Twitter
Facebook
LINE

【簡単】トイレをタンクレス風にDIY!リメイクのやり方や骨組みの材料を大公開!

gauyorim

【簡単】トイレをタンクレス風にDIY!リメイクのやり方や骨組みの材料を大公開!

gauyorim

おしゃれなトイレにしたい

トイレもおしゃれにしてこそ素敵なお家

おしゃれなお家に憧れて、お部屋のインテリアにこだわる人は多くいます。毎日暮らす場所ですから、できれば素敵な空間にした方がよいです。好みの家具やインテリア小物をそろえたり、壁にポスターを貼ったりと、お部屋を何かしらリメイクしていることでしょう。ですがトイレは手付かずになりがちです。どんなにおしゃれなお部屋ができても、トイレが寂しいと1つのお家として見た時に行き届いていない印象を与えてしまいます。

トイレはインテリアを油断しがちなスペース

トイレは清潔であれば問題ありませんが、普通のお部屋と同じようにインテリアにこだわる方がお家としての統一感を演出できます。来客があった際には、来客者がトイレを使用する機会もあることでしょう。

その場合に、おしゃれなインテリアのトイレだと好印象を与えられます。逆に手付かずの状態なら、スキを見せてしまいかねません。トイレのインテリアも油断せずに手を加えることがおすすめです。

トイレを居心地のよい空間にする



清潔でおしゃれなトイレは居心地のよいスペースになります。トイレは毎日使用するプライベート空間です。お部屋だけでなくトイレも居心地がよければ、お家にいることがもっと楽しくなります。

仕事で疲れていてもお家に帰って休むことで、元気を回復できるでしょう。来客の際にも来客者にとって居心地がよいと満足してもらえます。今後の付き合いも、よりよい関係へとつながっていく可能性があるのです。

おしゃれなトイレ作りは簡単にできる

ちょっとしたおしゃれなトイレ作りなら、簡単にDIY可能です。こまめに掃除をおこない清潔さを保つことが前提になります。そして寂しいと感じる部分へ小物を置いたり、壁面にはステッカーやリメイクシートなどを貼ってみてください。

たったこれだけのDIYでも、何も手を加えていない状態と比べて印象は大きく変わるはずです。まずはできることから始めてみましょう。手を加え始めるともっとよくしたいという欲求が生まれてきます。

タンクレス風トイレについて



トイレをもっとおしゃれにするタンクレス

上項で解説したように少しでもトイレのインテリアへ手を加えるだけで、十分おしゃれにできます。ですがそれだけだと生活感が出たままです。その原因はトイレのタンクにあります。

このトイレタンクを隠してしまえば、トイレ特有の生活感をなすことが可能です。タンクを隠したトイレはタンクレストイレといいます。タンクレスなトイレは、少し手を加えただけでは表現できないインテリアとなり、おしゃれさが格段にアップするのです。

タンクレスなトイレにリメイクする方法

トイレの野暮ったいタンクを隠す方法はいくつかあります。まず多くの人が思い浮かべるのは、業者に依頼するリフォームでしょう。当然ながら確実きれいにタンクを隠すことは可能ですが、高い費用がかかります。

トイレをおしゃれにしたいからと、高額な出費は難しい場合が多いはずです。それならタンクを隠すことをあきらめてしまうかもしれません。でも費用をかけずタンクレスにできます。それはDIYでタンクを隠す方法です。

タンクレス風トイレにするDIYは簡単にできる

DIYと聞けば自分には無理と避けていませんでしょうか。DIYといっても幅が広く、上項で説明したような簡単なリメイクも立派なDIYです。その延長でタンクレス風トイレにするDIYがおこなえます。

とても簡単なやり方や、木材などの材料をそろえて骨組みを作ることから始める本格的なやり方があり、後項でそれぞれを詳しく解説しますので参考にしてください。自分でトイレのタンクを隠して、素敵なタンクレス風トイレにしましょう。

流行りのタンクレス風トイレDIY

実はトイレのタンクを隠すDIYが流行っています。おしゃれにしたトイレ画像をSNSなどに投稿し共有するのです。SNS上には参考になる素敵なタンクレス風トイレ画像がたくさんありますから、どういうふうにタンクを隠すべきか分からない人も、おしゃれにタンク隠しができます。

材料の使い方のアイデアなど、よいと思ったやり方は積極的に取り入れてみましょう。できあがったら自分もSNSに投稿して自慢してみてください。

レバーや配管類も隠すタンクレス風トイレ

トイレのタンクだけを隠しても素敵なタンクレス風トイレになりますが、レバーや配管類も隠すと完璧です。レバーなどが見えると、どうしても生活感が残ってしまいます。

ただしレバーを隠すことで直接レバーを引けなくなってしまうことに注意が必要です。レバーを隠したために使い勝手が悪くなってはいけません。不便なくレバーを引ける工夫を織り込んだ上で、タンク全体を隠すDIYをおこなっていきましょう。

タンクレス風トイレをDIY!簡単なやり方

タンクレス風トイレDIYは2種類ある

タンクレス風トイレにするDIYのやり方は、大きく分けて2種類あります。簡単にすぐできる簡易的な方法か、ちゃんとタンクレスにする本格的な方法です。トイレタンクをただ見えなくすればよいという場合には、簡易的なタンクレス風で十分でしょう。

完全にトイレタンクを隠してしまいタンクレスにしたいなら、本格的な方法でおこなう必要があります。目的をはっきりさせた上で、どちらの方法にするべきか検討してみてください。

すぐにできるタンクレス風トイレ

本格的なタンクレス風トイレにするDIYのやり方は、後項で解説していきます。まずは簡易的な方法の説明です。これはいくつかの材料がそろえばすぐに完成します。骨組みを作ったりレバーまわりの細工は必要ありません。

タンクを隠したらどういう雰囲気のトイレになるのか、とりあえず一度確認してみたいという場合にもおすすめの方法です。タンク隠しが気に入れば、本格的なタンクレス風トイレにリメイクしていくのもよいでしょう。

簡易的タンクレス風トイレに必要な材料

簡易的タンクレス風トイレに必要な材料は、すべて100均ショップでそろえられます。どれも100円(2018/5/15時点の価格)なので、費用の負担もわずかです。購入する材料は、突っ張り棒2本、ジョイントマット、シャワーカーテンか布地、リメイクシートになります。

ジョイントマットは、トイレ上部の天板になります。そこへ何も乗せないのであれば、カラーパネルなど軽い板状アイテムでも大丈夫です。材料はこれだけですみます。

簡易的タンクレス風トイレの作り方

トイレタンクの上部付近へ、突っ張り棒を前後に同じ高さで張ります。前面の突っ張り棒は、トイレタンクの厚みよりも少し広くなるよう手前側にしてください。

突っ張り棒の長さにあう分のジョイントマットをつなげ、天板に見えるリメイクシートを貼り、突っ張り棒の上に乗せます。前面の突っ張り棒にシャワーカーテンを取り付け、トイレタンクを隠して完成です。シャワーカーテンは突っ張り棒から地面の長さにカットしておきます。

着せ替えができる簡易的タンクレス風トイレ

簡易的タンクレス風トイレはシャワーカーテン部分を変えることで、簡単に着せ替えができます。シンプルにスッキリしたトイレを思い描いている場合は、無地の明るい色をしたシャワーカーテンが最適です。

狭いトイレスペースを広く見せる効果もあります。シャワーカーテンまたは布地のデザインしだいで、トイレインテリアの雰囲気を大きく変えることが可能です。おしゃれデザインの布地は多くあるので、いろいろ試してみてください。

タンクレス風トイレをDIY!本格的なやり方①必要な材料

木材を使う本格的タンクレス風トイレ

上項で解説した簡易的タンクレス風トイレは、100均ショップでいくつかの材料を購入し、少しの工程で完成させられる簡単なDIYでした。本格的なやり方の場合は、100均ショップではなくホームセンターで材料を調達します。

骨組みやトイレタンクを隠すカバーなど、材料はすべて木材です。始めて木材を購入する人でも簡単におこなえます。このDIYを一通り終えた頃には、木材でいろいろなアイテムを自作できるようになっているはずです。

材料の調達前に設計図を作る

無計画のままホームセンターへ行っても、どういった木材を購入すればよいのか分かりません。作り上げたいタンクレス風トイレのイメージができたら、最初に設計図を作りましょう。重要なのは正確なサイズです。

サイズが分かれば必要な木材がはっきりとします。それにサイズが間違っていると、木材が大きくてはまらなかったり小さくて隙間が空いたりしてしまうので、計測には注意が必要です。サイズを設計図に書き込んでください。

設計図をもとに木材を調達する

設計図が完成してやっとホームセンターへ木材を調達しに行きます。もちろん設計図は忘れずに持って行ってください。骨組みに必要な木材は角材になります。トイレタンク隠しのカバーは板材です。

設計図を見れば、用意するべき角材と板材の数、サイズが分かります。その通りにそろえましょう。店員さんへサイズを伝えると木材をカットしてくれるお店もあります。木材のカットは手間なので、有料でも依頼するのがおすすめです。

ドリルドライバーがあると便利

木材とネジが基本的な材料になります。他には道具が必要です。木材を扱うDIYをするなら、持っておくと便利な道具がドリルドライバーになります。電動ドライバーの一種で、下穴を開けたりネジをとめたりする作業が簡単におこなえる道具です。

キリと手でまわす普通のドライバーでも作業はできますが、本格的タンクレス風トイレDIYの場合、途中で疲れてしまうことでしょう。他のDIYにも活用できるので、購入を検討してみてください。

タンクレス風トイレをDIY!本格的なやり方②骨組み作り

角材で骨組みを作る

ホームセンターで購入してきた角材を使って骨組みを作ります。自分でカットする場合は、正確なサイズになるよう気をつけてください。角材はネジで接合していきますが、ネジを打ち込む前に下穴を開けないといけません。

下穴を開けることでネジどめしやすくなり、その際に木材へヒビが入りづらくなります。下穴を開けることとネジを打ち込む作業は、上項で解説した通りドリルドライバーを使えば簡単にすませることが可能です。

骨組みへ天板を取り付ける

角材で作った骨組みがタンク隠しのベースになります。骨組みを完成させた次は天板を取り付けましょう。トイレの上部に手洗い器がある場合は、その部分を切り抜かないといけません。

木板を切り抜くことが難しいなら、プラスチックダンボールを天板にしても大丈夫です。ただし1枚だと薄くて耐久性が心もとないので2重にしてください。また、水が出るたびに天板の裏側へ水がはねるため、PPシートなどを貼っておくのがよいです。

トイレタンク隠しの木板を作る

骨組みの前面へトイレタンク隠しの木板を取り付けますが、その前に加工が必要です。レバーまで隠してしまうと水が流せないので、その部分を切り抜きます。

レバーも隠す場合には木板を切り抜かずに穴を開けて、そこへヒモを通しヒモでレバーを引けるように細工してください。

それと便座まわりも切り取らなければ、その部分が当たってしまいトイレタンク隠しを設置できません。プラスチックダンボールでも代用することが可能です。

トイレにタンク隠しを設置する

骨組みに天板とカバーを取り付けたらトイレタンク隠しの完成です。あとはトイレタンクの場所に設置するだけで、タンクレス風トイレに仕上がります。サイズを正確に測り、設計図通りに正しくDIYしたのであれば、トイレにぴったりとハマるはずです。

材料を木材だけでDIYした場合、木の風合いが素敵なことでしょう。でもリメイクをほどこして、もっとおしゃれに加工するのがおすすめです。次項より詳しく解説していきます。

タンクレス風トイレをDIY!本格的なやり方③リメイク

トイレタンク隠しをおしゃれにアレンジする

DIYしたトイレタンク隠しにアレンジを加えることで、おしゃれなタンクレス風トイレが完成します。木材やその他の材料が素のままの状態だと、どこか手作り感のある野暮ったい印象になってしまうのです。

おしゃれアレンジは簡単におこなえますので、DIYの仕上げとして考えてください。アレンジに必要なものは、100均に100円(2018/5/15時点の価格)で販売されているアイテムで十分です。ただし塗装の場合は一部の塗料を除きます。

簡単におしゃれアレンジできるリメイクシート

100均のリメイクシートだけでも、おしゃれなタンクレス風トイレに仕上げられます。リメイクシートは木板、レンガ、タイルといったように、いろいろな柄の種類がたくさんあって、理想のトイレインテリアにマッチするデザインがきっと見つかるはずです。

ナチュラルな雰囲気や、男前系にブルックリンスタイルなど、流行りのテイストのデザインがそろっています。天板やカバーに貼って簡単にアレンジしてみましょう。

アンティーク調の本格塗装で高級感を演出

アンティーク調で高級感のあるトイレだと、毎日リッチな気分ですごせることでしょう。アンティーク調にアレンジするには塗装がおすすめです。トイレタンク隠しの材料は、すべて木材を使っていることが前提になります。

使用する塗料は木材用のワックスやオイルです。まず木材の表面を研磨(けんま)してから塗装をほどこします。より美しい風合いを表現するために、二度塗りがおすすめです。十分に乾かすことがポイントになります。

タンクレス風トイレをDIY!おしゃれな事例①

デザインをまわりの壁面と統一する

タンクレスカバーのデザインをまわりの腰壁と同じにして、全体を統一させた事例です。タンクレスが壁面に溶け込んでいて、まとまった印象を与えてくれます。

タンクレス風トイレをDIY!おしゃれな事例②

トイレの内装も家全体のインテリアとあわせる

家の各場所にほどこしている内装を、すべて統一している事例です。濃い色の木板柄をしたリメイクシートを貼って、男前インテリアに仕上げています。トイレを含めてどの場所も同様の内装だから、トイレの扉を開けたままにしていても違和感がありません。

タンクレス風トイレをDIY!おしゃれな事例③

天板部分をディスプレイスペースにする

トイレタンク隠しの天板部分を、おしゃれなディスプレイスペースにしている事例です。天板に強度がなくても、軽い小物であれば問題なく乗せられます。さらに100均ショップでも販売されているフェイクグリーンをあしらうと、さわやかな印象を与えることが可能です。

タンクレス風トイレをDIY!おしゃれな事例④

トイレ全体の雰囲気を統一する

トイレ全体の雰囲気が統一されるように、タンクレスカバーだけでなく、トイレットペーパーホルダーやタオル掛けといったアイテム、それに壁紙にも気を配っています。

タンクレス風トイレをDIY!おしゃれな事例⑤

手洗い器のスペースを有効活用する

手洗い器は水が流れるので何も置けないと思われがちですが、水に濡れても問題のない小物を置くとおしゃれなディスプレイになります。

タンクレス風トイレをDIY!おしゃれな事例⑥

タンクレスカバーにあわせた小物をDIYする

タンクレスカバーを設置しただけだと寂しい場合、小物などを飾りたくなります。その飾りはタンクレスカバーのデザインにあわせて、自作してみてはいかがでしょうか。

タンクレス風トイレをDIY!おしゃれな事例⑦

壁面もタンクレスカバーのデザインとしてとらえる

タンクレスカバーのデザインの延長として、そのまわりの壁面も活用してみてください。ナチュラルな雰囲気のタンクレスカバーに、木のウォールステッカーがマッチしている事例です。

タンクレス風トイレをDIY!おしゃれな事例⑧

アレンジを変えて気分転換する

リメイクシートによるアレンジなら簡単におこなえます。時々違うデザインのリメイクシートに貼り替えて、気分転換するのもおすすめです。

タンクレス風トイレをDIY!まとめ

トイレをタンクレス風にリメイクするDIYのやり方を解説してきました。トイレタンクを隠さなくてもおしゃれな空間にできますが、タンクレスはより高いグレードの印象を与えることが可能です。

トイレインテリアにこだわるなら、タンクレス風トイレのDIYにチャレンジしてみましょう。おしゃれな事例を参考にすると、イメージが固まりやすくなります。そこへ自分なりのアレンジを加えて、素敵なトイレ作りをしてみてください。

トイレのリメイクDIYが気になる方はこちらもチェック!

今回はタンクレス風トイレDIYのやり方について解説しましたが、トイレをおしゃれにリメイクする方法についてもっと詳しく知りたい、そのDIYに役立つ100均アイテムが気になるという方は、下記のリンク記事を読んでみてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

実は中身がコピー用紙!ハロウィンのリースを安く簡単に作る方法・手順を紹介🎃✨

今回はかわいいハロウィンリースを作る過程をご紹介しました! 100均ダイソーで購入した「ハロウィン柄のリボンテープ」やオレンジ色の毛糸を使って、コピー用紙で作った棒にくっつけていくだけ! 用意するも...

釣りのラジオ釣りラじ「第51回俺カラー登場!!」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ▼釣りラジをSpo...

このやり方で可愛くボリュームが出ます✨ハロウィンリボンカチューシャのおすすめの作り方解説🎀

今回は100均ダイソーで購入した「ハロウィン柄のリボンテープ」を使って、かわいいリボンカチューシャを作る過程をご紹介しました! 用意するものは下記です。 【材料】 リボン(約1m10cm使用・ワイ...

根がかりしても、それでもメタルジグを投げるワケ

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

手作りハロウィンプレゼントにおすすめ!こうもりガラスドームキーホルダー🦇

今回は100均セリアで購入した「蝙蝠の羽根のガラスドーム」を使って、かわいいキーホルダーを作る過程をご紹介しました。 ちなみにセリアには他にもカボチャ等、いろいろなタイプのものがありました! 用意す...