ワイルドサイドの人気バスロッド11選!現場目線で設計されたその魅力とは?のイメージ

ワイルドサイドの人気バスロッド11選!現場目線で設計されたその魅力とは?

レジットデザインから販売されているワイルドサイドの紹介です。 なぜ新しくできたばかりのメーカー、レジットデザインのワイルドサイドが人気があるのか説明しています。 また、ワイルドサイドの中でも人気がありおすすめのロッドも紹介しています。

2018年06月02日更新

マッキー
マッキー
釣りを専門にトーナメントや実践での経験で培った本物の情報を記事にしていきたいと思います。当たり前の内容から他にはないコアな情報まで読者の方が知りたいと思える情報を届けられるように執筆しています。得意分野はバス釣りで関東地方が中心。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ワイルドサイドとは
  2. レジットデザインの魅力
  3. レジットデザインのこだわり
  4. おすすめ人気ワイルドサイド
  5. ワイルドサイドのベイトロッド1.WSC62ML
  6. ワイルドサイドのベイトロッド2.WSC66M
  7. ワイルドサイドのベイトロッド3.WSC63MH
  8. ワイルドサイドのベイトロッド4.WSC64L “Bait Finesse”
  9. ワイルドサイドのベイトロッド5.WSC67L+ “Bait Finesse”
  10. ワイルドサイドのベイトロッド6.WSC610H
  11. ワイルドサイドのベイトロッド(グラス)7.WSC-G62L
  12. ワイルドサイドのベイトロッド(グラス)8.WSC-G66ML
  13. ワイルドサイドのスピニングロッド9.WSS59UL+
  14. ワイルドサイドのスピニングロッド10.WSS-ST61UL “Solid Tip Model”
  15. ワイルドサイドのスピニングロッド11.WSS61L
  16. まとめ

ワイルドサイドとは

レジッドデザイン

出典: http://legitdesign.co.jp

【ワイルドサイド】とは、レジットデザインから販売・開発されているバス釣り用のロッドです。デザインや扱いやすさ、比較的購入しやすい価格帯で揃えられているので、おすすめのロッドです。現場目線で設計されたレジットデザイン【ワイルドサイド】を紹介します。

レジットデザインの魅力

ライバル同士のタッグ

出典: http://legitdesign.co.jp

レジットデザインの【ワイルドサイド】の魅力の一つであり、信頼されている根拠の一つとして欠かせない理由が、『代表取締役 飯高 博文』と『専務取締役 鬼形 毅』が挙げられます。この2名は両社とも各メーカーにてロッドの開発・生産・デザインに大きく関わってきました。その二人がタッグを組んで作ったメーカーがレジットデザインであり、ロッド【ワイルドサイド】です。

レジットデザインのこだわり

レジットデザインのワイルドサイドが目指したもの

出典: http://legitdesign.co.jp

レジットデザインが目指したロッドはただ軽いだけでなく、一言で言えば性能を重視したロッドを開発しています。性能が高くと言えば当たり前のことのように聞こえますが、価格を極力上げずにバランスよく仕上げることを目指しているものが、レジットデザインの【ワイルドサイド】になります。

ワイルドサイドのブランク

出典: http://legitdesign.co.jp

ロッドで最も大事なのはブランクにあると考えて開発されているのが、レジットデザインの【ワイルドサイド】シリーズです。様々なカーボン素材がありワイルドサイドでは、24トン、30トン、40トン、46トンを使い分けて開発されています。簡単に言うと、46トンカーボンはパワーが必要な場合に使用し、30トン、40トンカーボンは主にバーサタイルロッドで使用され、24トンは巻物などのブランクに使用されることが多く、レジットデザイン【ワイルドサイド】ではブランクには徹底的にこだわっています。

レジットデザインのワイルドサイドのガイドセッティング

出典: http://legitdesign.co.jp

機種によって様々なオリジナルのガイドセッティングが施されているのが特徴のレジットデザインの【ワイルドサイド】です。ロッドの特徴や使用方法によって、ガイドの大きさやガイドの位置を変えていますね。【ワイルドサイド】ではスピニングロッドでもKRガイドがセッティングされています。KRガイドとは、足高・小口径ガイドをバッド部に集約したガイド設定のことを言います。

ワイルドサイドの素材

出典: http://legitdesign.co.jp

防弾チョッキや自動車のブレーキパッドにも使用されている、『アラミド繊維』は強度や防刃性に優れていて、頑丈さとしなやかさを併せ持った素材です。ワイルドサイドでは、バットエンドからティップに張り巡らせることによって、ねじれなどの耐性に役立っています。

ワイルドサイドのデザイン

出典: http://legitdesign.co.jp

レジットデザインの【ワイルドサイド】の特徴は、ブラックとパープルが基調とされたかっこいいデザインですね。必ずしも最新モデルを採用するのではなく、使いやすさを重視したパーツが採用されています。エンドキャップは細身のデザインで、傷つきにくく持ちやすいラバー製が採用されています。

おすすめ人気ワイルドサイド

個性豊かなロッド

出典: http://legitdesign.co.jp

ワイルドサイドには個性豊かなラインナップがたくさんあります。その中でもおすすめのロッドたちを解説、紹介していきたいと思います。

ワイルドサイドのベイトロッド1.WSC62ML

ベイトフィネスからジャークベイトまで

ワイルドサイド【WSC62ML】は、短めのロッドでありながらルアーの重量をロッドにのせることが出来、正確なキャストをすることが可能なベイトロッドです。特に短いロッドの特徴を生かしたジャークのしやすさや、ネコリグやライトテキサス、ノーシンカーなどのフィネスな釣りにも対応でき、ベイトフィネスの釣りにも対応できるロッドです。

WSC62ML:スペック

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) ロッド レジットデザイン ワイルドサイド WSC 62ML
Amazonで詳細を見る

・アクション MS ・アラミド(%) 10 ・カーボン(%) 85 ・グラス(%) 5 ・グリップ長(mm) 215 ・価格 28,500(2018/5/16現在) ・継数(本) 1 ・先径/元径(mm) 1.6/9.4 ・全長(ft) 6’2″ ・適合ライン(lb) 7-14 ・適合ルアー(g) 3.5-14 ・標準自重(g) 95

ワイルドサイドのベイトロッド2.WSC66M

バーサタイルベイトロッド

ワイルドサイド【WSC66M】は、オーソドックスなバーサイタルベイトロッドです。ライトテキサスや軽めのラバージグなどでのカバーやストラクチャーを攻略したり、スピナーベイトやクランクベイトなどの巻物もキャストしやすく、感度、フッキング性能も高く、さらにフットボールジグをセッティングしても対応できるロッドです。

WSC66M:スペック

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) ロッド ワイルドサイド WSC66M
Amazonで詳細を見る

・アクション MF ・アラミド(%) 10 ・カーボン(%) 85 ・グラス(%) 5 ・グリップ長(mm) 235 ・価格 28,500(2018/5/16現在) ・継数(本) 1 ・先径/元径(mm) 1.6/10.6 ・全長(ft) 6’6″ ・適合ライン(lb) 8-16 ・適合ルアー(g) 5-18 ・標準自重(g) 105

インプレ

kenta_takahashi86さんの投稿
31725709 189098345048724 7975459775649415168 n

軽く感度があり、扱いやすいと言ったインプレが多い反面、40UPのバスでは大丈夫だが、ロッドにルアーが当たったらブランクが折れてしまったと言ったインプレもありますので、取り扱いには要注意ですね。

ワイルドサイドのベイトロッド3.WSC63MH

カバー撃ちやスピナーベイトに

ワイルドサイド【WSC63MH】は、ショートロッドならではの圧倒的な使いやすさと感度の良さでバスを釣りあげるためのロッドです。ストラクチャーやオーバーハングの攻略や不可欠なスキッピングのしやすさも抜群です。14g前後のスピーナーベイトやチャターベイトなど、カバー撃ちだけじゃなく様々な釣りのスタイルに対応が可能なバーサタイルロッドです。

WSC63MH:スペック

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) ロッド ワイルドサイドWSC 63MH
Amazonで詳細を見る

・アクション MF ・アラミド(%) 10 ・カーボン(%) 85 ・グラス(%) 5 ・グリップ長(mm) 220 ・価格 28,500(2018/5/16現在) ・継数(本) 1 ・先径/元径(mm) 1.9/11.4 ・全長(ft) 6’3″ ・適合ライン(lb) 10-20 ・適合ルアー(g) 5-21 ・標準自重(g) 106

インプレ

mrnobiteさんの投稿
15057181 1079559582166262 1949424705773502464 n

インプレでは、ルアーのキャスト性能や操作性能がしやすいロッドですが、感度はまあまあと言ったインプレがありましたが、この場合はスピニングロッドのような細かい操作は必要ないのであまり気にしなくてはいいかもしれませんね。

ワイルドサイドのベイトロッド4.WSC64L “Bait Finesse”

繊細なベイトフィネスロッド

ワイルドサイド【WSC64L “Bait Finesse”】は、名前の通り、最初にベイトフィネスロッドをお探しの方におすすめのベイトロッドです。最も、スピニングロッドでのフィネスな釣りに近い感覚でバス釣りをすることが出来るセッティングに仕上げられているロッドが、ワイルドサイド【WSC64L “Bait Finesse”】です。繊細で感度も高く、カバーからバスを引きずり出すパワーも兼ね備えています。ブランクには46トンと24トンのカーボンを併せています。

WSC64L “Bait Finesse”:スペック

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) ロッド ワイルドサイド WSC64Lベイトフィネス
Amazonで詳細を見る

・アクション MF ・アラミド(%) 10 ・カーボン(%) 85 ・グラス(%) 5 ・グリップ長(mm) 195 ・価格 28,500(2018/5/16現在) ・継数(本) 1 ・先径/元径(mm) 1.4/8.8 ・全長(ft) 6’4″ ・適合ライン(lb) 6-12 ・適合ルアー(g) 1.8-10 ・標準自重(g) 94

インプレ

iinostagramさんの投稿
26066077 914939668667975 8063678665902260224 n

インプレを見ると、感度もよく5g前後のルアーもキャストしやすく、ロッドの性能は高く、コストパフォーマンスに優れていると言ったインプレが多かったです。

ワイルドサイドのベイトロッド5.WSC67L+ “Bait Finesse”

ベイトフィネスロッドの基本

ワイルドサイド【WSC67L+ “Bait Finesse”】は、フィネスな釣りでバスを誘いたいけど、パワーも欲しい時に最適なロッドです。ワイルドサイドWSC64L “Bait Finesse”よりも少しだけ長めのロッドではピッチングがしやすく、ジグヘッドワッキーやネコリグなどの感度が必要なフィネスな釣りをカバーなどに撃ち、バスを釣りあげることが出来ます。スピニングタックルでセッティングするような感度が必要なフィネスな釣りがしたいけど、パワーも必要だというときにおすすめのロッドです。アラミド繊維でブランクを補強することでしなやかさと操作性を兼ね備えています。

WSC67L+ “Bait Finesse”:スペック

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) ロッド ワイルドサイドWSC67L+ベイトフィネス
Amazonで詳細を見る

・アクション MF ・アラミド(%) 10 ・カーボン(%) 85 ・グラス(%) 5 ・グリップ長(mm) 225 ・価格 28,500(2018/5/16現在) ・継数(本) 1 ・先径/元径(mm) 1.6/9.3 ・全長(ft) 6’7″ ・適合ライン(lb) 6-14 ・適合ルアー(g) 3.5-11 ・標準自重(g) 101

インプレ

shota.1202.mさんの投稿
29737639 364200704086360 165697579126882304 n

インプレでは、軽くてピッチングなどがやりやすく、パワーもそれなりにあるのでバスを引き出すことが可能で、操作性に優れているとのことでした。

ワイルドサイドのベイトロッド6.WSC610H

バーサタイルなヘビーアクションロッド

ワイルドサイド【WSC610H】は、比較的オーソドックスなヘビーパワーのロッドです。いくつかロッドを持っている人でも必ず一本はラインナップにあるのではないでしょうか。重めのテキサスリグや1/2oz以上のスピナーベイト、スイムベイトなどの重めのルアーをセッティングしたときなどに最適なロッドです。ルアーの重さが消えるようなバスの当たりも感じ取る感度も持ち合わせていてパワーもあります。

WSC610H:スペック

【ロッド】レジットデザイン:ワイルドサイド WSC610H (17モデル) 【ベイトロッド/釣り竿・釣竿】
楽天で詳細を見る

・アクション MF ・アラミド(%) 10 ・カーボン(%) 85 ・グラス(%) 5 ・グリップ長(mm) 240 ・価格 29,500(2018/5/16現在) ・継数(本) 1 ・先径/元径(mm) 2.0/12.2 ・全長(ft) 6’10” ・適合ライン(lb) 10-20 ・適合ルアー(g) 7-28 ・標準自重(g) 114

ワイルドサイドのベイトロッド(グラス)7.WSC-G62L

最先端のグラスクランキングロッド

ワイルドサイド【WSC-G62L】は、小型のクランクやシャッドなどを精度よく投げることが出来、バスがバイトしたらロッドが追従しバラシの少ないグラスクランキングロッドです。通常、グラスロッドと言ってもブランクにグラス100%ではないものも多いですが、このワイルドサイド【WSC-G62L】は、グラス100%です。始めてグラスロッドの購入を考えている方はまずは、この短めのロッドがおすすめです。

WSC-G62L:スペック

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) WILD SIDE WSC G62L. WSC G62L
Amazonで詳細を見る

・アクション MS ・アラミド(%) 0 ・カーボン(%) 0 ・グラス(%) 100 ・グリップ長(mm) 190 ・価格 28,500(2018/5/16現在) ・継数(本) 1 ・先径/元径(mm) 2.0/12.6 ・全長(ft) 6’2″ ・適合ライン(lb) 8-14 ・適合ルアー(g) 3.5-11 ・標準自重(g) 125

インプレ

yutaka.kondoさんの投稿
23098635 169645666952291 4975727111428898816 n

インプレにあったのが、3.5gから11gくらいのクランクベイトなどの巻物には最適でキャストしやすく、グラスロッドなのに軽いと言ったインプレでした。

ワイルドサイドのベイトロッド(グラス)8.WSC-G66ML

初めてのグラスロッドに

ワイルドサイド【WSC-G66ML】は、ブランクが100%グラスで出来ているロッドです。グラスの特徴は弾かないことと、バスを掛けた時にバラシにくい追従性が挙げられ、クランキングなどでストラクチャーに対して舐めるように巻いてくることが可能です。ガイドセッティングやテーパーデザインなどが計算されていて、クランクの良さを引き出せます。

WSC-G66ML:スペック

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) WILD SIDE WSC G66ML. WSC G66ML
Amazonで詳細を見る

・アクション MS ・アラミド(%) 0 ・カーボン(%) 0 ・グラス(%) 100 ・グリップ長(mm) 220 ・価格 28,500(2018/5/16現在) ・継数(本) 1 ・先径/元径(mm) 2.2/13.5 ・全長(ft) 6’6″ ・適合ライン(lb) 10-16 ・適合ルアー(g) 7-14 ・標準自重(g) 140

ワイルドサイドのスピニングロッド9.WSS59UL+

ショートロッドスペシャル

ワイルドサイド【WSS59UL+】は、通常のロッドと比べると非常に短めのブランクスになっていますね。ただ、ショートロッドでしか持つことの出来ない、最高の感度と操作性を持っています。ボトムの形状や硬さなどを把握できる感度や、キャスト、ルアーコントロールなど、アングラーの思い通りに動かすことができるロッドではないでしょうか。ウルトラライトパワーに張りを持たせた+パワーで柔らかすぎないロッドになっています。

WSS59UL+:スペック

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) ロッド レジットデザイン ワイルドサイド WSS 59UL+
Amazonで詳細を見る

・アクション MF ・アラミド(%) 10 ・カーボン(%) 85 ・グラス(%) 5 ・グリップ長(mm) 185 ・価格 29,000(2018/5/16現在) ・継数(本) 1 ・先径/元径(mm) 1.3/8.0 ・全長(ft) 5’9″ ・適合ライン(lb) 2-5 ・適合ルアー(g) 0.9-5 ・標準自重(g) 77

ワイルドサイドのスピニングロッド10.WSS-ST61UL “Solid Tip Model”

ワイルドサイド【WSS-ST61UL “Solid Tip Model”】は、30トンカーボンを使用したソリッドティップのフィネススピニングロッドです。30トンカーボンと40トンカーボンを一本のブランクスに絶妙に配置し、レジットデザインオリジナルのガイドセッティングを施したライトリグなどのフィネスな釣りにかかせないスピニングロッドです。

WSS-ST61UL “Solid Tip Model”:スペック

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) ロッド ワイルドサイド WSS ST-61UL
Amazonで詳細を見る

・アクション F ・アラミド(%) 10 ・カーボン(%) 85 ・グラス(%) 5 ・グリップ長(mm) 205 ・価格 29,000(2018/5/16現在) ・継数(本) 1 ・先径/元径(mm) 1.1/8.8 ・全長(ft) 6’1″ ・適合ライン(lb) 2-5 ・適合ルアー(g) 0.9-5 ・標準自重(g) 85

インプレ

8uzakさんの投稿
30605057 164509140932753 2349600814630174720 n

ライトキャロなどに使いやすく、操作性が高いと言ったインプレがあったスピニングロッドです。

ワイルドサイドのスピニングロッド11.WSS61L

スピニングロッドのスタンダード

ワイルドサイド【WSS61L】は、様々な24トン~46トンまでの素材を適度に配置させました。非常に軽いスピニングロッドでありながら、高感度で剛性もあり、ガイドセッティングもオリジナルでブランクの性能も最大限に出し、操作感も抜群なライトリグに最適なフィネスロッドです。ウルトラライトパワーよりも強めのライトパワーは非常に扱いやすいロッドセッティングで感度、パワーともにシチュエーションやフィールドを選ばずに使用できるでしょう。

WSS61L:スペック

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) ロッド ワイルドサイド WSS61L
Amazonで詳細を見る

・アクション MF ・アラミド(%) 10 ・カーボン(%) 85 ・グラス(%) 5 ・グリップ長(mm) 205 ・価格 29,000(2018/5/16現在) ・継数(本) 1 ・先径/元径(mm) 1.5/8.8 ・全長(ft) 6’1″ ・適合ライン(lb) 2.5-5 ・適合ルアー(g) 1.3-7 ・標準自重(g) 89

インプレ

w.genchanさんの投稿
18580706 301385686953734 1837249050584285184 n

ノーシンカーやネコリグなどで操作がしやすく、55UPのバスも釣りあげることが出来ていますね。ロッドだけでなくリールとラインのセッティングさえしっかり行えば、デカバスも釣れていますよ。

まとめ

最近できたばかりのレジットデザインがなぜ人気があるのかわかったでしょうか?有名メーカーの二人がタッグを組んで作り上げたロッドメーカーですから、信頼は厚いですね。この記事を参考にして自分に合ったロッドをまず一本探してみてくださいね。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ