【2018】コールマンの人気おすすめテント15選!選び方含めてご紹介!のイメージ

【2018】コールマンの人気おすすめテント15選!選び方含めてご紹介!

キャンプで大活躍するおすすめ、定番、2018年度版、最新のコールマンのテントを紹介します。コールマンテントの人気の定番ドームタイプ、流行のワンポールタイプ、そして個性派テントなど、おすすめテントを選び方などを中心に紹介していきます。

2020年06月07日更新

sakuraryosukec34
sakuraryosukec34
キャンプなどのアウトドアのギア関連が得意分野になります。商品の特徴や使い方を紹介します。参考にしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. コールマンとは
  2. コールマンテントの特徴
  3. コールマンテントの選び方
  4. コールマンの人気おすすめテント15選①
  5. コールマンの人気おすすめテント15選②
  6. コールマンの人気おすすめテント15選③
  7. コールマンの人気おすすめテント15選④
  8. コールマンの人気おすすめテント15選⑤
  9. コールマンの人気おすすめテント15選⑥
  10. コールマンの人気おすすめテント15選⑦
  11. コールマンの人気おすすめテント15選⑧
  12. コールマンの人気おすすめテント15選⑨
  13. コールマンの人気おすすめテント15選⑩
  14. コールマンの人気おすすめテント15選⑪
  15. コールマンの人気おすすめテント15選⑫
  16. コールマンの人気おすすめテント15選⑬
  17. コールマンの人気おすすめテント15選⑭
  18. コールマンの人気おすすめテント15選⑮
  19. まとめ

コールマンとは

アウトドアブランドといえばコールマンというほど、日本ではメジャーとなっているコールマンです。種類やデザインの豊富さ、品揃えも十分揃っています。キャンプに必要な機能が考えられていていることから、多くの人に愛用されています。

コールマンテントについて

キャンプ場で見かける初心者やファミリーキャンパーは、半分近くがコールマンのテントを使っているという印象を受けます。それだけ、コールマンの知名度が一番高く、信頼のおけるブランドである証明かもしれません。

コールマンテントの特徴

コールマンテントの特徴は、とても正統派なテントであることです。しっかりした機能性、豊富なラインナップ、求めやすい価格などを持つことも、コールマンの特徴と言えます。日本で約40年以上使われ続けてきたキャンプ用品としての実績と、キャンパーに信頼されているその品質は保障つきです。

コールマンテントの傾向

コールマンは、スタイルに合わせてたくさんの品揃えをしています。初心者からベテランキャンパーまで、いろんなアウトドアシーンに合わせたテントを用意しています。

コールマンテントの選び方

選び方:キャンプスタイル

コールマンのテントは、使用目的別に各シリーズが分かれています。それぞれの特徴が分かると自分のスタイルに合った、自分好みのテントの選び方が分かってきます。

コールマンテント:タフシリーズ

最も人気の高く、キャンプテントに必要な機能や耐久性を持っていて、広い快適空間を保有するスタンダードモデルが「タフシリーズ」です。タフシリーズは、春夏シーズンに適していて、初心者やファミリーにおすすめです。設営も簡単で、価格も比較的手頃な価格も魅力の一つです。スクリーンタープとの連結もできます。これから、本格的にキャンプを始めたい初心者やファミリーにおすすめです。

コールマンテント:ウェザーマスターシリーズ

最高クラスの仕様を搭載するテントシリーズです。耐水圧、換気性も高い仕様で、夏の暑い時期、冬の寒い時期でも対応できるような仕様になっています。初心者にはオーバースペックと価格の高さがネックになるので、ある程度キャンプに慣れているベテランキャンパーでハイスペックなものを手に入れたい人や、暑くても寒くても、いつでもキャンプに出掛ける人に特におすすめです。

コールマンテント:コンパクトシリーズ

ツーリングやソロキャンプなどにおすすめなのが「コンパクトシリーズ」です。軽量、コンパクトで便利さが特徴です。見た目は、コンパクトでも居住性の良さも特徴です。1人でも設営が簡単にできるので、ツーリングや登山などに役に立ちます。

コールマンテント:アメリカンヴィンテージシリーズ

おしゃれで個性的なデザインを求めるなら「アメリカンヴィテージシリーズ」がおすすめです。1970年代の復刻版で、かわいい感じのレトロなイメージがするテントです。ルックスだけでなく通気性の良さなど機能も充実しています。ロッジ型で壁の角度が垂直に近い感じで立っているため、テントの中は広々しているところが魅力です。メッシュ素材の窓から光も取り込むことができて、キャンプ場でもリビングにいるようにリラックスしてくつろぐことができます。オリジナリティあふれるカラーリングやノスタルジックなデザインがかっこいいテントです。

選び方:快適空間

コールマンのテントはどのタイプも居住性が考えられていて、テント内を快適な空間になるように、さらに高い居住性を求めていて、広さだけでなく高さにも着目しています。高さのあるテントであれば、テント内で立って服を着替えることができるのでとても便利です。テント内の高さが約1,700mm以上あれば大人の人でも立ったままで、快適な空間で作業ができます。テントの大きさは、何人用と表記されていますのでそれを基準にして選べば大丈夫です。一つの選び方として、4人用なら約2,700×2,700mmを目安してください。

選び方:耐久性

次に、耐久性も選び方の一つです。コールマンの全てのテントが耐水圧1,500mm以上の仕様になっています。なかには、耐水圧2,000mm以上の仕様のテントもあります。但し、梅雨時や冬の寒い時期にキャンプに行かなければ、耐水圧は1,500mmあれば十分役に立ちます。耐水圧の仕様が高いものほど良いと思われていますが、高ければ良いというわけではありません。確かに、耐水圧が高かければ、激しい雨でも浸水の心配も少なく、寒さも十分防いでくれます。しかし、その分通気性は、かなり落ちるため結露の原因になったり、夏は蒸し暑くて大変なことになります。しかも高機能であればあるほど価格も高くなってしまうのです。

選び方:設営が簡単

設営が難しいのか、簡単なのかそれも選び方の基準になります。設営が簡単にできることをそのテントの売りにしているところが多数あります。中でも設営が簡単と言われているのは、ドーム型とワンポールテントです。2ルームテントは経験や慣れていないとなかなか設営が難しいのですが、1人でも設営可能なアシスト機能付きのタイプなどが揃っています。基本的に、ロッジ型は2人以上でないと設営すること自体が難しいので、経験豊富なキャンパーやどうしてもこのデザインにこだわりたい人向きです。

コールマンの人気おすすめテント15選①

コールマン テント タフワイドドーム4/300 [4~6人用] 2000017860

コールマン テント タフワイドドーム4/300 [4~6人用] 2000017860
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

サークルベンチレーション搭載の移住性抜群のタフワイドドームテントです。広い居住空間がテントの中の快適性をアップしています。より簡単な取付が可能になった新型ポールフックを採用し、ジッパー位置に迷わない2ラインジッパーを採用しています。

おすすめポイント:メッシュ

テント内部下部のメッシュより新鮮な外気を取り入れ、内部の温まった空気を天井部のメッシュから排出します。蒸し暑い日本の夏でも快適に過ごせます。テントの上部を広く押し上げる構造で、高さと広さを両立して実現しています。約1,850mmの天井高は、大人もかがむ必要がなく、立ったままで着替ることができます。

コールマンの人気おすすめテント15選②

Coleman(コールマン) タフスクリーン2ルームハウス(バーガンディ) 2000032598

Coleman(コールマン) タフスクリーン2ルームハウス (バーガンディ)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

たてやすく簡単でワイドなリビングスペースを備えた安心タフコンセプト2ルームテントです。ポールをしっかり固定するアシストクリップで1人でも簡単に設営することもできます。フルクローズ時も通気が可能です。上下の通気口によって室内の空気を巡回し快適に過ごせます。

おすすめポイント:テント+スクリーンタープ

これを購入するだけで、テント+スクリーンタープのスタイルが作れて経済的です。吊り下げ式インナーテントを取り外せば大きなスクリーンタープ として使用できます。雨天時もインナーテントを濡らさずに設営、撤収ができます。

コールマンの人気おすすめテント15選③

Coleman(コールマン) ラウンドスクリーン2ルームハウス

★エントリーでポイント5倍!Coleman(コールマン) ラウンドスクリーン2ルームハウス 170T14150Jテント タープ キャンプ用テント キャンプ6 アウトドアギア
楽天で詳細を見る

ラウンドスクリーンタープの後面に吊り下げ式インナーテントをドッキングさせたゆとりある居住空間が特徴です。家族がゆっくり寝てのんびりリラックスできるスペースが確保されています。

おすすめポイント:3面オープン可能

キャノピーは3面オープン可能です。トップベンチレーションにより結露を軽減しています。UVPRO素材により紫外線を軽減しています。

コールマンの人気おすすめテント15選④

Coleman(コールマン) テント エクスカーションティピ/325 [3~4人用] 2000031572

Coleman(コールマン) テント エクスカーションティピ/325 [3~4人用] 2000031572
楽天で詳細を見る

開閉時のテント内に雨の侵入を防ぐ前室を備えたシンプル構造のティピー型テントです。広い前室とユニークなシルエットのティピー型テントMサイズになります。インディアンが住んでいるテントのようなエクスカーションティピです。

おしゃれな外観

コンパクトにまとまったおしゃれな外観と、メインポール1本で済む設営の簡単さが魅力です。大人4人だと狭いですが、大人2人と子ども2人の家族連れや大人2人なら自由にできる広さも人気の理由です。

おすすめポイント:珍しい前室付き

非常に珍しい前室付きで、雨でも靴や荷物が濡れないことも好評です。最近人気で注目のデザインで、個性的なものを探している人におすすめです。コスパの良さもおすすめで抜群ですよ。

コールマンの人気おすすめテント15選⑤

Coleman(コールマン) ビラデルマー リバイバル 2000032596

Coleman(コールマン) ビラデルマー リバイバル 2000032596【あす楽対応】
楽天で詳細を見る

70年代に個性派テントとして愛されたビラデルマーを現代に復刻した風合いが良いポリコットンを使用したノスタルジックなテントです。垂直ウォールと、ラージフロアで寝室+リビング空間も作れるゆったりした1ルームスタイルテントです。大きな窓と、高さ約2,400mmの居住空間が特徴です。

おすすめポイント:ノスタルジックなデザイン

ノスタルジックなデザインと現代の素材技術により、快適で贅沢な時間を可能にしています。地中海風デザインのラージメッシュウィンドウで解放感を味わえます。強い雨にも対応できるルーフフライシートは、耐水圧が1,500mmです。

コールマンの人気おすすめテント15選⑥

コールマン テント オアシステント ターコイズ [4~5人用] 2000023118

オアシステント(ターコイズ) 2000023118 キャンプ テント レジャー
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

1970年代の復刻版として発売したオアシステントです。デザインのかわいらしさとさわやかなターコイズブルーが注目の的です。インナーテントがコットン製で、通気性も良く、真夏でも快適に過ごすことができます。

おすすめポイント:半円形の窓

メッシュの半円形の窓を開けると外からの光が差し込んでくるので内部が明るくなります。壁が垂直でテント内が広く、大人が立てる高さがあることもポイントです。テント内部の快適空間は、自宅のリビングのような居住性の高さが特徴です。

コールマンの人気おすすめテント15選⑦

コールマン テント クラシックテント/300 [4~5人用]

クラシックテント/300(ターコイズ) 2000027286 キャンプ テント レジャー
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

個性が光るアメリカンヴィンテージシリーズのロッジタイプです。オーソドックスなデザインと愛らしいカラーリングが女性に人気です。空気が通りやすく、吸湿性が高く、撥水性のあるコットン素材を採用していて、外観のかわいさだけでなく機能性も優れています。

おすすめポイント:日本の四季の気候に合わせて

日本の四季の気候に合わせてメッシュが多用されているので通気性も抜群です。シンプルな構造で設営が簡単なところも魅力です。光を取り込めるメッシュウィンドウを装備しています。

コールマンの人気おすすめテント15選⑧

コールマン テント ツーリングドーム/LX [2~3人用] 170T16450J

○コールマン 170T16450J・ツーリングドーム / LX
楽天で詳細を見る

前室の広さが広いツーリングドームです。前室に荷物などが置けるので、内部を広く活用できます。前室で調理もできますし、日差しも雨もさえぎってくれます。1人でも簡単に設営できることも魅力です。

おすすめポイント:メッシュドア

前面と背面にメッシュドアが設置されているため、邪魔することなく出入りすることができます。ベンチレーションを搭載しているので、夏場でも涼しく快適に過ごせます。

コールマンの人気おすすめテント15選⑨

Coleman コールマン 2016SS ウェザーマスタートリオドーム (キャンプ用品 テント) (onecolor):2000022056

Coleman コールマン 2016SS ウェザーマスタートリオドーム (キャンプ用品 テント) (onecolor):2000022056
詳細はこちら

初心者やファミリーキャンプの最高クラス「ウェザーマスタシリーズ」のドーム型テントです。耐水圧が10,000mmと、耐水性が高く雨、湿気、雪などの染み込みを防ぎます。外側には、特殊コーティングを施していて日差しによる室内の温度上昇を防いでいます。

おすすめポイント:日本の気候に

側面がメッシュ素材になっているので換気性も優れていて、日本の気候に対応していて夏にも快適に過ごせます。室内の広さだけではなく前室の広さも人気の理由です。吊り下げ式インナーテントで設営も簡単です。雨の日もインナーテントを濡らさず撤収できます。

コールマンの人気おすすめテント15選⑩

コールマン テント マックスワイドドーム/420 [8123456710人用] 2000012863

コールマン テント マックスワイドドーム/420 [8123456710人用] 2000012863
詳細はこちら

最大10人用で使用可能な大型ドームテントです。中央部にパーテーション(カーテン)を装備しているので2部屋に仕切って使用することもできます。前後左右に6ヶ所のドアを装備しているので出入りが自由です。横幅3,000mmなのでスクリーンターフとの連結が可能です。

おすすめポイント:仕切り2部屋

テントの中をカーテンで仕切り2部屋に分けられます。出入り口はトータル6カ所ありますので、ほかの人の邪魔にならないように出入りできてとても便利です。ただし、大きいので、風の影響を受けやすいところは注意が必要です。

コールマンの人気おすすめテント15選⑪

コールマン ウェザーマスター® 4S T.P.クレスト

ウェザーマスター4Sクレスト/300 2000031567
詳細はこちら

コールマン・マスターシリーズ初となるティピー型テントです。2ルームテントとして使用できるので、初心者やファミリーにおすすめです。一年中どんな天候にも対応していて、室内の空間を快適に過ごせるように設計されています。

おすすめポイント:通気性は抜群

テントの前後には大きなメッシュパネル、フライシートにはベンチレーションが付いていて、通気性は抜群です。またテントの生地が通気性の良いコットン素材を採用しているので、通気性が良く、結露なども防いでくれます。

最高クラスの水準

フライシートは3,000mm、フロアシートは10,000mmという最高クラスの水準で、大雨でもテント室内には水が浸みこむことはありません。

コールマンの人気おすすめテント15選⑫

コールマン ウェザーマスター®ブリーズドーム/300Ⅳ

Coleman(コールマン) ウェザーマスターブリーズドームIII/300 170T15600J
詳細はこちら

フロアは約3,000mm × 3,000mm と広く、定員は約4〜6人用です。初心者や小さい子供がいるファミリー層、カップルにおすすめで、広々とした空間が利用できて快適に過ごせます。また、天井高は約2,000mmとなっていて、大人でも立ったままで利用できるところが、とても快適な居住空間となっています。

フライシートの裾にカバー

雨や風、冷気の侵入を防ぐために、フライシートの裾にカバーを取付ています。悪天候や冬の寒い日でも快適な居住空間を保ってくれます。

おすすめポイント:雪の上の耐水圧の基準

フライシートの耐水圧が3,000mm、フロアの耐水圧は10,000mmもあるので、コールマンのスタンダートモデル(2,000mm)の約5倍の水圧に耐えれる仕様になっています。この数値は、雪の上でも耐えられる耐水圧の基準になっていて、ノルウェーブランドのテントと同等、他ブランドのテントを含めた中でも最強クラスの耐水圧となっています。そのため、オールシーズンに対応したテントになっています。

コールマンの人気おすすめテント15選⑬

コールマン ウェザーマスター®4Sドームノトス/300

コールマン Coleman 2000027283 [ウェザーマスター4Sドームノトス/300]
詳細はこちら

コールマンを代表する快適性を重視したマスターシリーズの定番中の定番のテントです。夏は涼しく、冬は暖かい日本の気候に対応しています。タフワイドドームと同じでインナーサイズなので、初心者やファミリーが広々と使えます。フロアは約3,000mm × 3,000mm と広く、定員は約4〜6人用です。

おすすめポイント:快適な空間

初心者や小さいお子様のいるファミリー層、カップルなら十分な広さで快適な空間を利用できるようになっています。また、天井高は約1,900mmと高めで、大人が窮屈なく快適に利用できるため、とても有意義に居住空間を過ごせます。

コールマンの人気おすすめテント15選⑭

コールマン テント スクリーンキャノピードーム/300 [4~6人用] 2000010461

コールマン テント スクリーンキャノピードーム/300 [4~6人用] 2000010461
詳細はこちら

メッシュ素材を取り入れた通気性と開放感があるドーム型のテントです。内部は、広々と使用できるサイズで、初心者やファミリーにおすすめのサイズ感です。フロアは約3,000mm×3,000mm と広く、定員は約4~6人用です。また、天井高は約1,800mmくらいありますので、大人でも立ったまま着替えることができて、非常に快適な居住空間を過ごすことができます。

おすすめポイント:サイドパネル

サイドパネルには、日本の蒸し暑い夏の気候に合わせた、広いメッシュパネルをいろんなところで使用しています。前後の大きなメッシュパネルと、両サイドの出入り可能な大型メッシュドアが設置されています。

4方向から

このメッシュドアを開放することで通気性はかなり上昇しますし、閉めることで害虫の侵入をシャットアウトすることができます。4方向全てから出入りできるようになっているので、開放感あふれる快適な空間が楽しめます。

コールマンの人気おすすめテント15選⑮

コールマン テント トレックドーム カペラ/120 [2人用] 2000022053

■送料無料■ Coleman コールマン トレックドーム カペラ/120(2000022053)
楽天で詳細を見る

トレックドームの特徴は軽さがポイントです。重さがわずか約2kgとかなりコンパクトに収まっていて持ち運びや携帯にも便利です。ドームを支えるポールをアルミ合金と、軽量化することで、プラスに剛性を上げています。上部の空間を広く取ることで圧迫感を軽減しています。コンパクトながら前室もあるので快適な居住性の良さも魅力です。

おすすめポイント:山岳キャンプのテント

山の上では、天気が荒れやすく、雨や風が強くなってきます。そのため、山岳キャンプのテントは、ドーム型テントなど、風を受け流すような構造をしていることがほとんどです。また、ポールにアルミ合金を採用していると、より風に強いテントと言えるでしょう。というのも、アルミ合金ポールの方が、FRP製よりも折れにくく、一度傾いても傾きを戻す力が強くなっています。

まとめ

おすすめのコールマンのテントを紹介してきました。コールマンは、これからキャンプを始める初心者から経験豊富なベテランキャンパーまでみんなが使いやすい機能とリーズナブルな価格の両方を両立させたテントを展開しています。

サイトの顔

キャンプサイトの顔になる一番目立つのがテント、お気に入りの形、そして色など選び方はキャンプをきっと楽しくしてくれます。自分のキャンププスタイルに合ったお気に入りの個性的なコールマンのテントを見つけて、楽しく快適に過ごしてください。

コールマンテントが気になる方はこちらもチェック!

Thumbコールマンのおすすめテントキャンプで必須のコールマンテント決定版22選! | 暮らし~の[クラシーノ]
テント!それはキャンプに行くには欠かすことが出来ない必須のアイテムです。今回はそんなテントの...
Thumbコールマンテントのおすすめ!キャンプで必須のコールマンテント決定版14選 | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプに行くなら必ず必要になるテント。おすすめは何といってもコールマンです。キャンプ初心者...

あなたへのおすすめ