Twitter
Facebook
LINE

「オールマウンテンジャケット」の気になるサイズ感や街着での着こなし方をご紹介!

masa_tasaki

「オールマウンテンジャケット」の気になるサイズ感や街着での着こなし方をご紹介!

masa_tasaki

ザ・ノースフェイスの「オールマウンテンジャケット」。今回は、アウトドアシーンはもちろん、ストリートシーンでも支持される「オールマウンテンジャケット」気になるスペックやサイズ感など、購入者のレビューを含めて紹介していきます。



「ザ・ノースフェイス」について

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ザ・ノースフェイス(The North Face)の人気商品「オールマウンテンジャケット」。ザ・ノースフェイスの「オールマウンテンジャケット」を紹介する前に、簡単に「ザ・ノースフェイス」についておさらいです。

ザ・ノースフェイスは、1968年に設立されたアメリカ生まれのアウトドアブランド。 ザ・ノースフェイスの機能的な製品はアウトドアアクティビティを楽しむ層から絶大な支持を得てきました。

現在では、数々のストリートブランドとのコラボレーションも行うなど、ザ・ノースフェイスの製品は、街着としての人気も確立し幅広い層からの人気を得ています。

「ザ・ノースフェイス」とストリートファッション

90年代になるとザ・ノースフェイスのウェアはアウトドアシーンばかりでなく、ヒップホップやスケートボードといったニューヨークのストリートカルチャーシーンで街着としての人気を獲得しました。

特にヒップホップアーティストの「Nas(ナズ)」を始めとするアメリカ東海岸のラッパーたちが、ザ・ノースフェイスのジャケットを着こなしたことが人気に火を付けました。日本でもノースフェイスのダウンジャケット「ヌプシ」が街着として大流行しました。

「オールマウンテンジャケット」とは?

ザ・ノースフェイスの「オールマウンテンジャケット」。メンズ、レディースともに人気の「オールマウンテンジャケット」。まずはその特徴を簡単に紹介していきます。



更に機能的になったゴアテックス生地を採用

ザ・ノースフェイスの人気モデル「オールマウンテンジャケット」は、ゴアテックスC-KNITバッカ―テクノロジーで作られた3層構造の ゴアテックス生地を採用し優れた防水耐久性、透湿性、防風性を備えています。ゴアテックスC-KNITは、従来のゴアテックスよりも、柔らかくしなやか、軽量、そして透湿性も向上しています。

よりアクティブに



「オールマウンテンジャケット」は、その軽量構造によって、ハイキング、トレッキング、オールマウンテンスキー、スノーボード、フリーライドまで、幅広いアウトドアアクティビティに対応する機能性を持っています。

デザイン面では丈が従来の「マウンテンジャケット」よりも短く動きを妨げないため、よりアクティブなシーンでの活用が可能です。

「オールマウンテンジャケット」のスペック

ザ・ノースフェイスの「オールマウンテンジャケット」は、過酷な山岳環境下でテストされ、そのフィードバックを基に開発されました。寒さ、強風、豪雪などハードなコンディション下でも防護性が高く、かつ動きやすく仕上げられています。

「オールマウンテンジャケット」は、オールウェザー、オールシーズン着用可能なハイスペックなアウトドアウェアです。「オールマウンテンジャケット」はメンズ、レディースそれぞれラインナップされています。

ここからは、「オールマウンテンジャケット」のスペックを中心に紹介します。

「オールマウンテンジャケット」メンズ

【素材】70デニール ゴアテックス C-Knit Backer(3層)(表:ナイロン100%、中間層:ePTFE、裏:ナイロン100%) 【機能】フロントダブルフラップ仕様/フラットベルクロ仕様/ワンハンドアジャスター対応フーデット/脇ベンチレーション 【サイズ】 S、M、L、XL、XXL 【重量】 490g(メンズLサイズ)

「オールマウンテンジャケット」レディース

オールマウンテンジャケット レディース

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天

【素材】70デニール ゴアテックス C-Knit Backer(3層)(表:ナイロン100%、中間層:ePTFE、裏:ナイロン100%) 【機能】フロントダブルフラップ仕様/フラットベルクロ仕様/ワンハンドアジャスター対応フーデット/脇ベンチレーション 【サイズ】 S、M、L、XL 【重量】 480g 

「マウンテンジャケット」との比較

マウンテンジャケット メンズ NP61800

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

発売以来長年支持されているザ・ノースフェイスの大人気モデル「マウンテンジャケット」。「オールマウンジャケット」と比較し、その違いを解説します。

「マウンテンジャケット」とは?

いつの時代も最先端の定番。数々の改良が加えられてきたザ・ノースフェイスの山岳用アウターシェル「マウンテンジャケット」。ここでは変わらない人気を誇るザ・ノースフェイスの定番「マウンテンジャケット」について紹介します。

「マウンテンジャケット」は、ザ・ノースフェイスの定番

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ザ・ノースフェイスで長く定番としてリリースされている登山用シェル「マウンテンジャケット」。素材には耐摩耗加工「デュラプラス」が施された、2層構造のゴアテックス生地を採用。

様々な防水アウターシェルが販売される中、1985年の発売以来長年、アウトドアはもとよりストリートシーンでも絶大な支持を得ています。

変わらないデザイン

「マウンテンジャケット」は、フリースやインナーダウンなどの中間着を合わせても動きやすいゆとりを持たせ、丈も標準的な長さです。

すべてにおいてバランスのとれた仕様は長年使い続けても飽きることなく、雨天や晴天にかかわらず幅広いシーンでオールラウンドに活躍するアウターです。販売当初から数々の改良が加えられてきましたが、今なお変わらない完成されたデザインも魅力です。

「マウンテンジャケット」との違いは?

ここからはザ・ノースフェイスの「オールマウンテンジャケット」と「マウンテンジャケット」を比較してその違いをいくつか紹介しています。

違い.1~最新のゴアテックス生地を採用

「マウンテンジャケット」との違い、まずは素材です。「オールマウンテンジャケット」では、最新のゴアテックスC-KNITバッカーテクノロジーを採用し、防水性はそのままに、透湿性と軽量性、そして生地がしなやかで快適性が向上しています。

表生地は、70デニールナイロンを採用。耐久性の高い素材になっています。

違い.2~より軽くなったオールマウンテンジャケット

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「マウンテンジャケット」との違い、次は軽さ。「オールマウンテンジャケット」はメンズで490g、レディースで480gと軽量。ザ・ノースフェイスの定番「マウンテンジャケット」と比較すると30%以上軽量になっています。よりアクティブなシーンで活躍します。

違い.3~サイズ感の違い

サイズ感でも違いが。「オールマウンテンジャケット」は、定番の「マウンテンジャケット」と比較するとメンズ、レディースともに丈が短く、多少タイトなシルエットになっています。オールマウンテンジャケットは、アウトドアでの快適性が増すとともに、街着としても着こなしできる洗練されたスタイルとなっています。

「オールマウンテンジャケット」人気の理由

ザ・ノースフェイスのオールマウンテンジャケット。メンズ、レディースともに支持されています。その人気の理由をいくつか紹介していきます。

雨や風にも強くオールシーズン着用可能

「オールマウンテンジャケット」は、その名の通りオールシーズンの登山に対応したモデルとなっています。夏、秋の登山や長期縦走にはもちろん、雪が残りアイゼンを使用する登山シーンも想定されています。

「オールマウンテンジャケット」は、ゴアテックスC-KNITバッカーを採用しオールシーズン着用可能な優れた防水透湿性能と着心地を実現。その高い機能性が人気の理由です。

街でもオールマイティに使える

「オールマウンテンジャケット」は登山用の防水透湿性のあるアウター。登山ではレイヤリングといわれる重ね着で気温の変化や、天候の変化に対応します。街で着こなすときでもインナーを工夫することにより真冬も雨の日でもオールマイティに活躍します。

ミニマルなデザイン

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「オールマウンテンジャケット」は、登山などのアクティビティではもちろん、メンズ、レディースともに街着としても支持されています。その無駄を省いたミニマルなデザイン面も人気の理由。ザノースフェイスのものづくりの原点。

「最小限のエネルギー・物質で、最大限の機能を引き出す」。デザイン面でも余計なものをそぎ落としたミニマルな製品づくりに活かされています。オールマウンテンジャケットのデザインにもその理念は受け継がれています。

街での着こなしにも映えるカラーバリエーション

ザ・ノースフェイスの「オールマウンテンジャケット」。発色の良さも人気の理由。「オールマウンテンジャケット」のカラーバリエーションは2018年5月現在メンズは5色、レディースは2色。

もはやザ・ノースフェイスの定番と言える美しい青「コズミックブルー(CM)」を始め、ハイリスクレッド(HR)、グレープリーフ(GL)、ターキッシュブルー(TH)、ブラック(K)といずれも街着としても映える色。発色の良い色も「オールマウンテンジャケット」の魅力です。

「オールマウンテンジャケット」のレビューは?

ここからは気になる「オールマウンテンジャケット」のレビューを紹介します。着こなしのポイントにもなるサイズ感などもレビューを参考にしてみてください。

「オールマウンテンジャケット」の気になるレビュー

丁度いいサイズでした。 168cm60kgの私でМサイズがちょうど良かったです。

サイズ感のわかるレビューです。サイズ選びに困ったら、普段選んでいるサイズを選べば問題なさそうです。

170cm70kgでMサイズ購入しましたが、サイズにゆとりがある感じでした。インナー次第で丁度良いサイズ感になりそうです。

こちらもサイズ感のわかるレビュー。オールマウンテンジャケットは登山用のアウターレイヤー。重ね着を前提に設計されています。冬のインナーにはダウンやフリースなどを組み合わせて着こなしできます。

暑がりな為、あまり着込みたくない私にとって真冬の防寒としては充分すぎるスペック。他のメーカーも見ましたが一番スタイリッシュでした。スノボも年に数回行くのでピッタリな商品です。 173cm62kgでMが丁度でした。

真冬の電車内や店内などは暖かく、街着としては高級なダウンジャケットはかさばる上に、オーバースペックになりがち。オールマウンテンジャケットで秋冬も快適にすごせます。サイズ感もわかるレビューです。

通勤用として購入。これからの季節に活躍しそうです。

通勤用にもおすすめ。特に自転車通勤の方には、防水性のあるオールマウンテンジャケットならば急な雨でも安心です。

軽いし暖かいし最高です。秋冬にヘビロテ間違いなし。

「オールマウンテンジャケット」はインナーを工夫すれば真冬でも快適に着こなせます。

カッコ良すぎ!言う事ないです!早く出かけたい

「オールマウンテンジャケット」やはり最後はこのレビュー。やはり何といってもカッコ良いです!

「オールマウンテンジャケット」を着こなす

ここからは街着として「オールマウンテンジャケット」を着こなす際に参考になる着こなしをいくつか紹介します。

ジャストサイズで清潔感のある着こなし。

ジャストサイズの「オールマウンテンジャケット」とタイト目のボトムスできれいめな着こなしです。「オールマウンテンジャケット」のシンプルなデザインは街でもしっくり馴染みます。

オーバーサイズで着こなす。大人なカジュアル。

タイトなリブパンツとゆるめのレディースの「オールマウンテンジャケット」がおしゃれな春スタイル。ビビッドなワイルドアスターピンクの「オールマウンテンジャケット」とモノトーンのリブパンツとシンプルなアイテム同士の組み合わせでもおしゃれな着こなしが出来ます。

オーバーサイズでストリート感のある着こなし。

オーバーサイズのオールマウンテンジャケットと太めのボトムスでの着こなし。90年代のヒップホップシーンを思わせる絶妙なサイズ感の着こなしがおしゃれです。

「オールマウンテンジャケット」まとめ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

いかがでしたか。ザ・ノースフェイスの高機能アウターシェル「オールマウンテンジャケット」を紹介してきました。高機能にもかかわらず街着としてもカッコよく着こなせる「オールマウンテンジャケット」。

1着で着こなしの幅が広がります。今回の記事を参考にしていただき、ザ・ノースフェイスのオールマウンテンジャケットをぜひ一度手に取って袖を通してください。多くの人々に支持されている理由をきっと実感できるはずです。

オールマウンテンジャケットが気になったらコチラ

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【バリバス新作PEライン】初心者にもおすすめのスタンダードラインも登場!

★VARIVAS アバニ SMP ヒラマサチューンの動画はコチラ★ 「サンライズ田代誠一郎が語るヒラマサチューンへの拘りと性能」 https://www.youtube.com/watch?v=2dX...

【価格破壊】ダイワ2022新製品22カルディアSWがエグいっ!

★DAIWA 22カルディアSW 公式HPはコチラ★ https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/special/product/caldiasw/ ※画像出典元 ★...

シマノから2022新製品22ステラ登場!ついにアノ機構が・・・!

本情報はシマノから一時的に公開された情報を元にしております。綺麗事ではありますが、「釣りフェスティバル」という年に1度のイベントであること等を考慮し、動画内の画像には全てモザイクをかけております。また...

シマノから2022新製品22ステラ登場!ついにアノ機構が・・・!

本情報はシマノから一時的に公開された情報を元にしております。綺麗事ではありますが、「釣りフェスティバル」という年に1度のイベントであること等を考慮し、動画内の画像には全てモザイクをかけております。また...