チタンカップとは?優れた性能をもつおすすめチタンカップ10選をご紹介!のイメージ

チタンカップとは?優れた性能をもつおすすめチタンカップ10選をご紹介!

軽くて丈夫なチタンを素材にしたカップが人気です。チタンカップは保冷・保温能力の高さや、人体に優しいなどメリットが数多くあります。そんな優れもののおすすめチタンカップを厳選してご紹介、選び方のポイントについても解説します。

2020年06月07日更新

ironman17
ironman17
バイクにテントを積んで日本を一周した経験から、キャンプのノウハウや旅の知識についてを執筆しています。国産旧車のレストアも手がけており、バイクいじりやDIYについての情報も発信していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. チタンカップ
  2. おすすめチタンカップ①
  3. おすすめチタンカップ②
  4. おすすめチタンカップ③
  5. おすすめチタンカップ④
  6. おすすめチタンカップ⑤
  7. おすすめチタンカップ⑥
  8. おすすめチタンカップ⑦
  9. おすすめチタンカップ⑧
  10. おすすめチタンカップ⑨
  11. おすすめチタンカップ⑩
  12. チタンカップの特徴
  13. チタンカップの利点
  14. チタンカップのブランド
  15. 魅力あふれるチタンカップを手に入れよう

チタンカップ

みなさんはチタンカップというとどんなイメージを持っているでしょうか。チタンは軽量でありながら耐久性も高く、保冷や保温の性能にも優れています。また値段は少々高いものの、その独特の風合や質感など金額に見合うだけの魅力も数多く持っています。そんな優れた性能を持つチタンカップのおすすめ商品を厳選してご紹介します。またチタンカップの特徴や、選ぶ際のポイントについても解説します。

おすすめチタンカップ①

トークス 375ml カップ

「ウッドバーニングストーブ」という名のネイチャーストーブで世界的に人気の高い、トークスアウトドアのチタン製カップです。トークスアウトドアはこのネイチャーストーブだけでなく、さまざまなチタン製キャンプグッズを作っていることでも知られています。そのバリエーションはカップだけにとどまらず、クッカーやカトラリー、ペグなど高品質で軽量・コンパクトなチタン製品を数多くラインナップしています。

トークス 375ml カップの特徴

商品名に「カップ」と銘打っているものの、オプションの蓋とセットで鍋のような使い方もできる便利なチタン製のカップです。375ミリリットルという小さなサイズが、少量の水を短時間で沸騰させるのに非常に便利です。トークスのチタンの技術が極薄で50グラムという、軽量なカップを実現しました。

トークス チタニウム カップ 375ml TOAKS Titanium 375ml Cup
楽天で詳細を見る

トークス 375ml カップの基本スペック

材質:チタニウム
構造:シングルウォール
サイズ:口外径85㎜×底外径80㎜×高さ75㎜
重量:鍋本体50g、蓋15g、ケース12g
備考:スタッフサック付属

おすすめチタンカップ②

MSR チタン製マグカップ

MSR(マウンテンセーフリサーチ)はアメリカのシアトルに本拠を置くアウトドアメーカーです。その名前からも想像できるとおり、山岳テントをはじめとした高機能なアウトドアグッズで登山家に人気のブランドです。登山において必須条件として求められる軽量・コンパクトを追求したこだわりの商品作りは、チタン製マグカップといった小さな道具にもしっかりといかされています。

MSR チタン製マグカップの特徴

50グラムと超軽量を実現したシングルウォールマグカップでありながら、十分な強度を確保しておりキャンプでのラフな使用にも抜群の耐久性を誇ります。同じMSRのチタン製ケトルコッヘルクッカーにスタッキングできるので、セットで使うことによりコンパクトに持ち歩けてたいへん便利です。

MSR(エムエスアール) チタン製マグカップ 39160カップ キャンプ用食器 アウトドア テーブルウェア テーブルウェア(カップ) アウトドアギア
楽天で詳細を見る

MSR チタン製マグカップの基本スペック

材質:チタニウム
構造:シングルウォール
容量:400ml
重量:50g

おすすめチタンカップ③

スノーピーク チタンダブルマグ

スノーピークは金属加工技術や良質なチタン製品で知られる、新潟の燕三条に本拠を置く総合アウトドアメーカーです。スノーピークのアウトドアグッズはそのデザイン性の高さでも人気ですが、そのハイセンスなスノーピークのデザインと、燕三条の信頼性の高いチタニウム加工技術が一体となったチタンマグカップもまた、本物を愛するキャンパーから高い人気を誇っています。

スノーピーク チタンダブルマグの特徴

スノーピークのチタンマグには一重構造のシングルと二重構造のダブルがありますが、ご紹介するこちらのマグカップは二重のダブルウォールタイプになります。重量もシングルほどではないものの通常のマグカップと比較するとずいぶん軽くできています。なんと言っても二重構造ならではの保温・保冷能力の高さが魅力ですし、熱いものを入れても直接口をつけられるのもダブルならではの利点です。

【送料無料】スノーピーク(snow peak) チタンダブルマグ 300 フォールディングハンドル 300ml MG-052FHR【あす楽対応】【SMTB】
楽天で詳細を見る

スノーピーク チタンダブルマグの基本スペック

スノーピークチタンダブルマグ300ml
材質:チタニウム
構造:ダブルウォール
容量:300ml
サイズ:76×76×86mm
重量:106g
備考:フォールディングハンドル、メッシュケース付き

おすすめチタンカップ④

SUSgallery 真空チタンカップ

SUSgalleryは金属加工の街として有名な、新潟の燕三条が発祥の金属洋食器メーカーです。もともとはステンレスを材料に魔法瓶などをつくっていましたが、チタンという素材の可能性に注目し試行錯誤の末に真空二重構造のタンブラーの開発に成功しました。同社の誇るチタン加工技術が遺憾なく発揮されたカップがこの真空チタンカップです。

SUSgallery 真空チタンカップの特徴

SUSgalleryのチタン製品の特徴である表面の微妙な凹凸は、陶器のような質感で手に馴染みます。これは表面加工時に原料であるチタンを結晶化させることによって生まれます。マグカップなのに持ち手が不要なのは、真空二重構造によって熱いものを入れても外に熱が伝わらないSUSgalleryのチタン技術のなせる技です。無機的なイメージになりがちなチタンですが、6色のカラー展開の中から好きな色味を選べるのも嬉しいところです。

【真空 チタン】【SUSgallery(サスギャラリー)/新潟県 】[送料無料]S-280/タイタネスタンブラー ワイン カブリブルー(チタンカップ/ビールグラス/ぐい呑み/コップ/真空断熱タンブラー/国産/日本産/職人)
楽天で詳細を見る

SUSgallery 真空チタンカップの基本スペック

素材:チタニウム
構造:ダブルウォール
容量:280ml
サイズ:72×72×86㎜
重量:95g

おすすめチタンカップ⑤

SUSgallery タイタネス真空チタンタンブラー

SUSgalleryのチタンを使った真空二重構造の利点をもっとも味わえるのが、この真空チタンタンブラーだと言えます。高い保冷力はビールを注いだときの温度のまま長時間キープすることが可能なばかりでなく、旨いビールには欠かせないきめの細かい泡を保持する能力にも優れています。二重構造のおかげで冷たいビールを注いだときにつきものである結露とも無縁で、コースターがなくても手やテーブルを濡らすことがありません。

SUSgallery タイタネス真空チタンタンブラーの特徴

SUSgalleryのシンボルともいえるチタンの結晶化の過程でできる表面の独特な凹凸は、タンブラーを持つ手に馴染んで滑りにくくする効果もあります。二重構造でありながらSUSgalleryの持つチタン加工技術によって極薄に仕上げられた飲み口は、ガラス製のタンブラーと遜色ないほどのやわらかな感触を実現しています。

【真空断熱 タンブラー チタン】【SUSgallery(サスギャラリー)/新潟県】[送料無料]タイタネスタンブラー ビア ライムグリーン(チタンカップ/ビールグラス/ぐい呑み/コップ/真空断熱タンブラー/国産/日本産/職人)
楽天で詳細を見る

SUSgallery タイタネス真空チタンタンブラーの基本スペック

素材: チタニウム
構造:ダブルウォール
容量:400ml
サイズ:直径76mm×高さ145mm
重さ: 約142g

おすすめチタンカップ⑥

エバニュー チタン二重マグカップ

小型・軽量で火力の強いアルコールストーブで有名なエバニューは、背負子やアイゼンなど本格的な登山用品のメーカーとしても知られています。そんなエバニューのチタン製品もまた、キャンプや登山など実際のフィールドでの利便性を徹底的に追求したヘビーデューティさが特徴で、軽量・コンパクトでありながら細部まで使いやすさにこだわった商品となっています。

エバニュー チタン二重マグカップの特徴

二重構造のチタン製マグカップでありながら非常に軽量・コンパクトにできています。持ち手は折りたたみ式のため、同じエバニューのクッカーやアルコールストーブとともにスタッキングでき、携帯製にも優れています。ダブルウォールの高い保温・保冷能力により、カップとしてだけでなくクッカーとしての使い方も可能です。把手とロゴの赤がアクセントとなりフィールドでも映えます。

エバニュー (EVERNEW) チタンWマグカップ300FH RED EBY269R [分類:アウトドア用品 カップ・マグ]
楽天で詳細を見る

エバニュー チタン二重マグカップの基本スペック

素材:チタニウム
構造:ダブルウォール
容量300ml
サイズ:径7.6×深さ7.2cm
重量:96g

おすすめチタンカップ⑦

イーピーアイシングル チタンマグ

キャンプ用ストーブやその燃料であるOD缶で知られるイーピーアイは、もともとイギリス発祥の登山家などに向けたストーブやランタンのブランドでした。やがて日本に本拠を移し、クッカーやテーブルウェアの製造・販売もスタートさせます。イーピーアイのチタンマグも、同社のガスカートリッジやストーブと同様に、登山などの過酷な環境下でも使用できる信頼性の高さで、多くのキャンパーから支持されています。

イーピーアイシングル チタンマグの特徴

シングルウォールならではの軽量さと、折りたたみ式の把手を採用することによるコンパクトさの実現により、荷物を極力減らしたミニマリストにもおすすめです。オプションでカップにぴったり合う蓋もあり、同時に使うことでそのままコンパクトなクッカーとして使用することもできます。高性能でありながら他社のチタン製カップと比べ低価格な非常にコストパフォーマンスの高いチタンカップと言えます。

EPI(イーピーアイ) シングルチタンマグ カバーセット 330ml T-8114
楽天で詳細を見る

イーピーアイシングル チタンマグの基本スペック

素材:チタニウム
構造:シングルウォール
容量:330ml
サイズ:本体/H90×Φ79mm、カバー/Φ86mm(内径Φ80mm)
重量:本体/56g、カバー/14g
備考:メッシュケース付き

おすすめチタンカップ⑧

ノルディスク チタンマグカップ

おしゃれなコットン製のティピーテントで知られる北欧のアウトドアブランドがノルディスクです。ラグジュアリーでゴージャスなグランピングのムーブメントを日本にもたらしたのも、ノルディスクの功績と言って過言ではないでしょう。そんなノルディスクのチタンマグもまた、軽量で高性能な上にスタイリッシュなデザインで人気があります。

ノルディスク チタンマグカップの特徴

保温・保冷能力に優れるダブルウォールでありながら80グラムと軽量で、折りたたみできるハンドルとあいまって携帯性は抜群です。高性能を追求するあまり無骨なデザインが多いチタンカップの中にあって、北欧ならではの洗練されたデザインは高級感もしっかり持ち合わせています。カップ底面にはノルディスクのシンボルであるしろくまがプリントされ、遊び心も忘れていません。

ノルディスク チタニウム ダブルウォール マグカップ 220ml NORDISK Titanium Mug Double-Wall 220 [119030] (キャンプ用品 キャンプ用食器 アウトドア)【SUMMER_D18】
楽天で詳細を見る

ノルディスク チタンマグカップの基本スペック

素材:チタニウム
構造:ダブルウォール
容量:220ml
サイズ:80×70㎜
重量:80g
備考:メッシュバッグ付き

おすすめチタンカップ⑨

ホリエ チタン製二重タンブラー窯創り

金属加工の街である新潟県燕市で、純国産にこだわってチタン製品を製造している会社がホリエです。そのプロダクトはテーブルウェアのみにとどまらず、高級車のプレートやバイクのテールキャップ、アクセサリーなど多岐にわたります。中でももっとも人気の高いのが、同社の金属加工技術が凝縮したようなチタン製のタンブラーです。

ホリエ チタン製二重タンブラー窯創りの特徴

1055度もの高温の窯から作り出されたタンブラーは、その証とも言えるデコボコした表面のフォルムとともに、同社のラインナップの中でも最高ランクの保温・保冷能力を獲得しました。ホリエの独自技術であるチタン酸化被膜により、その場の環境によってバラエティに富んだカラーの変化を楽しめるのも魅力です。

【送料無料】【名入れ無料】【チタン タンブラー】燕三条HORIE(ホリエ)純チタン製 二重タンブラー 窯創り PREMIUM 350cc グラデーションブラウン保温 保冷 おしゃれ カップ【日本製】
楽天で詳細を見る

ホリエ チタン製二重タンブラー窯創りの基本スペック

素材:チタニウム
構造:ダブルウォール
容量:350ml
サイズ:径70×高さ135㎜
重量:115g

おすすめチタンカップ⑩

マーベリック チタンカップ

日本のモータースポーツの聖地として名高い三重県の鈴鹿で、チタン製のオートバイマフラーを長年製造してきたメーカーがクラフトアルマジロです。そのチタン加工技術をテーブルウェアの世界に応用し、保温・保冷性能の高さと、独特のデザインで人気の高いブランドがマーベリックのチタン製品です。

マーベリック チタンカップの特徴

クラフトアルマジロがオートバイのチタン製マフラー加工技術で培った曲線の曲げや溶接の技は、マーベリックのチタンカップにも遺憾無く発揮されています。オートバイのサイレンサーのエンド部分そのままのユニークな形状のカップは、その遊び心溢れる奇抜なデザインだけでなく、持ちやすさ、飲みやすさも兼ね備えています。一点一点手作業で丁寧につけた独特なチタニウムの焼け色も大きな魅力です。

◆MAVERICK◆マーベリック チタンカップ『バンブー』
楽天で詳細を見る

マーベリック チタンカップの基本スペック

素材:チタニウム
構造:シングルウォール
容量:150ml
サイズ:縦120mm×横100mm(取っ手を含む)×奥行70mm
重量:110g

チタンカップの特徴

チタンという素材について

チタンは1948年に工業生産を開始した、比較的新しい金属です。その最大の特徴は、「軽い」「強い」「錆びにくい」の3点が挙げられます。重さに関しては、鉄の2/3程度の軽さしかありません。また強さに関しては、鉄の2倍、銅の3倍の強さがある上に、しなり強度もあるため非常に割れにくいのが特徴です。また熱に対しても非常に強い特性をもっています。錆びに関しては、海水に対して非常に強く、その防錆性能はプラチナに次いで高い金属です。これらの特性が、タフさを求められるアウトドア用のカップなどに適している理由と言えます。

シングルウォールとは

シングルウォールとは、文字通り一重構造のチタンでできたカップです。一番のメリットは軽くコンパクトにできることです。また直火に直接かけて中のものを温めることができます。一方で保温・保冷性能はそれほど高くはありません。

ダブルウォールとは

ダブルウォールとは、壁を二重構造にして間に空気層を作ることによって、保冷・保温効果を高めた構造のカップです。間の層を真空構造にして、さらに断熱効果を高めたものもあります。また結露しにくく、カップの外側があまり濡れないのもダブルウォールのメリットです。一方で直火にかけられないことと、シングルウォールにくらべて重量が重くなってしまうのがデメリットと言えます。

シングルとダブルどちらを選ぶべきか

チタンカップを選ぶ際、シングルウォールかダブルウォールのどちらにするかで迷われる方も多いでしょう。荷物をできるだけ軽く、コンパクトにしたい場合はシングルがおすすめです。また直火に載せて温めなおしたり、焚き火の横に置いて温めながら飲みたい場合にもシングルが適しています。また氷が溶けて飲み物が薄まったり、温かい飲み物が冷めるのが嫌な場合は、断然ダブルがおすすめです。またカップを片手に書類を書いたり、本を読んだりと紙を扱う場合、結露が起こりにくくカップの外側が濡れないダブルウォールが向いています。

チタンカップの利点

チタンカップのメリット

チタンカップには多くの魅力的なメリットがあります。ここでは数あるチタンカップの利点から、いくつかを挙げてみます。

軽い

素材であるチタニウムは金属の中でも軽量なため、そのカップも軽く作ることができます。

飲み口が熱くならない

チタンカップは薄く、熱伝導率も低いため、熱い飲み物を入れてもあまり飲み口が熱くならず、口を直接つけて飲むことができます。

人体にやさしい

人体親和性が高く害が少ないので、アレルギーの心配があまりありません。また金属特有の臭みが少ないのもチタンの特徴です。

独特の質感がある

チタンの製造過程でできるザラザラとした風合も魅力の一つです。また長く使い続けることによって、チタン特有の美しい焼け色になり、カップを育てていくような喜びも味わえます。

チタンカップにデメリットはある?

チタニウムは鉄やステンレスといった一般的な金属に比べ、加工しづらいという特徴があります。そのためどうしてもカップを作り出すのに手間がかかり、製品の価格が高くなってしまうことがデメリットと言えます。でもチタンという素材が持つ多くのメリットは、高い金額を払っても十分見合うだけの効果をもたらしてくれることを考えると、一概に値段の高さはデメリットとはならないということは言えます。

チタンカップのブランド

燕三条ブランド

新潟県のほぼ中央に位置する燕市と三条市は、昔から洋食器などの金属加工が盛んな地域として知られています。そんな燕三条の腕のいい職人たちが、テーブルウェアの素材として目をつけたのがチタンという素材でした。そして生み出された高品質なチタン製の食器は、燕三条ブランドとして全国的に有名になっていきます。チタンカップのトップブランドとして名をはせるSUSgalleryやホリエも、燕三条に本拠を構えるメーカーです。

アウトドア専門ブランド

軽量・コンパクトで保冷・保温能力の高いチタンは、アウトドア用のカップにとっても最適な素材です。そのため国内外の多くのアウトドアブランドが、早くからチタンという素材に着目し、アウトドアカップをラインナップしています。これらのカップはアウトドア用としてはやや値段が張るものの、基本性能や耐久性の高さから長く使い続けることができるカップとして、多くの登山家やキャンパーに愛用されています。

魅力あふれるチタンカップを手に入れよう

魅力いっぱいのおすすめチタンカップや、選ぶ際のポイントについてご紹介してきました。チタンカップは値段は高いものの、基本性能の高さや独特の風合など価格に十分見合うだけのメリットも多くあります。そのため一度チタンのカップを使用するとその虜となって、長く使い続ける人が数多くいます。みなさんもぜひチタンカップを手に入れて、その魅力を体験してみてください。

関連するまとめ

おすすめの記事