日焼けしたい人必見!効率よくきれいに焼く上手な方法やおすすめグッズを解説!

日焼けしたい人必見!効率よくきれいに焼く上手な方法やおすすめグッズを解説!

日焼けしたいけど、赤くなるような日焼けではなく、きれいに焼く方法が知りたいですよね。効率よく綺麗に焼くには色々と気をつけるべきことがあり、間違ってしまうとシミの原因にもなってしまいます。そこで今回は、日焼けしたい方へ、きれいに焼く方法を解説しました!

記事の目次

  1. 1.日焼けしたい!きれいに焼く方法は?
  2. 2.日焼けのメカニズム
  3. 3.日焼けは一年中している
  4. 4.日焼けは人により程度が異なる
  5. 5.日焼けしたい!きれいに焼く方法①一日で焼かない
  6. 6.日焼けしたい!きれいに焼く方法②サロン
  7. 7.日焼けしたい!きれいに焼く方法③天サロの場合
  8. 8.日焼けしたい!きれいに焼く方法④下焼き
  9. 9.日焼けしたい!きれいに焼く方法⑤肌を冷やす
  10. 10.日焼けしたい!きれいに焼く方法⑥サンオイル
  11. 11.日焼けしたい!きれいに焼く方法⑦保湿
  12. 12.日焼けしたい!きれいに焼く方法⑧シミ対策
  13. 13.日焼けしたい!きれいに焼く方法⑨お試しで
  14. 14.日焼けしたい!きれいに焼く方法⑩おすすめグッズ
  15. 15.日焼けしやすくする方法の口コミ
  16. 16.まとめ~日焼けしたい!きれいに焼く方法~

日焼けしたい!きれいに焼く方法は?

日焼けしたいけど、小麦肌になる予定が、肌がボロボロになってしまったという経験がある方は多いのではないでしょうか。雑誌や写真ではきれいに焼けたモデルの方が載っていますが、中々きれいに焼けなくて困っている方は多い様子です。そこで今回は、効率よく小麦肌になる、きれいに焼く方法を解説しました!シミ対策も合わせて紹介致します!

日焼けのメカニズム

日焼けは一種の火傷

まずは日焼けってどういうものなのかを知っておきましょう!日焼けは肌が紫外線を浴びた際に、やけどをするような症状を指します。単純に肌が黒くなっている訳ではなく、焼けているのです。黒くなるだけなら実感出来ないかもしれませんが、色白肌の方はよく赤色に焼けてしまうことがありますよね。やけどの一種なのだということを理解した上で、きれいに焼く方法を学んでいきましょう!

きれい焼く=やけどのコントロール

きれいに焼くということは、つまりやけどを上手にコントロールするということです。ただ肌に日を当てるのではなく、肌色を変化させる紫外線だけを当て、シミ対策の敵である種類の紫外線をブロックしなければいけません。また、効率よく焼きたいと思って一度に沢山の日を当てるのも危険行為です。きれいに小麦肌にするには色々とコツがあります。

72時間後から日焼けしていく

日焼けしてすぐに小麦肌になると考えている方も多いのですが、小麦肌へと変わっていくのは紫外線を浴びてから約72時間後からです。もちろん、当てすぎれば最初から赤くやけどしたりすることもありますが、上手に日を当てれば72時間後から小麦肌に変わりはじめます。ですので、何日も連続でやるのではなく、小麦具合を確認しながら、期間を開けて日焼けしていきましょう!

日焼けは一年中している

紫外線量は夏に最大になる

最も沢山紫外線が出る季節は、多くの方のイメージ通り、夏です。6~8月に紫外線量は多くなりますので、効率的に天サロ(太陽で日焼けをすること)したい方はこの時期が狙い目となります。ただし、やり方を間違えてしまうとただ赤くなったり、肌がボロボロになってしまって後悔することも。正しいやり方で天サロしましょう!

冬でも日焼けしている

夏に比べると紫外線量は落ちますが、夏以外の季節でも紫外線はありますので日焼けはしています。春と秋は夏の半分くらいで、冬は20パーセントほどです。しかし、シミ治療を台無しにしてしまう種類の紫外線だけは年間を通して強く降っていますので要注意。また、冬は雪が降りますので日の反射が起き、冬でも日焼けしてしまうことは珍しくありません。

日焼けは人により程度が異なる

色白の人は日焼けしにくい

日焼けをする上で自分の体質も知っておかなくてはいけません。元々色白の方は、肌が紫外線に対して弱い場合が多いので、いきなり小麦肌にしようとしても肌が赤ってやけどをしてしまうだけになることも多いですよね。上手なやり方をただ行うだけではなく、色白の方は普通よりも程度を下げて、少しずつ焼いていくことをおすすめします。

茶色の人・こげ茶の人は日焼けしやすい

色白の方と比べ、茶色い肌、または元々こげ茶色の肌の方はとても日焼けしやすい傾向にあります。ですので、日焼けしやすくなる方法を単純に行うだけでOK。少し天サロするだけでしっかりと焼けますので、効率よく焼けばすぐに小麦肌が手に入ります。ですが、正しいやり方をしないと肌はボロボロになりますので、上手に効率よく行いましょう。

日焼けしたい!きれいに焼く方法①一日で焼かない

一気に焼くと肌がボロボロに

日焼けしやすくする方法を学んでも、いきなり一気に焼こうとはしないで下さい。確かに、一日で効率よく焼ければ理想的なのですが、肌はそこまで強くありません。一気に焼こうとしてしてしまうとやはりやけどになってしまいますし、シミの原因となる可能性もあります。せっかく今までシミ対策をしてきたのに台無しになるのは悲しいですよね。

何日かかけて小麦肌にしていく

一気に日焼けさせるのではなく、何日かかけて日焼けさせるのが上手なやり方です。先述したように、日焼けが本格的に出てくるまでには72時間かかりますので、そういった意味でも何日かかけてやるのが上手なやり方と言えます。一日の中で天サロしやすい時間と天サロしにくい時間もありますので、そういった時間を使って効率よく焼いていきましょう!

日焼けしたい!きれいに焼く方法②サロン

天サロよりも日サロが安全

よりきれいに日焼けをしたい方は天サロよりも日焼けサロンがおすすめです。料金も想像よりは安い場合が多く、今では沢山の方が利用していますね。日焼けサロンで使う器具はシミも出来にくいので、シミ対策を真剣にされている方にもおすすめ。また、専門のスタッフが丁寧に接客してくれますので安心感もありますね。

OLも普通にサロンに通っている時代

日焼けサロンなんて若い人がいくところというイメージがある方も多いようですが、今では日焼けサロンは普通に行くところというイメージになってきました。ですので、普通に企業で働くOLの方も沢山通っています。一度きれいに日焼けしてしまえば、後はキープするのに一週間に一回程度通うだけ。その気軽さもあって人気ですね。

日焼けしたい!きれいに焼く方法③天サロの場合

きれいに日焼けするには15時以降に行う

海水浴場などで日焼けさせる場合はやり方をしっかり守りましょう。日光は10~15時に最も強くなりますので、この時間帯に肌を焼くと刺激が強すぎてボロボロになる可能性があります。日差しが強い方が効率的に焼けるような気もするかもしれませんが、お肌のことを考えて日焼けするには避けた方がいい時間帯と言えます。

日焼け後はシャワーを浴びる

綺麗に日焼けするにはアフターケアが大切です。海水浴場で日焼けをさせた場合は、海から上がったあとにシャワーを浴びましょう。海水に含まれている塩分や海水浴場の砂は、日焼けした肌にとってダメージを与える存在。多くの海水浴場にはシャワーやお水が出る施設があるはずですので、そこを利用して塩分と砂を洗い流しましょう。

日焼けしたい!きれいに焼く方法④下焼き

日焼け止めを塗って下焼きをする

綺麗に日焼けするには下焼きが大切です。少し先述しましたが、一度に日焼けしさせるのではなく、何回かに分けて焼いていきましょう。この下焼きでは、少し効果が弱めの日焼け止めを体に塗って、刺激の強くない状態でうっすら焼きます。時間帯も15時以降に行い、焼こうとするのではなく、皮膚を慣れさせるイメージで行いましょう。

日焼けしやすい場所は念入りに日焼け止めを

下焼きをする際に要注意なのが、日焼け止めを塗り忘れやすい場所までしっかり日焼け止めを塗ることです。日焼けするには日焼け止めは邪魔な存在ですが、下焼きは皮膚を慣れさせるのが目的ですので、日焼け止めはしっかり塗りましょう。この下焼きは2回に分けて行い、皮膚がほんのり焼けたことを確認してから焼いていきます。

日焼けしたい!きれいに焼く方法⑤肌を冷やす

きれいに焼くならクールダウンを

下焼きでも本焼きでも言えることですが、日焼けはとにかくアフターケアが大切。中でも、きれいに日焼けするにはクールダウンが大切です。普通のやけどでも患部を冷やしますよね?日焼けは一種のやけどですので、ちゃんと冷やしてあげることで上手に焼けるのです。効率よく焼くことばかり意識がいきがちですが、肌を労わりながら行いましょう。

凍らせたタオルか氷で

クールダウンのやり方は、体に水をかけるのでも大丈夫なのですが、ベストなのは氷で冷やすことです。水ではあまり温度が下がりませんが、氷であればしっかり冷えますよね。もし氷が無ければ凍らせたタオルでも構いません。海水浴場などに行く前に、クーラーボックスを用意し、凍らせたタオルを持っていけばクールダウンも簡単ですね。

日焼けしたい!きれいに焼く方法⑥サンオイル

サンオイルとは?

下焼きが終わって皮膚も慣れてきたら、いよいよサンオイルを使いましょう!日焼けしやすくなる方法を説明する上でサンオイルの存在は欠かせません。サンオイルは日焼け止めの一種ではありますが、肌を傷つける可能性のある紫外線を防ぎ、日焼けする紫外線だけを通すのを目的として作られています。日焼けするには欠かせないアイテムですね!

日焼け止めとサンオイルの違い

日焼け止めとサンオイルの違いを知らない方も多いのですが、これは紫外線の種類を覚えると分かりやすいかもしれません。紫外線には「UV-A」と「UV-B」があり(UV-Cもありますが割愛します)、UV-Aは日焼けをする作用が、UV-Bはやけどをする作用があります。日焼け止めは両方を止めることができ、サンオイルはUV-Bを止める働きがあります。

日焼けしたい!きれいに焼く方法⑦保湿

日焼け直後は乾燥している

日焼けした直後にクールダウンをして肌をいたわるだけでは足りません。日焼け直後は肌が傷んでおり、とても乾燥しています。お顔の乾燥は多くの方が敏感ですが、意外と体の乾燥は放っておきがちな方も多いはず。乾燥しているとやはりきれいに日焼けは出来ませんので、きれいに日焼けするには保湿が大切です。

剥がれないようにしっかり保湿

日焼けしやすくする方法ばかりではなく、その後の保湿も学んでおきましょう。日焼けしやすくする方法としては、下焼きをし、サンオイルで数回に分けて焼いていくだけですが、保湿を忘れてしまえば肌はボロボロになり、せっかくの綺麗な色も台無しになります。専用の保湿剤も沢山販売されていますので、アフターケアをしっかりしましょう。おすすめアイテムは後述しましたので、是非参考にしてみて下さい。

上手な人は日焼け前にも保湿をする

日焼けしやすくする方法ではありませんが、きれいに日焼けするには事前の保湿もコツです。一度しっかりと保湿をして、日焼け止めを塗って下焼き、またはサンオイルを塗って焼いていきましょう。先に保湿をしておくことでダメージを減らすことが出来、アフターケアも楽になります。もちろん、事前に保湿したからといってアフターケアを怠ってはいけません。

日焼けしたい!きれいに焼く方法⑧シミ対策

シミ対策①皮膚をはがさない

特に女性が気になるのはシミ対策ですよね。後々にシミを残さない為にちゃんとシミ対策をしましょう。基本的には無理に焼かずに、日焼け止めやサンオイルを塗って、15時以降の時間帯に短時間焼けば問題ありません。もし焼きすぎて皮膚がボロボロになった場合は要注意。その皮膚を剝がしてしまうとシミの原因となってしまいますので、ボロボロでも剝がさずに、保湿をするだけにしましょう。

シミ対策②ビタミンA・C・Eをとる

肌がボロボロになるほど焼いてしまったら、ビタミンをとりましょう。とるべきビタミンはA・C・Eです。これらのビタミンは肌によく使われるもので、シミ対策に一躍買ってくれます。うなぎ、レモン、牛乳、レバー、ナッツ、サバと言った食物でとるのが一番おすすめですが、もしそれが出来ない場合はサプリメントなどで補いましょう。

日焼けしたい!きれいに焼く方法⑨お試しで

自宅で簡単に小麦肌「セルフタンニングローション」

これは日焼けしやすくする方法ではありませんが、お試しで日焼けするにはおすすめの方法です。セルフタンニングローションという製品があり、なんと日に当てて日焼けをさせなくても日焼けした肌の色に出来るのです。より効率よく小麦肌を手に入れたい方は、日焼けを上手に行おうとするよりもお手軽に手に入れられますね!

一週間で小麦肌が元に戻ってしまう

セルフタンニングローションは約一週間ほどで肌の色が戻ってしまいます。それをデメリットと考える方も多いかもしれませんが、一瞬だけ焼けた肌にしたい場合には便利ですよね。夏休みの間だけ焼きたい、シミ対策が不安といった方にもおすすめです。日焼けしやすくする方法と一緒に検討してみて下さい。価格も高くはありませんので安心です。

日焼けしたい!きれいに焼く方法⑩おすすめグッズ

天サログッズ①タンニングウォーター

大正製薬【Coppertone(コパトーン)】 タンニングウォーターSPF2 200ml (コパトーンタイニングウォー)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

きれいに焼く為のおすすめグッズ一つ目は「コパトーンのタンニングウォーター」です。こちらは霧状のウォータースプレーなので、手軽に広範囲に塗れるのが特徴。SPFは2のものと4のものがあり、より早く焼きたい方は2の方を、下焼きでじっくりと焼きたい方は4の方を選ぶのがおすすめ。日焼けするには欠かせないグッズです。

天サログッズ②タンオイルフリーローション

《大正製薬》 コパトーン ゴールデンタン オイルフリーローション 120ml

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

きれいに焼く為のおすすめグッズ二つ目は「コパトーンのタンオイルフリーローション」です。こちらはノンオイルなのでべたつかず、さらさらとしていて使い心地が良いのが特徴。タンニングローションの方が使い勝手としては簡単ですが、より皮むけやムラ焼けの少ない上手な日焼けになります。首筋などにまでしっかりと塗って使いましょう。

天サログッズ③エクストラサンタンクリーム

あす楽 サンキング エクストラ サンタンクリーム 120g SPF4/PA+ 紫外線ブロック 肌ケアするサンタンアイテム サンキングシリーズ

出典: Amazon
Amazon
楽天

きれいに焼く為のおすすめグッズ三つ目は「サンキングのエクストラサンタンクリーム」です。こちらは紫外線を最小限だけブロックして、きれいな肌を保ちながら焼くためのクリーム。SPFは4となっていますので、強烈な日差しにも対応してくれます。また、乾燥肌に潤いを与える成分も入っていますので、肌が傷むのが怖い方におすすめです。

天サログッズ④アフターサンオイルフリージェル

コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル 140g

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

きれいに焼く為のおすすめグッズ四つ目は「コパトーンのアフターサンオイルフリージェル」です。こちらはアフターケア用のグッズで、アロエとメントールを配合したジェルにより肌のほてりを鎮めます。オイルフリーで無香料なのも嬉しいポイントですね。コパトーンの製品は日焼けをする方にとって定番のブランドですので安心して使用出来ます。

天サログッズ⑤アフターケアボディクリーム

TrueLism アフターケア ボディークリーム プロ

出典: Amazon
Amazon
楽天1,860円

きれいに焼く為のおすすめグッズ五つ目は「TrueLismのアフターケアボディクリーム」です。こちらは日焼けのプロが開発したもので、シミ対策をしっかりしたい方におすすめ。ヒアルロン酸やアミノ酸といった美容・保湿成分がたっぷり入っており、日焼け後だけではなく、お風呂上がりなどにも使えるものです。ケアを大切にしたい方はチェックしてみて下さい。

日焼けしやすくする方法の口コミ

日焼けしやすくする方法の口コミ①

日焼けをシミにしない為のアフターケアがまとめられています。先述して説明させて頂いた通り、クールダウン、アフターケア、皮をむかない、栄養をとることが大切ですね。保湿アフターケアをちゃんとする方は結構多いのですが、クールダウンをしない方が多い様子。また、皮をついついむいてしまう方も見受けられます。皮はむかないようにしましょう!

日焼けしやすくする方法の口コミ②

初めて日焼サロンに行った様子が書かれています。ほんのり焼けたような気がする程度だそうですが、それくらい少しずつ焼こうとした場合はそれでも大丈夫です。ただし、やり方も分からないまま焼いたというのはNGですね。スタッフの方にちゃんとやり方を聞いて、正しい知識を持った上で焼いていきましょう!

日焼けしやすくする方法の口コミ③

こちらはコパトーンを塗って日焼けをする為に散歩をしていることが書かれています。海水浴場などで日焼けをするのが一般的なやり方ですが、日焼けの形を調整出来るのであれば、普段の状態で塗って日焼けをするのも良いですよね。時間が無い方にもおすすめです。

日焼けしやすくする方法の口コミ④

日焼けしたところに冷えピタを貼るというクールダウン方法が紹介されています。一部分だけであれば有効ですが、沢山の枚数が必要になってしまいますので、出来れば凍らせたタオルなどを持っていきたいですね。もしクールダウングッズを忘れてしまった場合は、コンビニなどで化粧水を買って保湿をしたり、冷えピタを貼るのも有効です。

まとめ~日焼けしたい!きれいに焼く方法~

今回の「日焼けしたい人必見!効率よくきれいに焼く上手な方法やおすすめグッズを解説!」はいかがでしたでしょうか?

きれいに日焼けするにはどうするべきなのか、日焼けしやするくする方法などをご紹介させて頂きましたが、やり方を理解しても、肌がボロボロになるまで焼いてしまう方も多い様子。上手に焼くには下焼きとアフターケアが一番大切ですので、焦らずにじっくりと焼いていきましょう!微調整しながら焼いていけば失敗しにくいですよ!

日焼けが気になる方はこちらもチェック!

今回は日焼けしやすくする方法について書かせて頂きましたが、他にも沢山の記事があります。気になる方は是非チェックしてみて下さい。

日焼け後にシミにならないケアは?シミの原因から正しい対処法まで解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
日焼け後にシミにならないケアは?シミの原因から正しい対処法まで解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
日焼けや日焼け後にはシミケア対処が欠かせません。顔の肌トラブルを招かないためにも、シミ消し対策・対処は重要です。日焼け後の顔ケアにはどんな対処が有効でしょうか。シミを消す主な対策、シミを消す化粧水など知っておくと便利です。
日焼け後のアフターケアにおすすめな商品ランキング20&お手入れ方法を徹底紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
日焼け後のアフターケアにおすすめな商品ランキング20&お手入れ方法を徹底紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
日焼け後のアフターケアにおすすめな商品ランキングのご紹介です。日焼け後のアフターケアのお手入れはとても大切です。肌の炎症を抑え乾燥を防ぎ、シミやシワの対策にもなります。日焼け後のアフターケアのお手入れにおすすめの商品ランキングとお手入れ方法をご紹介します。
【2018】スプレータイプの日焼け止め人気おすすめランキング14!コレで焼けない! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【2018】スプレータイプの日焼け止め人気おすすめランキング14!コレで焼けない! | 暮らし~の[クラシーノ]
スプレータイプのおすすめ日焼け止めをランキング形式でご紹介していきます。敏感肌の方にもおすすめのさらさらとした質感で肌に優しいスプレータイプの日焼け止めを多数ランキングにてご紹介します。汗や水にも強い人気のウォータープルーフタイプもご紹介しますので必見です!
T・S
ライター

T・S

元農家で農業検定を持つライターです!植物に関すること、海のこと、DIYについて主に書かせて頂きます!


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking