Twitter
Facebook
LINE

ゲーリーヤマモトの新作&人気おすすめワーム15選!バスアングラー必見!

マッキー

ゲーリーヤマモトの新作&人気おすすめワーム15選!バスアングラー必見!

マッキー

ゲーリーヤマモトには多くのワームがラインナップされています。ラインナップされたワームには新作から定番まですべてのワームが良く釣れますね。秘密はマテリアルにあります。その中でも特におすすめのゲーリーヤマモトのワームを新作も定番も含めてランキング形式で紹介します。



ゲーリーヤマモトとは

ワームといえばゲーリーヤマモト

「ゲーリーヤマモト」とは日本でもっとも有名なバス釣りメーカーの1つです。高比重のワームマテリアルはノーシンカーなどの使用でもストレスなくキャストすることができ、魚が食いついてもはなしにくいマテリアルになっています。このマテリアルが「ゲーリーヤマモト」が釣れるワームを産み出し続けている秘密です。またカラーの種類の多さには驚くべきものがあるので、きっと自分好みのカラーが見つかります。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング15位

3.75”YAMAFROG (3.75”ヤマフロッグ)

GaryYamamoto/ゲーリーヤマモト YAMA FROG/ヤマフロッグ 978 ブラックチェリーラミネート 5本入

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「3.75”YAMAFROG (3.75”ヤマフロッグ)」は、ゲーリーヤマモトの中でも新作のワームです。通常のフロッグに抵抗があるアングラーにおすすめのワームです。オフセットで使用することができ、ゲーリーマテリアルなので沈みますが、ノンソルトなのでハリ持ちがよくフロッグよりも低価格なのでガンガン攻めていけるワームです。

3.75”YAMAFROG (3.75”ヤマフロッグ)のおすすめカラーと使い方



おすすめカラーは「929 グリーンパンプキン(ソリッド)/レモン(ソリッド)ラミネート」でツートンカラーが特徴です。ノーシンカーでは通常のフロッグとは違い沈んでしまうので、フロッグとして使用するのではなく、テキサスリグやラバージグのトレーラーとして使用するのがおすすめです。扁平なボディでフッキングがしっかり決まります。

3.75”YAMAFROG (3.75”ヤマフロッグ)のインプレ

動きに関するインプレにテキサスで使用すると良いアクションが出るとあり、釣果のインプレには50アップも釣れたとの報告もありました。



ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング14位

5"CALIFORNIA ROLL (5"カリフォルニアロール)

【ワーム】 ゲーリーヤマモト カリフォルニアロール 5インチ 341 ダークブラウンブルーギル 【ブラックバス用】

出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「カリフォルニアロール」はゲーリーヤマモトがネコリグ用に設計した、テールが特徴の新作ワームです。サイズは5インチで、ボディの大きさもありますがフィンのようなテールがしっかりと水を押すのでバスに対してしっかりとしたアピールが可能です。マッディウォーターやアピールを強くしたいときなどに有効になります。

5"CALIFORNIA ROLL (5"カリフォルニアロール)のおすすめカラーと使い方

「5"CALIFORNIA ROLL (5"カリフォルニアロール)」でおすすめのカラーは、341/000N ダークブラウンブルーギル/クリスタルクリアー(ノンソルティ)ラミネートです。このツートンカラーは半分がソルト入りで半分がノンソルトになっていることで他のカラーとは少し違った動きが出ます。もちろんpすすめの使い方はネコリグです。

5"CALIFORNIA ROLL (5"カリフォルニアロール)のインプレ

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング13位

5"Sanshouo (5"サンショウウオ)

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) サンショウウオ 5インチ #297 グリーンパンプキン×ブラックフレーク J133-06-297【あす楽対応】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「5"Sanshouo (5"サンショウウオ)」はゲーリーヤマモトの中でも新作に入るワームで、本物のサンショウウオのようなアクションが特徴のワームです。今までのバス釣りにはなかったアクションをすることが可能なので、他のワームでは釣れないときなどに効果的な釣りになります。

5"Sanshouo (5"サンショウウオ)のおすすめカラーと使い方

新作の「5"Sanshouo (5"サンショウウオ)」でおすすめのカラーは、962 オキチョビクローです。962 オキチョビクローはツートンカラーでブラックとグリーンパンプキン系のカラーで構成されているので、ナチュラルでいてシルエットがはっきり出るので使いやすいカラーです。おすすめの使い方は、ダウンショットや直リグが使いやすく「5"Sanshouo (5"サンショウウオ)」のアクションをいかすことができます。

5"Sanshouo (5"サンショウウオ)のインプレ

「5"Sanshouo (5"サンショウウオ)」に関するインプレでは、テキサスリグやトレーラーで使用していることが多いようです。また、フリーリグなどでブルーギルを捕食しているパターンなどにも使用していますね。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング12位

3"Shrimp (3"シュリンプ)

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 3インチシュリンプ#297

出典: Amazon
出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「3"Shrimp (3"シュリンプ)」はゲーリーヤマモトのワームの中でもバックスライドとして使用するときの最終手段と言っても過言ではないでしょう。小さなサイズながらも高比重のマテリアルでしっかりとロングキャストが出来るので、スレているバスに効果的です。どんなリグにも使いやすいので、タックルボックスに入れておきたいワームです。

3"Shrimp (3"シュリンプ)のおすすめカラーと使い方

「3"Shrimp (3"シュリンプ)」のカラーの種類は13色と豊富です。おすすめのカラーは305 ベビーバス/レインボー&ゴールド&ブラックフレークです。ナチュラルなようなカラーですがラメがしっかりとアピールもしてくれるので、クリアウォーターとマッディウォーターまで対応可能です。もちろん、バックスライドで使用するのがおすすめです。

3"Shrimp (3"シュリンプ)のインプレ

インプレでは「3"Shrimp (3"シュリンプ)」は高比重マテリアルのおかげでノーシンカーでも投げやすく、スモラバのトレーラーにも使いやすいとありました。
一番多かったインプレでは、とにかく釣れるとありました。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング11位

3.5"KUT TAIL WORM (3.5"カットテールワーム)

3.5インチカットテールワーム#002

出典: Amazon
出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「3.5"KUT TAIL WORM (3.5"カットテールワーム)」はゲーリーヤマモトの中でももっとも人気のあるワームの1つです。サイズは3.5インチのカットテールは小さくても高比重のマテリアルでノーシンカーでも使いやすく、どんなリグにも相性ばっちりです。豊富なカラーがあるのも人気がある理由です。
 

3.5"KUT TAIL WORM (3.5"カットテールワーム)のおすすめカラーと使い方

「3.5"KUT TAIL WORM (3.5"カットテールワーム)」にはなんと、42種類ものカラーラインナップがあります。その中でもおすすめのカラーは、241 シナモン(ソリッド)です。フレークの入ったカラーが多い今、ソリッドカラーの弱さとナチュラルさはバスに警戒心を与えずにアプローチすることが可能です。使い方は高比重の特徴を生かしたノーシンカーがおすすめです。

3.5"KUT TAIL WORM (3.5"カットテールワーム)のインプレ

バス釣りでこのワームを使って釣れなかったら魚はいないんじゃないかというインプレや、タフなフィールドでもどこでも釣れる。手ごろな価格でどこでも入手しやすいと言ったインプレが多いですね。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング10位

2"YAMASENKO (2"ヤマセンコー)

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ルアー ヤマセンコー 2インチ A-10-194J

出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「2"YAMASENKO (2"ヤマセンコー)」はまさに最終兵器。2インチのサイズ感とゲーリーマテリアルによるアクションと操作感は、新作のワームが発売されてもいまだ釣れ続けています。このワームで魚が釣れなかったらバスは居ないんじゃないかと思うほどの圧倒的な存在感で人気です。

2"YAMASENKO (2"ヤマセンコー)のおすすめカラーと使い方

バス釣りで大人気の「2"YAMASENKO (2"ヤマセンコー)」のカラーは22種類あり、その中でもおすすめは229 ホットピンク(バブルガムカラー)です。ボディが小さいので目立たせたいのと、意外とクリアウォーターでもマッディウォーターでも活躍できるカラーです。使い方は、ノーシンカーワッキーがおすすめです。

2"YAMASENKO (2"ヤマセンコー)のインプレ

インプレではエサのように釣れる。サイズの割によく飛び使いやすいなど、とにかく釣れると言ったものが多いです。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング9位

5"PRO-SENKO (5"プロセンコー)

5インチ プロセンコー #341(ダークブラウンブルーギル)

出典: Amazon
出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「5"PRO-SENKO (5"プロセンコー)」は、通常のヤマセンコーとは違いテールが細くなってるのが特徴です。細くなっている分、アングラーによるアクションが伝わりやすくしっかりとアクションしてくれます。また、高比重で5インチのサイズがあるので、ベイトタックルでもスピニングタックルでも扱いやすい人気ワームです。

5"PRO-SENKO (5"プロセンコー)のおすすめカラーと使い方

「5"PRO-SENKO (5"プロセンコー)」のカラーは35種類あり、自分の好みを探すことができますね。おすすめカラーは343/000N ウォーターメロンブルーギル/クリスタルクリアー(ノンソルティ)ラミネートで、ソルト入りとノンソルティが半分ずつになっているのが特徴です。おすすめの使い方は、ジグヘッドワッキーでのフォーリングです。

5"PRO-SENKO (5"プロセンコー)のインプレ

5"PRO-SENKO (5"プロセンコー)は、カラーが豊富でとにかく釣れるとのインプレが多く、ピロピロとしたアクションがお気に入りでネコリグで使用するのが最高とあります。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング8位

DETRATOR (ディトレーター)

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) DETRATOR(ディトレーター) 363 GRパンプキン×BK×スモールBKフレーク 2.4インチ

出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「DETRATOR (ディトレーター)」は青木大介氏がスモラバのトレーラーとしてよく使用するワームです。無駄なパーツを省いた、必要最小限のパーツが適度にアピールします。ハイプレッシャーレイクにおいてもその威力を感じることの出来るワームです。バス釣りにおいて欠かすことの出来なくなったスモラバのトレーラーに人気のワームです。

DETRATOR (ディトレーター)のおすすめカラーと使い方

「DETRATOR (ディトレーター)」には全部で17種類のカラーがあります。その中でもおすすめしたいカラーは379/000N ライトグリーンパンプキン/パープル&グリーンフレーク/クリスタルクリアー(ノンソルティ)ラミネートです。グリパンによくあるブルーフレークでなくパープルとグリーンフレークを使用しているので、少し人とは違うアピールが出来ます。使い方はスモラバのトレーラーで決まりですね。

DETRATOR (ディトレーター)のインプレ

DETRATOR (ディトレーター)はシェイクでもフォールでも食わせることができ、スモラバとの相性がとてもいいです。ゲーリーヤマモト製品全体に言えますがとにかく釣れます。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング7位

Mokory Craw(モコリークロー)

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) モコリークロー#169

出典: Amazon
出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「Mokory Craw(モコリークロー)」は二年連続でJBワールドチャンピオンになった小森プロがプロデュースしたワームです。ニホンザリガニに似せたフォルムはベイトフィネスでも楽々キャストすることが可能です。ボリュームはありますが、サイズがそこまで大きくなくプレッシャーがかかっているバスに対しても効果的です。FECOバージョンも発売しているので、トーナメントでも使うことができます。

Mokory Craw(モコリークロー)のおすすめカラーと使い方

「Mokory Craw(モコリークロー)」は12種類のカラーが用意されています。小さいながらもボリュームがあるワームなので、カラーは水色に合わせてセレクトするのがおすすめです。特に343 ウォーターメロンブルーギルはどんな状況でも対応できるので、抑えておきたいカラーです。使い方はテキサスリグや直リグなどがおすすめです。

Mokory Craw(モコリークロー)のインプレ

見た目以上に重量があるので、キャストしやすくすり抜けが良く使いやすい。値段が高いことがネックと言ったインプレも多かったです。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング6位

4"GRUB (4"グラブ)

4インチ シングルテールグラブ 343(ウォーターメロンブルーギル)

出典: Amazon
出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「4"GRUB (4"グラブ)」はゲーリーヤマモトだけでなくすべてのワームの基本となるワームといっても過言ではないでしょう。何十年も釣れ続ける「4"GRUB (4"グラブ)」はテールをちぎって使用するイモグラブとしても有名です。4インチのサイズですがテールが入るので、思ったよりも大きくなく釣りやすいサイズです。ゲーリーヤマモトの中でも最も人気のあるワームの1つです。

4"GRUB (4"グラブ)のおすすめカラーと使い方

「4"GRUB (4"グラブ)」になんと104種類のカラーがあり、必ず自分好みのカラーが見つかります。その中でおすすめを1つだけ選ぶことは難しいのですが、強いて言うなら135 スモーク/シルバーフレークがおすすめです。テールが動くときにテロテロとしたアクションがベイトフィッシュのように見えます。シルバーフレークが適度に光るので濁っている状況でも効きます。使い方は、グラビンバズでの使用がおすすめです。

4"GRUB (4"グラブ)のインプレ

「4"GRUB (4"グラブ)」はどこでも購入することができ、どんなリグでも使用しやすく、豊富なカラーが魅力といったインプレが山のようにあります。バズベイトのように使えることも良いですね。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング5位

4"Shrimp (4"シュリンプ)

4インチ シュリンプ 344(シナモンブルーシャッド)

出典: Amazon
出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「4"Shrimp (4"シュリンプ)」はゲーリーヤマモトの中でもバックスライドの基本となるワームです。3インチのサイズのものより、重量・サイズともに大きくなるためベイトタックルで扱いやすいです。余計なパーツがないのですり抜け性能も高く甲殻類をイミテートした人気のクロー系ワームです。

4"Shrimp (4"シュリンプ)のおすすめカラーと使い方

「4"Shrimp (4"シュリンプ)」のカラーは全部で13種類あります。この中でおすすめのカラーは194 ウォーターメロンペッパーです。今ではグリーンパンプキンが人気がありますが、ザリガニの血の色は空気に触れると青紫色になるので、ウォーターメロンが釣れる確率が上がります。使い方は、もちろんノーシンカーのバックスライドがおすすめです。

「4"Shrimp (4"シュリンプ)」のインプレ

「4"Shrimp (4"シュリンプ)」は見た目もアクションも良くバスがたくさん釣れます。高比重で扱いやすく、脆いのが難点です。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング4位

3"YAMASENKO (3"ヤマセンコー)

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ルアー ヤマセンコー 3インチ 9B-10-301

出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「3"YAMASENKO (3"ヤマセンコー)」はヤマセンコーの中でも一番使いやすいサイズで、もっとも多くの場面で活躍が期待できるワームです。ノーシンカーでのフォールやエスケープダートアクションなどが魅力のワームです。サイズは3インチですが、ゲーリーヤマモトのマテリアルは高比重なので、飛距離の心配もいらない万能で人気のワームです。

3"YAMASENKO (3"ヤマセンコー)のおすすめカラーと使い方

「3"YAMASENKO (3"ヤマセンコー)」のカラーの種類は28種類あります。おすすめのカラーは341/000N ダークブラウンブルーギル/クリスタルクリアー(ノンソルティ)ラミネートです。ツートンカラーでソルト入りとノンソルティなので、通常のカラーとはフォールスピードが異なります。おすすめの使い方はワッキーリグです。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング3位

2.5"LEG WORM (2.5"レッグワーム)

GaryYAMAMOTO/ゲーリーヤマモト LEG WORM/レッグワーム 2.5inch 342 CINNAMON RED/SHRIMP 10本入

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの「2.5"LEG WORM (2.5"レッグワーム)」は、テールが水をかき回すシャッドテールワームです。テールが水をかき回すことで水の中での存在感をバスにアピールし、見つけた時には小さなボディがバイトに持ち込みやすい秘訣です。どんなフィールドでも使いやすく人気のワームです。

2.5"LEG WORM (2.5"レッグワーム)のおすすめカラーと使い方

「2.5"LEG WORM (2.5"レッグワーム)」には48種類のカラーがあります。その中でもおすすめなのが、363 グリーンパンプキン/ブラック&スモールブルーフレークです。ナチュラルなカラーでありながら、ブルフレークが水中で目立つことでバスから発見されやすく釣りやすいカラーです。使い方は、ダウンショットリグがおすすめです。

2.5"LEG WORM (2.5"レッグワーム)のインプレ

「2.5"LEG WORM (2.5"レッグワーム)」は小さくても飛距離が意外とでるの使いやすい。小さくてもしっかりとテールがアピールしてくれるので、バスに気づかせやすいなどのインプレが多いです。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング2位

HEART TAIL (ハートテイル)

10feet under Gary Ymamoto/ゲーリーヤマモト HEART TAIL/ハートテール  297N/297 5本入

出典: Amazon

ゲーリーヤマモトが満を時して発売した新作ワームは見た目にもかわいらしい「HEART TAIL (ハートテイル)」です。新作ワームですが、すでに人気と認知度は相当高く、各所で好釣果が聞くことができます。ボディの上半分にはノンソルトのマテリアルよボディの下半分にはソルト入りのマテリアルを使用することでスイム姿勢の安定につながっています。スイムベイトの釣りには欠かすことの出来ないワームです。

HEART TAIL (ハートテイル)のおすすめカラーと使い方

新作ワームの「HEART TAIL (ハートテイル)」には、全部で13種類のカラーがラインナップされています。おすすめのカラーは344N/000 シナモンブルーシャッド(ノンソルティ)/クリアーラミネートです。このカラーはナチュラルカラーですがハートテイルの強い水押しがバスにしっかりとアピールするので、バスに発見されたとき違和感のないカラーがおすすめです。使い方は、テキサスリグがおすすめで攻めたいレンジによってウエイトを変更してください。

HEART TAIL (ハートテイル)のインプレ

投げて巻くだけでバイトが多く飽きない釣りができると言ったインプレやチョイスが多く集魚力が高いと言ったインプレが多く見受けられました。

ゲーリーヤマモトおすすめワームランキング1位

4"KUT TAIL WORM (4"カットテールワーム)

ゲーリーヤマモト 4インチ カットテールワーム 297(グリーンパンプキン/ブラックフレーク)

出典: Amazon
出典: Amazon

ゲーリーヤマモトの不動の一位は「4"KUT TAIL WORM (4"カットテールワーム)」です。どのランキングでも一位を取っているのではないかと思うくらい知らない人はいないワームです。比重、マテリアル、フォルム、どれをとってもパーフェクト。リグによってはベイトフィッシュにも甲殻類にもなる万能ワームです。使ったことがない人はとにかく使ってみて欲しいです。

4"KUT TAIL WORM (4"カットテールワーム)のおすすめカラーと使い方

ゲーリーヤマモトの「4"KUT TAIL WORM (4"カットテールワーム)」には70種類ものカラーラインナップがあります。おすすめのカラーは401 上りワカサギです。このワームに関してはどんなカラーでも釣れますが、適度にナチュラルな401 上りワカサギは一度試してほしいカラーです。使い方はネコリグがおすすめです。

4"KUT TAIL WORM (4"カットテールワーム)のインプレ

「4"KUT TAIL WORM (4"カットテールワーム)」は、とにかくインプレが豊富で人気の高さがうかがえます。その中でも、高比重でキャストがしやすくよく飛ぶと言ったことや、どこでも購入出来るのによく釣れると言ったインプレがすごく多いです。

まとめ

出典: http://www.gary-yamamoto.com/products/gary/senko2.html

ゲーリーヤマモトは日本のバス釣りに置いて欠かすことの出来ないブランドになりました。新作ワームから定番のカットテールや4インチグラブなど、バス釣りを始めた初心者から上級者まで数多くのアングラーに愛されています。使用したことのないアングラーは一度使用して人気の秘密を調べてみてはいかがでしょうか。

Movie動画記事

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...

夫婦2人でジムニー車中泊って狭い?実際にやってみた結果…ヤバかった【毎日キャンプ生活26日目】

大人気のスズキの自動車「ジムニー」は、キャンパーに大人気ですよね!ソロでよく使われていますが、やはり軽自動車ですので「2人での車中泊は無理なんじゃないか?」と思ったのですが、ものは試しでやってみました...

激闘カンパチ!ショアドリームをその手に掴む。【島日記9】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...

初心者から始める「毎日キャンプ生活」22~28日目!

今週は「最小ギアで炭火焼肉をする実験」をしたり、初めて「ジムニー内で夫婦で車中泊」をしてみたり、まだまだ毎日新しいことを学べた一週間でした! 引き続き楽しく続けていきます! 前回の動画はこちら! h...