Twitter
Facebook
LINE

キャンプに石油ストーブを!人気のストーブおすすめランキング!燃費を徹底比較!

つばめ99

キャンプに石油ストーブを!人気のストーブおすすめランキング!燃費を徹底比較!

つばめ99

石油ストーブ

石油ストーブは灯油を燃料としている暖房器具で、反射式と対流式の2種類あります。最近ではキャンプなどのアウトドアで使用できる小型・コンパクトなサイズの物が増えていて、より使いやすくなっています。普通の暖房器具よりも暖かさを感じる事ができて、冬の時期にキャンプなどのアウトドアをしても大丈夫です。

石油ストーブの種類

種類1 反射式

石油ストーブの種類の一つ目は反射式で、反射板によって一方方向への暖房効果がとても高くなっています。部屋の端や角に置く事がスタンダードになっていて、しっかりと部屋全体を上手く暖める事ができます。何かの拍子に倒れる事がなく、危険性もとても少ないです。そのため事故が起きる心配をしなくても良く、安全に使えます。

種類2 対流式

石油ストーブの2つ目の種類は滞留式で、機器の回り全体に熱が放射されるようになっています。石油ストーブで熱くなった空気が上昇する事によって対流を発生させて、その空気が上手く部屋の中を回っていきます。そのため、非常に効率よく部屋の中を暖かくさせる事ができます。部屋の中心に置く事がスタンダードで、部屋のどこにいても暖かさを感じられます。

石油ストーブの選び方

選び方1 コストパフォーマンス

石油ストーブを選ぶ時には、コストパフォーマンスがどれだけ良いかに注目してみましょう。キャンプに必要な道具は多く、それらを買い揃えるために出費もかさんでいくので、低い価格で性能が良い物を探す事はとても大事です。特に性能が良い物は使い込んでも中々壊れにくいので、キャンプによく行く人に合っています。

選び方2 種類



石油ストーブには、反射式と対流式の2種類あります。反射式と対流式とで熱の出し方や使う場所が違うので、しっかりと見分けましょう。使う場所が違うという事で、テントの中で自分がどこで使いたいかで選ぶ事もできます。テントは限られた空間で、持ち運べる物にも限界があるので、どちらの種類の物を選ぶかはとても大切になっています。

選び方3 簡単な持ち運び

より手軽にキャンプに石油ストーブを持って行きたい時には、なるべく小型な物を選びましょう。特に最近では非常にコンパクトなサイズの物も売っているので、購入しやすくなっています。女性や力が弱い人でもしっかりと持ち運ぶ事ができて、気軽に暖まれます。

選び方4 燃費

石油ストーブには自動車と同じように燃費があります。やはり燃費が良い物の方がより役に立つので、石油ストーブを選ぶ時には燃費にも目を向けてみましょう。石油ストーブの燃費が良いか、悪いかの判断は中々しづらいですが、他の物と比較などをして調べてみましょう。

選び方5 暖かさ

キャンプなどのアウトドアで使用する際には暖かさも重視しましょう。外の気温もありますので、できるだけ暖かさを担保できるものや火力が強いものを選ぶといいでしょう。

キャンプで人気の石油ストーブおすすめランキング

ここからは、キャンプで人気の石油ストーブのおすすめランキングを見ていきます。特に冬の時期にキャンプに行く事を検討している人は、参考にしてみましょう。ここで人気の石油ストーブがどういう物かを知っておけば、本当に購入する時にすぐに決める事ができて、迷わずに済みます。キャンプ中も寒さもしっかりと凌げて、キャンプを充分に楽しめます。

キャンプで人気の石油ストーブおすすめランキング11

コンパクト石油ストーブ

コンパクト石油ストーブは360度全方向に熱を発するので、家族や友だちでキャンプに行った時にはしっかりと全員暖まる事ができます。誰も寒さに凍えずに済み、キャンプを気軽に楽しめます。自分達で簡単に火力の調整も可能になっていて、その時の気温に応じて臨機応変に対応できます。

料理をできる

コンパクト石油ストーブの種類は対流式なため上の台を利用すれば、料理もできます。火の強さは簡単に変えられるので、火力が必要な食材を焼く時にも活かせます。特に石油ストーブで暖まりながら料理を進められるという所が本当に良く、寒さで意識を削がされずに済み、料理を作る事だけに集中力を持っていけます。

燃費

発熱量:2500kcal/h 燃料消費量0.24~0.28L/H 油タンク容量6L 燃焼持続時間 17時間です。発熱量と油タンク容量は充分にある上に、燃焼消費量はそれほど高くないので、燃費は高い方です。燃焼持続時間は17時間と長く、非常に優秀で、そこも期待できます。

キャンプで人気の石油ストーブおすすめランキング10

石油ストーブ 小型 アウトドア V-525

石油ストーブ 小型 アウトドア V-525は火力調整機能が付いているので、その時のキャンプ場の気温の変化に合わせて、自分自身で火力を変える事ができます。暑すぎず寒すぎない空間を作れて、気温に左右されずに済みます。特に冬のキャンプ場の気温は夜になるにつれて冷えてくるため、火力調整機能は非常に良い働きを見せてくれます。

コンパクトなサイズ

石油ストーブ 小型 アウトドア V-525は高さ21.5cm、底面直径18cm、重量1.8kgで、非常にコンパクトなサイズになっています。特にキャンプ場では小型な物の方が持ち運びやすく、使いやすいので、大型の石油ストーブと比較するとより役に立ちます。石油ストーブ 小型 アウトドア V-525を持つために体力を余計に使わなくても良くなり、料理や遊びにその体力を持っていく事ができます。

燃費

燃料消費量0.16L/H 油タンク容量1.5L 最長燃焼時間 8時間です。小型な物なので、灯油が入る量は他の石油ストーブと比較すると少ないです。しかし燃料消費量が0.16L/Hなため、割と長く使う事ができます。燃費はどちらかと言うと良い方で、キャンプに持って行くと良い働きを見せてくれます。

キャンプで人気の石油ストーブおすすめランキング9

石油ストーブアルパカストーブTS-77Aコンパクト

Alpaca/アルパカ ケロシンヒーター TS-77A (黒)自動消火装置付(替芯・キャリーケース付)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

石油ストーブアルパカストーブTS-77Aコンパクトは韓国製の物ですが、出力が大きく、キャンプなどのアウトドアでとても期待できます。ストーブの天板を外せば五徳にもなり、料理もできるので、活用の幅が広がります。実用性も充分にあり、持って行くと本当に便利です。

すぐに暖まれる

石油ストーブアルパカストーブTS-77Aコンパクトは小型で軽量な上に、給油すればすぐに付ける事ができるので、非常に使いやすいです。特に冬のキャンプでは外が寒く、誰でもすぐに暖まりたいと感じるため、そういう時にとても合っています。他の石油ストーブと比較すると頑丈な事も分かり、少しの衝撃では壊れないです。そのため、もし間違って落としてしまってもある程度大丈夫で、また何回も使用できます。

燃費

発熱量3300kcal/h 燃料消費量0.38ℓ/h、タンク容量4.0ℓ、燃焼持続時間10~13時間です。発熱量が大きいので、火力に期待できます。燃料消費量も少し高く、燃費が本当に良いとは言いづらいですが、発熱量のおかげで、厳しい寒さにも対抗できて、しっかりと暖まれます。

キャンプで人気の石油ストーブおすすめランキング8

TOYOTOMI 石油ストーブ 対流形ダブルクリーン

トヨトミアンティーク対流形ダブルクリーンストーブKR-47A

出典: Amazon

TOYOTOMI 石油ストーブ 対流形ダブルクリーンは色がベージュになっていて、とても落ち着いた色をしています。どこで使っても上手く合わせる事ができ、特にキャンプ場で使用する机や椅子は派手な色では無く、地味な色の物が多いので、自然に馴染みます。キャンプをしている感じをより出せて、今まで以上に楽しめます。

臭い

TOYOTOMI 石油ストーブ 対流形ダブルクリーンは臭いがあまりしないです。臭いの元となる物は出ますが、白炎式で燃やしきります。特に臭いが気になる人に合っていて、TOYOTOMI 石油ストーブ 対流形ダブルクリーンを消した後に気持ち良く片付けをできます。

燃費

燃料消費量(最大~最小)0.457~0.366ℓ/h、タンク容量7.0ℓ、燃焼持続時間(最大~最小)15~19時間です。燃焼消費量は他の石油ストーブと比較すると多く、燃費は必ずしも良いとは言えないです。しかしタンク容量が7.0ℓとたくさんで、燃焼持続時間も長く続くので、燃焼消費量を上手くカバーしています。

キャンプで人気の石油ストーブおすすめランキング7

TOYOTOMI ランタン型石油ストーブ

トヨトミ【TOYOTOMI】レインボーランタン 対流型石油ストーブ RL-250-R(レッド)★【RL250R】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

TOYOTOMI ランタン型石油ストーブはとても優しく照らしてくれて、温度以上に暖かさを感じる事ができます。デザイン性も赤色を基調としていて、とても良い味わいを出しています。特に寒さが厳しい時に役に立ち、寒さをしっかりと凌げます。

安全性

TOYOTOMI ランタン型石油ストーブは2重タンク構造と対震自動消火装置を採用していて、安全性に優れています。TOYOTOMI ランタン型石油ストーブが何かの拍子で倒れてしまった時には2重タンク構造のおかげで、油がこぼれずに済みます。地震などの大きな揺れが起こった時には対震自動消火装置が作動して、自動消火してくれます。

燃費

燃料消費量(最大燃焼~最小燃焼)0.243~0.122 ℓ/h、タンク容量4.9ℓ、燃焼持続時間(最大燃焼~最大燃焼) 20.2~40.2です。タンク容量と燃焼持続時間に期待できて、長時間暖め続けられます。燃料消費量と比較すると燃費は良い方と分かり、使いやすさもあります。

キャンプで人気の石油ストーブおすすめランキング6

武井バーナー パープルストーブ

武井バーナー パープルストーブはシルバーとゴールドの2色が使われていて、デザイン性にとても長けています。特に男性に人気が出ていて、購入する人も多いです。キャンプ場で使っている時には普通の石油ストーブと比較すると非常に派手なので、どこにあるかがすぐに分かり、間違って倒す心配も無くなります。

日本製の物

武井バーナー パープルストーブは日本製の石油ストーブなので、とても信頼できます。特に国内の物は細かいパーツまで工夫が施されている物も多く、使いやすさもあります。武井バーナー パープルストーブの場合はタンクに錆びにくい性質の物が使用されていて、ずっと使い続ける事ができます。

燃費

重量1.8kg 連続燃焼時間約5時間 コンロの状態:沸騰時間:(水1リットル) 夏2分 冬4分です。コンロとしても使う事ができて、すぐに沸騰させられます。そのため武井バーナー パープルストーブで暖まりながら、暖かい食べ物や飲み物を簡単に作れて、体の底から温まれます。

キャンプで人気の石油ストーブおすすめランキング5

石油ストーブ 小型 アウトドア V-519

石油ストーブ 小型 アウトドア  V-519は火力調整機能が付いているので、その時の気温に合わせて火力を変える事ができます。丁度良い暖かさをずっと維持できて、快適な時間を過ごせるようになります。特にキャンプ場などの場所は気温が変わりやすいので、火力調整機能は本当に役に立ってきます。

コンパクトサイズ

石油ストーブ 小型 アウトドア  V-519の重さは1.7kg、高さが約22cm、底面直径21cmになっていて、女性やあまり力が無い人でもしっかりとキャンプ場などに持ち運ぶ事ができます。他の荷物の邪魔にもなりにくいので、車でキャンプ道具を運ぶ時にもほとんど場所を取らないです。

燃費

燃料消費量0.15ℓ/h、タンク容量1.5ℓ、燃焼持続時間11時間で、他の石油ストーブと比較すると少し物足りなさがあります。しかし1日~2日だけや一人のキャンプだと、これぐらいでも丁度良いです。

キャンプで人気の石油ストーブおすすめランキング4

Rebornsun 石油ストーブ

Rebornsun 石油ストーブ 小型

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらは小型で、見た目もおしゃれな石油ストーブです。表面処理ではエナメルが塗られています。火力調整も可能なので、いろいろなシーンで活躍する製品です。

安全に使える

ポンプを使用する必要がない製品で、静かに安全に使えます。無臭で、煙がないところも嬉しいポイントです。

燃費

燃料リフト3L、燃費(L / H)0.16L / Hになっています。燃焼煙突は特別な金属製なので、灯油は完全に燃焼することができ、加熱が速いところも魅力的です。

キャンプで人気の石油ストーブおすすめランキング3

スノーピーク レインボーストーブ

スノーピーク レインボーストーブは特殊なガラス加工がされていて、炎の色が7色になります。暖かさを得られるだけではなく、目からも楽しむ事ができます。スノーピーク レインボーストーブの上側にあるシェードを活用すれば、自分達の足元を照らしてくれるので、暗い所でもしっかりと動く事ができます。

小型で使いやすい

スノーピーク レインボーストーブは388×388×485.7mmのコンパクトなサイズで、特にアウトドアで力を発揮します。やはり小型な物だと家から自動車の中へ、自動車の中からキャンプ場に一人で簡単に持ち運べて、手間がほとんどかからないです。キャンプなどで使っている時にも、暗くて見えない所にすぐにそこに持って行く事もできて、明るく照らせます。

燃費

燃料消費量0.243ℓ/h、タンク容量4.9ℓ、燃焼持続時間20時間になっています。特にタンク容量と燃焼持続時間に自信があり、長時間暖かさを提供できます。そのため何日もキャンプをする人に合っていて、寒さをしっかりと凌げます。

キャンプで人気の石油ストーブおすすめランキング2

アラジン ブルーフレーム

アラジン(Aladdin) アラジンブルーフレームヒーター BF3911W (Men's、Lady's、Jr)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

アラジン ブルーフレームは青い炎が特徴的になっていて、そのデザイン性にも定評があります。テントの中に置いておくだけでも安心感があり、より暖かさを感じる事ができます。そういう石油ストーブは大きい物と思いがちですが、アラジン ブルーフレームはコンパクトなサイズになっていて、テントのどこに置いていても邪魔にはならないです。

臭い

石油ストーブを使用する時には臭いが気になる事がありますが、アラジン ブルーフレームの場合は全く気にならないです。それは点火する時と同時に青色の炎で燃焼するので、臭いの元となる未燃焼ガスが発生しにくくなるからです。臭いがほとんど無いと、より気軽に使う事ができて、どこで使うにしても周りを気にせずに済みます。

燃費

燃料消費量0.26ℓ/h、タンク容量4.1ℓ、燃焼持続時間15時間で、燃費に関しては良い部類に入ります。特に燃焼持続時間は他の石油ストーブと比較すると長く、ずっと暖かさを感じる事ができます。

キャンプで人気の石油ストーブおすすめランキング1

フジカハイペット KSP-229-21C-J2R型(反射板付モデル)


フジカハイペット KSP-229-21C-J2R型(反射板付モデル)は小型で、コンパクトな形をしているので車に積み込みやすく、持ち運びもしやすいです。フジカハイペット KSP-229-21C-J2R型(反射板付モデル)の種類が対流式なので、天板の部分にやかんや鍋を置き、水を沸かす事や簡単な料理もできて、コンロとしての活用も可能です。特にキャンプ中に小腹が減った時などに、とても便利になっています。

耐震消化装置

フジカハイペット KSP-229-21C-J2R型(反射板付モデル)には耐震消化装置が付いていて、安全面の対策がしっかりと行われています。実際に地震が来た時には自動で停止するようになっているので、周りに被害を出す事が無くなります。石油ストーブなどの火を扱う物は危険と隣り合わせな事が多いですが、耐震消化装置のおかげでその危険が和らぎます。

燃費

燃費については燃料消費量0.26ℓ/h、タンク容量3.6ℓ、連続燃焼時間は10時間~12時間ぐらいで、他の石油ストーブの燃費と比較すると良いと分かります。

まとめ

冬のキャンプでは、石油ストーブが本当に役に立ちます。暖かさを充分に提供してくれて、厳しい寒さの時でもキャンプをしっかりと楽しむ事ができます。最近では燃費が良い物も増えていて、より使いやすくなっているので冬の時期にキャンプに行く人は積極的に石油ストーブを使ってみましょう。

アウトドアが気になる方はこちらもチェック!

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

2021年おすすめフィッシングパンツを徹底レビュー!

★LUXXE アクティブストレッチカーゴパンツ LE4004★ 〜ブラックM,LL サイズ〜 https://www.amazon.co.jp/dp/B08TLJXXG5?tag=kurashino0...

刺繍で洋服の補修・お直しをする方法を解説!すぐに簡単にできます♪

今回は「刺繍で洋服の補修・お直しをする方法」をご紹介しました!小さなお直しなのであっという間にできます。大切なお洋服のお直しにお役立てください♪ 以前にご紹介しましたダーニングでの補修動画はコチラに...

もはや20ストラディックSWに価値はないのか?【VSアルテグラ】

★前回の動画★ 21アルテグラと20ストラディックSW、どっちを選びますか?【コスパ頂上決戦】 https://youtu.be/tugL3wfcGX0 ★ジョルタクさんの分解動画★ 【分解】爆売れ...

刺しゅう初心者必見!面を埋めるステッチ7選!表現によって変わります♪

今回は「面を埋めるステッチ7選」をご紹介しました!面を埋めるステッチはいろいろあります。ここでは代表的なものを刺し終わった作品を見ながらご紹介しています♪ 初心者が覚えるべき基本ステッチの解説動画も...

ニンジン再生栽培はとても簡単!セリ科なので葉はセリの味がします♪

今回は「ニンジンの再生栽培・リボベジの様子」をご紹介しました!ニンジンのヘタの部分を切って、あとは植えて育てるだけ。とっても簡単ですので、誰でも育てられるかと思います♪ ただし、食べる部分は葉の部分に...