虫除け効果のあるハーブが庭やベランダを守る!栽培・寄せ植えのコツをご紹介!のイメージ

虫除け効果のあるハーブが庭やベランダを守る!栽培・寄せ植えのコツをご紹介!

夏、蚊が家に侵入して痒くて眠れない!そんなことも多いとおもいます、そんなとき虫除けになるハーブが庭にあったら家に虫が近づいてこなくなりますよね!ハーブが本当に虫除けになるのか?という疑問も含めて、虫除けになるハーブの栽培方法寄せ植えについて解説していきます。

2018年08月14日更新

HI-D
HI-D
はじめまして。農業生物資源研究センターの協力を得てメロンの品種改良をしています。個人では木苺、ラズベリー、トマトなどの品種改良を行っているのですが、その研究のかたわらガーデニングジャンルの記事を書かせて頂いております。できるだけ皆さんのタメになるリアルな記事を書きたいと思っております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ハーブで虫除け
  2. ベランダで虫除け
  3. ベランダの虫除けハーブ:シトロネラゼラニウム
  4. ベランダの虫除けハーブ:ローズゼラニウム
  5. ベランダの虫除けハーブ:蚊蓮草
  6. ベランダの虫除けハーブ:シトロネラグラス
  7. 庭の虫除けハーブ:蚊寄らず
  8. 庭の虫除けハーブ:ペニーロイヤルミント
  9. 庭の虫除けハーブ:サントリナ
  10. その他の虫除けハーブ
  11. 寄せ植えの仕方
  12. まとめ

ハーブで虫除け

vitaminjunkoさんの投稿
29400839 221642541722551 3196466235374043136 n

気温の上昇と共に勢力を増す生物、それが虫です。その中でも室内に侵入して悪さをするのは蚊です、その蚊を含めた害虫を近づきにくくするハーブがいくつか存在します。ガーデニング好きであれば1度は聴いた事がある植物ばかりなので、なじみのある植物もあるかもしれません。寄せ植えをする場合の注意点や栽培方法なども交えて解説していきます。

ヒトスジシマカ

shiratamasannさんの投稿
34478449 147182359476371 2665863780897914880 n

蚊というと皆さんシマシマ模様のヒトスジシマカを連想すると思います。ヒトスジシマカはヤブカ属の蚊で、東アジア原産ですが、現在はアメリカなどにも進出しているワールドワイドな蚊です。日本人は古くからこの蚊と共に生きてきたので耐性があり、実はさされてもほとんどかゆみを感じない人もいます。多くの人は挿されて10分程度でかゆみがおさまり、1時間程度で腫れも引きます。この蚊は人を追いかけて室内に入り込む事はあっても、好んで室内に侵入する事はありません。

室内に侵入してくる蚊

motimoti22さんの投稿
14033544 1060914887357204 1179962944 n

室内に好んで侵入してくるのは数の多いヒトスジシマカではなくアカイエカという種類になります。ヒトスジシマカより一回り大きく、動きが遅いですが夜中に室内に侵入し吸血します。夜に蚊の羽音が聞こえる場合はだいたいがアカイエカが室内に侵入してきています。日本人はイエカ属に対する耐性があまりなく、刺されると凄まじいかゆみと長期間の腫れを生じます。1km以上の遠くからやってくることもあり、家の周辺で発生しているわけでは無いのでハーブで虫除けする事による効果が最も出やすいと思われます。

ベランダで虫除け

hanshair.1さんの投稿
38268663 2073504222911864 562203118738079744 n

まずはベランダの虫除けハーブからご紹介します。虫除け効果のある植物の多くは寒さに弱く、冬には室内に取り込む必要があるので庭植えには向いていません。しかしながらベランダであれば簡単に取り込めるので安心です。虫除け効果が期待出来るだけでなく、ガーデニング用に品種改良されたものなどもあるのでベランダを彩る助けになってくれます。

ベランダから入ってくる虫は多い

cumi0303さんの投稿
10817739 595698403864080 277322861 n

窓を閉めたつもりでもかすかに開いていたり、もしくは一度でも開けたりすると虫は侵入してきます。けれどベランダに植物があれば、二酸化炭素を吸ってくれるので蚊の集合を防げるうえに虫除けハーブであればなおさら虫の侵入を防ぐことが出来ます。ゴキブリ、ハエ、蚊などに効果があるとされるものが多いので期待できると思います。

ベランダの虫除けハーブ:シトロネラゼラニウム

kanakonaomiさんの投稿
19120407 1034417183357373 3442002115457712128 n

シトロネラゼラニウムは乾燥に強く、ベランダでも栽培しやすいのが特徴です。逆に多湿に弱いので日本の環境ではあまり庭植えには向いていません。シトロネラールという柑橘系の成分が蚊を寄せ付けない効果をもっていると言われています。

土作りが大事

kuniko.oshimaさんの投稿
18300112 609668525898857 2392984000114196480 n

ゼラニウムの仲間は土が水をため込みすぎると枯れてしまうので、粒状のものを多く入れて土を作ります。ガーデニング売り場でよくみられるゼオライトや、最近ガーデニングで有名になってきた麦飯石の砂利を混ぜると水はけが改善され、ついでにミネラル供給もできます。麦飯石はミネラルが豊富なので庭の土に混ぜても良い効果が期待出来ます。

ベランダの虫除けハーブ:ローズゼラニウム

hashikabe222さんの投稿
37979634 1763224910465155 5729602921096544256 n

ローズゼラニウムは蚊逃草の商品名で販売されていることもあり、虫除け効果のあるハーブとして認知されています。バラの香りがあり、優しい良い香りの品種です。シトロネラゼラニウムと同様にシトロネラールという成分を出していると言われています。

水やりは控えめに

sakura55239さんの投稿
37048905 750912595299964 7727508066656059392 n

昔からガーデニングでは有名なローズゼラニウムですが、かなり乾燥を好むので土が乾いてから水をやります。一番よいのは、水はけの良い砂利主体の土で朝に水をやり夜にはすでに乾いているくらいがベストです。つまり、一日の内ぬれている時と乾いている時を作るのですが、なかなか難しいので普通の土の場合は乾いてからあげるというのを徹底すれば問題ありません。しかし夏は毎日水をやらないと間に合わない場合があります。

ベランダの虫除けハーブ:蚊蓮草

manekineko929さんの投稿
35291880 221787618550711 678832006473187328 n

ゼラニウムと近い仲間で、シトロネラゼラニウムとゼラニウムの交配種だとも言われますが、詳しいことはわかりません。シトロネラールの分泌量が多く、蚊を寄せ付けないためホームセンターのガーデニング売り場でもよく販売されています。センテッドゼラニウムが蚊蓮草として販売されている事もあるそうなので、複数種の総称なのかも知れません。

ゼラニウム系の寄せ植え

hana_mimi_chanさんの投稿
19931916 1337454609704746 7896620784733388800 n

ゼラニウム系の植物はそれぞれ色の異なる花を咲かせるので、沢山の種類を集めると面白いと思います。ただ、根が詰まると途端に弱る性質があるので大きい植木鉢で寄せ植えすると良いでしょう。蚊蓮草は根の発達が早いので端の方に植えた方が良いかも知れません。

ベランダの虫除けハーブ:シトロネラグラス

ham_alohaさんの投稿
37869712 1873837296031424 8930303375749152768 n

多くのサイトでシトロネラゼラニウムとシトロネラグラスが混同されていますが、シトロネラオイルの原料になるのはこのシトロネラグラスで、和名をコウスイガヤと呼びます。半耐寒性多年草なので寒さには弱いのですが、関東の場合南向きの日の当たるベランダであれば室内に取り込まなくても冬を越すことができます。

イネ科のハーブ

asco5さんの投稿
38420695 270242783774723 8463558787087728640 n

イネ科ですが美味しくないので家畜も食べません。有名どころでいえばレモングラスと非常に近い種類なのでレモングラスとほとんど同じように栽培する事ができます。ただレモングラスも沢山の系統があり、シトロネラグラスがレモングラスの名前で販売されている場合があるので注意が必要です。

庭の虫除けハーブ:蚊寄らず

botanical_garden01さんの投稿
35432830 1752504874826885 737020575586713600 n

蚊寄らずの名前で販売されているニガヨモギは、虫除け対策によく使われるハーブで、ワームウッドやサザンウッドなどとも呼ばれます。食用にはあまりされず、葉を乾燥させて虫除けにするなどの利用も可能です。

種からの栽培も可能

808loungeさんの投稿
30593269 376432112874194 2856685608741371904 n

ワームウッドの名前でガーデニングショップを探すと苗だけでなく種も手に入ります。蒔き方は簡単で、土にパラ蒔きするだけで良いのですが心配な方は軽く土をかけても良いでしょう。キク科ヨモギ属なので寄せ植えには向きません。

庭の虫除けハーブ:ペニーロイヤルミント

hilltop.herbsさんの投稿
20394136 1974231522799134 771767118709391360 n

アリ、ノミ、カメムシに対して虫除け効果を発揮するとされています。和名はメグサハッカで薬草にもされますが、精油の成分が中毒を起こす場合があり食用にはあまりされません。堕胎用の薬としても利用されていたので女性は注意が必要です。簡単に栽培でき簡単に増えます。

庭の侵略者

yasuyo.amさんの投稿
14533526 1823645161212529 1187202834051891200 n

ペニーロイヤルミントは極めて繁殖力が強く庭を占領してしまうほどに繁茂します。虫が近寄らないのは良いのですが、植え場所には注意する必要があります。繁茂しすぎた場合は乾燥させてポプリなどにして香りを楽しむのが良いでしょう。

庭の虫除けハーブ:サントリナ

hanaikukanonさんの投稿
31822643 438490623242833 1357764983332536320 n

サントリナはワタスギギクという和名があり、コットンラベンダーの名前でも知られています。虫除けになるということから悪を遠ざけるという花言葉もあるようです。デイジーに近い仲間なのでキク科の中でも寄せ植えに適している珍しい種類です。

蒸れに弱い

kaiun44さんの投稿
38169877 290487528200902 5952758886241927168 n

蒸れに弱いので水の溜まるところには植えずに、畑のように畝を作って植えると良いでしょう。鉢植えの場合は砂利など粒状のものを多く混ぜ込んだ土を使用して下さい。ガーデニングショップで販売されているゴールデン粒状培養土などもオススメです。

その他の虫除けハーブ

ogakenokazakiさんの投稿
38711971 1071580546334833 6534900802241167360 n

寒さに弱く多くの地で栽培出来るとは限りませんが、ニームという植物は蚊のみならずゴキブリやコガネムシなども忌避する効果があると言われています。暖かい地域で栽培するならば庭に植えても良いかも知れません。次にモスキートブロッカーと呼ばれるフトモモ科の植物もありますが、これも寒い地域での栽培には向きません。これらの強力な虫除けハーブは暖かい地域でしか栽培しづらいようです。他にもローズマリーやハッカなどが虫除けになると言われています。

ローズマリー

monkicinaさんの投稿
38443958 2066262883688417 3803681109590409216 n

ローズマリーは料理によく使われるハーブで、葉が大きく1メートル以上に成長する種類から、ブルーボーイのように小型なタイプまで存在します。虫除け効果はアブラムシに対して発揮されると言われておりますが、果実が出来た際には、よく種子にアブラムシがついています。しかし、噂どおりローズマリーの近くにはアブラムシが近寄りにくいので、ローズマリーの虫除け効果には一考の余地があるかも知れません。

ハッカ

aicya0101さんの投稿
36149207 634322420257008 3719949944765808640 n

ハッカも虫除けになると言われているものの一つです。日本で流通しているハッカは大きくわけて3系統あります。まず一つは北海道で主流のホクトと呼ばれている品種で、純粋なハッカではなくブラックミントなどとの雑種です。成分の濃さでは無く単純にサイズアップによる収量の増加を実現しました。次に赤丸と呼ばれる北海道ハッカの原点である野生選抜種です。成分が濃いですが暑さに弱いのが欠点です。そして最後に希少ですが岡山ハッカが存在します博美という品種は純粋な日本ハッカですが暑さに強く優秀です。

寄せ植えの仕方

fossette124さんの投稿
35156157 266765893885631 2938033483328520192 n

植物を寄せ植えする場合にはある程度の配慮が必要になります。植物の中にはアレロパシー植物と呼ばれるものがあり、他の植物を枯らす毒を根から分泌します。例えばアレロパシー植物であるワサビは畑で栽培すると自らの毒で根茎が小さくなりますが、毒が流れていく川で栽培すると根茎が太ります。ワサビはアブラナ科ですがキク科の植物もアレロパシー植物が多いので、そういった種類は寄せ植えの時に端に植えるか、1段下がった場所に植えると良いでしょう。

高さも考える

i_my_me22さんの投稿
36851722 893327420868520 3607050119435780096 n

直立する植物を奥に植えて、匍匐する植物を手前に植えるなどすると良いでしょう。高さの関係が上手くいかないと植物間の優劣ができてしまい枯れる場合があります。もっとも、レイアウトは人それぞれなのでセンス大事になりますが、基本は奥もしくは中心を高く作り、手前と周辺を低く作ります。

水やりで解決?

marufukufarmさんの投稿
33470059 2073364149572930 3177469637973508096 n

アレロパシー物質は水で流れていくので、植木鉢の場合は水やりの時に下から水が流れ出るくらいにしっかりと水をやることによってかなり緩和されます。さらに土の中の空気の入れ換えにもなるので、水やりの時には出来るだけしっかりと水をやると良いでしょう。

まとめ

bake__manさんの投稿
28765764 595682077434270 7704082898411847680 n

虫除けになる植物は沢山ありますが、その価値は一長一短で、強力な虫除け効果を発揮するものからある程度の虫除けにしかならないものもあります。しかし、栽培のしやすさや自分の住んでいる土地の気候などを考えると、どういったものを育てれば良いかわかってきます。寄せ植えはアレロパシーの配慮がいりますが、上手くバランスを整えカラフルに咲いた寄せ植えを見ると誰もが感動するでしょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ