検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

スノーボードブーツの種類と選び方!上達の秘訣はブーツ選びにもあった?!

スノーボード上達の秘訣は、板だけではなくブーツの選び方にもあります。 ここでは、レジャー思考対象でスノーボードブーツの種類と基本的な選び方をご紹介していきます。 自分専用のスノーボードの購入を検討されている方はお店に行く前にこちらをご参考にしてください。
2020年8月27日
Taisho Hisamitsu

なぜブーツ選びが重要なの?

寒くなり始めるとスノーボーダーは雪山が恋しくなってきますね。「今シーズンはスノーボード上手くなりたい!」「自分のスノーボードが欲しい!!」という方もいるのではないでしょうか。

スノーボードの上達の秘訣は板や筋力だけではなくスノーボードブーツにも隠されています。その理由はブーツの良し悪しが直接体の負担となって現れるからです。足の形や滑りのスタイルに合ったブーツを選ぶことで、足は疲れにくくなりコツをつかむスピードが早くなります。そうすると一気にスノーボードが楽しくなり、練習意欲も湧いてくるのでスノーボードの腕はメキメキ上達していきます。

スノーボードブーツの種類


紐タイプ

紐タイプのブーツは昔からある一般的なスノーボードブーツのタイプです。太くて柔らかい靴紐で締めます。
初心者や手の力に自信がない方は少し履くのが難しく感じますが、慣れてくると自分のちょうど良いキツさに調節できるメリットがあります。レンタルショップではこのタイプを取り扱っているお店が多いです。

クイックレース


クイックレースのブーツは細くて少し硬さのある靴紐があらかじめアウターブーツに通してあります。
最大の特徴はこの靴紐に取っ手が付いており、引っ張るだけでものの数秒で履けます。紐の柔軟性が残っているので足に合わせてフィットしてくれるメリットもあります。

ボア

ボアタイプのブーツには靴紐ではなく細いワイヤーとタンの中央部にダイヤルが付いています。
ボア(Boa®)はダイヤルを回すだけでブーツの締め上げができる便利なシステムです。最大のメリットは手の力がほとんど必要なく、女性の人気があります。

紐タイプの特徴とおすすめ


メリット

締めわけができる

紐タイプのメリットは、何と言っても自分の足に合わせて締め具合を調整できることにあります。慣れるまでは少し大変ですが、自分にとってちょうどよい締め具合を作り上げることができる点は、やはり魅力的です。長年スノーボードをたしなむ上級者には、昔ながらの紐タイプのブーツが根強い人気があります。

デメリット

手の力がいる

紐を締め上げるには、それなりに手の力が必要です。力に自信がない人は、クイックレースやボアのブーツを一緒に試着して比べてみましょう。

着脱に時間がかかる

締め具合を調節できるメリットのある紐タイプのブーツは、その分だけ紐を結ぶ時間がかかります。

紐タイプの人気ブーツ

15-16 BURTON バートン MENS メンズ BOOT スノーボード ブーツ 【RAMPANT ランパント 】 日本正規品 【返品種別SALE】

バートンの紐タイプの中では非常に扱いやすいモデルです。硬さは真ん中くらいにあたり、履き心地も軽いのでバートンの中でもオールラウンドに履きこなせるブーツと言えるでしょう。

スノーボード ブーツ 靴 18-19 SALOMON【サロモン】LAUNCH LACE SJ ラウンチレースストレートジャケット

サロモンはもともとスキー用品のブランドとして有名ですが、近年はスノーボードも人気が上がってきています。ラウンチの紐は少し細めでトレッキングシューズの靴紐に似ています。フレックスはやや柔らかめでサロモンのブーツの中でも扱いやすいモデルです。

クイックレースの特徴とおすすめ

メリット

着脱が超簡単!3つの中では最速で履ける

クイックレースのブーツは紐についた取っ手を引っ張るだけなので締め上げが非常に簡単で着脱にかかる時間も短いです。
また、取っ手を引く力の入れ具合によって締め具合も調節ができるので、紐タイプのブーツの良い点も残っています。

デメリット

余った紐をしまわないと危険

足を締め上げた後の紐は、取っ手に巻きつけてタンの中や横のポケットなどにしっかりしまいましょう。
飛び出した状態で滑っていると、ゲレンデの木や他の人のスノーボード、リフトなどに引っかかってしまいます。
 

履き方・脱ぎ方がメーカーによって違う

クイックレースの紐の締め方・緩め方は各メーカーによって違います。
スノーボードショップに行けば店員さんが履き方・脱ぎ方を教えてくれますので、困ったら相談してみましょう。

クイックレースの人気ブーツ

BURTON バートン ブーツ 16-17 【Moto モト】【アジアンフィット】メンズ 日本正規品 【返品種別SALE】

出典:Amazon

上級者向けのブランドイメージのあるバートンですが、モトはフレックスが柔らかめで軽く初級者にも扱いやすいモデルです。モトは通常モデルの他に「アジアンフィット」という日本人特有の甲高幅広の足型に合いやすいモデルもありますので、今まで足型が合わずにバートンを諦めていた方は一度試着をしてみてはいかがでしょうか。

17-18 SALOMON LAUNCH/17-18 サロモン ラウンチ/SALOMON ブーツ/サロモン ブーツ/SALOMON スノーボード/サロモン スノーボード/SALOMON サロモン/SALOMON 2017 2018

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

ラウンチはサロモンのブーツの中でも定番のモデルでフレックスはやや柔らかめです。サロモンのブーツのデザインは柄が少ないモデルが多いので、シンプルなデザインがお好きな方にはサロモンも人気です。

ボアの特徴とおすすめ

メリット

着脱時に手の力がいらない

ボアブーツが人気になった一番の要因といっても過言ではないほど、ボアブーツは着脱が簡単です。ダイヤルを回す際の手の力もほとんど必要なく、初めての方でも簡単に履くことができます。

デメリット

修理が面倒

自力での修理が難しく、スノーボードショップに持ち込んでの修理が多いので、多少時間がかかります。修理パーツを取り寄せたり、あるいはメーカーに壊れたブーツを送ることで修理対応をしてもらったりするので2週間〜3週間ほどかかることもあります。

締めわけができない

細いワイヤーで均等に締め上げるため、細かな締め具合の調節はできません。
締め具合を適宜調節しながら滑りたい方は、紐タイプやクイックレースのブーツがおすすめです。

ボアの人気ブーツ

17-18 BURTON バートン MENS メンズ BOOTS スノーボード ブーツ 【MOTO BOA モト ボア 】 日本正規品 【返品種別SALE】

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

バートンのモトのボアタイプです。バートンはもともと独自のダイヤルを開発していましたが、近年はボアを搭載したブーツを出すようになりました。スピードレースタイプと変わらない性能にボアの履きやすさが加わって女性に人気のモデルとなっています。モトのレディースモデルは「バートン ミント」という商品名で探してみてください。

スノーボード ブーツ 靴 17-18 サロモン 【正規品】 (salomon) アイビーボア IVY BOA レディース【店頭受取対応商品】

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

こちらはサロモンのレディースモデルです。フレックスは柔らかめでサロモン独特の大人の雰囲気あふれるかっこいいデザインが特徴的です。サロモンのレディースブーツは可愛い系よりかっこいい系が好きな女性に人気です。アイヴィーはクイックレースモデルもあります。

スノーボードブーツの選び方のポイント4つ

スノーボードブーツの具体的な選び方をみていきましょう。
主に以下の点に注目してみてください。

 

①サイズ

ブーツ選びで最も注目するポイントです。
サイズが小さすぎるブーツは足が痛くなり、大きすぎるブーツは体重が板に伝わりにくくなり滑りづらいです。
 

②フレックス(硬さ)

ブーツ選びにはフレックスという言葉があります。これはブーツの硬さのことです。
硬いブーツは体重をかけたときの反発力が強くなるのでスピードが出やすくなります。柔らかいブーツは反発力は弱くなりますが板が扱いやすくなります。スノーボード初心者の方は柔らかめのブーツがおすすめです。
 

③インナーブーツ

インナーブーツのフィット感にも注目しましょう。
足首の周りのフィット感を自分の足の形に合わせてカスタマイズできるものが人気です。
 

④とにかくたくさん試着してみる

ブーツの選び方のポイントを押さえたら、後はとにかく試着を繰り返します。
まずは値段を気にせず、いろいろなブーツを履いてみましょう。
なんども試着を繰り返すことで、自分にあったブーツの種類が見えてきます。

スノーボードブーツのサイズの選び方

ブーツのサイズの選び方をご紹介します。
サイズ選びはひとつひとつ履いてみるしかありませんが、ここでは最短でベストのサイズを見つけ出す手順をご紹介します。

目安は足の長さ+0.5〜1.0cm

最初に足の実寸を測ります。実寸とはかかとからつま先までの足そのものの長さのことです。スノーボードショップで簡単に測ることができます。
試着の目安になるブーツサイズは足の実寸+0.5〜1.0cmです。足の実寸が26cmだった場合、26.5cm〜27.0cmのブーツから試着を始めましょう。

かかとが浮かず、つま先が当たらない状態がベスト

サイズの目安が決まったら、実際に履いてみましょう。紐をしっかり結び、滑る時と同じ状態にします。歩いてみたり、膝の屈伸運動をしたときにかかとが浮いてしまった場合はサイズが大きすぎる状態です。
つま先がブーツの先端に当たってしまった場合は反対に小さすぎる状態となります。かかとが浮かず、つま先が当たらない状態がベストのサイズとなります。

不安なときは触って確かめよう

つま先のあまり具合は触って確かめることもできます。インナーブーツを取り出しインナーブーツのみを試し履きしてみましょう。インナーブーツは柔らかいので、触ってつま先の位置を確かめることができます。

スノーボードブーツの硬さの選び方

ブーツサイズと同時に、ブーツの硬さを選びましょう。難しく聞こえますが、選び方はとても簡単です。

試着時に膝の屈伸をしてチェックしよう

硬さの確かめ方は試着時に膝の屈伸運動をして、足の力でブーツを曲げてみましょう。この時しっかり体重を乗せることがポイントです。全く曲げることができず足が痛くなったりするようであれば硬さを下げて柔らかめのブーツを試着してみましょう。
曲げた時にはブーツから跳ね返ってくる反発力を感じてください。特にスピード感あふれる滑りを楽しみたい方はこの反発力が強いほどキレのあるターンを決めやすくなります。トリック重視の方はさらに腰を使って体全体を左右にひねってみましょう。スピンを繰り出す際にはこのひねりが重要なので、しっかりひねりを生み出せるかチェックします。

筋力に自信のない人は柔らかめがおすすめ

筋力に自信のない方は最初は中くらいから柔かめの硬さをしたブーツを選びましょう。スピードは乗せづらくなりますが、スノーボード板の取り回しがよくなり操作性が向上します。
硬さの度合いはスノーボードショップの値札に書いてある場合がほとんどですが店員さんに聞いても教えてもらえるので、店員さんを呼んでいろいろな硬さのブーツを出してもらいましょう。

スノーボードブーツのスタイル別の選び方

スノーボードブーツのサイズと硬さの選び方がわかったところで、滑りのスタイルに合わせたブーツ選びの例をご紹介します。

ゲレンデを気持ちよく疾走したい人の選び方

スピードに乗ってゲレンデの風を感じながら気持ちよく滑りたい方は、紐タイプまたはクイックレースの硬いブーツがおすすめです。
朝から滑りこんでいると午後には足がむくんでいることがあります。足の締め加減を調節できる紐タイプやクイックレースのメリットを活かしましょう。
スピードが出ている状態でのターンは自分の体重をスノーボード板にしっかりと伝える必要があるので硬さは反発力の強い硬いブーツを選びます。

トリック(技)をキメて目立ちたい人の選び方

スピンやプレスなどのトリックを華麗に披露して周りに注目されたい方は紐タイプまたはクイックレースの柔らかいブーツを選びましょう。トリックの練習も足にかなりの疲労がたまります。疲れ具合に合わせて靴紐の締め加減を調節しましょう。硬さは柔らかいブーツでトリックに重要なひねりを生み出しましょう。

まずは着実に上手くなりたい人の選び方

自分のスタイル探しより、まずは着実にスノーボードが滑れるようになりたい方はクイックレースまたはボアの柔らかめのブーツがおすすめです。
着脱の簡単なクイックレースやボアのブーツを選び、硬さは柔らかいブーツでスノーボード板の操作性を上げましょう。

インナーブーツの選び方

インナーブーツとは、スノーボードブーツの内側の部分のことです。スノーボードブーツは2層構造になっており、外側のアウターブーツと内側のインナーブーツに分かれています。インナーブーツの性能の良し悪しは足のフィット感に大きな影響を与えます。

自分にぴったりのフィット感を作ろう

「熱成形」や「サーモインナー」と呼ばれるインナーブーツをご存知でしょうか。インナーブーツを専用のオーブンで加熱し、その中に足を入れて待つと自分の足型にインナーブーツをカスタマイズできる機能です。ブランドではディーラックスが有名です。その中でも「低温熱成形」のブーツをおすすめします。低温とつくだけあり、このタイプのブーツはオーブンを使用せず使用者の体温で成形が可能です。つまり履いているうちに勝手に自分の足型にインナーブーツが合わせてくれます。熱成形が可能かどうかはお店の値札表示や店員さんに聞いて確認できます。
 

スノーボードブーツと合わせて使いたいインソール

インソールはインナーブーツの中にある中敷のことです。
バートンやサロモンをはじめとする大手メーカーのスノーボードブーツではインソールが取り外せるようになっています。別売りのインソールと取り替えることでクッション性を上げたり姿勢をよく保ったりできるようになります。

インソールはたらきと選び方

インソールのはたらきは地面からの衝撃を和らげるクッションになったり、かかとのズレを防いだりします。インソールを変えることで足の裏から姿勢づくりのサポートをしてくれるので、上達を目指す方はインソールにも注目してみましょう。しかし、ただインソールを使えば上手くなるわけではありません。下の動画はスキーヤー向けにインソールを利用する際の注意点を紹介したものです。

スキーヤーを対象にした動画ではありますが、スノーボードでも全く同じことが言えます。インソールを使用する際は、ただクッションになるだけのものではなく足の機能を整えてくれる機能があるものを使用する方がベターです。

返金オプション付きのスーパーフィートがおすすめ

インソールはスーパーフィートがおすすめです。その機能は足本来のクッション性やバランス感覚を上げることを狙いとしています。使った感想としては何より足が疲れない!さらにブーツのフィット感が上がったしたように感じます。スーパーフィートをおすすめする理由はもう1つ、値段が4800円〜6000円とかなり高いですが購入日から60日間快適保障という返金保障がついています。約2ヶ月ですから1シーズン使ってみて合わなかったら返品できます。中級者、上級者にも大人気のインソールです。
 

スノーボードブーツをレンタルするときの選び方

スノーボードをはじめたばかりの方は、スキー場にあるレンタルショップを利用することが多いのではないでしょうか。レンタルショップでスノーボードギアを借りるときの選び方を押さえておきましょう。

スノーボードブーツのグレードアップはできるならやっておこう

レンタルショップのグレードアップオプションがある場合は利用をおすすめします。レンタルショップの中には、基本的なレンタルプランに1000円〜5000円程度の追加料金を支払うことで性能の良い板やブーツをレンタルできるグレードアッププランを設けているところがあります。グレードアップすることで、ボアやクイックレースなどの種類や硬さの選択肢が広がります。
 

スノーボードショップで購入するときの選び方

スノーボードに慣れてくると自分専用のギアが一式欲しくなってくるものです。ここではスノーボードショップに行ったときの選び方をご紹介します。
 

スノーボードギアを一式揃える場合の選び方

スノーボード板・ビンディング・ブーツの一式購入をする時の選び方のポイントはブーツを先に選ぶことです。購入の予算もブーツ選びに優先して割くようにしましょう。板やビンディングを先に決めてしまうと、残った予算の中でブーツを選ぶので選択肢が狭くなってしまいます。

通販でスノーボードブーツを購入するときの選び方

今日では通販サイトやフリマアプリの充実に伴い、スノーボードギアはインターネットを使って容易に手に入ります。しかし、試着もしていないブーツをいきなり購入はおすすめできません。
「安いから」「バートンやサロモンは人気だから」という理由で試着もせずに通販サイトで購入することはリスクがあります。通販サイトを利用したい場合は必ずお店に足を運んで同じブーツで試着をして、その上で購入しましょう。

スノーボードブーツのお手入れ

スノーボードブーツを滑り終わった後のお手入れも大切です。
長く使い続けるために、家やホテルに着いたらしっかりとお手入れをしましょう。

滑り終わったら

滑り終わって下山する時はブーツについた雪をしっかり払いましょう。特にソール(ブーツの裏)には雪が詰まっているので、丁寧に落とします。乾いたタオルなどを持参して、水気を拭き取ってあげるとより効果的です。
家やホテルについた後は、アウターブーツからインナーブーツとインソールを取り出して別々に乾かしましょう。濡れたまま放置いておくと雑菌が繁殖してにおいのもとになります。

シーズンを終えるときは

スノーボードのシーズンが終了したら、来年のシーズンへ向けてブーツのメンテナンスを行いましょう。まずはアウターブーツについた汚れを使わなくなった歯ブラシや濡らした布などで落とします。その後はアウターブーツ、インナーブーツ、インソールに分解して直射日光を避けてよく乾かしましょう。
乾いたらもう一度組み立て直し、ブーツが型崩れしないように紐を結びなおします。最後にブーツの中に乾燥材や丸めた新聞紙を入れて、室内で保管します。ブーツケースがある場合はケースに入れて、購入した時の箱があればそれでもOKです。

スノーボードのシーズンイン前にやっておくこと

シーズンイン前には必ずブーツを試し履きしましょう。経年劣化といい、スノーボードギアは年月が経っていくうちにだんだんと性能が落ちてきます。スノーボードブーツの場合は、アウターブーツが割れてきます。
特にかかとの周りはビンディングとの摩擦があるため、痛みやすいです。ひび割れがある際には交換の目安になりますのでブーツを新調するようにしましょう。
押入れから出しもしないままスキー場まで行ったら壊れている…!ということがないように、スノーボードのシーズンが来たら必ず劣化具合をチェックするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。スノーボードブーツの種類と選び方、保管方法までの基礎的な知識が身についたと思います。スノーボードブーツの選び方をマスターできれば上達も早くなりスノーボードがもっと好きになってきます。自分に合ったブーツを見つけて、快適で安全で最高なスノーボードライフを送ってください。