コールマンのクーラーボックスおすすめ14選!保冷力・容量を比較してご紹介!のイメージ

コールマンのクーラーボックスおすすめ14選!保冷力・容量を比較してご紹介!

キャンプに行くのならクーラーボックスは欠かせません。コールマンのクーラーボックスなら高品質で品揃えもバッチリです。そんなコールマンのクーラーボックスのおすすめを保冷力や容量を比較して紹介していきます。お気に入りの1台を見つけてください。

2018年06月02日更新

sakuraryosukec34
sakuraryosukec34
頑張ります
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. コールマンとは
  2. コールマン クーラーボックスについて
  3. コールマン クーラーボックスの保冷力
  4. コールマン クーラーボックスの選び方
  5. コールマン クーラーボックスおすすめ14選①
  6. コールマン クーラーボックスおすすめ14選②
  7. コールマン クーラーボックスおすすめ14選③
  8. コールマン クーラーボックスおすすめ14選④
  9. コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑤
  10. コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑥
  11. コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑦
  12. コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑧
  13. コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑨
  14. コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑩
  15. コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑪
  16. コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑫
  17. コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑬
  18. コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑭
  19. コールマン クーラーボックスの収納性
  20. まとめ

コールマンとは

myfavorite_antiquesさんの投稿
32307836 197697837527054 8256928838190104576 n

誰もが知っているアウトドアメーカーのコールマン。比較的、全国で展開しています。そのコールマンショップに行けば、アウトドア商品が何でも揃っています。ビギナーキャンパーからベテランキャンパーまでいろんなアウトドアシーンで役に立つ商品が見つかります。

コールマンの魅力は

myfavorite_antiquesさんの投稿
31270435 366594593843306 2706701244776316928 n

コールマンは、アウトドアの元祖として、日本全土にアウトドアを広めてきました。長い間の技術や知識で、ソロキャンプやデイファミリーキャンプなど幅広いシチュエーションに対応できる商品を取り揃えています。使いやすさもコールマンの魅力の一つで、比較的、ビギナーキャンパーでも簡単に使えるアイテムが多く揃っています。

コールマン クーラーボックスについて

knt_c.styleさんの投稿
22352247 192224608009098 1524539443904512000 n

キャンプに行くことになれば、欠かせないものがクーラーボックスです。夏場は、肉やドリンク類をクーラーボックスに入れないとかなりやばいことになります。コールマンのクーラーボックスには、5つのタイプがあります。どんなクーラーボックスなのか紹介していきます。

タイプ:ハードクーラー

62_akioさんの投稿
20968972 134278510515067 2592285824271777792 n

ポリエチレンのボディは頑丈で、発泡ウレタンなどの断熱材は高い保冷力があります。断熱材は真空断熱パネル、発泡ウレタン、発泡スチロールと種類がありますが、それぞれ保冷力が違います。真空断熱パネルが一番保冷力があるのですが、発泡ウレタンも厚みを厚くすることで断熱効果をアップさせることができます。厚みを約6cmで同様のレベルになるみたいです。デザインも豊富でいろんなカラーバージョンがあります。
 

タイプ:ソフトクーラー

gocchannn.campさんの投稿
12534064 223535981312599 1654516196 n

基本的に、持ち運びは手持ちかショルダーです。弁当用から大きいサイズまで、軽量で、使用していない時は畳めるので収納に便利でコンパクトです。保冷力は氷や保冷剤を一緒に入れておけば十分カバーできます。保冷力の低さから、デイキャンプなどの短期間の使用に便利なアイテムです。

タイプ:ホイール付きクーラー

ryo_photo_styleさんの投稿
32748111 240478933365722 2544737405273899008 n

タイヤ付いていて、車からキャンプサイトまで距離のある所や足場の悪いところでも簡単に運ぶことができます。比較的、持ち物の多いキャンプで、クーラーボックスのサイズに関係なく、楽に引いて転がせられて目的地まで運べます。

タイプ:キャリーオン

noritarou0302さんの投稿
18645628 412868539096106 5253978268507308032 n

ホイール付きクーラーの上に、軽量のソフトクーラーを乗せて一緒に運べます。サブクーラーにぴったりなソフトタイプでクーラーの背面に、キャリーオン専用のスリーブが付いています。ホイール付きハードクーラーのハンドルに通して、落ちないようにしっかり固定できるため楽に移動することができます。

タイプ:パーティースタッカー

park.magicさんの投稿
28154036 284895825374622 1967569873152245760 n

規格でデザインやサイズが統一されていますので、タイプ全てを積み重ねてコンパクトに収納することができます。色で中身を分けたりと、カラフルなので使い方はいろいろあります。材質は、発泡ウレタンなので保冷力の心配はありません。

コールマン クーラーボックスの保冷力

abecampalさんの投稿
22793800 362469734208807 7481967668266795008 n

コールマンでは、クーラーボックスの保冷力を日数で表しています。これは、20℃前後の室温でクーラーボックス内に入れた氷が、溶けきっていない状態で残っている日数のことです。比較的、環境によってこの結果は、変わりますので目安にすぎません。

クーラーボックスの保冷力を比較して

yamax1985さんの投稿
21372917 1834186330168136 7586414229159149568 n

保冷力は、断熱材の素材により異なります。比較すると、発泡スチロール、発泡ウレタン、真空断熱パネルの順に保冷力が高いです。一般的にアウトドア用のコールマンは、発泡ウレタンを採用しています。真空断熱パネルは、小型でも値段が高くなることや、ウレタン性でも、分厚ければ真空断熱と同じくらいの保冷力を持つと言われています。

コールマン クーラーボックスの選び方

選び方:容量(サイズ)

enjoy_campさんの投稿
20347470 1633591596674637 6884144577561755648 n

クーラーボックスを選ぶときは、サイズをよく考えて選ぶことをおすすめします。大は小をかねるとよく言いますがそんなことはありません。容量の大きいものは、どんどんいろんなものを入れてしまいます。その結果かなり重たくなります。そうならないためにも、中身は何を入れるのか、と考えると大きさは決まってきます。どのくらいの容量が必要なのか、用途に合ったものを考えて選びましょう。

選び方:素材

fjcamperさんの投稿
18300070 142758649598442 2147852065999683584 n

ハードタイプは基本、発砲ウレタンを使用していますので保冷力は十分高いです。しかし、サイズや軽量面、収納面は十分であるとは言えません。ソフトタイプは、ハードと比較して、軽量、コンパクトに収納できるのが特徴です。しかし、保冷力には、比較してもかなり厳しい結果になります。それを少しでも補うために、2重構造のタイプも出ています。

選び方:重量:ハードクーラー

erectors_opさんの投稿
18252126 1494308877309123 4030010149329436672 n

本体の大きさが大きいと飲み物などをどんどん詰め込んで、どうしても重くなってしまいます。しかし、ハードタイプは、その対策としてホイール付きを採用しています。持つよりは転がして移動できるほうが断然楽です。ハードタイプは大きさにかかわらず、ホイール付きをおすすめします。

選び方:重量:ソフトクーラー

ソフトタイプも軽量と言いながら、大きさによってはかなり重くなってきます。これも、キャリーオンタイプがありますので、ホイール付きのクーラーボックスの上に載せて転がして一緒に移動できます。軽量でも中身があると重いのでキャリーオンタイプをおすすめします。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選①

コールマン 60TH アニバーサリースチールベルトクーラー 54QT

出典: https://www.amazon.co.jp

アメリカンヴィンテージバージョンで、根強い人気を誇る「スチールベルトクーラー」シリーズの60thアニバーサーリーロゴのデザインがついているモデルです。2Lペットボトルが縦に入るところが特徴のサイズになっています。選ぶ目安になる断熱材の厚さは、約3cmの発砲ウレタンを採用しています。正面にボトルオープナーが付いています。

おすすめポイント

2012gomaさんの投稿
17126097 308544862895111 784982591345262592 n

アメリカのヴィンテージ風のデザインがかっこいいです。ボディカラーもアメリカで家庭の味として親しみのあるカラーを採用していますのでおしゃれな感じがいいです。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選②

コールマン エクスカーションクーラー 16QT

出典: https://www.amazon.co.jp

デイキャンプにぴったりなハンドル付クーラーボックスです。保冷力1日で、容量約15ℓとコンパクトになっています。500mlペットボトルが約16本入るクーラーボックスです。バーベキューなどにちょうどいいサイズで、持ち運びに便利で簡単に運ぶことができます。

おすすめポイント

yumiyumi0731さんの投稿
13671074 1664442853881768 2108189245 n

保冷剤を入れておけば1日くらいは十分冷たさをキープしてくれます。また、ボディはメンテナンスが簡単な素材を採用していますのでその点も魅力です。デイキャンプにはもちろんですが、サブのクーラーボックスとしてもおすすめです。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選③

コールマン エクストリームマリーンクーラー 70QT

出典: https://www.amazon.co.jp

保冷力5日、約66ℓの大容量のクーラーボックスです。紫外線に強いマリーン仕様で表面にUV加工素材が採用されています。ステンレス製のヒンジが採用されているため、錆びにも強いのが魅力です。大きさの目安は、ペットボトル2Lなら約17本、ペットボトル1.5Lなら約18本、ペットボトル500mlなら約32本のいずれかで目安にしてください。

おすすめポイント

手を挟む心配がない安全設計のハンドルや飲み物を置けるカップホルダー、抗菌防臭防カビ加工が施されたライナーなど、高い機能が標準装備されています。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選④

コールマン エスキー 85QT

出典: https://item.rakuten.co.jp

容量約80ℓで、いろんなものが入れられるクーラーボックスです。エスキーシリーズでは更に進化したコールマン史上最高の保冷力を実現しています。白を基調とした清潔感が感じられるデザインが特徴になっています。表面に耐キズ加工が施されているので、ハードなアウトドアシーンでも安心して使えることができます。

おすすめポイント

フタの裏にはまな板の収納スペースがありますので、キャンプやバーベキューなどで本格的な料理がしたい場合にも便利で助かります。厚い断熱材(蓋・底部分/約6.5cm、壁部分/約5cm)を採用していますので、保冷力が抜群で、釣りや猟に適したクーラーボックスと言えるでしょう。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑤

コールマン クーラー エクストリームクーラー/70QT アイスブルー

出典: https://item.rakuten.co.jp

表面にUV加工素材が採用されているクーラーボックスです。紫外線の影響を受けやすい海でも安心して使えることができます。ステンレス製のヒンジが採用されているので、錆びにも強いのが魅力です。保冷力約5日、約66ℓの大容量で、キャンプの連泊にも使いやすい大きさになっています。手を挟まないように安全設計のハンドルを採用しています。

おすすめポイント

コールマンのエクストリーム(ETREME) シリーズは、キャンプ向けの保冷力が高いクーラーボックスです。デザインは、シンプルで容量のバリエーションも豊富です。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑥

コールマン クーラーボックス テイク6

出典: https://www.amazon.co.jp

350ml缶が縦に約6本収納可能なコンパクトクーラーです。近場でのアウトドアやピクニックにおすすめです。フタを開いてひっくり返してスライドさせると丸いくぼみがあり、飲み物を置くことができるトレイとして使用できます。野外でテーブル代わりにもなって便利です。容量は、約4.7ℓとコンパクトです。

おすすめポイント

acohinachocoさんの投稿
30856403 172210403611327 3606895741131292672 n

保冷力は、2日でかなり高いです。キャンプ用としてのクーラーボックスです。収納の目安のサイズは缶が約6本入るほどのコンパクトサイズになっています。ビールなど冷やすものがあまり多くないときや、サブのものとしてもおすすめです。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑦

コールマン クーラーボックス レトロスチールクーラー/28QT

出典: https://item.rakuten.co.jp

スマートキャンプにぴったりのレトロなデザインが光るスチールクーラーです。ハンドルを下げることで、フタ全体の開閉が可能になります。ハンドルを上げるとフタをしっかりとロックできる仕組みになっています。容量は、約26ℓで、500mlペットボトルなら約20本、1.5Lペットボトルなら約8本、2Lペットボトルなら約8本のいずれかの使い方が可能です。

おすすめポイント

knt_c.styleさんの投稿
22352247 192224608009098 1524539443904512000 n

レトロ風なデザインが特徴的なスチールクーラーボックスです。おしゃれなクーラーボックスを探している人にはおすすめです。断熱面では保冷力が低いため、保冷材などを多く入れることで対策をする必要があります。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑧

コールマン デイリークーラー/30Lミント

出典: https://item.rakuten.co.jp

運動会、部活の観戦に最適なモデルです。財布や携帯が入るジッパー付フロントポケットも付いています。使わない時は、折りたたんで軽量、コンパクトに収納できます。容量は、約30ℓで、2Lペットボトルなら約6本、350mlペットボトルなら約40本のいずれかの仕様になっています。

おすすめポイント

yousuteakaさんの投稿
32544723 208357136439360 8208681000947941376 n

このタイプとしては、大きめのソフトクーラーです。保冷力は、期待できませんがデイキャンプなど使い方は、いろいろあります。デザインもカラフルで種類も豊富にあります。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑨

コールマン エクストリームアイスクーラー/35L

出典: https://www.amazon.co.jp

容量は、約35ℓで、大きさの目安は、500mlペットボトルなら約24本、1.5Lペットボトルなら約12本、2Lペットボトルなら約12本といずれかの収納が可能です。ショルダーベルトが付いているので、肩にかけて持ち運ぶことも可能です。

おすすめポイント

バーベキューやキャンプの際に便利で、使用しない時はコンパクトに折りたたんで収納できるのも魅力です。取り外しが可能なライナー部分は、取り外して洗うことができて清潔に保つことができます。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑩

コールマン クーラーボックス ホイールクーラー/28QT

出典: https://www.amazon.co.jp

ホイールクーラー/28QT ホイールとキャリーハンドル付きで移動が簡単で、カラフルな小型ホイールクーラーです。縦に2Lペットボトルが約6本収納できます。ハンドルはコンパクトに収納できるところも特徴です。断熱材は発砲ウレタンで保冷力は十分あります。容量は、約26ℓです。

おすすめポイント

non03naさんの投稿
30604185 1842470289174606 1683912052327841792 n

初心者キャンパーや一泊キャンプなどこのサイズでこの値段はおすすめです。どれにしようか迷っている人には、デザインはシンプル、コンパクトサイズでホイール付きで重くなっても簡単に運ぶことができます。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑪

コールマン ラギッドA/T ホイールクーラー 55QT

出典: https://item.rakuten.co.jp

容量は、約52ℓの大容量クーラーボックスです。ホイールとキャリーハンドルが付いていますので、転がして重い飲み物などを持ち運ぶことができます。仕様は、荒い路面でも活躍できる、丈夫で便利になっています。

おすすめポイント

ykrn1013さんの投稿
19051318 260955641047350 3987800477759700992 n

タイヤホイールには太くて丈夫なモノを採用していて、キャンプ場やバーベキュー場など、荒れがちな路面でも安全に安心して使用できる仕様になっています。キャリーオンタイプですが、本体重量が約7.5㎏なので、あまりにも重たいものを載せて運ぶことは避けたほうがいいでしょう。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑫

コールマン クーラーボックス エクストリーム ホイールクーラー/100QT マリーンブルー

出典: https://item.rakuten.co.jp

容量約95Lの大型サイズのクーラーボックスです。2WAYハンドルなので、両サイドを持って運ぶことも、大きなハンドルを片手で引っ張っても運ぶこともできます。フタにはドリンクホルダー4個と72cmまで測れるスケールが付いています。

おすすめポイント

m_jii38さんの投稿
15306115 1155137434556061 7498073838576467968 n

この容量のクーラーボックスは、一つはほしいものです。アウトドアキャンプには欠かせないこのサイズ感が盛り上がります。なんでも入りそうで、一杯の氷と入るだけのビールを入れてキャンプに出かけたいですね。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑬

コールマン アルティメイトアイスクーラーⅡ/25L(アクア)

出典: https://item.rakuten.co.jp

キャンプやアウトドアに最高の保冷力を発揮するソフトクーラーです。なんと、保冷試験で約40時間以上とかなりの保冷力です。フタには小窓が付いていますのでファスナーで開く大きなフタを全開しなくてもそこからペットボトルを出し入れできます。ソフトクーラーなので軽量、コンパクト、折りたたんで収納することができます。容量は、約25ℓです。

おすすめポイント

kinp2595さんの投稿
22280782 159947934593967 7155134521195626496 n

クーラー内部は2重構造になっていて、アルミ蒸着ライナーと断熱材が保冷力をアップさせていて、裏地のアルミ部分を取り外して洗うこともできます。やはり、デザイン的にも小窓がポイントで冷気を外に漏らしにくいところです。

コールマン クーラーボックスおすすめ14選⑭

コールマン クーラーボックス パーティースタッカー/18QT

出典: https://www.amazon.co.jp

同じタイプであれば、フタと底がピッタリフィットするので安定して重ねることができます。食材からキャンプツールまで分別して収納できるクーラーボックスです。組み合わせ自由でいろんな使い方ができます。2ℓのペットボトルが縦に5本収納できます。容量は、約17ℓです。

おすすめポイント

yu_ho.japanさんの投稿
16123022 930410783761725 4061551117840941056 n

パーティスタッカーシリーズは、3タイプがありますので自分の用途に合ったタイプを選ぶことをおすすめします。カラーも4色ありますので、肉用、ドリンク用、野菜用、道具用などいろんな使い方ができますのでカラフルに揃えてキャンプを楽しみことができます。発泡ウレタン仕様になっているので、中に入れた食べ物や飲み物をしっかり冷やしてくれます。車に積み重ねて乗せて持ち運ぶのができます。

コールマン クーラーボックスの収納性

fain0930さんの投稿
31449007 1948200811859608 1375685004230656000 n

クーラーボックスで保冷力があるのは、やはりハードクーラーです。しかし、収納のことを考えるとそれがベストではないような気がします。

デザイン性

myfavorite_antiquesさんの投稿
29092714 170762740163308 1824514554156023808 n

コールマン クーラーボックスの魅力のひとつに、カラーバリエーションが挙げられます。クーラーボックスといったら白やブルーが多く見られますが、コールマンのクーラーボックスは赤やピンク、イエローなどアウトドアが楽しくなるカラーバリエーションを展開しています。

コンパクト

wakaaaaa_12さんの投稿
22157215 483109145422085 8124527176981676032 n

何といっても収納を重視すると、ソフトクーラーに行きつきます。必要な大きさやサイズをクリアして、折りたたんで収納できるのですから、軽量、コンパクトを重視するならソフトクーラーです。

軽量

taka__2yanさんの投稿
21435887 147638559162507 6180442605910753280 n

前でもソフトクーラーが一番コンパクトと言いましたが、それなら軽量なのもそれではないでしょうか。最近では、ハードクーラーでも軽量な素材を採用していますので、実際、ショップに出向いて比較してみるのも楽しいかもしれません。

まとめ

curry_camperさんの投稿
31210965 751558208384357 7188540416046661632 n

一年を通して野外での活動に欠かせないのがクーラーボックスです。長くきれいに使うためには、メンテナンスは欠かせません。さすがに、コールマンでもメンテナンスは必要です。

クーラーボックスを保冷力・容量で比較

abecampalさんの投稿
22793800 362469734208807 7481967668266795008 n

クーラーボックスを保冷力で比較すると断然、ハードクーラーがおすすめです。コールマンの断熱材は発砲ウレタンを採用していますので保冷力はバッチリです。次に、容量ですが自分に必要な容量は何かを考えて決めていきましょう。経験から言わせてもらえば、大きなクーラーボックスを一つに肉や野菜、ドリンクをまとめるよりも、小さいもので肉用、ドリンク用を別々にしたほうが冷気が逃げなくてベストだと言えます。

コールマン クーラーボックスは

aistagram_1003さんの投稿
21041239 113188512712769 2967439664115351552 n

コールマンのクーラーボックスならどれを選んでも、コールマンらしい高い品質で満足できるでしょう。優れた保冷力と機能性に加えて、おしゃれなデザイン、豊富なバリエーションも人気の秘密です。今年の夏は、お好みのコールマンのクーラーボックスを手に入れて、キャンプライフを楽しみませんか。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ