保管やお手入れ、持ち運びに便利なのでおすすめです。

arena ハイレークセームタオルM

スイミングといえばアリーナ。普通のタオルのような素材で柔らかく使いやすいハイレークセームタオル

Amazonで詳細を見る

セームタオルのおすすめ人気商品④

MIZUNO スイムタオル

日本のスポーツメーカーミズノ(MIZUNO)によるセームタオル。高い吸水性を活かして水を拭き取るだけでなく、水を含ませることにも着目。夏の暑い日やスポーツでほてった体を冷やすためのシャワー代わりに頭にかけるなどの用途にも使用できます。もう一度しっかり絞って体をぬぐえば、同じタオル一枚で何役もこなせます。専用ケース付きで保管や持ち運びにも便利です。日本製なので安心して使えるのもポイントです。

MIZUNO スイムタオル 小

安心の国産セームタオル

Amazonで詳細を見る

セームタオルのおすすめ人気商品⑤

SWANS スイミングセームタオル

SWANSという一般的には聞き慣れないメーカーのセームタオルですが、乾いても固くならず柔らか素材で使いやすく人気のメーカーです。髪の毛の約100分の1の極細繊維素材が高い吸水性を実現しています。ひまわりのほか蓮、花火、柄やリラックマなどのキャラクターものもあり選べるので、ジム通いの女性や子どもにもぴったりです。

SWANS スイミングセームタオル

髪の毛の約100分の1の超極細繊維がしっかり水分を吸収

Amazonで詳細を見る

セームタオルのおすすめ人気商品⑥

MIZUNO 横長セームタオル

上で紹介した日本のスポーツメーカーミズノのセームタオルの横長サイズ版です。ミニサイズや通常サイズはコンパクトで持ち運びには便利ですが、体全体を拭くとなると手が届かない所や吸水力が足りずに面倒なことも。その点この横長タオルなら、手が届きにくい背中なども拭きやすく、面積が広い分給水量も増えます。通常版と同じく専用ケース付きで、抗菌防臭加工も施されているのでカビや臭いの心配も軽減されます。

MIZUNO 横長セームタオル

ミズノのセームタオルの使いやすい横長版

詳細はこちら

セームタオルのおすすめ人気商品⑦

SWANS ぐでたまセームタオル

スポーツメーカーのスウィム用品といばシックで落ち着いたダークカラーかパステルカラーの無地の商品が多いイメージがありますが、SWANSをはじめ各メーカー柄物やキャラクターもののセームタオルも多数扱っています。ぐでたまのほかディズニーやワンピースなどアニメキャラ、サンリオキャラやスターウォーズコラボまで幅広いデザインがあり、見た目も楽しく使用することができます。

SWANS ぐでたまプラセームタオル

人気キャラクターぐでたまがかわいいセームタオル

詳細はこちら

オフシーズンも活躍!セームタオルの使い方①

自宅で日常生活での使用

セームタオルはハンドタオル1枚分程度の大きさでもバスタオル並みに吸水することができます。バスタオルがなくてもセームタオルがあれば体を拭いて速く乾かすことができるので、水泳のシーズンではないからとしまっておくのはもったいないです。特に乾かすのに時間のかかる髪に使うのがおすすめです。セームタオルを使ってタオルドライすれば、乾かしにくい髪も、タオルで挟みながらやさしく拭けば、ドライヤーの時間も削減することができます。

sugar0924さんの投稿
26287387 1154321504703005 1367032977296457728 n

オフシーズンも活躍!セームタオルの使い方②

旅行時の必携品

旅行には必要最小限の小荷物で行きたいものです。そんな時に役立つのがセームタオル。わざわざバスタオルを持参しても、使った後は冬場は乾かないし、濡れたタオルをビニール袋に入れて持ち帰るのも重いし臭いも気になります。その点セームタオルならバスタオルにも暑い時に体を冷やすのにも、必要な時にさっと取り出して使ってコンパクトに収納して持ち運べるので便利です。

hallelujahwakanaさんの投稿
31556784 273665389842248 4806599064613289984 n

アウトドアでも活躍

キャンプなどのアウトドアでは、川や海で遊んだりシャワーを浴びたり、ちょっとした手洗いやこぼしたお茶を拭いたりと何かとタオルが必要な場面が出てきます。でもできれば荷物は最小限の持参に絞りたいもの。そんな時もセームタオルが1つあれば、きれいに洗い流してまた絞れば繰り返し使えるので、ひとつで何役もこなせて便利です。フィールドワークで熱くなった体を冷やすのにももちろん使えます。

shinkotowel_officialさんの投稿
19624759 145812962638074 8485401951373099008 n

セームタオルの洗濯や保管に失敗した場合の対処法

1.カビ臭くなってしまった場合

セームタオルは使い方や保管方法が悪いと、カビが生えてしまう原因になります。まずはしっかり洗濯をして清潔を心掛けてカビを防ぐことが大事ですが、うっかりカビを生やしたりカビ臭さが取れなくなってしまう場合もあります。そんな時は、熱湯に浸して熱湯消毒をしましょう。浸けておくだけでは落ちない場合は、鍋に入れて5~10分程煮沸消毒してみましょう。

satoco.asakuraさんの投稿
33210229 1809633385798345 5142861962706681856 n

2.黒いカビが生えてしまった場合

黒くなったカビが落ちない場合は、素材の劣化になるのであまりおすすめはできませんが、キッチン用の漂白剤かカビキラーを使ってしばらく放置した後、熱湯に浸けてみましょう、その後は薬剤が残らないようしっかりと洗い流してください。カビが生えたりカビ臭くなってしまうとなかなか取れませんので、手入れや保管方法には気をつけ、まずはしっかり予防に努めましょう。

hinanon__1031さんの投稿
21433892 2020333354869690 9183646424045191168 n

3.ヒビが入ってしまった場合

保管状態や手入れが悪くヒビが入ってしまった場合、無理に広げようとせずまずは水分を吸収させましょう。少し柔らかくなってもまだ中が固いままで無理に広げると割れが生じますので、完全に柔らかくなるのを待ちます。なお、ケースで保管すると臭くなるけど出していたら乾いてしまう場合には、普段はハンガーに1~2回折り畳んで陰干ししておき、使う前日から水に浸しておくとちょうどよくなります。ヒビの場合もまずは手入れと保管が重要です。

_kyopagne_さんの投稿
12912416 467957573404091 133823078 n

セームタオル以外にも!高吸水素材タオル

セームタオル以外にも、マイクロファイバーなど高吸水や肌にやさしい優秀なタオルが続々登場しています。使い方も簡単で洗濯やお手入れも楽で、セームタオルと違ってカビの心配も少ないおすすめタオルをご紹介します。

mont-bell マイクロタオル スポーツ

高い品質と機能性で人気の日本のアウトドアブランドmont-bellのスポーツ用マイクロファイバータオル。0.08デニールの超細かいマイクロファイバーが抜群の吸水拡散性を持つ上に、薄手で軽量な人気商品です。携行時はくるくると巻いて端に付いたテープで留めればコンパクトに収納できます。驚くほどコンパクトになりますが、しっかり吸水できます。

mont-bell マイクロタオル スポーツ

国産アウトドアブランドmont-bellの高性能マイクロタオル

Amazonで詳細を見る

VACNITE 速乾タオル

超極細繊維を用いた吸水・速乾性に優れたタオル。抗菌防臭効果があるためカビや臭いの心配も少なく、軽量でコンパクトに畳めて持ち運びにも便利です。軽くて薄いですが耐久性にも優れていますので、バスタオルとして普段使いしても長く使うことができます。髪なども早く乾かせて便利です。

VACNITE 速乾タオル

大きくて使いやすく、薄手でコンパクトに収納できるコスパ抜群タオル

Amazonで詳細を見る

手ぬぐい

日本の昔ながらの手ぬぐいは、吸水性にも速乾性にも優れており、何より薄くて軽くてさらりとした感触が特徴です。セームタオルのように絞れば何度でも使えます。端が切りっぱなしですが数回洗えば生地が落ち着きほつれもなくなります。これは乾くのが早くなり雑菌の繁殖を防ぐ効果と、何かあった場合にすぐに手ぬぐいを手で裂いて応急処置や紐など代用品にできるという目的があります。

kenema 注染手ぬぐい

値段もお手頃なので、複数持っておきたい手ぬぐい。最近ではおしゃれでモダンな柄の物も

Amazonで詳細を見る

まとめ

吸水性が高くコンパクトで便利なセームタオルですが、保管や洗濯方法など手入れには多少注意が必要です。一枚で体全体を拭えて二役も三役もこなせるセームタオル、水泳をしない人でもぜひ一枚は持っておきたいものです。

hikarisp.yahooさんの投稿
36052098 631922263840696 3557934114684272640 n

吸水・速乾タオルが気になる方はこちらもチェック!

Thumbセームタオルとは?吸水性抜群!手入れの方法から人気製品をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
セームタオルをご存知でしょうか?えっ、洗車したときに使っている!!いえ、もちろんそれもセーム...
Thumb速乾タオルおすすめ人気8選!吸水力抜群!旅行やアウトドアにはこれ! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はおすすめの速乾タオルをご紹介していきます。吸水性抜群でスポーツ時の汗やアウトドア時の急...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ